クレジットカード現金化 リボ払いは可能?

リボ払いは毎月の支配額が一定になるため、大きな買い物をするときに便利な支払い方法です。そんなリボ払いを現金化の際に利用できたらいいですよね。しかしリボ払いは使い方を間違えると危険なので注意も必要です。

支払いに便利なリボ払い

支払いを計算する様子クレジットカードの支払い方法には複数あり、購入する商品やそのときの経済状況によって自由に選ぶことができます。
中でも最近クレジットカードを利用する人に人気があるクレジットカードの支払い方法はリボルビング払い(通称:リボ払い)だと言われています。

「お金がないけど、大きな買い物がしたい!」というときに便利なのがクレジットカードのリボ払いです。
月々のカード払いに余裕が無いときはリボ払いを使う、という人も多いかもしれませんね。
1ヶ月の支払額を自分で決めることができるので大きな買い物がしやすい、返済計画が立てやすいといった特徴がリボ払いにはあります。

そんな便利なリボ払いを、クレジットカードの現金化に活用することはできるのでしょうか?
お金が無くても大きな買い物ができるリボ払いと、お金が無いとき簡単にお金を手にすることができるクレジットカードの現金化が手を組んだら、まさに最強だと思いませんか?

「リボ払い」を詳しく解説!

リボルビング払いの解説「リボ払いがクレジットカードの現金化に利用できるか?」という議題は置いておいて、まずはリボ払いの仕組みそのものを理解しましょう。
リボ払いを知る上で少しややこしい「定額コース」や「残高スライド式」の違いなども一緒に解説しちゃいます!

リボ払いは月々の支払い額を決められる

リボ払いを簡単に言ってしまうと「月々の支払いを決められるクレジットカードの支払い方法」となります。
リボ払いにはどれだけクレジットカードを利用しても毎月の支払額が一定になるため返済計画が立てやすいのが特徴です。
支払いの区分としては当然ながら分割払いとなります。

リボ払いをさらに2つに分けると「定額コース」と「残高スライド式」に分けることができます。

定額コースとは

定額コースとは別名、定額方式とも呼ばれ、支払額に関わらず毎月一定額の支払いをするリボ払いのことです。
大きな買い物をしても支払う金額が一定というメリットがありますが、支払い期間が長引くと手数料分の負担が増え負担が大きくなってしまうという側面もあります。

残高スライド式とは

残高スライド式とは、クレジットカードの利用状況によって返済額がスライド式に変わっていくリボ払いのことです。
わかりやすく言うと、カード利用額が倍になれば月々の返済額も倍になるといったように支払額が利用額に応じて変わっていきます。

定額コースと残高スライド式をよく混同してしまう方がいらっしゃるので注意が必要です。

リボ払いのメリット!

リボ払いは正しく利用できればたくさんのメリットがあります。

例えば毎月の支払額が一定なので、月々のクレジットカードの支払い見通しが立てやすくなります。
また大きな支払いをする必要が無いので、口座の残高不足による支払い遅延を防ぐこともできます。
お金に余裕があるときは翌月分の支払いを前倒しで返済することも可能です。
支払い期間を短くすることで、金利手数料を抑えることができるのです。

現金化の支払いにリボ払いはできるのか?

クレジットカード現金化の支払いにリボ払いは可能?リボ払いの仕組みやメリットについて理解していただいた上で、では本題に戻ります。
結論から言うと、クレジットカードの現金化にリボ払いを選択することは可能です!

利用方法はいたって簡単で、普段の買い物でリボ払いを利用するとき同様に、現金化サービスを行なってくれる業者に支払いはリボ払いであることを伝えるだけです。

クレジットカードの現金化は大きな額でも現金化できるため後々の支払いが困難になる恐れがあります。
しかしリボ払いを利用して現金化を行えば、現金化した分のショッピング枠の返済がラクになります。
高額の現金化を希望するときや経済状況的に月々のクレジットカードの支払いに困っているときは、リボ払いを選択して現金化をしてみてはいかがでしょうか。

リボ地獄に気をつけて

リボ払いの返済に困る男性一見すると良いことづくめのリボルビング払いですが、一歩間違えると大変な事態になってしまいます。

皆さんは「リボ地獄」と言う言葉をきいたことがあるでしょうか?
リボ払いは毎月決められた額の返済をしていれば良いというわけではありません。
実はリボ払いを利用するにあたりカード会社に手数料を支払わなければいけないのです。
この金利手数料が非常に高く、そして同時に危険でもあります。

