ロードバイクで借金苦

ロードバイクを購入するために借金を重ねてしまい返済に苦しんでいる方は大勢います。借金の返済が苦しい、ロードバイクの購入資金が足りないならばクレジットカードのショッピング枠現金化でお金を手に入れましょう。

ロードバイクで借金苦!?

モノクロのロードバイクの写真

健康のために通勤や通学でロードバイクに乗る人が増えていると言われています。

そんなロードバイクを購入するときに最も大きなハードルとなるのは何と言っても価格ではないでしょうか。

ロードバイクは安いものでも数万円、ブランドや各パーツにこだわれば100万円を超えてしまうこともザラにあります。

ロードバイクの魅力は奥深いですが、
「ロードバイクが欲しいけど、高くて買えない…」
「ロードバイクを買うために借金をしてしまった…」
という方は多いのではと思います。

そこでまずは高額なロードバイクを購入するための方法、それぞれのメリット・デメリットをみてみましょう。

ロードバイクを購入するには?

きんのぶたの貯金箱

数十万円から100万円もするようなロードバイクを現金で一括購入する方は少ないでしょう。

ロードバイクを購入するための方法には、「ロードバイクローン」・「銀行ローン」・「クレジットカードの分割払い」・「借金をする」といった方法が挙げられます。

それぞれ詳しく解説していきます。

ロードバイクローンとは?

ロードバイクローンとは、ロードバイク購入のための専門のローンです。

ロードバイク業界は、ロードバイク人口増加のためによく「無利息キャンペーン」・「無金利キャンペーン」・「分割手数料0円!」といったサービスを打ち出しています。
これらのサービスを利用すれば、利息を払うことなくお得に高額なロードバイクを購入することができます。

しかしながらこういったサービスやキャンペーンがない場合、ロードバイクローンの金利は高いものとなっています。

まずロードバイクローンの先駆けであるスルガ銀行の金利を見てみると、購入額にもよりますが、想定される金利は11%です。
同様にクレジットカード会社として知られているオリコ(オリエントコーポレーション)でも同様に金利は11%前後となっています。

ロードバイクローンの中には「Y’S Road」(ワイズロード)のスペシャルローンのようにサイクルショップが独自に設けているロードバイクローンもあります。
サイクルショップ独自のロードバイクローンなら金利は安く「Y’S Road」は返済期間に関係なく、常に金利は1%しかつきません。
これなら他のロードバイクローンを利用するよりもはるかにお得で、パーツやアクセサリーに手をかけられそうです。
しかしながらサイクルショップ独自のロードバイクローンは、対象となるバイクが予め決まっています。

事実、「Y’S Road」のロードバイクローンでは対象となるバイクはたったの2つしかありません。
買いたいロードバイクが対象となっていれば問題はありませんが、何十種類もあるロードバイクが運良くローンの対象に含まれていることはそうそう無いでしょう。

銀行カードローン

ロードバイクの購入資金に困ったら、銀行の多目的ローンを利用することもできます。

銀行ローンはロードバイクローンよりも金利が安いのが特徴です
例えばみずほ銀行の多目的ローンですと金利は約6%(変動あり)、三井住友銀行のフリーローンも同様に6%となっています。

また100万円を超えるような高額なロードバイクを購入する際には多目的ローンではなく自動車ローンを利用できる場合もあります。
自動車ローンならばさらに金利が安く、2〜3%しかかかりません。

上手くいけば非常に低金利でロードバイクを購入できる銀行ローンですが、審査が厳しいのと年収に条件があるというデメリットがあります。

大抵の銀行では前年度年収200万円以上となっており、また勤続年数にも数年かの条件が設けられています。
そのため銀行ローンは誰でも利用できるというわけではありません。
特に未成年の方や学生の方には利用が厳しいでしょう。

クレジットカードの分割払い

クレジットカードは多くの方が1枚以上保有しているため、ロードバイクを購入するときはクレジットカードの分割払いを利用する方は多いと思います。

簡単に決済できるというメリットがあるクレジットカード払いですが、金利が高という点には気をつけなければいけません。
クレジットカードの分割払いの場合、なんと金利は平均して約15%前後もかかってしまいます。

先ほど金利が高いと紹介したロードバイクローンよりもよりも遥かに金利が高く、クレジットカードの分割払いはあまりオススメできる支払い方法ではありません。

特にリボ払いを選択する場合には注意が必要です。
金利はそれほど高くなくても支払い期間が長くなる傾向があるため、利用残高と返済額をきちんと計算せずに利用してしまうと多額の返済を行わなければいけなくなります。
最悪の場合は利息分だけを延々と支払い続ける「リボ地獄」に陥ってしまうかもしれません。
⇒⇒⇒別記事:クレジットカード現金化でリボ払いはできる?

借金をする

ロードバイクの購入資金を手にするために、消費者金融のキャッシングやカードローンといった借金を利用する方は少なくありません。

しかしながら消費者金融のは金利が高く、10万円から100万円の借り入れですと法定上限金利である18%を適用することがほとんどです。

またロードバイクローンやクレジットカードも厳密には借金ですが、消費者金融の場合はれっきとした借金に値します。

いくら欲しいものを手に入れるためといっても、借金をしてまで購入するのは考えものです。
特にロードバイクのような高額商品ならば、なおさらでしょう。
⇒⇒⇒別記事:キャッシングのデメリットを知っておこう!

返済が苦しいならクレジットカード現金化!

ホームレスの男性

高額なロードバイクを購入したり、パーツやアクセサリーといったオプション品にこだわって、気づいたら多額の借金を抱えてしまったという方は大勢いらっしゃいます。

「ロードバイクにはまってしまって借金苦に陥ってしまった」
「返済ができないため、借金に借金を重ねている」
「返すあてがないため、せっかく購入したロードバイクを売ってしまった」

などネット上では数々の体験談が見受けられます。

ロードバイクで作った借金のために「任意整理」・「個人再生」・「自己破産」に追い込まれてしまうと社会的に大きなダメージです。
⇒⇒⇒別記事:自己破産のデメリットを解説!

仕事先はクビになり、友だちや家族は離れていってしまいます。
こうならないために、何か方法はないのでしょうか?

ロードバイクの購入資金に迷ったら、借金が苦しいならカード現金化!

「ロードバイクの購入資金が無いけど、借金はしたくない」
「ロードバイクで作った借金が苦しい…」

といった方でも救われる方法があります。
それはクレジットカードのショッピング枠現金化と呼ばれる方法です!

クレジットカードのショッピング枠現金化、通称クレジットカード現金化をすれば、高額なロードバイクの購入資金を手に入れたり、ロードバイクの返済をすることができます。

クレジットカードのショッピング枠現金化はキャッシングを使った借金ではありません。
イメージとしては、クレジットカードで現金を購入するというのが近いでしょう。
さらにクレジットカードの利用限度額以内でしたら、いくらでもお金を手にすることができるため、ロードバイクの本体費用だけでなくヘルメットやタイヤといったオプションパーツにもお金をかけることができます。

ロードバイクで作った借金に苦しむ前に、ぜひともクレジットカードのショッピング枠現金化を活用して素敵な自転車人生を送っちゃいましょう!

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事