退職後の出費に困ったときはクレジットカード現金化を活用しよう!

2018年12月5日過去の記事

退職後お金がない!

定年や転職で退職したときに多くの人が感じることは「退職後の出費は意外にも多い!」です。

特に驚くのが税金や社会保険料で、これらは会社に勤務していると会社の方で給料から自動で天引きしてくれていたため、いざ自分で払う立場になるとその金額には度肝を抜かれます。

リタイア後のセカンドライフを謳歌しようとしていた方、次の仕事探しに取り組もうと考えていた方は思わぬ出費の多さに、いきなりつまづいてしまうのではないでしょうか。

今回は退職後にかかる出費にどのようなものがあるのか、お金に困ったときの解決策を解説していきます。

退職後にも支払うお金

国会議事堂

以前は会社が払ってくれており、退職後には自分で支払いをしなければいけないもの、それはひとことで言えば税金です。
税金を国に収めることは国民の三代義務であり、収入がなくなった後でも収めなければいけません。

具体的には「健康保険」・「国民年金」・「住民税」・「所得税」の4つが主な支払いとしてあげられます。

それぞれいくらくらいかかるのか、どういった注意点があるのか見ていきましょう。

健康保険

健康保険とは病気や怪我の治療費や入院費の一部を国が負担してくれる保険のことです。

日本ではすべての国民が公的医療保険に加入する必要があります。
一般的に会社員の方は社会保険と呼ばれる健康保険に、自営業の方や年金暮らしの方は国民健康保険と呼ばれる健康保険に加入しています。

そのため退職後には社会保険を継続するか、国民健康保険に切り替えるか選択することができます。

どちらを選ぶかは本人の自由ですが、どちらとも退職後の支払いとしては非常に厄介です。

まず社会保険は「退職時には2ヶ月分を徴収していいい」と決められています。
そのため退職月には2倍の社会保険料が引かれており、いつもより給与が少ないことに首を傾げる方は多いでしょう。
具体的な例を挙げると、30万前後の給与の方で約8万円(健康保険料14,865円+厚生年金27,273円の2ヶ月分)もの健康保険が引かれてしまいます。

一方の国民健康保険は、どれくらいの金額を収めるのかは今までの収入と被保険者数(配偶者の方や子供)によって変わります。
40歳から65歳までの方は、国民健康保険と合わせて介護保健の保険料も追加徴収されるので注意が必要です。

また国民健康保険は前年の所得に応じて、支払額が決められます。
収入がなくなったから収める金額も少ないと勘違いしている方は多いので、こちらも注意が必要です。

国民年金

国民年金も退職後には会社に代わって、自分で納める必要があります。

自分とご家族のためにも、国民年金はきちんと収めることを推奨します。

例えば年金は老後に受け取るお金だけでなく、事故や病気をした場合に受け取ることができる障害年金というものもあります。
障害年金はがんや糖尿病、心疾患なども対象に含まれています。

また家計を支える方が亡くなったときに受け取ることができる遺族年金と呼ばれる年金もあり、国民年金を収めることは決して無駄ではありません。

とはいえ現在の国民年金の保険料は月額1万6490円で、退職して収入がないときには少し手痛い出費となってしまいます。

住民税

住民税は退職後、勤めていた会社にまとめて納付してもらうか、自分で納付するか選ぶことができます。

勤めていた会社にまとめて納付してもらう場合、かなりの額が一気に支払われるため貯金残高をきちんと確認しておく必要があります。

また住民税も国民保険料と同じで、前年の収入をベースにかかるものです。
そのため退職して収入が無いから少ないだろうと安心していると足元を掬われるかもしれません。

所得税

「退職して所得は無いのに、所得税を支払わなければいけないの?」
と思う方は多いかもしれませんが、退職した年は給与をもらっているので当然ながら所得税を収めなければいけません。

退職後すぐに転職して別の会社で働き始めるのなら心配は要りませんが、そうでないのなら確定申告が必要になります。

他にもある出費!退職後の生活は辛い?

