カードでネットショッピング

商品券やギフトカードを活用して自分でクレジットカード現金化を行う方法やメリット・デメリットを解説して参ります。お手持ちに商品券がある方は必読です!「クレジットカードで商品券は買えるの?」「現金ではなくクレジットカードで商品券を買うメリットって何だろう…」「買った商品券でクレジットカード現金化をする方法はある?」などなど、本記事ではこのような疑問を抱えている方のために、クレジットカードで商品券を購入する方法やクレジットカード現金化の方法を分かりやすく解説して参ります!

目次

クレジットカードで商品券は購入できる!

商品券と人物

クレジットカードで商品券を購入できるかどうか分からない…という方は多くいらっしゃいますが、ご安心下さい。

クレジットカードで商品券を購入することは可能です!

またクレジットカードで商品券を購入することによって、クレジットカードによってはポイントが貰えることがあります。

例えば1万円の商品券を購入したとして3%のポイント還元だった場合、実質的に1万300円のお金を手にしたことになります。

そのため単に現金で商品券を購入するよりも、クレジットカードで商品券を購入した方が断然お得なのです!

注意点:ブランドが対応している必要がある

クレジットカードで商品券を購入することは可能なのですが、全ての商品券を無条件に購入できるわけではありません。

実は、クレジットカードで商品券を購入するには、お手持ちのクレジットカードのブランドが商品券に対応している必要があります。

例えばVJAギフトカードはVJAが発行しているVISAカードやMasterカードでしか購入することはできません。

したがってJCBやDinersといったブランドでは購入できないことになります。

また三菱UFJニコスギフトカードは、DCカード・MUFJカード、NICOSカードでしか購入することはできず、UCギフトカードはUCカードグループが発行しているカードにしか対応していません。

JCBが発行しているJCBギフトカードは当然ながら、JCBカードでしか購入することはできませんので、注意が必要です。

分かりやすく言ってしまえば、ギフトカードを発行している会社のクレジットカードでしか、クレジットカードでギフトカードを購入することはできないのです。

商品券をクレジットカードで購入する方法!

現金を数える様子クレジットカードで商品券を購入する方法は、大きく分けて3つあります。

その3つとは、インターネット(オンライン)で購入する方法、販売店で購入する方法、金券ショップで購入する方法の3つです。

以下で、それぞれの方法について解説して参ります。

インターネット(オンライン)で購入する方法

商品券はインターネット上でも購入することができます。

具体的な方法は、ギフトカードの公式ページ上でクレジットカード決済を行うだけです。

ただ、購入するにはWeb上でクレジットカード情報や個人情報などを逐一入力しなければ池ません。

その作業が面倒だという方は、ギフトカードの公式ページから電話で購入注文をするという方法もあります。

また、最近流行りのふるさと納税でも、ギフトカードを返礼品としている自治体に寄付をすればネット上からギフトカードを購入することができます。

しかしながら、ふるさと納税の返礼品にギフトカードを用いるのは間も無く禁止されてしまうようです。

販売店で購入する方法

街中でギフトカードの販売店を見かけたことはないでしょうか?

ギフトカード販売店ではなくても、本屋さんやチケット店の中にも「ギフトカード販売」の文字を見ることもあります。

そのようなギフトカード販売店では、クレジットカード決済に対応していればギフトカードをクレジットカードで購入することができます。

基本的には街の大きな本屋さんに行けば、クレジットカード決済は間違いなく可能でしょう。

金券ショップで購入する方法

上記以外にも、金券ショップで商品券を購入するという方法もあります。

金券ショップは商品券の価格を通常の販売よりも安くしており、お得にギフトカードを手にすることができます。

しかしながら、金券ショップの多くはクレジットカードでギフトカードを購入することを拒否しており、確実な方法とは言えません。

ギフトカードでクレジットカード現金化をする方法!

