おまとめローンを徹底解説!

多重債務に悩み苦しんでいる方で「おまとめローン」を検討している方は多いと思います。しかしおまとめローンのことをよく知らずに利用してしまうと、金利が高くなったり返済額が増えてしまう可能性があります。本記事ではおまとめローンのメリット・デメリットから借金返済のためにクレジットカードのショッピング枠現金化を利用する方法を詳しく解説していきます。

おまとめローンとは?

電卓を見せる女性

おまとめローンとは、現在抱えている複数の借金を一つにまとめるために、新たに借り入れを行うことです。

例えばA社で10万円、B社で20万円の借金があった場合に、新たにC社から30万円を借り入れ、借りたお金でA社とB社の返済を行います。
そして借金をC社のみに絞って、完済を目指すというのがおまとめローンです。

借金を一本にするため、おまとめローンは別名「借金の一本化」とも呼ばれています。
なお借金をしている金融機関が1社だけの場合は「借り換え」と言い、複数のときはおまとめローンを指します。

次に述べますが、複数の借金を一つにまとめることには多くのメリットがあります。
そのためおまとめローンは多重債務を抱えてしまっている方にオススメの返済方法です。

おまとめローンのメリットは?

おまとめローンは借金の返済を効率化できるとして、優れている返済方法です。

メリットとしては借金が一社からとなるので、返済回数が月に1回になることがまず、挙げられます。
そして返済日が統一されるため、多数の返済をする振込の手間を省くことができます。
また各金融機関とその返済日をいちいち記憶する必要も無くなるので、返済日を混同してしまい、返済をうっかり忘れてしまうということもありません。

また複数の借金をまとめてひとつの大きな借金をすることで、月々の返済額をまとめる前より減らすこともできます。

さらにおまとめローンの金利がバラバラの状態の借金の金利よりも低い場合、金利が低くなる期待もできます。
一般的に元本が大きくなれば、金利は低くなるので、多額の多重債務がある方はおまとめローンによって金利が下がる可能性が高くなります。

おまとめローンのデメリット

多重債務者や借金に苦しんでいる方の頼もしい味方と考えられているおまとめローンですが、実はデメリットもたくさんあります。
デメリットを知らずにおまとめローンを利用すると、大きな損をしてしまうかもしれません。
必ずデメリットについても理解するようにしましょう。

デメリット①審査が厳しい

おまとめローンを利用するには、貸し手側の金融機関に「複数ある借金を完済するために、借金をまとめたい」と伝える必要があります。
おまとめローン目的であることを伝えないと、そもそも金融機関は多重債務者相手に多額のお金を貸してくれません。

しかしながらおまとめローンの審査は借り入れがない人に比べて、断然厳しくなります。

貸し手側は貸し倒れのリスクが極めて高い多重債務者に多額のお金を貸すわけですから、審査が厳しくなるのは当然です。

おまとめローンの利用を許可する代わりに保証人を要求されたり、所有している財産を担保に入れられてしまうことがあり、そうすると状況がより悪くなってしまうかもしれません。

デメリット②借り直しができない

キャッシングやカードローンの場合、予め決められた金額内でしたら、なんども借り入れをすることができます。
例えばキャッシング枠が50万だった場合、最初に10万円を借りて、次に15万円、その次に25万円を借りるというように、限度額内でなんども借金が可能です。

しかしながらおまとめローンは「完済をするための借金」です。
そのため一度おまとめローンをしてしまった後は、追加で借金をすることはできません。

借金を借金で返すという負のスパイラルに陥ることはないというメリットはありますが、もしも急な出費に迫られた場合に困ってしまう可能性が出てきます。

これはあくまで一社内の話で、おまとめローンを利用している金融機関と別の金融機関であれば、おまとめローンの利用中でも融資をしてくれるかもしれません。
ですが現実的にはおまとめローンを利用しているという時点で信用度がかなり低いため、審査に落ちてしまうことがほとんどとなっています。

