派遣・契約社員でもお金を手にするならクレジットカード現金化!

2019年1月16日過去の記事

派遣・契約社員でもお金を手にするには?

派遣や契約社員の方ですとお金に困っている方は多いかもしれません。そんなときにすぐに借金を利用するのは考えものです。本記事では派遣・契約社員の方が借金をすることのデメリット・リスクからオススメの資金調達法であるクレジットカードのショッピング枠現金化について解説していきます。

派遣社員と契約社員の厳しい現状

お金がない男性 日本では現在、労働人口の約10%程度を派遣社員・契約社員が占めていると言います。

近年では派遣社員・契約社員と正規雇用の待遇・賃金面での格差が激しくなっており、社会問題にまで発展しています。 とは言っても派遣社員や契約社員でも社会人であることには変わりなく、飲み会や冠婚葬祭、経費の建て替えなど、様々な場面で急な出費に迫られるシーンがあるでしょう。
また当然ながら家賃や光熱費、携帯代といった自身の生活費も必要です。

しかしながら派遣社員・契約社員の賃金は年々下がっており、現金の持ち合わせが少ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お金がないと生活に困るどころか、経費の建て替えなどもできなくなり、会社の業務にも支障が出てしまいます。

派遣社員・契約社員でも消費者金融は利用できる!

「契約社員・派遣社員は融資の審査に通りにくい」と考えている方は多いかもしれませんが、派遣社員や契約社員でも借り入れをすることは可能です。

融資の審査において重要なことは「安定した収入があること」と「返済の見込みがあること」ですので、派遣社員や契約社員で少額でも毎月安定した収入を得られている方なら問題なくお金を借りられることができます。

とはいえ派遣社員・契約社員が一般の会社員よりも社会的信用度が低いことは事実であり、借入時にはいくつか注意しなければいけないポイントもあります。

例えば勤続年数が短い方や短期契約の方は安定した収入がないと見なされてしまうので注意しなければいけません。

また国民健康保険に加入していると社会保険・組合保険に加入している場合より信用が低いと見なされてしまいます。

さらに派遣社員・契約社員の方が消費者金融や銀行系カードローンを利用することにはいくつかデメリットもあります。
⇒消費者金融を利用することの詳しいデメリットはこちらの記事をご覧下さい。

借金をすることのデメリット

当然ながら借金をすることは好ましいことではありません。

そして派遣社員や契約社員の方が借金をするのにはプラスしてデメリットがいくつかあります。

デメリット①借り入れ額が低い

総量規制という法律によって賃金業者は個人への貸出しは年収の3分の1以下にしなければならないと決められています。

したがって年収250万円の方ならば、80万円まで借り入れることができます。

ですがこの数字はあくまでも借入額の限度額です。

実際のところは他社からの借り入れ状況や勤続年数、収入と支出などの信用によって貸出額は決定されます。

加えて一般的に社会的信用度が低いとされる派遣社員・契約社員の方ですとさらに借入額は少なくなってしまいます。

上で挙げた例と同じく年収250万円の派遣社員の方だと、借入額は10万円までとする賃金業者は珍しくありません。

デメリット②利息が高い

お金を貸し出す側の消費者金融や銀行からすると、派遣社員や契約社員の方はいつ会社を首になったり辞めざるをえなくなるか分かりません。

そのためきちんと滞りなく返済をしてもらえるという保証がなく、返済不能になりお金を返してもらえないという貸し倒れのリスクが高くなります。

貸し倒れのリスクがあるため、派遣社員や契約社員の方がお金を借り入れる時は通常よりも金利が高くなることが考えられます。

当たり前ですが金利が高いとその分返済も苦しくなってしまい、趣味や資格の勉強に当てられるお金は少なくなってしまうでしょう。

得に派遣社員・契約社員からのレベルアップのため転職を考えている方は新しいスーツ代や転職イベント・面接に行くための交通費などがかさみます。

借金地獄から抜け出すために転職をしようと思っても、その転職すらままならないハメに陥ってしまうかもしれません。

デメリット③職場に借金がバレる

消費者金融や銀行系カードローンを利用すると、申し込み時に記入した会社に本当に所属しているか、虚偽がないかを調べるために、勤先の会社に在籍確認の電話がかかってくることがあります。

在籍確認の電話は 「〇〇という金融業者ですが、△△さんは在籍していますでしょうか…」 といった具合で行われます。

最近は会社名を伏せて在籍確認を行うケースも増えているようですが、それでも借金の申し込みをしたこと、お金に困っていることが職場にバレてしまう可能性は否めません。

⇒借金が職場にバレてしまうかもと不安な方はこちらの記事をチェック!

正社員ならばまだしも派遣社員や契約社員といった立場ですと、借金が原因で会社を辞めざるを得なくなってしまうでしょう。

現実的に考えれば借金が原因でクビになるということは規約違反ですが、それでも「△△さんは消費者金融で借入していて、返済が大変らしいよ…」という噂が立てば会社に居づらくなってしまうのは明らかです。

借金以外に派遣・契約社員がお金を手にできる方法、クレジットカード現金化とは?

たくさんの万札 派遣・契約社員の方が消費者金融や銀行系カードローンを利用して借金をすることには決して少なくはないリスクとデメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。

実は借金以外にも派遣・契約社員の方がお金を手にできる方法が一つだけあります。

その方法とはクレジットカードのショッピング枠現金化と呼ばれる金融サービスです!

クレジットカードのショッピング枠現金化を利用しよう!

派遣社員や契約社員といった方でも審査が緩いカード会社ならばクレジットカードを作ることができます。

クレジットカード現金化は持っているクレジットカードを現金にすることができるサービスです。

クレジットカード現金化は借金ではないため、審査が不要で、クレジットカードさえ持っていれば派遣・契約社員の方でも利用することができます。

加えて手にしたお金を返済する必要がないため、消費者金融のような高い利息に苦しむこともありません。

クレジットカードのショッピング枠内でしたらいくらでもお金を手にすることができるため、借入額が低い借金を利用するよりもはるかに多くの金額を手にできます。

またクレジットカード現金化は匿名で利用することができ、会社に在籍確認の電話がくることもないという点も派遣・契約社員の方には嬉しい点です。

派遣・契約社員でお金に困ったらクレジットカードのショッピング枠現金化を利用することをお勧めします!