社内融資のメリット・デメリットをクレジットカード現金化と比較!

2019年1月22日過去の記事

社内融資のメリット・デメリット

社内融資は多くの企業が制度化している会社からお金を借りることができる制度です。しかし社内融資を利用する前には社内融資のメリット・デメリットをしっかりと理解する必要があります。果たして社内融資を利用することは本当に正しいのでしょうか?クレジットカードのショッピング枠現金化と比較して解説したいと思います。

社内融資とは?

しかめっ面の女性

社内融資は別名、社内優位制度や従業員貸付制度、社員貸付制度、企業内貸付制度とも呼ばれています。

社内融資とは、勤務先の会社からお金を借りることができるシステムのことです。
言うなれば社員を助ける福利厚生の一環であり、利用することに後ろめたい気持ちを持つ必要はありません。
社内融資を利用できる条件は企業によって変わりますが、大方の場合は「勤続年数5年以上かつ正社員」であれば、会社からお金を借りることができます。
融資額は会社の規模や自身の年収・勤続年数・ボーナスの有無によって異なりますが、一般的には10万円から最大で50万円となっている会社が多いようです。
返済期限は消費者金融よりも長く、5年以上の借り入れも会社によっては可能です。

社内融資で借りたお金の返済方法は会社に直接返済するか、給料から毎月少しづつ天引きされるというパターンがあります。
中にはボーナスカットという返済方法もあり、この点は各会社に確認してみる必要があります。

また会社によっては現金を直接貸し付けるのではなく、社員が借り入れている金融機関の利子分に対して補給という形で融資を行う場合があります。

社内融資のメリットは?

ガッツポーズをする女性社員

社内融資のメリットとして
「金利が安い」・「自己破産をしていても利用できる」といったことが挙げられます。

以下で詳しく解説していきましょう。

金利が安い

消費者金融や銀行系カードローンでお金を借りる場合、出資法によって金利は最大で18%まで設けることができます。

一方の社内融資は、消費者金融よりも圧倒的に金利が安いというメリットがあります。
金利の利率は各会社によって異なりますが、一般的な会社であれば多くても6%で、福利厚生が手厚いような会社ですと金利が1%以下という場合もあります。

借り入れ希望額やお金を借りたい理由にもよりますが、同じ金額を借りるのであれば消費者金融を利用するよりも断然、社内融資を利用したほうがいいでしょう。

自己破産をしていても利用できる

実は自己破産をすると消費者金融や銀行からお金を借りることができないという法律はありません。
ですが現実的には各金融機関は自己破産した人をブラックリストに入れており、断固として利用を断ります

しかしながら社内融資の場合は、自己破産をした人でも会社の判断によっては融資を受けることができます。

特に社内融資の場合は社員の信用情報よりも、人間的な面が重視されます。
勤務での実績や勤続年数はもちろんのことですが、会社内での仕事や周囲の人に対する態度などを日頃からよくする様に心がけましょう。

また自己破産をした方だけでなく、多重債務を抱えている、返済を滞納してしまっているといった金融事故を起こし、信用情報に傷がある方でも同様に社内融資を受けることができる可能性があります。
⇒⇒⇒参考記事:【必読】自己破産の影響・デメリットまとめ
⇒⇒⇒参考記事:債務整理に必要な弁護士費用はいくら?

社内融資のデメリットは?

困り顔の会社員

社内融資のデメリットは以下の通りです。

「利用用途が限られている」・「融資までに時間がかかる」・「転職をする際には利用できない」・「そもそも制度自体がない場合がある・「会社内での評価が下がる」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

利用用途が限られている

社内融資を受ける際には、「どうしてお金が必要なのか」細かな説明が求められます。

冠婚葬祭にかかるお金や緊急な医療費などでしたら、融資は認められますが、欲しいブランド品があるといった明らかな私用の場合、社内融資は許可されません。

基準は会社によって異なりますが、「生活費が苦しいから」という説明でもNGである可能性は十分に考えられます。
給料として生活費を支払っている会社の立場からすれば、生活が苦しいのは散財しているからと捉えられてしまい、心証は良くないでしょう。
当然ながら、「借金を返済するために融資を受けたい」という説明では門前祓いです。

