クレジットカード決済端末機

現金化業者を使ってクレジットカード現金化をする際にクレジットカードの暗証番号やセキュリティーコードを伝える必要はあるのでしょうか?悪徳業者の場合、取り返しのつかないことになるかもしれません。本記事ではカード情報を伝える必要性の有無や悪徳業者の手口、もしもカード情報が流出してしまった場合などを解説いたします。

クレジットカード現金化とカード情報

ATMの暗証番号入力

クレジットカード現金化をするとき、現金化業者に本人確認ができる書類と共に、クレジットカードのカード番号を伝える必要があります。

以前はカード番号を聞いてくる業者は悪徳業者と見なされていました。
しかしながら現金化の有用性が広く知れ渡るにつれて、親や友達のクレジットカードを勝手に借りて現金化に使ったり、挙げ句の果てには他人のクレジットカードを盗んでまで現金化をする人が増えてしまいました。
そのため本当に本人名義のクレジットカードを確かめるため、現在では現金化の際にカード番号や本人確認ができる書類を提出することが一般的となっています。

ですが、現金化の際にクレジットカードの暗証番号やセキュリティーコードまで業者に伝えることはあるのでしょうか?
クレジットカードに詳しくない人、悪徳業者を利用してしまった人がこのことを理解していないと、大変な目にあるかもしれません。

暗証番号とセキュリティーコードは伝える必要がない!

クレジットカードの暗証番号とは、クレジットカード作成時に本人が設定した番号です。
クレジットカードに記載されているわけでないため、自分自身で忘れないようにしっかりと記憶・管理をしておく必要があります。
一方のセキュリティーコードとはクレジットカードの裏面の署名欄の横に書かれている3桁の番号のことです。(アメックスの場合は4桁)
セキュリティーコードは主にネットショッピングをする際にクレジットカード番号、カードの有効期限と合わせて使用されます。

この暗証番号とセキュリティーコードですが、クレジットカード現金化の際に業者に伝える必要は決してありません。
暗証番号とセキュリティーコードをもし業者から聞かれたとしても、絶対に伝えないようにしてください

クレジットカードの現金化のキャッシュバック方式では、利用者は業者のECサイト(電子商取引)で業者に指定された商品を購入します。
オンラインショップで買い物をするときのように自分自身でクレジットカード情報を入力するため、業者にセキュリティーコードを伝えなくとも現金化に必要な商品を購入することができます。
店舗型の業者では、実際にカード決済端末機にクレジットカードを通しますが、ここでも普段のお店でクレジットカードを使うように、自分自身で暗証番号を入力します。

クレジットカードの現金化は自分自身で行うよりも、安全性の問題から業者を利用することが推奨されています
これは紛れもない事実なのですが、このことを業者に自分のクレジットカードを渡して現金化してもらうと勘違いされている方は多くいらっしゃいます。

カード番号や本人確認のための個人情報を伝える必要はあっても、セキュリティーコードや暗証番号を伝える必要は無いということを頭に入れておきましょう。

セキュリティーコード・暗証番号を教えてしまうとどうなる?

不安げな表情

クレジットカード現金化を行ってくれる業者の中には、残念ながら悪徳業者と呼ばれる不正を企む業者も少なからず存在します。
そういった悪徳業者の詐欺手口として多いのが、利用者からクレジットカード情報、暗証番号やセキュリティーコードを聞き出そうとしてくるものです。

もしも彼ら悪徳業者に大切なセキュリティーコードや暗証番号を伝えてしまったらどうなってしまうのでしょうか?

「クレジットカード自体を盗まれたわけではないから大丈夫なのでは?」と考えるのは大間違いです。

インターネット上のオンラインショッピングではカード番号カードの有効期限、セキュリティーコードがあれば自由に買い物をすることができます。
そのためもしもクレジットカードの情報が悪徳業者の手に渡ってしまったら、ショッピング枠の利用限度額一杯まで不正利用されてしまいます。
またネットキャッシングができるクレジットカードだった場合、暗証番号を知られてしまったらキャッシングによって現金を手にすることも可能となってしまいます。

このような被害に遭わないためにも、決して現金化業者にクレジットカードのセキュリティーコード、暗証番号は伝えないようにしましょう。

もしも情報が流出してしまったら?

悪徳業者は言葉巧みに利用者を騙して、クレジットカードのセキュリティーコードや暗証番号を聞き出そうとしてきます。
そのような口車に乗せられてしまい、セキュリティーコード・暗証番号を伝えてしまった、もしくは不正に盗まれてしまったという場合はどうしたらいいのでしょうか?

もしもカードの情報が流出してしまったら、速やかにカード会社に連絡をしてカードの利用を停止してもらうようにしましょう。
また悪徳業者にカードを不正利用されていたとしても、自分自身がその返済をする必要はないため心配はいりません。

しかしながら、クレジットカード現金化は違法ではないものの、カード会社は利用を原則禁止しています
「悪徳現金化業者に騙されたので、カードの利用を停止して欲しい」、と名乗り出るとカード会社に現金化をした事実が発覚してしまいます。
仮に事実を伝えたかったとしても、カード会社はカードの利用状況などを詳しく調べるため、何れにせよ現金化を行ったことはバレてしまいます

クレジットカードを悪徳業者に不正利用されている場合、最善手はカード会社に現金化を行った事実をきちんと述べ、速攻カードの利用停止をしてもらうことです。
ただその時は強制退会、クレジットカードの無期限利用停止といったペナルティーを覚悟しなければいけません。

進むも地獄、退くも地獄とはこのことです。

悪徳業者の詐欺手口、こんな言葉に要注意!

詐欺師

最後に利用者からクレジットカードの情報を聞き出そうとしてくる手口についてご紹介します。
実際にはもっと言葉巧みな話術を織り交ぜてきますので、細かいニュアンスには注意してください。

「一度、カードをお預かりします」

主に店舗型の現金化業者で使われる言葉です。
先ほどもお話ししましたが、クレジットカードの決済は利用者自身が行います。
カードを現金化業者に預けてしまうと、カード番号や有効期限、セキュリティーコードを知られてしまうことになります。
カードを渡すように言われても、絶対に渡さないかその場で利用を断ってしまうのもいいでしょう。

「顧客情報管理のため、クレジットカードのコピーを取らせていただきます」

こちらも悪徳業者の手段として、よく使われる文言です。
クレジットカードのコピーを取られてしまうとカードを不正利用されてしまうので、決して渡さないようにしましょう。

またネット型の悪徳業者では
「本人確認のため、カードのコピーを提出してください」
と促してくることがあります。
身分証のコピーを提出することはあっても、クレジットカードのコピーを提出することは絶対にありません。

「一刻も早く現金化でお金が欲しい」、と焦燥感に駆られているとき、初めての利用で緊張しているときは警戒を怠ってしまうことが多く、悪徳業者はその心理を確実に突いてきます。

現金化の際にはくれぐれも心理状態を冷静に保ち、騙されていないかどうかをチェックするようにしましょう。

「暗証番号・セキュリティーコードを業者に伝えないように!」のまとめ!

カフェで打ち合わせ

  • クレジットカードの現金化業者にクレジットカードのセキュリティーコード・暗証番号を伝える必要はない!
    悪徳業者の場合、クレジットカードを不正利用される可能性がある
  • もしも伝えてしまった場合、速やかにカード会社にカードの利用停止を依頼しよう
    現金化が発覚し、ペナルティーを受ける場合も…
  • 言葉巧みにセキュリティーコード・暗証番号を聞き出そうとしてくる業者に注意!
最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…という方、手っ取り早く優良業者を知りたい!という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事