クレジットカード会社がリボ払いに設定している金利手数料は年間でなんと15パーセントとかなり高い金利になります。
通常、銀行に定期預金をしても金利は約1パーセント無いくらいです。
その15倍の金利が付くのですから、いかにリボ払いの金利手数料が高い数字かお分りいただけますでしょうか。
金利手数料は毎月の返済額にプラスして支払わなければいけません。
返済額によっては金利手数料ばかりを支払うことになってしまい、延々と返済が続くと言う負のスパイラルに陥ってしまう可能性があります。

しかしリボ地獄の恐ろしさはこれだけではありません。
リボ払いはさらに返済期間が長期化しやすいという特徴もあります。

クレジットカードの支払い方法の1つに分割払いがありますが、分割払いは回数を決めた上で返済を行なっていきます。
リボ払いは毎月の定額(プラス金利手数料)を返済するだけなので、決められた返済額以上の買い物をすると一向に返済が終わらない可能性が出てきます。

またリボ払いは毎月定額分しか支払いをしなくていいので、ついつい出費をしてしまうリスクもあります。
実際にリボ地獄に陥る人というのは借金意識が低い人で、自分の支払い能力を超えて買い物をしてしまう傾向があるようです。

リボ地獄にハマってしまった結果、自己破産や債務整理を余儀なくされることになってしまいます。
ですからリボ払いは利用方法をキチンと理解した上で利用する必要があるのです。

リボ地獄から抜け出すには?

リボ地獄にハマってしまったら抜け出す方法はあるのでしょうか。
取るべき対応策をいくつか挙げておきますのでリボ払いに悩んでいる方はチェックしてみてください。

1 解約返戻金を利用する

解約返戻金とは、契約中の生命保険を解約することで受け取れるお金のことです。
もし生命保険を契約しているのなら、もったいない様な気もしますが解約してしまい解約払戻金を手にするのも1つの手になります。
生命保険を解約したくない、という方は生命保険会社からお金を借りることもできます。
契約者貸付と呼ばれる仕組みで、解約返戻金の金額内で保険会社からお金を借り受けることが可能です。
リボ払いを返済するために借金までしなくてはいけないのかと思うかもしれませんが、契約者貸付のほうがリボ払いの金利手数料よりはるかに低金利です。
長い目で見れば、支払額の合計はリボ払いの返済額よりも少なく済みます。

2 返済設定額を高くする

リボ払いの特徴として月々の返済額が小さいほど、支払いにおける金利手数料の比率が大きくなることがあります。
ですから月々の返済額をできるだけ多くすれば支払う金利手数料を低くすることができます。

また、毎月の返済額を高くすれば当たり前ですが、返済までのスピードが速まります。
リボ払いは前倒し返済ができるので、お金に余裕があるときは可能な限り前倒しをして返済していきましょう。
またクレジットカード会社によっては繰上げ返済も利用できる場合がありますので、毎月の返済額を上げるのは難しいという方はそちらを利用するのもまた1つの手でしょう。

3 ボーナス払いに変更する

リボ払いをボーナス払いに変更したところで元々支払わなければいけない返済額や金利手数料は変わりません。
ですが少なくとも支払い期間に余裕を持たせることができます。
ボーナス払いは時期によっては半年近くも支払い時期を伸ばすことが可能です。

またボーナス払いはリボ払いと同じく、手持ちのお金が無くても大きな買い物ができる方法ですが、リボ払いと違って金利手数料はかかりません。
時間があれば返済の目処が付く、という方はクレジットカードの利用をボーナス払いにしてみましょう。

リボ払いを利用したクレジットカード現金化:まとめ

現金化とリボ払いの情報をまとめる様子クレジットカードの現金化にリボ払いを利用すれば、大きな額の現金化をするときでも返済がラクになります。
とはいってもリボ払いは使い方を間違えてしまうとリボ地獄に陥ってしまう可能性があるので注意が必要です。
支払いにはクレジットカードを使った額だけでなく金利手数料も含まれることをしっかりと理解しておきましょう。
でないと恐ろしいリボ地獄にハマってしまうかもしれません。

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事