クレジットカード現金化を仮想通貨を利用して自分でする方法

自分で行うクレジットカード現金化

ビットコイン

最近話題の仮想通貨を使って、自分でクレジットカード現金化をする方法を解説します。

メリットや注意点、デメリットもありますので、現金化をする前には必読です。

仮想通貨とは?

ビットコイン

仮想通貨とは、ネット上に存在する通貨のことです。

スマホやパソコンがあれば、送金や買い物などに利用することができます。

2017年ごろからニュースで盛んに取り上げられるようになり、知名度も上昇していきました。

仮想通貨の大元であるビットコインは、発酵当初はたったの0.2円だったのですが、2017年の年末ごろにはなんと200万円近くまで、値上がりをしました。

これは、およそ4000万倍もの値上がりです。

ビットコインなどの仮想通貨の投資により、億万長者になった「億り人」たちも続々と生まれ、大きな話題になりました。

それでは、次に仮想通貨でクレジットカード現金化を行う方法を解説していきたいと思います。

仮想通貨でクレジットカード現金化を行う方法

仮想通貨でクレジットカード現金化をする方法は、以下の通りです。

  • クレジットカードで仮想通貨を購入する
  • 購入した仮想通貨を取引所で日本円に換える

仮想通貨の売買は、専門の仮想通貨取引所で行われます。

売買の方法はとても簡単で、「売り」か「買い」かを選択し、金額を入力するだけで、売買が可能です。

やや手間はかかりますが、仮想通貨はネットがあれば、売買を始めることができます。

仮想通貨の売買というと、利益を出すのが難しそうですが、「アービトラージ」という投資方法ならば、初心者の方でも100%利益を出すことができます。

投資でお金を稼ごうというのではなく、単純に現金化目的であるのならば、初めのうちは利益を求めすぎないほうがいいかもしれません。

その点、アービトラージは利益は少ないですが、確実に現金化を成功させることができます。

日本の取引所はクレジットカードに対応していない!

以前はコインチェック・Zaif・ビットフライヤーなど日本の取引所でもクレジットカードが利用できましたが、現在ではできません。

そのため、クレジットカードで仮想通貨を購入するには、海外取引所を利用することになります。

2019年7月現在、クレジットカードが使える取引所は中国の大手取引所であるBinance(バイナンス)が最もポピュラーで、日本人利用者も多いでしょう。

Binance(バイナンス)では、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルをクレジットカードで購入することができます。

カードのブランドはVisaとMasterCardに対応しています。

ただ決済手数料として、一回の購入金額の3.5%がかかる点には注意してください。

仮想通貨でクレジットカード現金化をするメリット

ビットコインを持つ人

仮想通貨でクレジットカード現金化をするメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 値上がりによる高換金率が期待できる
  • 現金化がバレない
  • お金がなくても仮想通貨が売買できる

順に解説していきましょう。

①値上がりによる高換金率が期待できる

2019年7月現在、落ち目かと思われたビットコインの価格は再び100万円を超え、値上がりを続けています。

もしも価格が40万円台だった2018年12月ごろにビットコインを買っていれば、なんと3倍も値上がりをしていたことになります。

つまりクレジットカード現金化をしていれば、300%もの換金率でお金を手にすることが可能だったのです。

このように、仮想通貨は価格変動が激しいため、値上がりによる高換金率が期待できます。

②クレジットカード現金化がバレない

ブランド品や家電製品を使って現金化をしようとすると、カード会社に現金化がばれやすくなってしまいます。

一方、仮想通貨を使って現金化をしても、カードの利用履歴には仮想通貨を購入したという事実しか記録されず、カード会社に疑われることはありません。

投資のために仮想通貨を購入することは、不自然ではないので、安心して現金化をすることができます。

③お金がなくても仮想通貨の売買ができる

クレジットカードは、お金がなくても買い物や支払いをすることができます。

同様に、クレジットカードを使えばお金がなくても仮想通貨の取引を始めることができます。

現時点では、ビットコインを初め仮想通貨市場全体が盛り上がりを見せています。

自分も仮想通貨取引を始めたいけど、お金がない…

という方でも、クレジットカードさえあれば、今すぐに仮想通貨取引をスタートすることができます!

