自分で行うクレジットカード現金化の記事一覧

換金率100%を狙え!自分でクレジットカード現金化をするコツ

突発的にお金が必要となった場合、審査不要でお金を用意する方法としておすすめなのが個人でのクレジットカードのショッピング枠現金化です。そのメリットや詳細などについて、詳しく解説をしていきます。

ショッピング枠現金化とは?

1万円の札束ショッピング枠の現金化とは、その名の通り、クレジットカードのショッピング枠を利用して物品の購入を行い、その品物を速やかに現金に換えることをいいます。

ショッピング枠の現金化を利用すれば、カードでキャッシングをする必要もありませんし、審査不要でお金を手にすることができます。
給料日前の金欠の際や、親戚の冠婚葬祭に出席しなければならなくなった場合など、お金に困ったときに非常に便利な現金の入手方法だと考えられるのです。

ショッピング枠を現金化する方法としては、自分自身で換金性の高い物品を購入し、その物品を売却して現金化する方法と、専門業者を利用する場合との2通りの方法が考えられます。

どちらの方法を選んだ場合でも比較的速やかに現金を手に入れることができますが、低リスクかつで現金化をしたい、できるだけ高い換金率で現金化をしたいという場合におすすめなのが個人で行う現金化となります。

なぜ個人で行う方がおすすめなのかについて、詳しく見ていきましょう。

ショッピング枠現金化は個人でやるのが吉!

喜んでいる女性ショッピング枠現金化は、専門の業者を利用するのが手っ取り早く簡単なように感じられますが、特にショッピング枠現金化初心者にはあまりおすすめができません。

業者を利用したショッピング枠現金化は、指定された物品を購入し、その旨を連絡した後、自身の口座に予め約束していた金額を振り込んでもらうというスタイルとなっているのですが、指定された物品を購入したにもかかわらず、お金が振り込まれず、さらに業者と連絡が取れなくなってしまった、というトラブルが発生しているのです。

もしも業者を利用する場合には、こういったリスクが存在することを念頭に置いておき、信頼できる会社なのかどうかということをしっかり見極めることが重要となります。

一方で、自分自身でショッピング枠現金化をする場合には、詐欺に遭うリスクはありませんし、うまく転売・売却ができれば、仕入率の100%以上の換金率で現金化することさえも可能となります。

個人でやるのは手間がかかりますが、その分安全でお得なのです。

高換金率を実現するためのコツ!

日本円の札束個人でショッピング枠現金化を行う上で、高い換金率での換金を実現するためのコツですが、希少性の高い物品を入手すること、そして転売や個人売買でうまく売却することの2点が挙げられます。

なかなか手にはいらないような希少性の高いものであれば、高値で売却できることが多いですし、実際に品薄となっているゲーム機やおもちゃなどは度々高値で取引されています。
多少入手に難儀するかもしれませんが、品薄のゲーム機などは、換金率100%超えを目指す場合には特におすすめです。

また売却する場合にはリサイクルショップなどのお店を利用するよりも、インターネットオークションやフリマアプリなどを利用した個人売買が絶対的におすすめです。

リサイクルショップなどは便利で手軽ですが、中間マージンが発生する分、自分自身の手取りが減ってしまうのです。
インターネットオークションやフリマアプリも手数料がかかりますが、中間マージンよりも遥かに安価なので、その分手取りが増えるのです。

クレジットカードのショッピング枠現金化で注意するべき事

頭を抱えている人ショッピング枠現金化は便利なサービスではありますが、いざ実践するにあたっては幾つか気をつけなければならないことがあります。
基本的にクレジットカード会社は、カードを利用してお金を得たい場合には、カードのキャッシング枠を利用するように、というスタンスであり、基本的にはショッピング枠現金化は認められていません。

ショッピング枠現金化は多くのカード会社では規約違反となりますし、もしもカード会社にショッピング枠現金化がバレてしまった場合には、最悪の場合クレジットカードの契約を強制的に解約させられてしまうこともあるのです。

個人でショッピング枠現金化を行う場合、バレてしまうリスクは比較的低いと考えられますが、換金率の高い物品ばかり購入した場合や、同じ物品を大量に購入した場合などには、カード会社にバレてしまうリスクが高まるので、転売や個人売買を前提とした買い物をしていると勘付かれないような買い方をすることが重要となります。

個人で行う現金化と業者を利用したクレジットカード現金化を徹底比較!

