会計時にお金が足りない時の対処法!
  • 「お会計をしようと思ったら、お金がなかった!」
  • 「財布を忘れてしまった!」
  • 「現金払いのみのお店だった…」
  • 「思った以上に会計が高かった…」

誰もが一度はこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか? 例えば彼氏・彼女と一緒だったり、会社の飲みの席でお会計ができないとなると、焦ってしまいますし、恥ずかしい思いをしてしまいます。 またパニックになって対応を間違えてしまうと、詐欺や泥棒、無銭飲食の扱いも受けてしまう恐れもあるため、決して対応を誤ってはいけません。 そこで今回はお会計時に関するお金の問題の対象法をわかりやすく簡単に解説していきたいと思います。

お会計時のトラブル

テーブルの上のレジ お会計時に何らかのトラブルが発生し、会計ができない!という状況は多数考えられます。

これは決して笑い事でも、人ごとでもありません。

では、いったいどのような理由で会計時にトラブルが発生するのでしょうか?

財布を忘れてしまったorお金を持っていなかった

誰しも一度は身に覚えがあるのではないでしょうか? お会計をしようと思って、財布を取り出そうとしたら…財布がない!

あの時の焦る感覚は想像しただけでも、背筋が凍る思いです。

特に入れたはずの財布がない場合、入れたはずのお金がない場合は盗難された可能性もあり、別の心配事が増えてしまいます。

予想以上に会計が高かった…

最も恥ずかしい思いをしてしまうことがあるのが、このパターンです。

彼氏・彼女の記念日や誕生日、会社の後輩に奢ってあげようとしたときに、会計ができないとなると非常に恥ずかしい思いをしてしまうでしょう。

特に高級レストランや高いプレゼントをねだられたときは見栄も手伝い、後戻りができません。

値段が高くても、そのままオーダーをしてしまい、挙げ句の果てには会計時に恥をかいてしまいます。

無計画な浪費

お酒の席は楽しいものですが、羽目を外しすぎは厳禁です。

周囲の人に迷惑をかけてしまうだけでなく、どれだけ食べて飲んだか分からなくなってしまう恐れがあります。  後でお会計を見て、一瞬で酔いが覚めるような事態になってしまうでしょう。

またショッピング時に値段を見ずに自分が欲しい物を際限なく、購入するような浪費グセがある方も注意が必要です。

お金がない・足りない時の対処法は?

金は時なりを表した人形 次に、お会計時にお金がなかった・足りなかったという時の対処法を紹介していきます。

ですが、このような事態に一番大切なことは焦らずに冷静を保つことです。

焦ってパニックになってしまうと、取り返しのつかないことになり、最悪の場合は詐欺や泥棒として警察に通報されてしまうかもしれません。

①お金をおろしに行く

スーパーマーケットや本屋、化粧品、雑貨、洋服などサービスを消費してからお金を払うお店でなければ、銀行やATMでお金をおろしに行きましょう。

その際には必ず、店員さんに正直に事情を話し、お金をおろしに行くようにしてください。

気恥ずかしい感じもしますが、店員さんにとってみればお金がなかったお客さんは珍しくも何ともありません。

また購入しようと思っていた商品は店員さんに預けておけば、他のお客さんに先に購入されてしまうことはありませんし、包装もしておいてくれるので時短にもなります。

一方、飲食店などサービスを受けた後にお金を払うようなお店の場合は、どうすればいいのでしょうか?

この場合でも、店員さんにきちんと事情を話し、お金をおろしに行く許可を得るようにしてください。

高級レストランなどでは、恥ずかしさのため黙ってお店を出てお金をおろしに行く方もいますが、下手をすると無銭飲食に間違えられてしまいます。

勇気がいるかもしれませんが、間違ってもお金をおろしに行くことを断られるようなことはありません。

信用してもらえるように、身分証を預けておくのも1つの手です。

②お金を立て替えてもらう

会計時にお金がなかった場合や足りなかった場合は同行者に頼んで、お会計を立て替えてもらうのもいいでしょう。

お会計を立て替えてもらえば、お金をおろしに行く手間が省けますし、お店側に迷惑をかけることはありません。

ですが、問題なのはパートナーと一緒の場合や会社の後輩など自分よりも立場が低い人と一緒の場合です。

このケースでも、正直に訳を話し、会計を代替わりしてもらうことが望ましいでしょう。

見栄や意地を張っても仕方がありませんが、どうしても頼めないという方は家族や知人に連絡を取り、お金を持ってきてもらうのも無難な解決策であると言えます。

③電子マネーで払う

SuicaやPASMO、WAON、 nanacoなど、最近はありとあらゆる種類の電子マネーが登場しています。

財布の中に、これらの電子マネーがどれか1つは入っているのではないでしょうか?

