クレジットカード現金化を分かりやすく解説!

クレジットカード現金化を分かりやすく解説!今すぐに現金が必要!という事態は日常の中で誰にでもあること。
そんなときにクレジットカードさえあれば「誰でも」「簡単に」「すぐに」お金を手にすることができるのをご存知だったでしょうか?

こんなお悩み御座いませんか?

日常生活で今すぐにお金が必要!という事態は誰にでもあることです。
冠婚葬祭の祝儀や香典、借金の返済、病気やケガ等での入院費や繁盛記前の設備投資などなど…
そんな状況を数えだしたらキリがありませんね。

そんなときお金に困って借金をしたり、はたまた悪事に手をそめようとしているならちょっと待ってください。
実は「誰でも」「すぐに」「簡単に」お金を手に入れる方法があるのをご存知でしたでしょうか。
必要なのはクレジットカード1枚だけ、その名も「クレジットカード現金化」です!

クレジットカードのショッピング枠を換金するのに面倒な審査は必要ありません。現金化をするための、ご利用 ...

クレジットカードを効率良く換金をするなら、インターネットを利用して現金化することをお勧めいたします。 ...

「専業主婦だけど、自分で自由に使えるお金がもっと欲しい」 「給料が少ないから、副業をしてもっとお金を ...

「通販サイトのポイントを使う前に消滅してしまう」なんて事がよくあると思います。そんな時は取得したポイ ...

「結婚をしたいけど、借金があるから結婚に踏み切れない…」「結婚相手に借金がバレないかどうか心配…」「 ...

結婚まで考えて、同棲を開始したパートナーと別れるのは誰だって辛いものです。 しかしながら、二人の気持 ...

自分で行うクレジットカード現金化の方法には、家電を使った方法があります。家電は高額商品が多いため、上 ...

お金がない時に急な出費が必要な場合、キャッシング枠に余裕がなければクレジットカードのショッピング枠を ...

「給料日まで後1週間ある…」 「財布の中身は1万円札だけ…」 「毎日、ご飯は白米だけ…」 給料日の特 ...

ロードバイクを購入するために借金を重ねてしまい返済に苦しんでいる方は大勢います。借金の返済が苦しい、 ...

自衛隊員の方の中には借金に苦しんでいる方が多くいると言われています。借金を苦にした方が最後に行き着く ...

借金の返済に心身ともに追い詰められてしまっている方の中には、最終手段として「夜逃げ」することを考えて ...

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化を解説!

クレジットカードは持っていてもクレジットカードの現金化なんて言葉を聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか。
クレジットカードの現金化と聞くとなんとなく難しそうなイメージを持たれるかもしれません。

ご安心ください、実はクレジットカード現金化の仕組はとても単純なんです!
それどころか知らないうちにクレジットカードの現金化を自分でやっていた、なんて方もいらっしゃるかもしれません。
身近な例を一つ挙げてみましょう。

例えばミュージシャンやアイドルのライブチケットをクレジットカードで購入したとします。
しかし当日に都合が悪くなってしまいフリマアプリや金券ショップに持って行って売った、なんて経験ありませんか?私は大好きなお笑い芸人さんのライブのチケットを買ったものの急用で行けなくなってしまい泣く泣くチケットを売り払った経験があります(´;ω;`) そうこれがクレジットカードの現金化の仕組みなんです!
クレジットカードで何か物を買いそれを売って現金を手にする。
どうです?意外と簡単ですよね。

それではよりクレジットカードの現金化の具体的な方法などを詳しく見ていきましょう。

クレジットカード現金化の意味・目的・利点とは?【クレカ現金化の基本】

キャッシング枠とショッピング枠の違いを説明

まずクレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という与信枠(カード会社があなたに与えている借入限度額のこと)があります。

  • ショッピング枠とはお店やネットショップでお買い物をするときに利用できる限度額のことです。
  • キャッシング枠とは現金を借りることができる限度額のことを指します。

キャッシング機能を使えばコンビニのATMなどで簡単にお金をかりることができます。

ただし、キャッシング枠の空きがもう無い!そもそもキャッシング枠を0円に設定しているからお金を借りたくても借りられないという方もいると思います。

またキャッシング枠とショッピング枠は独立して存在しているのではありません。
キャッシング枠とは基本的にショッピング枠の中に含まれているのです。

そのためキャッシング機能を使って多額の借り入れはできません。
そこでキャッシング枠ではなくショッピング枠を用いてお金を得ることができる仕組みというのがクレジットカードの現金化です。
言いかえればクレジットカードの現金化は、ショッピング枠を使ったキャッシングのことなのです。

しかし、キャッシング機能を使ってお金を得ることはれっきとした借金です。
当然のことながら利息分の金利をつけて、いずれは返済しなければいけません。

ところがキャッシングと違い、クレジットカードの現金化は借金とは全く違います。
これもお金が必要となったらクレジットカードの現金化を利用したほうがいい理由の一つです。

次に説明するクレジットカードの現金化の方法を読んでいただければ、なぜ現金化が借金にはあたらないのか理解できると思います。

クレジットカード現金化とキャッシングのメリット・デメリットを比較!