初めて現金化を利用するという方のために、個人で行うクレジットカード現金化と現金化業者を使ったクレジットカード現金化のメリット・デメリットを徹底比較したいと思います!

クレジットカードを現金化は自分でもできる!

天秤

クレジットカード現金化は一見すると難しそうに思えますが、仕組みは非常に単純で、実は個人でも行うことができます。

具体的な方法としては、以下の通りです。

  1. クレジットカードで何か商品を購入する
  2. 購入した商品をフリマアプリや買取ショップなどで売却する
  3. 売却したお金を手にする→クレジットカード現金化の完了!

順序立てればお分かりの通り、クレジットカード現金化は言ってしまえばただの「転売」です。

最近はヤフオクやメルカリの登場で、誰でも簡単に転売ができるようになりました。

クレジットカードで購入した商品を転売すればクレジットカード現金化となるため、普通のサラリーマン、専業主婦、学生でもクレジットカード現金化を行っているのです。

個人で行うクレジットカード現金化のメリット

個人で行うクレジットカード現金化のメリットとしては、手数料が不要のため高い換金率が期待できるという点です。

例えば、ある商品をクレジットカードで購入し、メルカリやヤフオクに出品したとします。

出品した商品にマニアが反応し、プレ価格がついて元の価格を超える金額で商品が売れたとすると換金率は100%以上となります。

「どんな商品が高く売れるかなんて分からない…」という方でも、以下の様に自分で行うクレジットカード現金化の方法はたくさんの種類があるため、心配要りません。

飲み会を使ったクレジットカード現金化

Suicaを使ったクレジットカード現金化

商品返品によるクレジットカード現金化

ゲームアイテムを使ったクレジットカード現金化

電子マネーを使ったクレジットカード

質屋を使ったクレジットカード現金化

※各現金化の方法については、個別の記事を参考にして下さい。

個人で行うクレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化は個人でも行うことができますが、残念ながらデメリットも多く存在します。

そのため、個人でクレジットカード現金化を行う方は実際にはほとんどいないようです。

デメリット①換金率の保証がない

個人で行うクレジットカード現金化は、100%以上の換金率が期待できる一方で、換金率に保証がなくどれくらいのお金を手にすることができるかは現金化を行ってみないと分かりません。

フリマアプリやネットオークションに出品する場合は、買い手が見つかるかどうかは不明瞭で、期待通りの落札額にならないことが多々あります。

最悪の場合は、買い手が全く現れず購入したお金の分だけ損をしてしまう可能性すら存在します。

また買取ショップや換金ショップに持っていけば、確実に商品をお金に換えることができますが、その場合は換金率が低くなってしまいます。

よっぽど高価なブランド品や値打ちのある品でしたら話は別ですが、買取ショップや換金ショップの換金率は良くて5~6割といったところでしょう。

デメリット②手間と時間がかかる

個人でクレジットカード現金化を行うには、まず商品を購入して用意しなければいけません。

そのためにはお店に行かなくてはいけませんし、ネットショップを利用した場合は商品が到着するのに数日程度を要します。

さらに購入した商品を売却する際にフリマアプリやネットオークションを利用する際には、買い手が現れるまで待たなければいけません。

このように、個人でクレジットカード現金化を行うと手間と時間が必要以上にかかってしまいます。

当サイトの調査によると、必要なお金を個人でクレジットカード現金化によって手に入れる場合は最低でも1週間程度はかかってしまうという結果が出ました。

もしも緊急で今すぐにお金を用意しなければいけないのでしたら、悠長に構えている時間は無いでしょう。

デメリット③現金化が発覚しやすい

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、パチンコや風俗店同様に法的解釈が曖昧なグレーゾーンサービスです。

特にクレジットカード現金化がカード会社に発覚してしまうのは望ましくはありません。

法的処罰が下されることはありませんが、強制退会などのペナルティーを受けてしまいます。

そしてカード会社は利用者の決済状況などを把握することができるため、個人でクレジットカード現金化を行おうと換金性の高い商品ばかり購入していると目をつけられてしまいます。

デメリット④確定申告の対象になる

個人でクレジットカード現金化を行う場合、事業に類する可能性があります。

そのため、クレジットカード現金化で得たお金を年度末に確定申告をしなければいけません。

事業主の方であれば、確定申告には慣れているかもしれませんが、会社員や専業主婦の方だと確定申告をするのは大きな手間となるでしょう。

もしも確定申告を怠ってしまうと、裁判所から給与や財産を差し押さえられてしまいます。

クレジットカード現金化で得たお金は確定申告が必要!?非課税になる方法を解説!

