追い出される人

人間が生活をする上でも最も重要なのは「家」です。
自分の持ち家でないならば、家賃を払う必要がありますが、もしも家賃を滞納してしまうと強制退去となり家を追い出されてしまいます。
さらには多額の延滞金を請求され、裁判まで起こされてしまう可能性もあります。
家を失うと、ホームレスになり、路上や公園で生活をさざるを得なくなります。

このような事態にならないために、本記事では家賃を支払えないとどうなるのか、また家賃が支払えないときの対処法を分りやすくて解説して参ります。

家賃を払えないとどうなる?

薄暗い廊下

家を借りる際には、賃貸契約を貸し手(大家さん)と交わします。

家賃を滞納するということは、立派な「契約違反」となるため、下記のことは正当な理由を持って行われるということを理解しましょう。

①まずは督促が行われる

1ヶ月分の家賃を滞納してしまっただけなら問題はありませんが、数ヶ月に渡り、家賃を滞納してしまうとまずは督促が行われます。

督促は最初は電話やハガキなどで行われます。ただ督促を行うのは、大家さんではなく、家賃保証会社や専門の回収業者が代行します。

督促が行われても、改善が見られない場合は連帯保証人に連絡が行きます。もしも連帯保証人を親にしている場合は、これをきっかけに仕送りを止められたり、会社を保証人にしている場合は会社内の評価が著しく下がってしまうかもしれません。

ですが、連帯保証人の方が代わりに支払いを行なってくれれば、強制退去は免れることができるでしょう。その場合は厳重注意がされ、当面は家に住むことができます。

②強制退去&差し押さえ

もしも連帯保証人がいない、連帯保証人も家賃を払えないとなると、次に待っているのは強制退去です。

強制退去の際には、裁判に訴えられ強制退去は裁判所から命じられます。
そのため強制退去を無視して居座ろうとすると、罪に問われ犯罪者になってしまいます。

強制退去が実行されると持っている鍵は没収され、家具や目ぼしい財産は差し押さえられてしまいます。
差し押さえでは、銀行口座や会社から受け取っている給与も対象となります。

銀行口座を差し押さえられてしまうと、自分で自由に口座からお金を引き落とすことはできません。

給与が差し押さえられてしまうと、勤め先の会社に家賃を滞納していることが発覚してしまい、会社内の評価を著しく下げてしまうことになります。重要なポスト・プロジェクトからは外され、将来的な出世は不可能となるでしょう。
⇒⇒⇒借金が原因で会社をクビになることはある?クレジットカード現金化なら安全に資金調達が可能!

③未納分の返済と延滞金の支払い

強制退去が行われた後は、滞納分の家賃に加えて延滞損害金も支払わなければいけません。
延滞金は契約書に記載されている場合は、15%程度の金額が発生します。

契約書に延滞金の存在が記載されていなくても、大家さんは5%程度の延滞金を請求することができると法律で認められています。

また未納分の家賃と延滞金は一括で請求されることもあり、多くのお金が必要となります。
⇒⇒⇒裁判所から一括請求された時の対処法を解説 クレジットカード現金化でお金を手にしよう!

④ブラックリストになり信用情報に傷がつく

強制退去となっても、新しい家を探せばいいか、などと甘い考えを持ってはいけません。

家賃をクレジットカードで引き落としにしていたり、連帯保証人を保証会社にしている場合は、家賃を滞納すると信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報に傷がつく(ブラックリスト入り)と、
✓ 住宅や車のローンが組めなくなる
✓ クレジットカード審査に落ちる(契約できない)
✓ カードローンでお金が借りられなくなる
✓ スマホの分割払いが不可になる(携帯電話が持てない)
✓ 賃貸住宅の契約を結ぶことができない
✓ 社会的な信用を失う

など、日常生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。
⇒⇒⇒ブラックリストでもクレジットカード現金化は可能!
⇒⇒⇒クレジットカード現金化のために信用情報を回復しよう!

さらには新たに家を契約する際にも、家賃滞納の過去があると契約を断られてしまう恐れがあります。

家賃を滞納しないためにすること

顔の前に手をかざす

家賃を滞納すると、強制退去のみならず高額な延滞金が発生したり、信用情報に傷がつくなど様々な支障があることがお分りいただけたでしょうか?

では次に、そのような事態を防ぐために家賃滞納を防ぐためにするべきこと、できることをお話ししたいと思います。

①収入に見合った物件に引っ越す

一般的に、家賃は収入の25%から30%程度が好ましいと言われています。
家賃を滞納してしまうということは、現在の物件の家賃が自分の収入に見合っていない可能性があります。

そのため家賃が現在よりも低い物件に引っ越しをするというのは家賃滞納を防ぐための1つの手です。

最初に発生する引っ越し代や敷金・礼金は確かに手痛いですが、長い目で見れば、安上がりになるでしょう。

②出費を減らす

家賃と収入のバランスが取れているのに、家賃の支払いが厳しいという方は自身の毎月の出費を確認してみましょう。

食費にせよ交際費、趣味に使うお金にせよ、何かしら収支を圧迫している原因があるはずです。
原因となる出費が分かったら、何とかして支出を抑えられないかどうか考えてみましょう。

