急にお金が必要となったときクレジットカードの現金化はピッタリの解決策です。
個人でも簡単に行えるのが魅力ですが、もしかすると違法な転売行為として罪に問われるかもしれません…
まずは転売の違法性を知りましょう。

クレジットカードの現金化は転売のこと!

チケットお金に困ったとき簡単に現金を手にする方法としてクレジットカードの現金化があります。
とても単純な仕組みですので誰でも簡単に行うことができます。
その単純な仕組みとはズバリ!購入した品物の転売なのです!
しかし近年、チケットの転売行為を巡る規制が強化されるなど転売に対する世間の目は年々厳しいものとなっています。
そもそも転売行為とは犯罪なのか?犯罪になるケースとならないケースの違いは?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

そこで本記事では転売行為そのものに焦点を当て、転売の違法性について解説していきます。
「クレジットカード現金化を利用しようと思っているけど少し不安...」という方はまずこの記事を読んで理解を深めましょう。

クレジットカードの現金化について

転売行為について述べる前にまずはクレジットカードの現金化について、その仕組みを説明しておきましょう。
もう既に本文中で何度も述べている通りクレジットカードの現金化とはズバリ転売のことなんです。
とは言っても言葉だけではいまいちピンと来ませんよね。
次に例を挙げて具体的な現金化の方法を見ていきたいと思います。

現金化の例

例えば、あなたはお店に行きクレジットカードで何か物を買ったとします。
しかし買ってはみたものの期待通りの商品ではなかっため、買い取りショップに持って行って売り払いました。
商品を売ったことであなたは現金を手にすることができました。
そう、これがクレジットカードの現金化の仕組みです。
どうです?とても単純な仕組みですよね。
そしてなぜクレジットカードの現金化は転売だと言えるのかもうお分かりいただけたと思います。

クレジットカードで購入した商品の転売は犯罪になるのか?

手錠とキーボードここからが本題になります!
クレジットカード現金化の仕組みはクレジットカードを用いた転売だと分かりました。
しかし最近、アイドルのライブチケットを巡る悪質な転売行為が横行していることから、転売行為が厳しく取り締まられるようになっています。
クレジットカードの現金化は転売だと分かり「転売は違法だから…」と現金化を行うのに二の足を踏んでいる人も多いでしょう。
でも安心してください!転売は基本的には合法となっているのです。
それどころか実は転売という行為を罰する法律というのはありません。
では全ての転売が合法なのかというとそうではなく、転売をすると罪になると定められているモノや違法になるケースが存在します。
転売が違法かどうかはケースバイケースであるというのが正しい認識かもしれません。
では転売が違法になるケースと違法にならないケースを見ていきましょう。

転売が違法になるケース

笛を吹く警察官最初に転売を行うと罪になるケースについて紹介していきます。
以下に挙げるケースはしっかりと法律上で違法と定められているものばかりです。
現金化を個人で行う際は特に注意が必要です。

①ダフ屋行為

転売と聞いて一番最初にイメージするのがダフ屋行為ではないでしょうか?
念のために「ダフ屋行為」について説明しておくと、ダフ屋とはアイドルのライブチケットを転売目的で正規ルードで購入しチケットを買うことができなかった人に売りつける行為のことです。
このときダフ屋が売りつける値段が通常価格の数倍にもなることから昨今、社会問題として多くのメディアで取り上げられています。
多くの都道府県、自治体はダフ屋行為を「迷惑防止条例」として禁止しています。
迷惑防止条例は転売行為そのものを禁止しているわけではありませんが、転売目的でチケットなどを購入することを違法としている法律です。
しかしダフ屋行為への対策や処分は都道府県や自治体によりまちまちで、そもそもダフ屋行為の定義自体が曖昧な面もあります。
とはいえ現金化を個人で行う際にやってしまいがちなのがこのダフ屋行為ではないでしょうか。
軽微ではありますがれっきとした犯罪なので注意が必要となります。
ちなみに蛇足ですが、ダフ屋のダフというのはフダ(札、チケット)を逆から読んだ言葉なのです!

②古物を許可なく転売する

古物とは一度誰かに使用されたものや、たとえ未使用でも売買の取引の対象となったなったモノのことを言います。
リサイクルショップや中古車販売店などは警察から古物商許可証を与えられて中古品の取り扱いを行っているのです。
個人で古物取引を行う際にも許可がいるのは同様です。
許可なく古物を売買すると違法の対象となります。
しかし営業としてではなく個人で古物の転売を行うためだけに古物商許可証を取得する人はほとんどいないでしょう。
また許可なく古物取引を行うとき場合でも、商品が古物と証明することが難しいことから必ずしも法的処罰を受けるわけではないのが現状です。
誰でも匿名で出品できるフリマアプリの出現により、許可のない古物の販売を取り締まるのはますます困難になっていると言えます。
したがって難しいことは考えず、許可なく他人の持ち物を売買してはいけないくらいに解釈しておくくらいがいいかもしれません。

