自動車税を未納してる方はクレジットカード現金化でお金を手にしよう!

2019年2月12日クレジットカード現金化と法律にまつわる話

自動車税を滞納すると?滞納時の対処法も解説!

車を保有している方は、もれなく全員自動車税を払う必要があります。

もしも自動車税を払えないと、銀行口座や給与、そして愛車までもを差し押えられてしまうかもしれません。

本記事では自動車税を滞納してしまうことのデメリットや滞納してしまった場合の対処法、そして自動車税が払えないという方のために、対処法や金策をご紹介します。

自動車税とは

車を運転する男性

自動車税とは、毎年4月1日時点で自動車を保有している方を対象にして、各都道府県が課税をする税金のことです。

納付期限は5月までとなっており、5月を過ぎても所定の金額を納められないと、滞納となってしまいます。

自動車税の納税額

いくら税金を払えばいいのかは、保有している車の車種と排気量、都道府県によって異なります。
また自家用か営業用かによっても変わってきますので、注意してください。

一般的には軽自動車の場合は約1万円で、乗用車の場合は排気量によって約3万円から6万円の間がほとんどです。

自動車税を滞納してしまうと…

ユーロの税金を計算

自動車税を納税してしまうと、多くのペナルティーを課せられてしまいます。

以下で順に詳しく解説していきます。

延滞金の発生

自動車税を滞納してしまうと、滞納期間に応じて延滞金が発生してしまいます。

延滞金は納付期限の翌日から発生します。

延滞金の利率は納付期限から1ヶ月以内の場合は2.6%1ヶ月以降は約9%です。

なんと滞納してから2ヶ月目からは延滞金利率は3倍にも跳ね上がってしまうので、延滞してしまった場合はなるべく早めに納付するようにしましょう。

具体的な延滞金の金額は「税額×延滞日数×延滞利率÷365」という計算で求めることができます。

差し押さえ

自動車税の督促が届いた後も、自動車税の納付を行わないと、財産の差し押さえが待ち受けています。

差し押さえの対象となるものは、主に財産と見なされるものです。

具体的には銀行口座・給与・土地・自動車などが挙げられます。

銀行口座を差し押さえられてしまうと、必要な料金の引き落としができなくなってしまいます。

また給与を差し押さえられてしまうと、勤め先の会社に自動車税を滞納していることがバレてしまいます。
そうなると会社内での評判や評価は著しく下がってしまうでしょう。

借金が原因で会社をクビになることはある?クレジットカード現金化で借金解決!

そして自動車税を払えないと、せっかくの愛車も差し押さえられてしまいます。

差し押さえは自動車税を滞納後、すぐに行われるわけではありません。
一般的に督促状がまず届き、それに応じなかった場合に差し押さえが行われます。
大切な愛車を失いたくないという方は、督促状が来た時点で納付をするようにしてください。

免許の取り消し

自動車税を滞納してしまうと、間接的にですが免許も失ってしまいます。

まず自動車の車検に通るには、自動車税を納めた証拠である「自動車納税証明書」が必要になります。

しかしながら自動車税を滞納してしまうと、「自動車納税証明書」が発行されないため車検が通りません。

車検が通らないと車を運転することができず、車検が通っていない車を運転してしまうと免許を取り消されてしまいます。

自動車税を滞納してしまった場合にするべきこと

手で円を描く男性

自動車税を滞納してしまったら、どうすればいいのでしょうか?

絶対に避けなければいけないのは、財産の差し押さえです。
財産を差し押さえられてしまうと、日常生活に大きな支障が出てしまいます。
ですが自動車税を滞納したからといって、すぐに差し押さえが行われるわけではありません。

したがって督促状が届いた段階で、支払いの目処が立たないのであれば、お住いの地域の税金窓口に相談するようにしましょう。

支払いの意思をきちんと示し、反省の態度を表せば、差し押さえを猶予してもられます。

相談窓口では「納付できない理由」、「いつなら納付できるのか」といったことを伝えるようにしてください。

場合によっては分割払いに応じてもらえることもあります。

自動車税が払えない方は…

税金を払えずに苦労する人

自動車税が払えない、お金のアテもないという方のために、最後に対処法と金策をご紹介します。

①車を売却してしまう

思い入れのある愛車かもしれませんが、車が原因で他の財産までを失ってしまう可能性があるならばいっそのこと車を売ってしまうのも1つの選択肢です。

自動車には自動車税だけでなく、駐車代や車検代、保険代、メンテナンス代、ガソリン代など多くのお金がかかります。

もしも自動車の維持費で家計までを圧迫してしまっているのであれば、手放すことを考えた方がいいかもしれません。

最近はレンタルカーやカーシェアリングといったサービスも生まれてきていますので、車を失っても不都合はないでしょう。

②エコカーや軽自動車に買い換える

エコカーや軽自動車は他の乗用車よりも維持費や自動車税が安くなります。

エコカーにはエコカー減税制度があり、自動車税の75%の減税を受けることができます。
また軽自動車の場合は排気量などに関係なく、自動車税が一律で1万800円しかかかりません。

毎年毎年、自動車税の納税が不安なら買い換えてしまうのもいいでしょう。

③借金をする

最終手段ですが、借金をしてお金を手に入れ、自動車税を納付するという方法もあります。

よっぽど大切で思い入れがある自動車ならば、差し押さえられないように借金をするのもアリかもしれません。

友達や親に借りるのは、トラブルにつながりかねないためオススメはできませんが、大手の消費者金融の無利息キャンペーンを利用すればそこまで返済に苦しむことはないでしょう。

とはいえ借金はあくまでも最終手段であり、いずれは返済をしなければいけません。

借金の返済ができないと、やはり差し押さえ債務整理を行わざるを得なくなってしまいます。

クレジットカード現金化とキャッシングのメリット・デメリットを比較!

④クレジットカードのショッピング枠現金化!

「消費者金融は利用したくないけど、自動車税を払えるアテもない…」という方にはクレジットカード現金化という金策を利用することをオススメします。

クレジットカードのショッピング枠現金化、通称クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング機能を使ってお金を手に入れる方法です。

勘違いされる方も多いかもしれませんが、クレジットカード現金化はキャッシング枠ではなくショッピング枠を利用するためードローンのような借金ではありません。

クレジットカードはお金の代わりになり、買い物や支払いをすることができます。
したがって、クレジットカードはお金と同義であり、よってクレジットカードはお金に換えることが可能となります。

自動車税を払えずに多額の延滞金を払ったり、愛車や財産を失ってしまう前に、クレジットカードのショッピング枠現金化でお金を手に入れましょう!

クレジットカードのショッピング枠現金化がオススメな方!
  • 自動車税を工面できるアテがない
  • 借金をしたくない方
  • 愛車を失いたくない方