ネットがあれば来店不要でクレジットカード現金化が可能!

2019年3月11日過去の記事

自宅からでも現金化は可能!

クレジットカードのショッピング枠現金化はクレジットカードさえ持っていれば、誰でもサービスを受けることができ、お金を手にすることができます。

しかしながら、クレジットカードのショッピング枠現金化を利用しようと思っても
「怪我や病気をしていて、外に出られない」
「仕事や家事・育児で忙しい…」
「外に出るのが面倒くさい、億劫」
という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、Amazonを使って家にいながら買い物ができるようになったように、クレジットカード現金化にもネット型業者が誕生したことで、インターネットを使えば自宅や外出先、どこにいても現金化サービスを利用することができるようになりました。

とは言えまだまだネット型業者に対して、疑問点や不安な点を抱えている方は少なくないでしょう。
そこで本記事ではネット型業者とは何か、メリットやデメリットなどをわかりやすく解説して参ります。

昔は店舗型のクレジットカード現金化が主流だった?

街中のショップ

クレジットカードのショッピング枠現金化というサービスができた十数年前は、現金化を行う現金化業者は街中にお店を構えて営業を行う店舗型業者が主流でした。

店舗型業者の多くは都市部の繁華街に存在して営業を行なっていましたが、利用者はわざわざ店舗に出向く必要があり、地方在住の方はサービスを利用できないという不都合がありました。

また店舗の営業時間もあるため、利用者は地理と時間という二つの制限を受けなければいけなかったのです。

ネット型業者の登場

店舗型業者の制限と利用者側の不満、そしてIT化という時代の流れを受けて誕生したのが、インターネット上で営業を行う現金化業者である、ネット型業者です。

ネット型業者は店舗を構えず、インターネット上で申し込みから現金化までを完結させます。
ネット型業者を利用すれば、店舗に出向く時間と労力、交通費を抑えることができます。
さらに日本全国どこにいても、ネット環境がある場所ならば、ネット型業者を利用することによってクレジットカード現金化を行えるようになったのです。

現在は店舗型業者の数は少なくなり、大方の現金化業者はネット型業者として営業を行っています。

ネット型のクレジットカード現金化業者は不安?

女性のシルエット

店舗型業者の場合は、スタッフと顔を合わせて現金化の手続きを進めていくためスムーズに手続きを行うことができます。
またスタッフから直接説明がされ、分からないところや疑問点があればその場で質問をすることができるため、安心感もあります。

ですがネット型業者の場合は、業者スタッフと顔を合わせることがなく、基本的には1人で申し込みから手続きを行います。

そのためネット型業者を利用することに、不安がある方もいらっしゃるかもしれません。
そこで簡単にですが、ネット型業者の利用方法を次に解説していきたいと思います。

ネット型業者の利用方法

「パソコンは苦手だし…」
とネット型と聞いても、何も利用することに身構える必要はありません。
また特別に用意しなければいけない物もありませんので、安心してください。

まずネット型業者を利用するには、現金化業者のホームページから申し込みを行う必要があります。

用意されている申し込みフォームに沿って、名前や連絡先、銀行口座、メールアドレスや希望する換金額を記入すれば、申し込みをすることができます。

申し込みフォームを記入した後に、業者によっては本人確認のための電話がかかってくることがあります。

その後は業者から用意しているECサイトか、業者に指定されたサイトで商品購入をクレジットカードで行えば、現金化は完了です。
現金化に使われる商品はあくまでも形式的に必要なだけで、安物のアクセサリーなど価値のないものがほとんどです。
怪しい商品を購入させられることは決してありませんので、心配する必要はありません。

現金化の手続きが完了した時点で、申し込みフォームに記入した銀行口座宛に、お金が入金されています。

数日後に現金化に用いた商品が届くかもしれませんが、破棄していただいても構いません。

パソコンに不慣れな方でも、手順に従えば簡単に申し込みから手続きを行うことができ、早ければ10分以内にお金を手にすることができます。

ネットでクレジットカード現金化ができるメリット

笑顔でコーヒーを飲む女の子

ネット型業者の利用方法を理解していただいたところで、ネット型業者のメリット、インターネットから現金化ができる利点を確認してみましょう。

日本全国どこにいても利用できる

店舗型の現金化業者は都会の繁華街など、人が多く集まる場所にしか存在していません。
地方に住んでいる方だと、店舗がある都心部まで出向くのに数時間かかる方や交通費が数千円もかかってしまう方も多いでしょう。

しかしながらネット型業者を利用すれば、日本全国どこからでもクレジットカード現金化を利用することができます。
そのため出張先や旅行先でお金が無くなってしまった!というときでも利用することができ、極端な話、自宅から一歩も外に出ずにお金を手にすることも可能です。

まさにインターネット時代ならではのメリットです。

換金率が高い!