専門の業者では次に、商品券でクレジットカード現金化をする方法をご紹介して参ります。

商品券でクレジットカード現金化をする方法は至って単純で、商品券で購入したギフトカードを金券ショップや買取ショップで売却するだけで完了です。

売却して得られたお金が、クレジットカード現金化によって得られるお金となります。

商品券でクレジットカード現金化をするメリット

ギフトカードでクレジットカード現金化をすることには、いくつかメリットがあります。

まず、クレジットカード現金化は借金ではないので、信用情報に記録が残りません。

そのため商品券でクレジットカード現金化を行っても、他のローン審査などに悪影響を及ぼすことはないのです。

また、クレジットカードの決済履歴には商品券を購入したという事実しか残らないため、カード会社からクレジットカード現金化を疑われてしまう心配も無用となります。

つまり商品券でクレジットカード現金化をすることは安全性が高いと言えます。

とは言え、あまりに高額な商品券を大量に購入するとカード会社に目をつけられてしまいます。

商品券でクレジットカード現金化をするデメリット

商品券でクレジットカード現金化をすることのデメリットとは、換金率が低いということです。

商品券を換金ショップや金券ショップに持っていった場合、購入してくれる額は良くて額面の6~7割程度といったところでしょう。

売却する利用者がお金に困っていることを見越して、4割〜5割の値段を提示してくる悪徳な換金ショップも存在します。

ですので、商品券を売却するときには信頼できる換金ショップを探すか、友人や親戚など信頼の置ける人に売ることをオススメします。

商品券はほとんどお金と変わらない役割を持つものですし、基本的には値崩れはしません。

クレジットカード現金化業者を活用しよう!

業者の説明

商品券を使えば自分自身でクレジットカード現金化をすることができますが、換金率が低いためオススメはしません。

そこで、クレジットカード現金化によってお金を手にしたいという方は現金化業者を利用しましょう。

現金化業者を利用すれば、換金率は80%~90%が保証されています。

手数料はかかってしまうものの、換金ショップよりも高い換金率を期待することができます。

また最初から商品が用意されているため、万が一にもカード会社にクレジットカード現金化を怪しまれてしまうということがありません。

安全面という点からも、クレジットカード現金化業者を利用することをオススメします!

オススメの現金化業者は「ゼロスタイル 」!

ゼロスタイル

ゼロスタイル
ゼロスタイルの特徴

ゼロスタイルはクレジットカード現金化業界に革命を起こす3つのゼロを実現した優良現金化業者です。ゼロスタイルの会社情報、換金率、おすすめポイントや生の口コミなど、ゼロスタイルで現金化を考えている方必見の情報を詳しく解説いたします。

ゼロスタイルは商品券を利用したクレジットカード現金化サービスを行っており、利用者の商品券の買取も合わせて行っています。
悪どい換金ショップよりも高い価格で買い取ってくれるため、商品券を持っている方は、ゼロスタイルを利用することをオススメします!
もちろん本業のクレジットカード現金化サービスも高い評判で、お金に困った時の頼もしい味方になってくれる現金化業者です。

ギフト券の現金化は法律的に違法?

手をかざす男性

クレジットカードを現金化する行為は、多くの人がやっています。しかし、その行為は安全なのでしょうか。今回は、クレジットカードの現金化する行為は法律上問題ないのか、またギフトカードを購入し現金化する場合は?そのような疑問について調べてみました。

クレジットカード現金化は違法になるのか?不安な人はギフト券の現金化!

クレジットカード現金化サービスを利用する際、『クレジットカード現金化は法律上どうなのか』と考えたことはありますか?インターネットで検索してみましたが、法律上はグレーな部分とても多く判断が難しいようです。

理由として、法律に引っかかるかどうかはクレジットカード現金化業者によるからです。
つまり、業者によって違法か合法か変わるので、法律上グレーとなり判断が難しくなっているようです。

本当に大丈夫?クレジットカード現金化と法律の関わり

銅像そもそもクレジットカードを現金化する業者は2つの業態で分かれています。その違いを確認してみましょう。

クレジットカード現金化業者のサービス内容の違い

買取方式

  1. クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入。
  2. その商品を業者に買取ってもらうことで現金化する。

キャッシュバック方式

  1. クレジットカード現金化するサービス業者を通してショッピング枠でキャッシュバック特典の付いた商品を購入。
  2. 商品を購入後、キャッシュバックとして現金を受け取る。

法律上、買取方式では古物商法、キャッシュバック方式には景品表示法のくくりになります。
しかし、買取方式は2011年8月『現金化を目的としてショッピング枠を利用させるこの商法は、ショッピングに見せかけた貸付である』と認定されたそうです。

つまり法律上金融業と認定されたんですね。
なので、古物商ではなく法律に基づいて貸金業の登録をしなければいけません。
また、登録後も貸金業として、法律に基づき出資法の上限金利を上回ってはいけないのです。

しかし、クレジットカード現金化業者の行なっているサービスを貸金として金利を計算してみると、法律で決められた上限金利を大きく上回っており2012年4月に『出資法違反』となってしまいました。
さらに、金融業と認定された以降も『貸金業法違反』で買取方式のクレジットカード現金化業者がいつくも摘発されているようです。
しかし、優良業者があるのも事実。

クレジットカード現金化を行なう際は、業者を見極める力が必要になります。

詳しい優良業者の見極め方法についてはこちら

店舗型は安心!?ネット上の非店舗型は不安!?

