借り換えとクレジットカード現金化で借金返済!【借り換えを解説!】

2019年1月27日過去の記事

借金の負担が軽くなる?借り換えを解説!

「利用しているカードローンの利息が高くて、返済が厳しい…」
「今より少しだけでも金利が低くなれば、返済が楽になるのに」
「合計返済額は増えてもいいから、毎月の返済額を減らしたい」

といった借金の返済について誰にも言えない悩み、苦しみを抱えている方は多いのではないでしょうか?
今の返済苦を少しでも和らげることができる方法をインターネットで調べたり、無料法律相談所などに行くと「借り換え」を勧められることがあります。

確かに借り換えによって返済条件が改善され、以前よりも借金返済が楽になることはあるのですが、借り換えのデメリットなどを理解せずに利用すると、返済額が増えたり金利が上がったりして反対に大きな損をしてしまうかもしれません。

借金が苦しいといきに安易に借り換えを利用するのではなく、まずは本記事を読んでいただき、より良い別の解決策があるのならばそちらを利用するようにしてください。

借り換えとは?

考える会社員

借り換えとは、現在のローンの負担を減らすために、より返済状況のいいローンに乗り換えることを指します。

要するに、A社から借りている借金をB社から借りたお金で完済し、今後はB社の返済を行なっていくことです。
今抱えている借金が複数ある場合に、全ての借金を返済するための借り換えのことはおまとめローンと言います。

借り換えのメリットは?

借り換えは上手く利用すれば、今の返済条件を改善し、借金苦から逃れられることができるかもしれません。

借り換えのメリットとしては、「金利が低くなる」・「返済額が減る」といったことが挙げられます。
以下で詳しく見ていきましょう。

メリット①金利が低くなる

借り換えをすることによって今抱えているローンの金利よりも新しく借り換えるローンの金利が低ければ、当たり前ですが金利を低くすることができます。

金利が低くなれば、毎月の返済に余裕が出て借金のストレスなどから解放されるかもしれません。

メリット②返済額が減る

金利と返済額は通常、比例の関係にあります。

したがって借り換えによって金利が低くなれば、返済額も減る可能性があります。

借り換えのデメリットは?

借り換えには少なからずデメリットがあります。
借り換えのデメリットを知らずに、ただ借金から逃れたい一心で借り換えを利用してしまうのは非常に危険です。
そのためしっかりと借り換えのデメリットを理解するようにしてください。

借り換えのデメリットとしては
「審査が厳しい」・「過払金が還ってこない」・「返済額が増えてしまう可能性がある」といったことが挙げられます。

デメリット①審査が厳しい

借り換えをする方は「今抱えている借金の返済に苦しんでいる」という方です。

そのため金融機関からの信頼は低く、返済不能となって貸し倒れになるリスクが高いため、借り換え時の審査は通常時と比べて厳しい傾向があります。

また借り換えローンは「年収の3分の1を上回る金額を貸し出してはいけない」と定めた総量規制という法律の対象外となっています。
ですが各金融機関は総量規制枠(年収の3分の1)を超える借り入れをしている場合は追加融資を渋ることがあります。
したがって借り換えを利用する前に、現在の自分の年収と総借入額を見比べてみるようにしてください。

デメリット②過払い金が還ってこない

利息制限法によってグレーゾーン金利が撤廃される以前(2010年)から借金をしていた方は、適正金利を上回る返済額が過払金(かばらいきん)として返還されることがあります。

しかしながら長期間借り入れを行なっていた借金を借り換えしてしまうと、その借金は完済してしまったことになるため、減額や過払金を受け取れるチャンスを放棄してしまうことになります。

法律相談事務所のコマーシャルで流れているように、完済後も過払金を受け取れることがありますが、その場合は弁護士や司法書士に手数料を払わなければなりません。
とは言っても自分自身で過払金の請求をすると返還額が少なくなってしまい、さらには金融機関が独自に定める社内ブラックに登録されてしまうリスクがあります。
⇒⇒⇒審査落ちは社内ブラックが原因かも?クレジットカード現金化なら社内ブラックでもお金を手にできる!

デメリット③返済額が増えてしまう可能性がある

先ほど借り換えを行うメリットとして、返済額が減るとお話ししましたが、場合によっては借り換えによって返済額が増えてしまう可能性があります。この点こそが借り換えの恐ろしい点です。
借り換えによって返済額が増えてしまうパターンは2つ考えられます。

ひとつは借り換え後の金利の方が借り換え前の金利よりも高い場合です。
特に金利が低い銀行カードローンを利用している場合には注意するようにしてください。
「金利の多寡を間違えるわけないでしょ」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、金融機関によっては最高金利と最低金利だけを示しキチンと金利を教えてくれないことがあります。
そのため借り換えをして、本当に金利が低くなるのかをしっかりと見極めるようにしなければいけません。

ふたつ目は金利は低くなっても、返済期間が長期化することによって返済額が増えてしまうケースです。
金利ばかりに注目してしまい、返済期間のことを考えていないと返済額が増えてしまう危険があります。

借り換えを行う前に金利と返済期間から総返済額をシミュレーションし、借り換え前と後を比較するようにしてください。

借り換えをするのがオススメな方は?

暗闇で調べごとをする男性

借り換えには少なからずデメリットがあるため、全ての方が借り換えをするべきではありません。
そこで、次に借り換えをしたほうがいい方、しないほうがいい方を簡単に挙げてみたいと思います。

借り換えをしたほうがいい方
  • 現在借りているローンの金利が高い
  • 毎月の返済金額が高く、返済が苦しい
借り換えをしないほうがいい方
  • 金利が低い銀行カードローンを利用している
  • 借金返済を滞納している
  • 長期返済を考えている
  • 過払い金が還ってくる見通しがある方

これ以上借金に苦しみたくないならクレジットカード現金化!

決心する男性

借り換えをすれば今よりも返済状況が良くなり、多少なりとも借金の苦痛が和らぐかもしれません。
それでも借り換えをしたからといって借金を完済できるわけではなく、新たな借金を作るため今後も返済の精神的苦痛は続いていきます。

借金を抱えている方のほとんどは
「借金はもうしたくない…」と考えていることでしょう。
借金の苦しみが長く続くと、自己破産をするか最悪の場合は自殺にまで追い込まれてしまいます。
⇒⇒⇒自己破産のデメリット・悪影響を知っておこう クレジットカード現金化で破産回避!

そうならないためにも、最後に借金を解決するためのとっておきの方法をお話ししたいと思います。

クレジットカードのショッピング枠現金化で借金問題を解決!

借金問題を解決する秘密の方法とは、クレジットカードのショッピング枠現金化、通称クレジットカード現金化と呼ばれるサービスです。

クレジットカード現金化はお手持ちのクレジットカードで現金を手にすることができるまさに裏ワザと呼ぶべき資金調達法であり、クレジットカード現金化によって手にしたお金で借金の返済をすることができます。

またクレジットカード現金化自体は借金ではないため、完済後に新たな借金返済に悩む必要はありません。
現金化業者を利用すれば、即日融資も可能です。

クレジットカード現金化によって、借金の苦しみから脱することができた方々は大勢いらっしゃいます。

借金によって自己破産をして凄惨な人生を送るハメになったり、自殺に追い込まれてしまう前に、クレジットカードのショッピング枠現金化でまともな人生を取り戻しましょう!
⇒⇒⇒クレジットカード現金化で借金の問題を解決する方法まとめ!