デメリット③過払い金が還ってこない

利息制限法によってグレーゾーン金利が撤廃される以前から借金をしていた方は、適正金利を上回る返済額が過払金(かばらいきん)として返還されることがあります。

しかしながら長期間借り入れを行なっていた借金をおまとめローンでまとめてしまうと、完済してしまったことになるため、減額や過払金を受け取れるチャンスを放棄してしまうことになります。

法律相談事務所のコマーシャルで流れているように、完済後も過払金を受け取れることがありますが、その場合は弁護士や司法書士に手数料を払わなければなりません。
とは言っても自分自身で過払金の請求をすると返還額が少なくなってしまい、さらには金融機関が独自に定める社内ブラックに登録されてしまうリスクがあります。
⇒⇒⇒審査落ちは社内ブラックが原因かも?

デメリット④金利が上がってしまう・返済額が多くなってしまう可能性がある

先ほどおまとめローンのメリットとして、金利が低くなることを挙げましたが、それは元の金利よりもおまとめローンの金利が低かった場合です。
当然ながら、おまとめローンの金利が前の借金の金利よりも高かった場合は、おまとめローンによって金利が高くなってしまうので注意してください。

金利が上がってしまうと、発生する利息額も多くなってしまいます。
特に元々の金利が安い銀行カードローンをまとめる際には要注意です。

また、おまとめローンは一つの多額の借金をするため、返済期間が長期化することがあります。
そのため金利は低くなっても返済が長期化することで、結果的には返済額が多くなってしまうことも考えられます。

「金利が上がって返済額が増えてしまう」・「金利が下がっても返済期間が延びることで返済額が増えてしまう」という二つのリスクを理解せずにおまとめローンを利用するのは非常に危険です。
くれぐれもおまとめローンを利用する前に、本当に自分にとって得になるのかを見極めるようにしてください。

デメリット⑤完済できないと破産しか道はない

おまとめローンは多くのメリットがあり、多重債務に苦しむ方の最後の手段と考えてください。

おまとめローンを完済できなかった時点で、全ての金融機関から金融事故扱いされてブラックリストに入れられてしまいます。

したがっておまとめローンを完済できないと、残された道は破産しかありません。
自己破産をすれば借金の返済苦が多少は和らぎますが、多くの困難が待ち受けています。
特におまとめローンは途中で解約したり、返済条件を変更することが難しいため、利用する前には慎重に検討する必要があります。
⇒⇒⇒自己破産のデメリット・影響を知っておこう

おまとめローンを利用する前に!チェックポイント

上記のように、おまとめローンには多くのメリットがあるため、迂闊に利用してしまうと自分の首を絞める羽目になりかねません。
そこでおまとめローンを利用する前に、以下のことをチェックするようにしてください。

おまとめローンを利用する際のチェックポイント
おまとめローンの金利は、まとめる前の借金の金利よりも低いかどうか
→金利が安い銀行系カードローンに注意!
返済期間と金利から返済額をシミュレーションし、おまとめローン前と後の総返済額を比較する

借金を重ねたくないならクレジットカード現金化!

助けを求める男性

一般的に「借金を返済するために、借金をするのはタブー」と言われています。
ですが複数の借金を返済するために、大きな借金をする「おまとめローン」はまさにこの最たる例です。

したがっておまとめローンをしたからといって借金問題の根本的解決にはなっておらず、おまとめローンをした後も返済を行う厳しい日々が待ち受けています。

そんな「借金が苦しい、借金という存在自体が大きなストレスになっている」という方に、とっておきの方法があります。

それはクレジットカードのショッピング枠現金化と呼ばれるサービスです!

クレジットカード現金化を利用するための条件は自分名義のクレジットカードを持っていることだけで、クレジットカードを現金化することによって借金返済のためのお金を手にすることができます。

またクレジットカード現金化は借金ではないため、完済後、新たな借金に苦しむ必要はありません。

クレジットカードのショッピング枠現金化によって、借金の苦しみから脱出した方は大勢いらっしゃいます。
借金によって自己破産してしまったり、自殺を考えてしまう前に、クレジットカードのショッピング枠現金化現金化で安息な日常を手に入れましょう!

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事