OPENの看板クレジットカード現金化業者には、店舗型と非店舗型の種類に分けることが出来ます。
この2つには、どの様な違いがあるのか確認してみましょう。

店舗型と非店舗型の違いとは!?

店舗型の特徴

クレジットカード現金化を行なっている店舗に消費者が出向きます。店舗の窓口で以下の内容を行います。

  • 内容の確認
  • 手続き
  • 現金受け取りを行ないます。

店舗型のメリットは業者の顔を見て手続きが出来る安心感です。
また、その場で現金が受け取れるものメリットといえるでしょう。
デメリットは、クレジットカードを現金化したいと思った時に店舗が近くにないときです。
また、店舗まで出向く必要があるため、時間がかかってしまうこともデメリット面ですね。

非店舗型

非店舗型の特徴は、Webや電話、FAXなどを利用し消費者自身が上記の様な流れで手続きを行ないます。
また、現金は銀行振り込みとなっているようです。

非店舗型のメリットは、その場でサクッと手続きが行なえることです。
店舗に出向く必要がない、現金振り込みまで早く数十分で現金化出来るメリットがあります。
デメリットとしては、会社の所在が分からないことが多く、トラブルになってしまった場合不明確な部分が多いことが挙げられます。

店舗型、非店舗型とそれぞれメリットもデメリットもあります。

しかし、どちらにも法律に触れるような悪徳業者は潜んでいます。
利用するにあたって、一番注意しないといけないことは、優良な業者でクレジットカードの現金化を行なうことです。
優良な業者であれば、どちらの店舗形態でも自分に合った店を効率よく使い分けることが出来ると思います。

それでも不安な人はギフトカードや商品券を現金化!

解説をする男性クレジットカードの現金化が不安だと思っている方は、商品券やギフトカードを現金化してはどうでしょう?
実は、クレジットカードのショッピング枠ではギフトカードなども購入することが出来ます。
では実際、どのようにして現金化していくのでしょうか?確認してみましょう。

金券ショップで買い取ってもらう

クレジットカードのショッピング枠で購入したギフトカードや商品券を金券ショップで買い取りしてもらう方法があります。
ギフトカードや商品券などは金券なので、確実に買い取ってもらえるからです。
しかし、安く買い取られるのも事実。
金券ショップでギフトカードや商品券を買い取ってもらう際は、前もって買取レートをチェックした方が良いでしょう。
また、何店舗かの金券ショップでレートの確認をすることをオススメします。
また金券ショップの買取価格の平均は94~95%と言われているようです。
覚えておいて下さいね。

オークションに出品

ギフトカードや商品券は、ネットオークションでも現金化することが可能です。
ギフトカードや商品券は、人気があるので必ずと言っていいほど落札されます。
また、ネットオークションは手軽に利用出来るため、操作方法を覚えれば簡単に出品することが可能ですよ。

ギフトカードや商品券を現金化際は注意も必要!!

ギフトカードや商品券などを現金化する際は、金券に記載している通りの金額を受け取ることが出来ないので、しっかり覚えておきましょう。

ギフトカードを現金化するメリット・デメリットを確認しよう!

ギフトカードや商品券を現金化するメリット

  • 消費者ローンなどから新しく借り入れする必要がない。
  • ギフトカードなどを購入しているだけなので審査などもなく、消費者ローンなどの審査が通らなかった方でも利用が可能
  • クレジットカードを持っていれば、ギフトカードなどの金券を購入することが出来る
  • 信用機関などに登録される心配がない

ギフトカードや商品券を現金化するデメリット

  • クレジットカードを持っていないと利用出来ない
  • 還元率をごまかされる可能性がある
  • クレジットカードが利用停止になる可能性がある
  • ローンを一括請求される可能性がある

クレジットカードが利用停止になったり、ローンを一括請求される可能性があるのはなぜでしょう?
換金目的でクレジットカードのショッピング枠を利用することは、法律違反ではありません。

ですが、クレジットカード会社と結んだ利用規約では違反とされているからです。
なので、ショッピング枠ギリギリまでギフトカードを購入したり、頻繁に商品券を購入するとクレジットカード会社に警戒されるようなので、注意が必要になります。

現金化をする場合はメリット・デメリットを考えて判断する

YESorNOクレジットカードを現金化する際は、上記で紹介したどの方法であっても、メリットとデメリットがあります。
それを、しっかり踏まえた上でクレジットカードを現金化してくれる業者を自分で見極めるようにして下さい。

例えば、業者を利用する前に、情報を集めて安心できる業者か判断するなどです。
また、一度利用したからという理由で、その業者をずっと利用し続けることも良いですが、よりよい業者に出会えるように情報を集め新しい業者を開拓するなど工夫して効率よくクレジットカードを現金化出来るようにしましょう。

初心者でも分かるギフト券・商品券の現金化の方法と手続きの流れ

額を指で押しているスールの女性

クレジットカードのショッピング枠などを利用して行う「現金化」と同様に、現金化を行ったことで多大なる不利益を被る可能性があることを覚えておく必要があります。

「クレジットカード現金化」とはどういったものか?