③住宅支援給付を活用する

失業中で、そもそも収入がないという方は住んでいる地域の福祉課に申請すれば、「住宅支援給付」を受け取れることができます。

住宅支援給付とは、主に失業をしてしまい収入がなくなってしまった方に対して行われる給付金です。
住んでいる地域にもよりますが、住んでいる物件の家賃と同額のお金を受け取ることができます。

しかしながら住宅支援給付を受け取るには審査があり、給付を受け取ることができる期間は3ヶ月と決められています。

家賃を滞納してしまった時の対処法

ドンとギブアップ

先ほどは、家賃を滞納しないためにすべき対処法に突いて見ていきました。

次にお話しするのは、家賃を滞納してしまった時の対処法です。
すでに家賃を滞納してしまっているという方は是非とも参考にしてみてください。

①大家さんに連絡をする

可能であれば家賃を滞納してしまい督促をされてしまう前が望ましいですが、滞納をしてしまったらまずは大家さんに連絡をしましょう。

まずは家賃を滞納してしまったことを詫び、なぜ滞納してしまったのか経済的理由を述べ、いつまでなら支払いが可能かどうかをきちんと話すようにしてください。
上手くいけば、支払いを延長してもらい強制退去を避けることができます。

②連帯保証人or保証会社に連絡する

賃貸契約を結ぶ際に、連帯保証人を設けていた場合はその方に連絡をしましょう。
大家さん同様に、家賃を滞納してしまったことを詫び、立て替えてもらうことを誠心誠意頼むようにしてください。
連帯保証人の方が支払いできないと、待っているのは強制退去となってしまいます。

一方、連帯保証人ではなく保証会社を利用していた場合は少し勝手が違います。

保証会社を利用している場合は、すでに滞納分の家賃は立て替えられているでしょう。
そして保証会社は滞納した家賃を建て替える以外に、お金を回収するという役割も持っています。

そのため、家賃を滞納したらすぐに保証会社に連絡をしないと、裁判を起こされ強制退去や差し押さえを喰らってしまう恐れがあります。
まずはキチンと連絡をし、誠実な姿勢を見せないと問答無用で強制執行されてしまうでしょう。

家賃が払えなくても借金はNG!

ばつ印をだす女性

よく家賃が払えずに、強制退去となることを恐れてキャッシングやカードローンといった借金を頼りにする方がいらっしゃいます。

確かに借金をすれば、一時的は金欠状態は免れることができ、強制退去となることはないでしょう。

しかしながら、借金をすると来月からは高い利息の返済をしなければいけません。
ただでさえ、家賃も払えないのにプラスして借金の返済も行わなければならず、借金をして家賃を払うことは負担を二重にしていることになります。

結局問題解決を先延ばしにしただけに過ぎず、さらに苦しい経済状況へと追い込まれてしまうでしょう。

そのような方を待っているのは、強制退去のみならず自己破産です。
自己破産をしてしまうと、ますますホームレスの生活が現実味を帯びてくることになります。
⇒⇒⇒自己破産とは?メリット・デメリットや悪影響を解説
⇒⇒⇒利用する前に消費者金融のデメリットを知っておこう
⇒⇒⇒利用する前にキャッシングのデメリットを知っておこう

家賃が払えないならクレジットカードのショッピング枠現金化を活用しよう!

家賃が払えないからといって、借金をするのは考えものです。

とはいえ、家賃を払えないと強制退去となって家を追い出されてしまう羽目になり、また裁判を起こされ大切な財産を手放さなければいけなくなってしまいます。
では、一体どうすればいいのでしょうか?

そこで知っておきたい金策がクレジットカードのショッピング枠現金化と呼ばれる方法です。
クレジットカードのショッピング枠現金化はクレジットカードによってお金を手にする手法で、クレジットカードの利用限度額と同等のお金を手にすることができるため、未納分の家賃を手にすることができます。

クレジットカードのショッピング枠は買い物に使うための枠なので、なぜショッピング枠を利用してお金を手にすることができるのか不思議に思う方もいるかもしれません。

ショッピング枠で買い物時の支払いができるということは、クレジットカードのショッピング枠はお金であると言えます。
したがって、ショッピング枠はお金に替えることが可能なのです。
ショッピング枠は月ごとにリセットされます。
ですので、使わないショッピング枠をそのままにしておいてしまうのは、もったいないと考えることもできます。
ショッピング枠が余ったという月は、余った枠をお金に換えてしまうのも1つの手です。

またキャッシング枠を利用したカードローンは借金ですが、ショッピング枠は買い物であるため借金ではありません。
そのためカードローンのように高い金利を払う必要がなく、安心して利用することができます。

クレジットカード現金化によって手にしたお金は、未納分の家賃に充てるのもいいですし、今よりも家賃が安い物件に引っ越すための費用にしても構いません。
何れにせよ、家賃が払えずに強制退去や財産を差し押さえられたり、莫大な延滞金を支払わなければいけなくなる前に、クレジットカード現金化でお金を手にしましょう!

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事