メルカリを使ったクレジットカード現金化の方法とは?逮捕者が出た理由も解説

2018年11月13日自分で行うクレジットカード現金化

フリマサイト

大手フリマアプリのメルカリは2018年に上場を果たし、今や中高生から主婦、サラリーマンの方々まで幅広く利用されています。

しかしながら近年、メルカリがクレジットカード現金化の舞台に使われているとして大きなニュースとなりました。

その結果、最終的には金融庁までもが動員され、逮捕者も出る事態にまで発展します。

今回はメルカリで行われたクレジットカード現金化の方法やなぜ逮捕者が出てしまったのかなどを分かりやすく解説していきます。

メルカリ現金出品事件とは?

事件が起こった場所

メルカリで利用者は自由に自分の持ち物を出品し、販売することができます。購入する側はメルカリに出品されている商品をクレジットカード購入することができます。

「クレジットカードで商品の購入が可能」、ということを活かして考えられたのが一万円札など現金を出品するクレジットカード現金化の方法です。

メルカリで現金を出品したクレジットカード現金化の方法は以下の手順で行われていました。

メルカリを使ったクレジットカード現金化の手順

①メルカリに現金化業者が現金を出品する
②利用者は出品された現金をクレジットカードで購入する
③後日、購入した現金が送られてくる

なお出品側は1万円紙幣を1万5000円で販売したり、千円札を2000円で販売しており、この点も違法視されています。

もともとメルカリでは記念硬貨やぞろ目製造番号のお札など、マニア・コレクター向けにお金が出品されることを想定して、現金の出品を禁止していませんでした。

そのため今回のような現金を出品してクレジットカードで購入させるクレジットカード現金化の方法が取り締まられることなく行われてしまったのです。

結果的にはメルカリでクレジットカード現金化が行われていることが明るみとなり、地上波のニュース番組でも取り上げられるまでに事態は発展します。

世間の批判を受けて、メルカリで現金を出品することは運営によって禁止されてしまいました。

チャージ済みSuicaや特殊景品を使ったクレジットカード現金化

現金の出品がメルカリ運営によって禁止とされてしまいましたが、新しいメルカリを使ったクレジットカード現金化の方法も考案されます。

その方法とは、チャージ済みのSuicaパチンコやパチスロでもらえる特殊景品を使ったクレジットカード現金化です。

Suicaはチャージ残高を払い戻しで現金化することが可能です。

またパチンコやパチスロでもらえる特殊景品は換金所に持っていけばお金に換えてもらうことができます。

そこに目をつけ、Suicaや特殊景品を出品することで現金を出品しなくてもクレジットカード現金化が行うことができるようになったのです。

Suicaを現金化する4つの方法!メリットやデメリットを解説

ですがこれらの現金化方法も運営会社の目に留まることになり、メルカリでSuicaや特殊景品を出品するのはまたも禁止されてしまいます。

その後もメルカリには「キャッシュバック〇〇円」と称してパワーストーンなどを販売するクレジットカード現金化の手法が新たに誕生しました。こ

れはパワーストーンなどをクレジットカードで購入すると、キャッシュバックと称してお金がパワーストーンと一緒に送られてくるというものです。

当然ながら、実際のパワーストンには設定額ほどの価値はありません。

これは明らかにクレジットカード現金化のメジャーな方法である「キャッシュバック方式」が下敷きになっており、クレジットカード現金化とメルカリ運営のイタチごっこは今も続いています。

キャッシュバックによるよクレジットカード現金化の仕組み

メルカリで現金の売買は違法!

legalとillegal

メルカリの現金出品事件は地上波のニュース番組で特集されるだけに留まらず、ついには金融庁までを動かすことになります。

メルカリがクレジットカード現金化の温床となっていることを受けて、金融庁はネットオークションやフリマアプリなどで現金を売買することは賃金業に反するとの見解を発表しました。

またIC乗車券(Suica)や特殊景品の出品は、賃金業法に反するとのコメントも出しています。

衆議院の財務金融委員会で、金融庁の遠藤監督局長は「現金をオークションなどに出して取り引きすることは、出品者が貸金業に、ネットオークションの事業者は貸金業の媒介にあたるおそれがある。貸金業の登録を取っていない場合は法律違反で刑事罰の対象となる」との見解を示した。

金融庁のクレジットカード現金化に対する厳しい意向は決して脅しではなく、なんとメルカリで現金を出品した人が逮捕されてしまう事件まで起こってしまいます。

メルカリ現金出品で逮捕者が!その理由は?