仮想通貨でクレジットカード現金化をするデメリット

ビットコインのデメリット

仮想通貨を使って現金化をすることには、デメリットもあります。

  • 価格が下がる可能性がある
  • ハッキングにより通貨が流出する可能性がある
  • 手間と時間がかかる

順にデメリットについて、見ていきましょう。

①価格が下がる可能性がある

仮想通貨は何万倍もの値上がりが期待できる一方で、価格が急落してしまう可能性もあります。

現在は価格が値上がりしていますが、歴史を振り返っても、必ず価格が下がる時は来ます。

もしも価格が下がった時期に仮想通貨を購入してしまうと、損をしてしまう恐れがあります。

レバレッジをかけていなければ、購入した金額以上を損することはありませんが、購入金額の全額損をしてしまったというのは、経験あるトレーダーでも珍しいことではありません。

②ハッキングに遭う可能性がある

日本の取引所であるコインチェックから、総額580億円もの仮想通貨がハッキングされたという「コインチェック事件」。

今だに仮想通貨を狙ったハッキング被害は、後を絶ちません。

自分は大丈夫だろうと思っても、取引所自体が狙われるケースもあり、油断は禁物です。

仮想通貨の価格が上がるにつれて、ハッキング事件も増加していきます。

これから仮想通貨取引を始める方は、要注意です。

③手間と時間がかかる

現在は日本の取引所はクレジットカード対応していないため、取引を始めるには海外の取引所を利用する必要があります。

当然ながら、日本語には対応しておらず、文章は全て英語や中国語です。

言葉の意味を理解できないと、利用登録や取引をするのは非常に困難ですし、操作ミスによりお金を失ってしまうリスクもあります。

また本人確認の際には、身分証明書のコピーを提出しなければいけなかったりと、何かと手間・時間がかかってしまいます。

当然ながら、今すぐにお金が必要!という方にとっては、仮想通貨で現金化をするのはお勧めできません。

仮想通貨でクレジットカード現金化をする方法のまとめ

消え崩れるビットコイン

現在、再び高騰の兆しを見せている仮想通貨市場。

投機目的で仮想通貨取引を始めるのは、精算が取れるでしょう。

しかしながら、クレジットカード現金化に仮想通貨を利用することは決しておすすめはできません。

値上がりによる利益は期待できるものの、手間がかかることや確実性に欠けることを考えると、ギャンブル同然です。

したがって、クレジットカード現金化をする時は、やはり専門の業者を利用することをお勧めします。

クレジットカード現金化は現金化業者の利用がお勧め

現金化業者を利用する場合、手数料はかかってしまいますが、

換金率が高い(85%前後)
申し込みから最短10分程度でお金が手に入る
スマホから申し込めて、手間がかからない

といったメリットがあります。

仮想通貨を使って自分で現金化をするよりも、多くのお金を手にすることが可能です。

クレジットカード現金化をお考えの際には、現金化業者を利用するようにしましょう!

ナンバーワンクレジット

ナンバーワンクレジット
ナンバーワンクレジットの特徴

ナンバーワンクレジットは実績と信頼性を兼ね備えた優良クレジットカード現金化業者です。ナンバーワンという名前の通り、クレジットカード現金化をするのに最適な現金化業者と自信を持ってオススメすることができます。

換金率・還元率 98.8%(最大)
現金化までのスピード 最短5分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

ギフトキャッシュ

ギフトキャッシュ
ギフトキャッシュの特徴

クレジットカード現金化サービスを行う「ギフトキャッシュ」は、「換金率」・「リピート率」・「法人利用率」の3つの項目で業界実績No. 1を達成した優良現金化業者です。数ある現金化業者のどれを選んだらいいのか迷ったときに、選んで間違いない現金化業者として知られています。

換金率・還元率 91%~99.2%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

24キャッシュ

24キャッシュ
24キャッシュの特徴

クレジットカードの現金化サービスを行う「24キャッシュ」では、その店名の通り24時間現金化サービスの申し込みを受け付けている事から由来されています。初めて現金化をご利用になるお客様に対しても親切にサポートを行う会社です。換金率や対応のスピードも良く、ご利用者の口コミでも良い評判が多いのが特徴です。

換金率・還元率 87%~98.8%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休