電子マネーはお金の代わりですので、お金がなくても会計を済ませることができます。

しかしながら、普通の飲食店やアパレルショップで電子マネー決済に対応しているお店というのは多くはありません。

特に価格が高くなればなるほど、顕著でしょう。

またそもそも、電子マネーが入っている財布を忘れてきてしまったということも十分に考えられます。

そのような場合では、この方法は使えません。
⇒⇒⇒別記事:電子マネーでクレジットカード現金化をする方法!
⇒⇒⇒Suicaでクレジットカード現金化をする方法を解説!

④クレジットカードで払う

クレジットカードはお金の代わりに使用することができ、手元にお金がないときでも買い物をすることができる優れものです。

また電子マネーとは異なり、使えるお店が多いというメリットがあります。

いつお金に困るかは分かりませんし、不安な方は常にクレジットカードを一枚でも財布の中に入れて行動するようにしましょう。

しかしながら、クレジットカードも電子マネー同様にクレジットカードが入っている財布自体を忘れてしまった場合は、意味がありません。

現金払いオンリーのお店だった時の対処法!

尻ポケットの財布 近年のキャッシュレス化を受けて、大金を持ち歩かなくても済むようにと、クレジットカードだけを持って行動している方は多いのではないでしょうか?

時代を先取りしておりスマートでもありますが、現金払いしか受け付けていないお店で、クレジットカードが使用できない場合は困ってしまいます。

クレジットカード払いができず、現金を持っていないという場合はどうすればいいのでしょうか?

考えられる対処法は2つあります。

キャッシングを利用する

クレジットカードにはキャッシング枠というのが設けられており、キャッシング枠を利用すれば、借金をして現金を手にすることができます。

借金をすることに抵抗がある方は多いかもしれませんが、緊急手段としてはオススメの金策です。

特に接待が多い職業の方は、会社から貰っている経費をオーバーしてしまうことが多いでしょう。

そのようなときでも、キャッシングを利用すれば、お金の心配をする必要はありません。

金利を含めた返済額は会社の経費で落とすことができます。 キャッシングは大抵のクレジットカードならば、ATMでお金を引き出すことが可能です。
⇒⇒⇒参考記事:キャッシングのデメリットを徹底解説!

ショッピング枠を利用する

次にご紹介するのは、クレジットカードのショッピング枠を使った金策です。

クレジットカードには先ほど説明したキャッシング枠の他に、ショッピング枠が存在していることはご存知の方も多いと思います。 ショッピング枠は主に買い物や支払いをするときに使うものです。

そのためショッピング枠=お金と置き換えることができ、ショッピング枠はお金に換えることが可能となります。

このことを一般的にクレジットカードのショッピング枠現金化と言います。

キャッシング枠を利用するのではなく、ショッピング枠を利用するので、ショッピング枠を使ったクレジットカード現金化は借金ではありません。 そのため借金に抵抗がある方でも、安心して利用することができます。

ショッピング枠をお金に換えて得られるお金は、銀行口座に振り込まれます。

したがって一度、お店を出てお金を引き落としに行かなければいけない点はデメリットと言えるかもしれません。

しかしながら、ショッピング枠現金化は利用申し込みから10分程度でお金が振り込まれるため、店員さんや同行者を待たせることなく問題を解決することができます。

クレジットカードのショッピング枠現金化はとても便利なため、是非とも覚えておきましょう。

お会計時のトラブルを防ぐには?

森林浴をする女性 今までお会計時にお金が無かった・足りなかった時の対処法を見てきました。

ですが、そもそもお会計時にトラブルになるようなことはできる限り避けたいものです。

そこで最後に、会計時のトラブルの予防策をお話ししたいと思います。

①決済手段を複数用意しておく

投資の世界には「1つのカゴに複数の卵を盛るな」という格言があります。

これは、1つに絞ってしまうといざいうときのリスクヘッジができないことを警鐘した格言です。

したがって、現金しか持ち歩いていない、クレジットカードしか持っていないというように、決済手段を1つしか用意していないというのは避けましょう。

どれか1つが対応していなくても、他でカバーすることができます。 同様に、お金を財布だけに入れるのではなく、へそくりのように色々なところにお金を入れておくのも1つの手です。

例えばスマホケースやカバンの裏ポケットなど、お金を複数に分けて持っておけば、財布を忘れてしまったときでも安心です。

②クレジットカードを持っておく

クレジットカードを持っておけば、大抵の事態はクリアできることは、今まで解説してきた通りです。

お金を持っていなかったとしても、クレジットカード決済に対応していれば会計をすることができます。

また現金払いオンリーのお店であっても、キャッシングによるカードローンやショッピング枠を現金化することでお金を手にすることができます。

いざという時のために、常にクレジットカードは持ち歩いておきましょう。

こちらも先ほど同様に、財布とは別のところに保管しておくことが望ましいです。

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事