③買占め行為による転売

買占め行為による転売も違法となります。
これは転売が違法というよりは買占め行為が違法に当たります。
2016年には東京世田谷区にあるスターバックス二子玉川店が売り出した108個の福袋が列の先頭を陣取った若者5人に全て買い占められるという事件が発生しました。
実は日本では買占めを禁止する「生活関連物質等の買占め及び売り惜しみに対する緊急措置に関する法律」があります。
スターバックスの福袋は生活必需品に当たるとは言い難いですが、近年ではこの法律を拡大して悪質な買占めを全て違法としようという動きがあります。
今後は希少品を買占めて転売することはより困難になるでしょう。
スターバックス福袋買占めの事件の本人たちもネットオークションに出品したものの上手く転売することができず50万円近くの赤字になったそうです。

合法的に転売ができるケース

換金したお金次に転売が違法とならないケースについて見ていきたいと思います。

①自分の所有物で不要となったモノを売る

自分が所有しているものを不要になったときに売るのは違法ではありません。
ダフ屋行為との違いは商品を購入したときに転売目的があったかどうかです。
しかしチケットに関して言えば元々はライブ・コンサートに行くつもりだったものの急に予定が入ってしまい仕方なく売り払ったという場合もあるかと思います。
購入した当時に転売意識があったかどうかを立証するのは難しいことです。
それでも市販価格よりあまりに高い値段で転売を行うとダフ屋行為とみなされてします危険性はあります。

②古物商許可証を取って販売する

古物を許可なく売買すると違法となるのは先ほど述べた通りです。
したがって古物商許可証を取得すれば堂々と古物を転売してもいいことになります。
しかしリサイクルショップを経営しようとしているならともかく、古物商許可証を取ってまで個人で古物を転売しようという人はほとんどいないでしょう。
古物商許可証を取るには警察、役所、法務局からそれぞれ必要書類を受け取る必要があります。
また許可を申請してから受理されるまでに1か月から2ヵ月ほどかかることがほとんどです。
いくら法の下に転売を行うことが可能とはいえ、あまり現実的な方法とは言えないかと思います。

③海外から輸入したものを転売する

海外から自分で輸入したものを日本で販売することも違法にはなりません。
しかし、当然ながら海外から持ち出すことが禁止されているもの、日本に持ち込むことが禁止されているものや日本で販売すること自体が禁止されているものがあります。
それらの例として

  • 麻薬等の危険ドラッグ
  • 火器、火薬類
  • 絶滅危惧種、生態系を乱す恐れがある生物

などが挙げられます。
海外から輸入した物品を転売するときは事前に調べてから行うほうがいいでしょう。

転売の違法性とは?

今まで転売が違法になるケースとならないケースを見てきました。
結局のところ転売が違法になるかどうかは、よっぽど悪質なことをしない限りはマナーやモラルに左右される部分が大きいと思います。
最近では一部のモラルが欠如した人たちのせいで転売は犯罪、悪だという間違った風潮ができています。

クレジットカードの現金化は違法か?

クレジットカードと女性のイラストここまでの説明で転売は違法ではない、ちゃんと行えば罪に問われる危険は低いことが分かりました。
しかし、クレジットカードの現金化自体は違法なのかと気になる方も多いと思います。
今度はクレジットカードの現金化が違法にあたるかどうかを見ていきましょう。

クレジットカードの現金化はグレーゾーン

結論から言うとクレジットカードの現金化は転売と同じく違法ではありません。
しかしクレジットカードの現金化をクレジットカードの発行会社は認めていません。
カードの現金化が発覚しても法的な罪に問われることはありませんが、カード会社から制裁を受ける可能性はあります。
また、クレジットカードの現金化をする際は転売意識を持って商品を購入することになります。
よって前述の「迷惑防止条例」に接触するかもしれません。
あからさまで悪質な転売行為はカード会社からのペナルティだけでなく刑罰までも受けることになります。
そうなったら目も当てられません。

不安なら業者にへ

転売やクレジットカードの現金化のリスク等を知ると、やはり危険があるならやめとこうかと思うかもしれません。
お金は必要だけど危険は冒したくないという方は個人でのクレジットカードの現金化は控えたほうがいいでしょう。
実はクレジットカードの現金化を個人の代わりに代行してくれる業者があります。
業者を利用すれば法に触れる危険性はありませんし、時短にもなります。
手数料はかかりますが個人で転売を行うよりも多くの金額を手にすることができるケースも多々あります。

まとめ

急にお金が必要になったときにクレジットカードの現金化はピッタリな解決方法と言えます。
しかし個人でクレジットカードの現金化を行う前に、転売が違法にあたるかを事前に調べておく必要があります。
仮に転売は違法でなかったとしてもクレジットカード現金化自体が法的にはグレーゾーンであることを理解しておいて下さい。
もし自分自身でクレジットカードの現金化を行うのが不安であれば専門業者に現金化を依頼するというのも一つの手です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事