借金が原因で会社をクビになることはある?クレジットカード現金化で借金解決

2019年1月24日過去の記事

借金が原因で会社をクビ!?

「借金をしているけど、会社にバレないか心配…」
「返済できるか不安だけど、会社に取り立てはくる?」
「借金をしようか迷ってるけど、会社にバレないだろうか…?」
借金をする前には色々と不安がつきませんが、中でも不安な点は借金が会社にバレてその結果クビになってしまうことではないでしょうか?

万が一、借金が原因でクビになってしまうと収入がなくなり、借金を返すことができなくなってしまいます。

特に長く勤めている場合は、それなりのポストに就いているでしょうし、同僚や部下、上司からの目も気になるでしょう

本記事では、借金が原因で会社をクビになることはあるのかどうかを分かりやすく解説して参ります。

在籍確認の電話で借金がバレることは稀

ばつ印をだす女性

借金をする前には、審査があります。

そのため、借金の申し込みをした金融機関から、勤め先の会社宛てに在籍確認の電話が来ることがあります。

在籍確認とは、申込者が本当に申告した会社に勤めているのかどうか、虚偽申告ではないかどうかを確認するための電話です。

しかしながら、在籍確認の電話によって会社に借金がバレてしまうことは稀と言えます。

なぜなら、金融機関側も利用者の身上を気遣い、在籍確認の電話で金融機関であることを名乗らないからです。

金融機関であることを名乗らない代わりに、在籍確認の電話は個人名でかかってきます。

また金融機関にあらかじめ、在籍確認の電話を入れて欲しい時間帯やオペレーターの性別を指定することもできます。

在籍確認の電話に、自分が最初に出てしまえば絶対にバレることはありませんし、不安な方は自分が都合のいい時間帯を指定するようにしましょう。

電話に出た後は、会社の人に何の電話だったのか、不思議に思われるかもしれません。

そのようなときは

「クレジットカードの在籍確認だった。」
「自動車ローンの在籍確認だった。」
「賃貸マンションの審査の在籍確認だった。」

というように、ごまかしましょう。

全くの嘘というわけではないですし、会社に在籍確認の電話がかかってくるのは珍しいことではないので、心配は要りません。

会社に取り立てが来ることはない?

