メモをする女性

初めて現金化を利用するという方のために、個人で行うクレジットカード現金化と現金化業者を使ったクレジットカード現金化のメリット・デメリットを徹底比較したいと思います!

クレジットカードを現金化は自分でもできる!

天秤

クレジットカード現金化は一見すると難しそうに思えますが、仕組みは非常に単純で、実は個人でも行うことができます。

具体的な方法としては、以下の通りです。

  1. クレジットカードで何か商品を購入する
  2. 購入した商品をフリマアプリや買取ショップなどで売却する
  3. 売却したお金を手にする→クレジットカード現金化の完了!

順序立てればお分かりの通り、クレジットカード現金化は言ってしまえばただの「転売」です。

最近はヤフオクやメルカリの登場で、誰でも簡単に転売ができるようになりました。

クレジットカードで購入した商品を転売すればクレジットカード現金化となるため、普通のサラリーマン、専業主婦、学生でもクレジットカード現金化を行っているのです。

個人で行うクレジットカード現金化のメリット

個人で行うクレジットカード現金化のメリットとしては、手数料が不要のため高い換金率が期待できるという点です。

例えば、ある商品をクレジットカードで購入し、メルカリやヤフオクに出品したとします。

出品した商品にマニアが反応し、プレ価格がついて元の価格を超える金額で商品が売れたとすると換金率は100%以上となります。

「どんな商品が高く売れるかなんて分からない…」

という方でも、

など自分で行うクレジットカード現金化はたくさんの種類があるため、心配要りません。

※各現金化の方法については、個別の記事を参考にして下さい。

個人で行うクレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化は個人でも行うことができますが、残念ながらデメリットも多く存在します。

そのため、個人でクレジットカード現金化を行う方は実際にはほとんどいないようです。

デメリット①換金率の保証がない

個人で行うクレジットカード現金化は、100%以上の換金率が期待できる一方で、換金率に保証がなくどれくらいのお金を手にすることができるかは現金化を行ってみないと分かりません。

フリマアプリやネットオークションに出品する場合は、買い手が見つかるかどうかは不明瞭で、期待通りの落札額にならないことが多々あります。

最悪の場合は、買い手が全く現れず購入したお金の分だけ損をしてしまう可能性すら存在します。

また買取ショップや換金ショップに持っていけば、確実に商品をお金に換えることができますが、その場合は換金率が低くなってしまいます。

よっぽど高価なブランド品や値打ちのある品でしたら話は別ですが、買取ショップや換金ショップの換金率は良くて5~6割といったところでしょう。

デメリット②手間と時間がかかる

個人でクレジットカード現金化を行うには、まず商品を購入して用意しなければいけません。

そのためにはお店に行かなくてはいけませんし、ネットショップを利用した場合は商品が到着するのに数日程度を要します。

さらに購入した商品を売却する際にフリマアプリやネットオークションを利用する際には、買い手が現れるまで待たなければいけません。

このように、個人でクレジットカード現金化を行うと手間と時間が必要以上にかかってしまいます。

当サイトの調査によると、必要なお金を個人でクレジットカード現金化によって手に入れる場合は最低でも1週間程度はかかってしまうという結果が出ました。

もしも緊急で今すぐにお金を用意しなければいけないのでしたら、悠長に構えている時間は無いでしょう。

デメリット③現金化が発覚しやすい

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、パチンコや風俗店同様に法的解釈が曖昧なグレーゾーンサービスです。

特にクレジットカード現金化がカード会社に発覚してしまうのは望ましくはありません。

法的処罰が下されることはありませんが、強制退会などのペナルティーを受けてしまいます。

そしてカード会社は利用者の決済状況などを把握することができるため、個人でクレジットカード現金化を行おうと換金性の高い商品ばかり購入していると目をつけられてしまいます。

クレジットカード現金化業者の場合は?

クレジットカード現金化は個人で行おうとすると、手間と時間がかかり現金化が発覚するリスクもあります。

そこで頼りになるのがクレジットカード現金化を専門に行う現金化業者の存在です。

現金化業者を利用する前に、まずは現金化業者のメリット・デメリットを確認してみましょう。

現金化業者のメリット①換金率が保証されている

現金化業者のホームページを見れば分かる通り、予め換金額に応じて換金率が提示されています。

悪徳業者でない限りは換金率に基づいてクレジットカード現金化が行われるため、現金化業者を利用する場合は換金額が保証されているという安心を得ることができます。

またクレジットカード現金化の相場は80%〜90%となっており、不確定要素が多い個人での現金化よりも確実に多額のお金を手にすることが可能です。

現金化業者のメリット②手間と時間がかからない

最近はインターネット上で運営を行う現金化業者が増えてきており、日本全国どこからでも現金化サービスを利用できるようになりました。

インターネット上で現金化を行う場合は、現金化業者の公式ホームページから申し込みフォームを入力することで現金化が完了します。

面倒な手続きがないため、パソコンやスマホの操作に慣れている方でしたら10分程度でお金を手にすることができるでしょう。

個人で行う現金化は自分自身で商品の売買や準備をしなければいけませんが、現金化業者を利用する場合は全て業者が行ってくれます。

したがって一刻も早くお金を手にしたいというときには現金化業者の方がスピード面では優れていると言えます。

現金化業者のメリット③現金化が発覚することがない

個人で行うクレジットカード現金化はカード会社に発覚しやすくペナルティーを受けてしまうリスクがあります。

しかしながら、現金化業者を利用すれば決済履歴や決済回数を上手くカモフラージュしてくれますので、カード会社に現金化が発覚する心配がありません。

現金化業者のメリット④信用情報に残らない

クレジットカード現金化は借金ではありません。

そのため利用しても信用情報に記録されることはなく、信用を失ったりクレヒスを傷つけてしまう可能性はゼロです

クレジットカード現金化は多重債務にお困りの方や職業柄、借入をすることができない方にも人気のサービスとなっています。

現金化業者のデメリットは?

現金化業者を利用することには多くのメリットがありますが、デメリットについても確認してみましょう。

現金化業者を利用するデメリットを強いて挙げるとすれば、それは悪徳業者の存在です。

クレジットカード現金化は人気のサービスであるがゆえに、詐欺行為を働こうとする輩も一定数存在しています。

悪徳業者の数は一時期よりかは減少したと言われていますが、それでも油断は禁物です。

特に換金率だけを見て業者を選んだり、オーバーな宣伝を行なっている業者は利用しないようにしましょう。

不安な方は当サイトが厳選した優良現金化業者を参考にしてみて下さい!

総合的に比べてみよう!

これまで個人で行うクレジットカード現金化と、現金化業者を利用したクレジットカード現金化のメリット・デメリットについて見ていきました。

では、実際にどちらを利用した方がいいのでしょうか?

以下の表で比べてみましょう。

個人で行う場合 現金化業者を利用する場合
換金率 40%〜100%以上(不安定) 80%~90%(安定)
スピード 遅い(1週間程度) 早い(最短10分
発覚のし易さ しやすい しにくい
安心度 ◯(悪徳業者も存在する)

比べてみてお分かりの通り、現金化業者を利用した方がメリットは多いと言えます。

ただ、自分で行うクレジットカード現金化に自信があるという方は、ご自身で行なっても何も問題はありません。

どちらを利用するかは、今の経済状況や置かれている立場などから総合的に判断するようにしましょう。

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…という方、手っ取り早く優良業者を知りたい!という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事を読んだ方におすすめの人気記事