利用停止前リストとは?

クレジットカードのショッピング枠がカード会社に発覚してしまう方はカード会社が独自に定める利用停止前リストに登録されている可能性があります。本記事では利用停止前リストとは何か、リスト入りを防ぐ方法などをわかりやすく解説していきます。

利用停止前リストにならないように気をつけよう

注意を促す道路標識

クレジットカードのショッピング枠現金化は消費者金融で融資を断られてしまったような方でも簡単にお金を手にすることができます。

しかしその一方でクレジットカード現金化はカード会社からトラブル防止・キャッシング利用者の減少といった理由から禁止されています。
⇒⇒⇒カード会社がクレジットカード現金化を禁止するリアルな本音を暴露!

そしてクレジットカードの現金化をしようと考えている方が特に気をつけなければいけないのが、カード会社が定める
利用停止前リストです。

今回は現金化ユーザーが絶対に知っておかなければいけない、利用停止前リストについてお話ししていきます。

利用停止前リストとは?

パソコンの使い方が分からない

利用停止前リストとは各カード会社が独自に定める、返済滞納者・クレジットカード現金化などのカード不正利用の疑いある人物のリストです。

利用停止前リストに挙げられている人物はカード会社から要注意人物として厳しく監視されており、何かあればすぐにクレジットカードが強制停止されます。

また利用停止前リストは公式にそのようなリストが存在するわけではなく、カード会社が社内で独自に作成しています。
そのため社内ブラック同様に、利用停止前リストに自分が入っているかどうかを確かめることはできません。
⇒⇒⇒審査落ちは社内ブラックが原因かも!?

利用停止前リストに入らないようにするには?

祈る女の子

利用停止前リストに入る方の半数以上は「カード支払いの返済を滞納している」か、「クレジットカード現金化が疑われる方」です。

そのため利用停止前リストに入らないためには、兎にも角にもカード代金の返済を絶対に遅れないようにしましょう。
大きな買い物をしたいときはボーナス払いスキップ払いフレックス払いで支払いをすることをオススメします。

またクレジットカード現金化は特にカード会社が嫌う行為であり、カード会社に現金化を疑われるようなことはあってはなりません。
⇒⇒⇒【必読】カード会社にクレジットカード現金化がバレた時のペナルティーまとめ

カード会社に現金化がバレてしまうパターンというのは、利用停止前リストに入ってカード会社に厳しく目をつけられている場合がほとんどです。ではどうすれば利用停止前リストに入らず、カード会社の監視の目をかいくぐればいいのでしょうか?次にその方法を解説していきます。
⇒⇒⇒【要注意!】クレジットカード現金化がバレるのはこんな人

キャッシング枠を利用しない

キャッシングを頻繁に利用している方は普通に考えて、お金に困っている人です。
キャッシングは無限にお金が借りられるわけではないので、最終的にはキャッシングが利用できない時が来るでしょう。

「キャッシングが利用できなくなったときに、多くの方が頼りにするのはクレジットカード現金化である」と、カード会社は考えます。

したがって、できることならキャッシングを利用するのは控えるようにしましょう。
キャッシングを利用しなければ、お金に困っているとカード会社に思われずに済み、要チェックされることはありません。

またキャッシング枠は0円にすることもできるため、キャッシング枠を設けないという対策もあります。

お金に困った、というときにはキャッシングを利用するのではなく、最初からクレジットカード現金化を利用するのも一つの手です。利用停止前リストに入っていない状態でクレジットカード現金化をするのであれば、発覚の心配はありません。⇒⇒⇒利用する前にキャッシングのデメリットを知っておこう

換金性の高い商品・現金化が疑われる商品を購入しない

クレジットカード現金化の仕組み自体は非常に単純で、その気になれば個人でもクレジットカード現金化をすることができます。

しかしながら自分でクレジットカード現金化を行う場合、ブランド品や新幹線のチケットなど換金性の高い商品を購入しなければいけません。

カード会社は利用者がクレジットカードでどんな商品を購入したのか把握することができるため、換金性の高い商品ばかりを購入すると、利用停止前リストに入ってしまいます。あからさまに換金性の高い商品ばかりを購入していると、一発でクレジットカード現金化が発覚してしまうので注意が必要です。

換金性の高い商品以外でクレジットカード現金化が疑われる商品とは他にも、家電製品など一つあれば十分な商品などが挙げられます。
⇒⇒⇒家電製品でクレジットカード現金化をする方法まとめ!オススメの家電製品5選

「個人でクレジットカード現金化を行うのはカード会社に発覚する可能性がとても高い」ということを理解しましょう。

カードの利用を止められたらどうする?

壊れたパソコンにショックを受ける

もしもある日突然、クレジットカードの利用をカード会社に止められてしまったらどうすればいいのでしょうか?

カードの利用停止の理由がカード代金返済の滞納であれば、すぐに返済をするようにしてください。
クレジットカードが利用停止されている状態でも、返済の義務は取り消されていません。今後の信用情報にも関わることですし、すぐに返済をすることが大切です。また返済が終わったらならば、すぐにカード会社に連絡をして完済したことを確認してもらうようにしましょう。

返済がどうしてもできないという場合は、他にクレジットカードを持っているのならそのクレジットカードを現金化して返済に充てるという措置があります。

一方、クレジットカード現金化の疑いで利用停止となってしまった場合購入した商品を売却したりせず手元に置いて、商品の換金を行なっていないことをアピールするようにしてください。購入した商品を換金してしまうと、カード会社の追及を逃れる術はありません。
クレジットカード現金化がカード会社に発覚してしまうと多くのペナルティーが課せられてしまいます。

現金化業者を利用すれば大丈夫!

握手をするビジネスマン

カード会社の利用停止前リストに入って、カード会社の監視下に置かれてしまうとそこから抜け出す方法はありません。
したがってクレジットカード現金化をカード会社にバレないようにするには、そもそも目をつけられないようにする以外に方法はありません。
前述のように個人でクレジットカード現金化を行うのは発覚のリスクが高いため、現金化をしてお金を手にしたい場合は
現金化業者を利用するようにしてください。

現金化業者を利用すれば、クレジットカード決済の情報を上手くカモフラージュしてくれるためクレジットカードの利用状況などを確認されても現金化が発覚することはありません。

また手数料はかかってしまいますが、個人で現金化を行うよりも換金率が高くなることも期待できます。

利用停止リストに入らないためにも、お金が必要になった時には現金化業者を利用してクレジットカード現金化を行うことをオススメします!

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事