老後の生活費に困っているならクレジットカードの現金化!

2018年3月5日過去の記事

老人と満月

退職後は急なケガや病気の治療費など予期せぬ出費が多くなります。超高齢社会に伴い年金制度も当てにはなりません。近年、経済的に苦しく生活に困窮した高齢者が増加しています。お金が不安な高齢者の方は必読です!

老後の金銭面が心配…

手をつなぐ老人夫婦定年までサラリーマンとして働き退職後は貯金と年金で自由気ままな老後生活を謳歌…
そんなライフ設計を立てていた方は多いかもしれません。

退職後にかかるお金を甘く見るな!

しかし趣味に没頭し、孫にも囲まれ、安定した幸せな老後の生活というのはもはや夢物語となりつつあります。
急な病気やケガの備えや増える冠婚葬祭の祝儀や香典など老後の生活には予期せぬ出費が多くなります。

もちろん既に収入は無いのにも関わらずです。

いくら貯金があっても、老後の生活の備えには決して安心という文字はありません。
それどころか今月の生活費さえ苦しいという状況にすら陥る可能性もあります。

年金は当てにならない!

少子高齢化が進み、日本の年金制度は破綻しつつあります。

保険料を払う世代が減少し年金を受け取る世代が増えるために、今後は貰える年金の給付額が少なくなり年金を貰える年齢も引き上げらることが想定されます。
今までキチンと年金を払ってきたからと言っても老後に年金を貰える保証はどこにもありません。
年金がもらえるからと安易な考えで支出を増やしていると痛い目に合うのは確実です。

年金担保貸付とは?メリット・デメリットを徹底解説!

老後は予期せぬ出費が多い

また老後には思わぬ出費が多くなっていきます。

例えば「医療費」。今は大病を患っていなくても将来的に大きな病気やケガをする可能性は誰にでも十分にあります。
万が一入院などしてしまうと多額の出費になりますし、いざという時のための貯金も必要になってきます。
医療費だけでなく介護費のための蓄えも同様に考えなければなりません。

また娘や息子の結婚費用や孫ができれば入学祝い、お葬式の香典代なども予期せぬ多額の出費です。
老後の備えのための貯金はいくらお金があっても足りません。

総務省「家計調査」の調査によると退職後の平均生活費は約25万円という結果が出ています。

それに対して厚生年金の平均給付額は14万5千円です。
恐ろしいことに、総務省が算出した25万円の中に貯金はおろか急な出費は全く含まれておりません!

中には退職後、たったの半年で貯金が半分になったという方さえ存在します。

2014年にはNHKで「老人漂流社会”老後破産”の現実」という番組が放送され、老後に自己破産をする人が社会問題として大きく取り上げられました。
まっとうに会社勤めをしていた人、年金を収めていた人でも老後破産は他人事ではなくなっています。

自己破産のデメリット・悪影響を知っておこう

年金暮らしだとお金が借りられない?

生活費に困り仕方なくお金を借りようと思っても、実は年金暮らしだと銀行や消費者金融からお金を借りることは困難になります。

「なぜ、年金生活者がお金を借りることが難しいのでしょう?」一番の理由としてやはり年齢が挙げられます。

当然のことながら年を経るにつれて病気やケガをする可能性は高くなります。
賃金業者からすれば極端な話、お金を貸したまま死亡なんてされたらたまったもんじゃありません。

もちろん収入は無いので返済能力にもほぼ信用は無いです。
また消費者金融や銀行の借り入れ条件を見ると65歳までを申し込み可能のラインとしているところが大半です。
なるべく頼りたくない借金でさえも、老後は利用できないことになります。

老後の生活費はクレジットカードの現金化で!

ベンチに座る老夫婦の人形そんな不安で一杯な老後の生活を送るのに一体どうやって生計を立てればいいのでしょう。
中には、「今月の生活費すらも足りない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでもご安心下さい、実はクレジットカードさえあれば簡単にお金が手に入る方法があります。

それがクレジットカードの現金化です!

クレジットカード現金化を利用すれば、多くのお金を手にすることができるため、生活費や冠婚葬祭の費用などを工面することができます。

クレジットカード現金化は審査がないため、年金暮らしの方でも問題なく利用することが可能です。

クレジットカード現金化を利用するメリット

散歩する夫婦クレジットカードの現金化をすれば年金暮らしでも働いていなくても簡単にお金を手にすることができます。
それでは次にクレジットカードの現金化のメリットを見ていきましょう。

①親族や知人に頼る必要がなくなる

いくら生活に困ったからと言って、自分の息子や親戚、知人に頭を下げてお金を借りるなんてマネは絶対にできません。
そもそもお金に困っていること自体他人、特に身内には知られたくないものです。

でもクレジットカードの現金化さえ知っておけば人に頭を下げてまでお金を無心する必要はありません。

また借金の場合だとどんなに隠していても他人に借金をしていることがバレてしまうことが多々あります。
しかしクレジットカードの現金化なら、お金が無いことを周囲の人に知られる心配は全くありません。

②大切なものを売る必要もなし

お金に困って、先祖代々伝わる大切な家宝や思い出がたくさんつまった物を売ろうかなんて、ひょっとして思っていませんか?
そんなことをしたらお金以上に大事なものをあなたは失うことになります。

いますぐ思いとどまってください。
クレジットカードの現金化さえ覚えてしまえば、もう大切なモノを手放す必要はありません!

③生活保護に抵抗がある人にもおすすめ!

先ほど少し触れた、老後破産について補足すると、現在200万人の高齢者が破産状態であり実に65歳以上の15人に1人が直面している問題だそうです。
老後破産になりそうなとき真っ先に考えられる策は生活保護です。
現在、生活保護を受けている人の半分以上が65歳以上の方で高齢者世帯は1220万世帯とも言われています。

生活保護は極めて大事な制度ですが、生活保護を受給することを恥だと思う人も多いでしょう。
また生活保護の不正受給が頻繁にニュースになることから生活保護受給者に対する世間の目は厳しいものです。
そうした理由で破産間近であっても生活保護をかたくなに拒否する人は多くいらっしゃいます。

しかしながら、クレジットカード現金化は生活保護に抵抗がある人でも気軽に利用することができます。

餅は餅屋!クレジットカード現金化は専門業者でご利用を!

握手するビジネスマンクレジットカードの現金はやり方さえ分かれば個人でも簡単に行うことができます。
しかし、いくら携帯やパソコンが普及したとは言え、ネットに不慣れな高齢の方が自分でクレジットカードの現金化を行うのは多少の困難があるかもしれません。

「餅は餅屋!」ということでクレジットカード現金化でお金を手にするときには、専門の現金化業者を利用しましょう。

相談だけなら無料で行ってくれますし、疑問や不安があれが分かりやすく丁寧に教えてくれます。

終わりに

急な病気やケガの入院費や介護費など老後の生活は何かとお金の心配がついて回ります。
もちろん収入は無いのに頼みの年金制度は超高齢化社会とあってもう当てにはできません。
しかしクレジットカードの現金化があることを知っていればもう大丈夫です!

生活費からいざという時の蓄えまで、さらには子供の結婚式代やお孫さんへのお小遣いまであげられます。

最近では「人生は120歳まで!」とも言われています。
医学の進歩を考えたら、あながち間違いでもないかもしれません。
そんな長い老後のライフをクレジットカードの現金化でお金の心配をしなくてもいい生きがいのある楽しい人生にしましょう!