 インターネット上で物品を売買するフリーマーケットアプリ「メルカリ」への現金出品に初めて出資法違反(超高金利、脱法行為)容疑が適用された事件で、16日の逮捕者は全国で計4人に上った。

千葉、秋田両県警など警察当局によると、逮捕されたのは、千葉県成田市土屋、契約社員、田中啓祐(33)▽秋田市御野場新町、無職、小野順子(60)▽奈良県安堵町東安堵、無職、林田アリサ(40)▽広島県呉市音戸町藤脇、自営業、田中英樹(57)-の4容疑者。
警察当局は、現金の売買が実際には金の貸し借りで、額面を超えた部分を利息と判断した。
メルカリは個人間で商品の売買ができる人気フリマアプリ。現金の出品が問題視され、4月の衆院財務金融委員会国会でも取り上げられた。メルカリ側は現金の出品を禁止したが、「銀貨」などの隠語を使って出品されていたという。

メルカリで現金の出品が禁止され、金融庁が現金の売買は賃金業法違反の可能性があるとの見解を発表した後にも現金を出品していた人たちが出資法違反で逮捕されてしまいました。

出資法とは正式には「出資の受け入れ、預かり金及び金利等の取締に関する法律」と言い、主に業者が行うお金の貸し借りに付いての決まりが定めてある法律です。

この法律ではお金を貸す際の金利の上限について定めており、業者から借りたお金の金利上限は20%までと明記されています。

逮捕者たちは実際の額面を超えるお金を出品していましたが、出品額と額面の差額が利息であると見なされ、出資法違反で逮捕されてしまうことになったのです。

クレジットカード現金化で質屋と暴力団組員が逮捕!いったいなぜ?

安心と安全のために、現金化業者を利用しよう!

ユニークな方法で多くの注目を集めたメルカリのクレジットカード現金化でしたが、運営による規制の強化と実際に逮捕者が出たため現在ではほとんど行われていません。

ただ現金化業者とメルカリのいたちごっこは続いており、今後もメルカリなどのフリマアプリを使ったクレジットカード現金化の方法が現れる可能性は十分に考えられます。

しかしながら実際に逮捕者も出ていますし、メルカリでクレジットカード現金化を行うのは控えた方がいいでしょう。

前述の事件では出品者のみの逮捕でしたが、今後は購入者が逮捕される可能性も十分に考えられます。

法律が未整備でグレーゾーンなサービスであるクレジットカード現金化で最も大切なことは安心と安全です。

安心・安全にクレジットカード現金化を行うのであれば、現金化業者のご利用が必須です。

現金化業者を使ってクレジットカード現金化をするメリット

◉手間と時間がかからない
◉違法性がない
◉クレジットカード会社にバレない
◉メルカリを使ったクレジットカード現金化よりも換金率が高い

上記のようなメリットがあるため、クレジットカード現金化をする際には現金化業者のご利用がオススメです。

ナンバーワンクレジット

ナンバーワンクレジット
ナンバーワンクレジットの特徴

ナンバーワンクレジットは実績と信頼性を兼ね備えた優良クレジットカード現金化業者です。ナンバーワンという名前の通り、クレジットカード現金化をするのに最適な現金化業者と自信を持ってオススメすることができます。

換金率・還元率 98.8%(最大)
現金化までのスピード 最短5分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

ギフトキャッシュ

ギフトキャッシュ
ギフトキャッシュの特徴

クレジットカード現金化サービスを行う「ギフトキャッシュ」は、「換金率」・「リピート率」・「法人利用率」の3つの項目で業界実績No. 1を達成した優良現金化業者です。数ある現金化業者のどれを選んだらいいのか迷ったときに、選んで間違いない現金化業者として知られています。

換金率・還元率 91%~99.2%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

24キャッシュ

24キャッシュ
24キャッシュの特徴

クレジットカードの現金化サービスを行う「24キャッシュ」では、その店名の通り24時間現金化サービスの申し込みを受け付けている事から由来されています。初めて現金化をご利用になるお客様に対しても親切にサポートを行う会社です。換金率や対応のスピードも良く、ご利用者の口コミでも良い評判が多いのが特徴です。

換金率・還元率 87%~98.8%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休