店舗を構えて営業を行っている店舗型業者は、店舗と土地を借りています。
そのため土地代、お店の維持費、光熱費など、固定費を多く払う必要があります。
現金化業者は利用者から得る手数料を利潤として営業を行っており、店舗型業者は固定費が高い分、手数料を多めに取ります。

しかしながらネット型業者は、店舗を構えておらず、経費がかかりません。
利用者から多くの手数料を取る必要がなく、その分換金率が高くなっています。

換金率が高いということは、多くのお金を現金化によって手にすることができるということで、利用者からすれば嬉しい限りです。

お金を受け取るまでが早い!

Amazonを使う場合、クリックひとつで買い物をすることができます。
お店に行く手間も、商品を選ぶ手間もレジに並んで会計をする必要もありません。

それと同様にネット型業者ならば、インターネットから申し込みを行い手続きをすることができるため、煩雑な手続き無しに現金化をすることができます。

したがってネット型業者ならば、お金を受け取るまでの時間が早く、即日融資どころか申し込みから10分程度でお金を得ることも可能です。

ネット型クレジットカード現金化業者の注意点

絶叫する外国人

ネット型業者を利用することには、多くのメリットがありますが、反面、注意するべき点もあるので、お話ししていきます。

ネット型業者を利用する注意点とは、悪徳業者の存在です。
ネット型業者を装う悪徳業者は、インターネットの匿名性を悪用して営業をしています。

悪徳業者にもしも引っかかってしまうと、手数料を多く取られる個人情報を悪用され詐欺や犯罪に巻き込まれてしまう恐れがあります。
他にも悪徳業者はスキミングと呼ばれる手法でクレジットカード情報を不正に入手したり、利用者にお金を振り込まずに行方をくらませることも考えられます。

くれぐれも悪徳業者は利用しないようにしましょう。
特にネット上で高い換金率を宣伝しているような業者には注意が必要です。

ネット型クレジットカード現金化業者の利用ケースは?

パソコンを見ながら電話をかける男性

悪徳業者に引っかからなければ、自宅からでもお金を手にすることができるネット型業者は非常に利便性が高いと言えます。
そこで最後に、ネット型業者を利用すべきケースを挙げてみましょう。

出張先・旅行先でお金に困った場合

「先方の都合で急に決まった出張で、手持ちのお金が無い!」ということは、誰にでも起こり得ることです。
また、「旅行先でお土産を買いすぎた…」というときも同様によくある場面でしょう。

ATMがあれば、キャッシングによってお金を手にすることができますが、仕事仲間や友達の目の前で借金をすることは憚られます。

そのようなときでも、ネット型の現金化業者でクレジットカード現金化をすれば、誰にもバレることなくお金を手にすることができます。

パソコンが無くてもスマホがあれば申し込みはできるため、後はタイミングを見てATMから現金化で振り込まれたお金を引き落とすだけで、お金が手に入ります。

すぐにお金が必要な場合

例えば友達の結婚式や親戚のお葬式、妊娠・出産や病院にはらう治療費、学費、携帯代、家賃、クレジットカード支払いなど、日常生活で急にお金が必要になるケースは多数存在しています。

そのような場合に闇雲に行動をしても必要なお金を指定期日までに用意することはできません。

また自身の入院費など、ときにはお金の工面に動けない場合もあるでしょう。

そんなときでもインターネットを通じてクレジットカードのショッピング枠現金化をすれば、お金を手にすることができます。

時間は十分足らずで、スマホやパソコンを少し操作すればOKです。

急にお金が必要になったときには、慌てず騒がず、クレジットカードのショッピング枠現金化を利用しましょう。