クレジットカード現金化業者の場合は?

クレジットカード現金化は個人で行おうとすると、手間と時間がかかり現金化が発覚するリスクもあります。

そこで頼りになるのがクレジットカード現金化を専門に行う現金化業者の存在です。

現金化業者を利用する前に、まずは現金化業者のメリット・デメリットを確認してみましょう。

現金化業者のメリット①換金率が保証されている

現金化業者のホームページを見れば分かる通り、予め換金額に応じて換金率が提示されています。

悪徳業者でない限りは換金率に基づいてクレジットカード現金化が行われるため、現金化業者を利用する場合は換金額が保証されているという安心を得ることができます。

またクレジットカード現金化の相場は80%〜90%となっており、不確定要素が多い個人での現金化よりも確実に多額のお金を手にすることが可能です。

現金化業者のメリット②手間と時間がかからない

最近はインターネット上で運営を行う現金化業者が増えてきており、日本全国どこからでも現金化サービスを利用できるようになりました。

インターネット上で現金化を行う場合は、現金化業者の公式ホームページから申し込みフォームを入力することで現金化が完了します。

面倒な手続きがないため、パソコンやスマホの操作に慣れている方でしたら10分程度でお金を手にすることができるでしょう。

個人で行う現金化は自分自身で商品の売買や準備をしなければいけませんが、現金化業者を利用する場合は全て業者が行ってくれます。

したがって一刻も早くお金を手にしたいというときには現金化業者の方がスピード面では優れていると言えます。

現金化業者のメリット③現金化が発覚することがない

個人で行うクレジットカード現金化はカード会社に発覚しやすくペナルティーを受けてしまうリスクがあります。

しかしながら、現金化業者を利用すれば決済履歴や決済回数を上手くカモフラージュしてくれますので、カード会社に現金化が発覚する心配がありません。

現金化業者のメリット④信用情報に残らない

クレジットカード現金化は借金ではありません。

そのため利用しても信用情報に記録されることはなく、信用を失ったりクレヒスを傷つけてしまう可能性はゼロです

クレジットカード現金化は多重債務にお困りの方や職業柄、借入をすることができない方にも人気のサービスとなっています。

現金化業者のメリット⑤確定申告の対象外

個人でクレジットカード現金化を行なった場合、確定申告の対象となってしまいます。

しかしながら、現金化業者を利用する場合はクレジットカード現金化で得たお金はショッピング費用となるため、確定申告の必要がありません。

したがって、現金化業者を利用すれば税金を払ったり、手間と時間をかけて確定申告をしなくても済むのです。

クレジットカード現金化で得たお金は確定申告が必要!?非課税になる方法を解説!

現金化業者のデメリットは?

現金化業者を利用することには多くのメリットがありますが、デメリットについても確認してみましょう。

現金化業者を利用するデメリットを強いて挙げるとすれば、それは悪徳業者の存在です。

クレジットカード現金化は人気のサービスであるがゆえに、詐欺行為を働こうとする輩も一定数存在しています。

悪徳業者の数は一時期よりかは減少したと言われていますが、それでも油断は禁物です。

特に換金率だけを見て業者を選んだり、オーバーな宣伝を行なっている業者は利用しないようにしましょう。

不安な方は当サイトが厳選した優良現金化業者を参考にしてみて下さい!

総合的に比べてみよう!

これまで個人で行うクレジットカード現金化と、現金化業者を利用したクレジットカード現金化のメリット・デメリットについて見ていきました。

では、実際にどちらを利用した方がいいのでしょうか?