駅のホームに佇む中年男性

以上が退職した後に、自分で払わなければいけなくなる税金関連の支払いです。
これからは生活費に焦点を当ててみましょう。

住宅手当

会社から住宅手当を支給されていた方は多いと思いますが、当然ながら退職すると住宅手当を受け取ることはできなくなります。

退職後に家賃が支払えなくなり、家を引っ越さざるをえなくなったという方は多いので気をつけましょう。

家賃が払えないときの対処法!クレジットカード現金化を活用しよう!

ボーナス

こちらも当たり前の話ですが、退職をするとボーナスを受け取ることはできません。

車の車検代や税金、住宅ローンなどのローン返済をボーナス払いに設定してボーナスに頼っていた方はまとまった出費が特に痛手に感じることになるでしょう。

交通費

会社から支給されていた定期代やガソリン代といった交通費をこっそりプライベートの時にも使っていたという方は多いのでないでしょうか?

しかしながら退職後には定期代やガソリン代の支給はなくなるため、お出かけの際は自費になります。

退職して羽を伸ばそうと考えていたのに、交通費のことを考えると外出するのが億劫になってしまった…なんてこともあるかもしれません。

転職費

退職後、転職の仕事探しをする場合はその費用についても理解して必要があります。

例えば面接や説明会、転職イベントに行くための交通費や宿泊費などは転職がすんなり決まらないとバカになりません。

また面接では印象が何より大事です。
今まで入社式のスーツや仕事で使っていたスーツではなく、多くの方がスーツを新調することでしょう。

そのスーツの購入費の数万円は退職して収入が無い中ではかなりの出費となってしまいます。

税金を未納してしまうとどうなる?

喉に詰まったおじいさん

在職中からコツコツと貯金をして老後は趣味に没頭してセカンドライフを謳歌する…そんな甘い人生を誰もが送れるわけではありません。

「退職後貯金がなく、加えて前述の出費三昧でいきなり家計が苦しい…」

ということは十分に考えられます。

ではもしも住民税や国民年金・国民健康保険などの納付を滞納もしくは未納してしまうとどうなるのでしょうか?
数ヶ月程度の未納ならば、督促状がくるだけですが、あまりにも長い間納めるべきものを納めないと大変なことになってしまいます。

例えば滞納額に応じて年率10%近くの滞納金を支払わなければならず、さらには家や車といった財産や預金口座、有価証券の差し押さえが行われてしまいます。

「消費者金融や闇金の取り立てじゃないし国がやることだから…」と甘く考えてはいけません。

クレジットカード現金化に取り立てが絶対に無い理由

特に国民年金の徴収は民間企業が行っており、年々厳しくなっています。

とはいえお金がなければ払わなければいけないものも払えません。
差し押さえなどを回避する方法はあるのでしょうか?

税金の支払いが厳しい場合の対処法!

パソコンを使うおじいさん

税金の支払いが困難である場合は、一部免除軽減制度を利用することができます。
ただ納付額の一部免除や軽減は条件があり、全ての方に当てはまるわけではありません。

一部免除や軽減制度が利用できなければ、分割納付という手もあります。

ただこれらの対処法は一時的な処置にすぎず、支払いを先延ばししているにすぎません。

いずれかはきちんと納めなければいけませんが、収入がない状況で将来に払うというのは不可能な話でしょう。

退職後の支払いが厳しいときはクレジットカード現金化!

介護士とおじいさん

退職後にかさむ税金の支払いが厳しい…そんなときに知っておくべき資金調達方法が「クレジットカードのショッピング枠現金化」です

クレジットカードのショッピング枠現金化はクレジットカードさえ持っていれば、退職した人、求職中で一時的に無職という方でもお金を手にすることができ、また借金ではないというメリットがあります。

またクレジットカードのショッピング枠次第では数十万円といったお金を一度に手にすることも可能です。

もちろん税金関連の支払いだけではなく、クレジットカード現金化で得たお金を生活費にあてたり、退職後のちょっとした自分へのご褒美や旅行費にすることもできます。

クレジットカードのショッピング枠現金化は退職したばかりの人、これから退職を考えている方にとって是非とも覚えておくべきお金のやりくり方法と言えるでしょう。

クレジットカードのショッピング枠現金化で退職後、老後のお金問題におさらばしましょう!

老後の生活費にお困りならクレジットカード現金化!