融資までに時間がかかる

社内融資の特徴として、融資までに時間がかかるということが挙げられます。
「今すぐにお金を貸してください」と会社に頼んでも通るわけがないのは当たり前ですが、さらに融資を受けられるまでに1週間から3週間くらいかかってしまうのが一般的なようです。

特に大きな会社ですと社員の日頃の貢献度や業務実績といったことの調査に時間がかかるため、融資までに1ヶ月を要することも珍しくはありません。

転職をする際には利用できない

今勤めている会社を辞めて、レベルアップのために転職を考えている場合、社内融資を利用することはできません。

多くの会社では退職までに全額返済を義務付けています。
つまり社内融資を返済するまでは、転職ができないということです。

また過去に社内融資を利用していたということが、転職活動の際にマイナスに働くことがあるかもしれないので注意が必要です。

そもそも制度自体がない場合がある

社内融資の制度を設けることは会社の義務ではありません。
そのため会社によっては制度自体がない場合があります。

少人数の従業員しかいない零細企業やベンチャー企業、給料が安定している大企業ですと、社内融資制度が無いことが多いようです。

社内融資を当てにしていたら、社内融資が無かった、とならないように事前にしっかりと確認するようにしてください。

会社内での評価が下がる…

最初にも述べたとおり、社内融資制度は会社が設ける福利厚生の一環です。

したがって社内融資がある場合、社内融資を利用するのは会社員の権利とも言えます。
社内融資を利用したからといって、出世ができなくなったり降格することはありませんし、社内融資を理由に何らかのペナルティーを受けることは労働法違反です。

とは言っても、社内融資を利用したということはお金に関してトラブルを抱えていると見なされ、表面的には何もなくても、会社内での評価が下がってしまうのは無理もありません。

社内融資を利用していることが周囲にバレると

「〇〇さん、消費者金融の利息返済で大変らしいよ…」
「社内融資を利用するくらいお金に困っている人は信用できないよね…」
と言った噂が立ってしまうと会社にいづらくなってしまい、退職せざるを得ない状況に陥ってしまうかもしれません。

社内融資を利用できない!したくない!という場合は?

落ち込んだ会社員

「社内融資制度が会社になかった」
「周りの社員に白い目で見られたくないから、社内融資を利用したくない」
「信用が無いと思われて、大きなプロジェクトを任せてもらえないかもしれない…」
「借金の返済が立て込んでいて、生活費が足りないけど、社内融資の許可が下りなかった」

といった理由で社内融資を利用できない、利用したくない場合はどうすればいいのでしょうか?

この記事の最後に、そんなときに知っておくべき資金調達方法をお話ししたいと思います。

クレジットカードがあればクレジットカード現金化しよう!

社内融資や借金以外でお金を手にできる方法といえば、クレジットカードのショッピング枠現金化以外にありません!

会社勤めの方ならば、一枚かそれ以上クレジットカードを持っていることでしょう。

クレジットカードでお金をというとキャッシングがイメージされますが、クレジットカード現金化はキャッシングとは別物で、そもそも借金ではありません。
したがって自身の信用を失ったり、会社にいづらくなるといった心配は無用です。

また申し込みから最短数分という即日融資も可能であり、現金化によって手にしたお金はどのように使おうが全くの自由です。

社内融資を利用できない、借金をしたくないという方はクレジットカード現金化を検討するようにしてみましょう!

換金率や現金化の方法について不安がある方は、現金化業者が行なっている無料相談を受けてみるのもいいかもしれません。

換金率の無料相談・見積もりを行なっている現金化業者は、「おひさまクレジット」!

おひさまクレジット

おひさまクレジット
おひさまクレジットの特徴

「おひさまクレジット」は親切な対応が売りで、クレジットカード現金化の仕組みや換金率について電話での無料相談を行ってくれるフレンドリーな現金化業者です。本記事では「おひさまクレジット」の会社情報、還元率、オススメポイントや口コミなどを元に、おひさまクレジットでショッピング枠の現金化サービスの利用を考えている人必見の情報を解説いたします。