よく聞く「クレジットカード現金化」の種類としては、クレジットカードのショッピング枠を利用したものがあります。
カードで商品(必ずしも実在するとは限らない)を購入し、その商品を買い取る形で現金を受け取ることができます。

本来、「キャッシング枠」を使って現金を手に入れることになるのが普通ですが、キャッシング枠を使い切ってしまった場合にはそれができなくなってしまいます。
そのため、買い物に使える分の枠を現金化する目的で使用することになるわけですが、これは多くの会社が禁止している行為に該当します。

しかし、これは何も専門の現金化業者を利用した場合に限ってそういった対応になるわけではないということがポイントです。

たとえば、カードで何らかの商品を購入し、その商品をリサイクルショップなどに持ち込んで買い取ってもらうような形も同じです。
実際には多くの人がこのような手続きを経て現金を得ているわけですが、これも同様に規制の対象となる可能性があります。

クレジットカード現金化の流れ

お札と硬貨とクレジットカード現金化を行う際は、まず「買い取ってくれる業者」を見つけることが肝心です。
誰もが利用できる方法としては、すでに挙げているような「リサイクルショップ」を始めとして、「金券ショップ」「質屋」「オークション」「フリーマーケット」などさまざま選択肢があります。
このうち、特別な理由がない限りは任意の方法を選択することができます。

まずは、カードを使って物品を購入します。ここで購入する対象は何でも構いませんが、できる限り「換金率が高いもの」を選ぶようにすると効率的です。
次に、対象となる商品を持って買い取り業者に行き、査定を受けます。査定結果は状況によって変化しますが、「状況に応じて価値が変動しづらい商品」を選択すると安定します。

査定結果に納得ができ、契約手続きが完了すれば取引終了です。
対価は現金で受け取るか、銀行振込みなどで後から受け取ることもできます。
インターネットを使って買い取り依頼をすることもできます。

現金化に向いている対象商品とは?

悩んでいるスーツの男性クレジットカード現金化を行ううえで重要なことは、すでに紹介した通り「還元率が高いものを対象に選ぶ」ということです。
高額な商品を購入すれば、それに応じて大きな金額を受取れる可能性もあります。

たとえば、高額な家電(テレビ、冷蔵庫など)を購入するとなれば数万~数十万円の金額になることが多いです。
ただ、これをリサイクルショップなどに売却しても、精々80%の価値にしかなりません。

つまり、10万円のテレビを購入してすぐに売却したとしても8万円にしかならないということで、2万円は無駄になってしまいます。
ところが、「ギフト券」「商品券」などのいわゆる「金券」と呼ばれるようなものであれば、90~98%もの高い還元率で買い取ってもらうことができます。
ただ、ギフト券や商品券に関しては、カードで購入することが難しい場合もあります。
通信販売やネットショップなどを使ってギフト券を購入する場合は問題ありませんが、「カードで購入可能かどうか?」を確認しましょう。

必ず「安全かどうか?」を確認する!

頭を抱えて悩んでいるスーツの男性効率良く現金化を行うためには、ギフト券などの高還元率の商品を選ぶことがポイントです。
ただし、ギフト券に関しては「現金化の可能性が高い商品」としてカード会社も認識しているため、いずれその取引が元になってカードの利用が停止されてしまう可能性もあります。

とは言え、たった一度の現金化で利用停止になる可能性はまずありません。
数万円程度のギフト券や商品券などを購入する状況はけっして珍しくはなく、特別な事情がなくとも普通に起こり得る取引です。
しかし、当然ながら頻繁にそういった取引が起こる可能性は低いため、月に数回などの頻度で行った場合はリスクが高まります。

そういった状況を回避する手段となり得るものの一つが「現金化業者」です。
現金化業者を利用すれば、明らかに現金化目的だとは分かりづらい取引を行う形で済ませやすくなります。
ただし、カードで購入した履歴がブラックリストに載っているような対象だった場合、そこから言い逃れができない根拠を突き付けられる可能性もあります。

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事