借金をして、返済が滞ってしまうと不安なのは取り立てです。

過去には大手の消費者金融が恫喝まがいの取り立てを行なっていたとして、大きな問題にもなりました。

しかしながら現在では「賃金業法」という法律によって、正当な理由なくして金融機関が利用者の職場に取り立てに行くことは禁止されています。

また職場に直接取り立てに行くことは、「業務妨害罪」、「不退去罪」といった法律が適用される可能性があります。

そのため取り立てによって、会社に借金がバレてしまうことはないでしょう。

度重なる返済遅延をしてしまうと…

一度のみならず、何回も返済を遅延してしまうと、会社に催促の電話がかかってくることがあります。

金融機関は正当な理由なくして利用者の職場に取り立てに来ることはありませんが、重度の返済遅延は正当な理由に当てはまります。

職場に直接、取り立てに来ることはありませんが、返済を催促する電話が職場にかかってくるようになります。

在籍確認の電話とは異なり、今度は取り立てですので金融機関であることをしっかりと名乗って電話をかけてきます。

そうなると、一発で借金が会社にバレて、さらに返済を遅延していることも発覚してしまうでしょう。

また度重なる返済遅延を起こすと、金融機関に訴訟を起こされる可能性もあります。

裁判によって給与の差し押さえが命じられてしまうと、当然ながら会社に借金をしていることがバレてしまいます。

きちんと毎月返済を行なっている限りは、借金が会社にバレることはありません。

くれぐれも返済を滞納してしまうようなことにはならないでください。

債務整理をすると、会社にバレる…

ショックで口をふさぐ男性

借金をしていることが会社にバレてしまうケースとして、債務整理を行うことが挙げられます。

債務整理とは「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」の3種類のことです。

このうち「個人再生」と「自己破産」を行なった場合に借金がバレてしまうリスクが高くなってしまいます、

なぜなら、個人再生と自己破産が裁判所を介して法的手続きを行うからです。

裁判所の結果は、官報という国が発行する機関誌に掲載されます。

官報には個人名も載せられるため、借金が原因で債務整理を行なったことがバレてしまいます。

現実的に考えて、官報を日常的に熟読している方はそうはいませんが、公務員の方だと日常的にチェックされている可能性があります。

そうすると、借金が職場にバレてしまうことになってしまいます。

また債務整理を行うと一定の期間、就くことができない仕事もあります。

不安な方は社内融資を利用しよう!

借金が不安、返済できるかどうか心配という方は、社内融資を利用するのも1つの手です。

社内融資とは、会社が会社員に対して融資を行うという福利厚生の一環です。

一桁台という低金利で借りることができ、返済は給料から引かれるため、返済不能になる心配もありません。

また福利厚生の一環であるため、社内融資を利用するのに引け目を感じる必要はなく、会社員の権利ともいえるでしょう。

借金を会社に隠し続け、いつバレるかとヒヤヒヤするよりは、正直に経済的に困っていることを会社に話し、社内融資を受ける方がいいかもしれません。

ただ、後で述べる通り、借金が会社内に発覚してしまうのは大きな影響を及ぼします。

借金が原因で会社をクビになることはない!

bracelet_girl

結論から言ってしまうと、借金が原因で会社をクビになることはありません。

なぜなら、借金を理由に労働者を解雇することには正当な理由ではないため、会社側が違法となってしまうからです。

したがって、借金が原因で会社をクビになることは絶対に無いと言えます。

しかしながら、闇金業者を利用してしまい職場にまで迷惑をかけてしまうと業務妨害や反社会的勢力と繋がっていると見なされ、懲戒解雇処分となってしまう可能性があります。

このケースでの解雇は客観的に見て合理的な理由であると言えるでしょう。

もしも借金が職場にバレると…

借金が原因で会社をクビになることはありません。

借金が発覚してしまっても、返済が多少遅れてしまっても職を失うことは無いでしょう。

だからと言って、決して安心してはいけません。

借金をしていることが職場にバレてしまうと
「〇〇さんは、多額の借金をしているらしい…」
「消費者金融の取り立てで首が回らないらしいよ…」

と、職場で噂をされてしまいます。

そのような環境で、働き続けるのは精神的に居た堪れないでしょう。

長年作り上げてきた信頼は、一瞬で失われてしまいます。

また借金をするほどお金にルーズな人間とレッテルを貼られてしまい、経理に関する業務から外されてしまったりすることも考えられます。

当然ながら、昇進にも大きな悪影響を及ぼし、ボーナスは減らされ、出世コースからは外れてしまうでしょう。

借金をする前に、このようなリスクがあるということをしっかりと理解しておいてください。

クレジットカード現金化は匿名性が高い!

メガネをかけた男性

「借金はしたくない…」
「会社にバレないかどうか心配…」
「会社に借金がバレたら、退職せざるを得ないかも…」
とお悩みの方のために、最後にオススメの資金調達法をご紹介します。

それはクレジットカードのショッピング枠現金化と呼ばれる方法です。

クレジットカードのショッピング枠現金化はクレジットカードを用いた金策で、キャッシング枠ではなくショッピング枠を使うため借金ではありません。

借金ではないため、在籍確認といった審査や取り立ての心配は無用です。

なおかつ匿名性が高いため、お金に困っているということが職場にも家族にもバレる心配もありません。

借金をすると、後々高い金利の返済に追われ、心身ともに辛い日々を過ごすことになってしまいます。

その結果、自己破産にまで追い込まれ、職を失ってしまうことも十分に考えられます。

そのような事態になる前に、まずはクレジットカードのショッピング枠現金化を活用してみましょう!