以下の表で比べてみましょう。

比較項目 個人で行う場合 現金化業者を利用する場合
換金率 40~100%(不安定) 80~90%(安定)
スピード 遅い(1週間程度) 早い(最短10分)
カード会社へ発覚の恐れ バレやすい バレにくい
安心度 〇(悪徳業者も存在する)

比べてみてお分かりの通り、現金化業者を利用した方がメリットは多いと言えます。

ただ、自分で行うクレジットカード現金化に自信があるという方は、ご自身で行なっても何も問題はありません。

どちらを利用するかは、今の経済状況や置かれている立場などから総合的に判断するようにしましょう。

自分で行う「クレジットカード現金化」解説

クレジットカードを特別な方法で活用すれば、金融機関でお金を借りるよりも簡単に資金を調達することができます。

クレジットカード現金化の仕組みを知ろう

クレジットカードクレジットカードは代金決済用にショッピング枠と呼ばれる機能が備わっています。
この枠には利用限度額が定められており、限度額以内ならいくらでも利用することができます。

商品代金は一時的にカード会社が立て替えており、月末に利用金額が精算され、翌月以降に預金口座から引き落とされる仕組みになっています。
手元にお金が残っていなくても、カードさえあれば商品を購入できるのが特徴です。
この特徴によってショッピング枠を現金化することが可能です。

簡単な方法だと、自分で購入した商品を買取店に持ち込んで売る方法があります。
この方法の場合、購入時よりも売却価格が低くなりますが、手っ取り早く商品を現金化できます。

電化製品やブランド品、最新のゲームや金券類は金銭価値が高く、現金化を目的に購入されやすいです。
この方法は買取店を利用する都合上、トラブルやリスクとは無縁です。
ただし、買取店の利用は若干損することになるということは覚えておきましょう。

現金化をするメリットとは?

現金を出す男現金化はカードさえ持っていれば審査要らずで現金を調達できるので便利です。
現金化の基本となる買取店を利用する方法なら短時間で現金を調達できます。
買取店を利用せずに自分で商品を売る方法も魅力的です。

ネットショップやオークションサイトに商品を出品して売りに出せば、購入価格よりも高く売れることがあります。
例えば、限定品や生産数の少ない商品、品薄状態の商品は需要過多で価格が釣り上がります。
予め需要過多になりそうな商品に狙いを付けて購入するのがポイントです。

他にも、依頼を受けて指定の商品を購入後、依頼主に商品を送ることで現金を受け取れる副業があります。
商品代金はしっかり支払われ、おまけに依頼の報酬として現金が支払われる副業もあります。
この副業は依頼主との信頼関係やコミュニケーションが必要になりますが、買取店で商品を現金化するよりも高い報酬を得られます。
依頼を受ける時はマッチングサイトを利用して依頼主と繋がることができます。

現金化をするデメリットとは?

イエローカードを持つ男性商品を買取店で売却すると、購入時よりも売却価格は低くなります。
若干損することになるのはデメリットだと言えます。

買取店によって商品の換金率は異なり、一般的な中古品買取店だと高くても定価の8割くらいが買取相場になります。
現金化は一時的な資金難を解消する手段として優秀です。
しかし、翌月以降に商品代金を請求されるので良く考えてから利用したいです。
特に使い過ぎで自分の返済能力を上回ると後が苦しくなります。

また、現金化はクレジットカードの利用規約でグレーゾーンに触れる行為です。
利用明細を調べられて、不正な利用と判断されれば問題になる恐れがあります。
例えば、換金率の高い金券類や同じ商品の購入頻度が多いと不正な利用と判断されることがあります。
リスクやトラブルなどの問題を避けるなら金券類には手を出さず、色々な商品を購入するのが良いと考えられます。
不正な利用と判断された場合、警告や注意の連絡が届き、最悪の場合カードの利用停止もあります。

現金化を何の為に利用するか考えよう

喜ぶ女性一般的な考えだと、クレジットカード現金化は資金に困っている時に利用するものだと言えます。
しかし、利用規約に触れる可能性はあるものの、上手に利用すれば商売目的での利用もできます。

依頼主と取引する副業なら、クレジットカード現金化も出来て報酬を受け取れます。
これを専門に請け負えば、副業では無く本業にすることもできます。

商品を自分で売る転売は商品の需要と供給を読み、在庫の管理や仕入れを行います。
これも入れ込めば転売というよりも販売店を構えているようなものです。
もしも、こうした利用が多くなるなら、事業主として法人向けクレジットカードを用意した方が良いでしょう。

また、法人向けのカードなら商業目的の利用は認められています。
一般のクレジットカードでコソコソやっていても、利用頻度が多いと怪しまれてしまいます。
法人向けのカードなら、事業主として堂々と活動することが出来ますし、今までよりも広い範囲で活動することができます。

クレジットカード現金化は自分で行なうのと現金化業者に任せるのではどちらが安全?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法には自分で行うものと専門のクレジットカード現金化業者を使うものがあります。どちらが自分に合っているか特徴を把握して、ご自身に最適なご利用計画を立てることが重要です。本記事ではそれどれのメリットやデメリットなどを解説いたします。

クレジットカード会社にバレにくいのはどちらか?

