クレジットカード現金化で質屋と暴力団組員が逮捕!一体なぜ?

2018年12月7日クレジットカード現金化と法律にまつわる話

逮捕される人

個人でクレジットカードのショッピング枠現金化を行うメジャーな方法として、クレジットカードで購入した商品を質屋で売る、もしくは質入れ(商品を担保としてお金を借りる)をするという方法があります。

質屋を使ってクレジットカード現金化を行うメリット・デメリットを解説

質屋には審査不要で多重債務者、返済遅延、失業中といった方でもお金を借りることができ、なおかつ厳しい取り立てがないというメリットがあります。

一方で「換金率が低い」・「質屋自身はクレジットカード現金化での利用を禁止している」といったデメリットもあり、実は質屋を利用して個人でクレジットカードのショッピング枠現金化を行うことは推奨されていません。

その中で2018年の7月にクレジットカード現金化を行って総額1000万円以上もの大金を詐取した疑いで、質屋のオーナーと暴力団幹部が逮捕されるという事件が起きてしまいました。

今回はクレジットカード現金化によって逮捕者が出てしまった事件の概要、なぜ逮捕されてしまったのか、現金化利用者への影響などを簡単に解説していきたいと思います。

クレジットカード現金化で1000万円!事件の概要

嫌がる警官

架空の取引でクレジットカード会社から振り込まれた現金を騙し取っていた暴力団幹部と質店経営者が逮捕された。

暴力団幹部と共謀した詐欺の疑いで、今月9日、警視庁日野警察署に逮捕されたのは、東京都日野市に本店を置く八王子市中町の「トーショー質店」(東京商事株式会社)徳永智昭容疑者(50)と、八王子市を拠点とする稲川会直系団体幹部の池田敏幸容疑者(52)だ。

捜査関係者によると、池田敏幸容疑者は徳永智昭容疑者の質店でクレジットカードを使い商品を売買したと装い、架空の決済をして、クレジットカード会社から現金約60万円を騙し取った疑いが持たれている。

なお、東京都の暴力団排除条例では、暴力団組員、関係者はクレジットカードを持つことはできない。

今回の事件で逮捕されることになった容疑者はふたりで、東京都日野市に本店を置く質屋の社長であった徳永智昭容疑者と稲川系暴力団の幹部である池田敏幸容疑者です。

徳永容疑者は質屋としてもともと利用していたと考えられるクレジットカード決済端末機を使って、実際には起こっていないカード決済を行い、架空の売り上げを捏造してカード会社からお金をだまし取ったと報じられています。

徳永容疑者はカード会社から振り込まれた現金を池田容疑者に手渡しており、クレジットカード現金化が暴力団の資金源となっているのではないと世間を騒然とさせました。

今回発覚した被害額は60万円でしたが、徳永容疑者は同じくクレジットカードの架空決済による現金化であわせて1000万円以上のお金を得ていたと言われています。

なぜ逮捕されたの?

過去にも現金化業者が逮捕されたという事例はいくつかありました。
その多くはクレジットカード現金化が融資に当たると見なされた出資法違反によるものでした。

しかしながら今回の事例では、従来のような出資法違反ではなく、詐欺容疑による摘発です。

架空のカード決済を行いクレジットカード会社からお金をだまし取った容疑として、詐欺容疑がかけられたのです。
なおクレジットカード現金化を行なった人が詐欺罪で逮捕されるはこの事件が初のケースとなります。

クレジットカード現金化は詐欺罪になる?法的観点から解説!

今回の事件のポイント!

今回の事件のポイントとして、まず現金化業者ではなく質屋が暴力団の資金調達に加担していたということが挙げられます。

おそらくですが今回の事件の舞台となった「トーショー質店」は一般人をターゲットにした顧客相手の現金化ではなく、あくまで暴力団への援助としてクレジットカード現金化を内々で行っていたと考えられます。

この事件のニュースが流れたときには現金化業者と暴力団の繋がりが噂されましたが、これは誤りであると言えます。
よって暴力団と現金化業者は繋がっている、同一であるということはなく、現金化業者を利用する際に暴力団の影を心配する必要はありません。

利用者への影響は?

今回逮捕された徳永容疑者が経営していた質店のように、暴力団などの反社会組織の資金調達としてクレジットカード現金化を行なっている業者がもしかしたら中には存在するかもしれません。

「トーショー質店」では顧客を募ったクレジットカード現金化を行なってはいなかったようですが、今後味を占めた業者が一般人向けにクレジットカード現金化を行う可能性は十分にあります。

過去に反社会組織の資金援助のクレジットカード現金化を行なっていた業者は、まず間違いなく悪徳業者でしょう。

もしも悪徳業者に引っかかってしまうと、法外な額の手数料を搾取される、個人情報やカード情報を盗まれるといった被害にあってしまうかもしれません。

悪徳業者に引っかからないために、くれぐれも業者選びは慎重に行なってください。

クレジットカード現金化で悪徳業者に騙されたときの対処法を教えます!

クレジットカード現金化優良店を見極める時はここを見ろ!チェックポイント5選

クレジットカードのショッピング枠現金化は違法ではない!

笑顔のエプロン姿の女性

正規の現金化業者でなくても、クレジットカード現金化によって逮捕者が出たとなると、「クレジットカード現金化は違法なサービスなの?」と不安に駆られてしまうのは無理もありません。

事実、過去には現金化業者にも逮捕者が出ています。

ですが結論から言うと、クレジットカードのショッピング枠現金化サービスは違法ではありません。

違法な額の手数料を取ったり著しく低い換金率で現金化を行なっていた悪徳業者以外の現金化業者に逮捕者は出ていないというのが何よりの証拠です。
また同様にクレジットカード現金化を利用したからといって、利用者が逮捕されてしまった事例も今のところはありません。

法律が未整備という背景はありますが、クレジットカード現金化は悪徳業者に騙されない限りは安心して利用できるサービスであると言えます。

クレジットカード現金化は「もれなく型」だから違法にならない!

クレジットカード現金化はパチンコ同様三店方式だから違法にならない!