ショックを受けている女性ショッピング枠現金化を行う際に問題となるのが、法律上は違法ではなくてもクレジットカードの利用規約には違反しているということです。
カード会社にバレてしまうと強制解約となって未払いの金額を一括で請求され、信用情報にも傷が残ってしまうので注意が必要です。

この観点で考えた場合、適しているのはショッピング枠現金化業者になります。
自分で現金化する場合には売りやすく、換金性の高い商品を使う必要があり、このときに候補になるのが商品券です。
しかし、カードを使って買うことのできる商品券は限られており、同じブランドのカードでしか支払えないなどの制限があります。
毎月のように同じ商品券を大量に購入していると怪しまれ、問い合わせの電話があったり、支払いの遅延を起こしたときに現金化したことがバレる危険性が高くなります。

ショッピング枠現金化業者を利用する場合は履歴としては買い物で利用しているようにしか見えないためカード会社から怪しまれる危険性が少なくなります。

早く換金できるのはどちらか?

両手で頭を抱えている女性ショッピング枠現金化を使おうとする理由の1つにキャッシングやカードローンの契約をしておらず、今すぐお金が必要なので新規契約している時間がない、というものがあります。
この場合には換金までのスピードが重要になります。

この観点で見た場合もショッピング枠現金化業者の方が有利になります。
自分で現金化しようとする場合、商品の購入から売却までを自分で行う必要があります。
このときに商品の購入から到着までに時間がかかったり、商品を売却するためにオークションサイトなどを使うと取引の成立や入金に時間がかかってしまうので、急ぎのときに対応しにくいです。

ショッピング枠現金化業者を利用する場合、店舗型であればその場で現金を受け取ることができます。
オンライン型を利用する場合は振り込まれるタイミングは業者によって異なるので確認が必要ですが、即日で振り込みをしているところもあるため、緊急でお金が必要になったときでも対応できます。

換金率が高いのはどちらか?

両性でガッツポーズをしている女性ショッピング枠現金化を行う際にできるだけ換金率が高い方が得になります。
この観点ではどちらが良いとは一概には言えません。

自分で商品券を買って金券ショップなどに売るのが最も効率が良いですが、これだけではカード会社にバレる危険性が高くなります。
そのため、換金性の高い商品も使う必要があり、商品によっては購入額よりも高い値が付くようなこともありますが、オークションサイトなどでは送料や手数料などが発生することを考慮しなければなりません。

また、売れる商品は時期によって変化するため、どの商品であれば高く売れるのか、複数出品しても売れるのかなどの調査の手間がかかります。
ショッピング枠現金化業者を利用した場合には実質的な換金率では80~90%程度になるため、自分で現金化するときと比べて低くなりますが、高額の現金化をしたい場合にはこちらの方が適しています。
そのため、調査の手間をかけても良いのであれば自分で行った方が良いですが、面倒であれば業者を利用します。

トラブルのリスクが少ないのはどちらか?

座って頭を抱えている女性ショッピング枠現金化ではトラブルが起きることもあります。
どちらが安心して利用できるかと言えば、自分で現金化した方が良いです。
オークションサイトなどでトラブルが起きる可能性が全くないわけではありませんが、サイトの安全性を確認し、発送の際は保証を付けておけば安心です。

ショッピング枠現金化業者で起きるトラブルでは、高い手数料を要求されて実質の換金率が表示されているものよりも大幅に下回るというものが多いです。
これに騙されないようにするために、利用する前に電話を入れてどのような現金化のシステムで手数料がいくら発生するのか確認しましょう。
問い合わせに対する対応が悪い場合は利用しない方が良いです。

また、個人情報を不正利用されるリスクもあるので注意が必要です。
クレジットカードの規約違反で商売を行っているので、本質的には警戒が必要です。
顧客を逃がさないように不正なことを行わないところも多いですが、悪徳業者がいることはしっておきましょう。