クレジットカード現金化の種類と方法を解説

クレジットカード現金化 種類と方法を解説!クレジットカードの現金化には大きく分けて2通りの方法があります。
その方法とはキャッシュバック方式と商品買い取り方式と呼ばれているものです。

この2通りの現金化の方法を次にそれぞれ説明させていただきます。

①キャッシュバック方式

CMや街中で保険会社や携帯ショップが「新規ご契約された方には○○円キャッシュバック!」という広告を出しているのをよく見かけますよね。
キャッシュバックとは文字通りお金(キャッシュ)戻ってくる(バック)という意味です。

キャッシュバック方式とは商品を買ってくれたお客様に特典(多くはお金か、その会社で使えるポイントなど)が付くという方法になります。

ではこのキャッシュバック方式がクレジットカードの現金化にどう利用されるのでしょうか。

クレジットカードの現金化の際には、商品を買った利用者に付与される特典が利用者が受け取る現金となるのです。
とは言っても言葉にしただけだと少し分かりづらいので、現金化業者を利用した場合の続きを簡単に例に挙げてみます。

分かりやすいように「ショッピング枠の10万円分」を現金化することにします。
現金化業者ではそれぞれ換金率が独自に設定されていますので「換金率が90%でしたら9万円」の現金が受け取れることになります。

利用者側からすると換金率とは得られるお金の保証額となり、業者側から見ると現金化を行う手数料となります。
予め受け取れるお金が分かっているのはありがたいですよね!話を戻すと、現金化分の9万円相当の商品が後日、ご自宅に届きます。(商品が届く住所は自由に決められますので住所を知られたくない方でも安心です!)

このとき着目したいのは現金が利用者に振り込まれるのは商品が届いた後ではなく、「購入手続きが済んだ直後!」ということです。
なんと業者によっては商品購入後、最短5~10分で現金を振り込んでくれるところもあります。

キャッシュバック方式の流れ まとめ

キャッシュバック方式についての説明は以上となります。
簡単にキャッシュバック方式でのクレジットカード現金化の流れをまとめておきます。

  1. クレジットカード現金化業者で利用手続き&申し込み
  2. 自身のクレジットカードで業者が指定した商品を購入
  3. 購入確認後すぐに現金が指定した銀行口座に振り込まれる
  4. 後日購入した商品が指定した住所当てに送られてくる

もっと詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

キャッシュバックによるクレジットカード現金化の仕組み

②商品買い取り方式

続いてクレジットカード現金化のもう一つの方法、商品買い取り方式について説明します。

商品買い取り方式では利用者が現金化業者が指定した商品をクレジットカードで購入し、その後指定した住所に商品が届くところまではキャッシュバック方式と同様です。

キャッシュバック方式では、その後すぐに業者から現金が振り込まれましたが商品買い取り方式では少し訳が違います。
業者から購入した商品を受けとりもう一度、業者がその商品を買い取ってやっと取引が成立なのです。
したがって現金が振り込まれるのは取引が完了してから、つまり業者が利用者から商品を買い取った後といういうことになります。

商品買い取り方式の流れ まとめ

それでは商品買い取り方式の流れも簡単にまとめたいと思います。
商品買い取り方式のクレジットカード現金化の流れは以下の通りになります。

  1. クレジットカード現金化業者で利用手続き&申し込み
  2. 自身のクレジットカードで業者が指定した商品を購入←ここまではキャッシュバック方式と同じです
  3. 購入後に商品が指定した住所に届く(もちろんご自宅である必要はありません)
  4. 現金化業者に届いた商品を郵送する
  5. 郵送した商品が現金化業者の元へ届いたら手続きが完了、現金化が指定した口座に振り込まれる

詳しい解説はこちらをご覧ください。

商品買取によるクレジットカード現金化の基本と仕組み

キャッシュバック方式と商品買い取り方式の違い

「キャッシュバック方式」と「商品買い取り方式」の違いは現金化までにかかる時間と要する手数料です。
商品買い取り方式のほうが圧倒的に現金が振り込まれるまでに時間を要するのはご覧いただいた通りです。

また商品買い取り方式では届いた商品の発送料などで、どうしても手数料が高くついてしまいます。
そのため今まではクレジットカード現金化の方法には当然、キャッシュバック方式のほうが多く使われていました。

しかし最近はギフト券を利用した商品買い取り方式ができた為、買い取り方式を利用する業者や利用者も多くなってきています。

ギフト券をつかった商品買い取り方式

前項で「ギフト券を用いた商品買い取り方式」が確立されたために最近では商品買い取り方式を使ったクレジットカード現金化が増えていることをご説明しましたが、ギフト券を使った商品買い取り方式の説明も最もポピュラーなアマゾンギフト券を例に取り解説いたします。

現在、「アマゾンギフト券」には通常のカードタイプとEメールタイプの2種類があります。
Eメールタイプのアマゾンギフト券はその名の通り、メールで簡単に送ることが可能で遠く離れた友達に「お祝い」や「お礼」としてアマゾンギフト券をプレゼントするとき非常に便利です。

当然、ギフト券を使った商品買い取り方式の現金化ではEメールタイプのアマゾンギフト券を使用することが多いです。
方法としては、まずクレジットカードでEメールタイプのアマゾンギフト券を購入します。(Eメールタイプのアマゾンギフト券はクレジットカードでしか購入できません!)

次に購入したギフト券の番号を現金化業者に伝えます。
ギフト券番号の確認が取れたらギフト券の買い取り代として業者から指定した口座に現金が振り込まれます。

特筆すべきは従来の商品買い取り方式とは違い、商品を「受け取る必要」も「送る必要」も無いことです!これで郵送代を払わなくても済むようになりました。
また、ギフト券番号をメール、電話等で伝えれば良いだけなので業者との取引にかかる時間も大幅に短縮されます。
そのため現金の振り込みスピードがキャッシュバック方式と変わらない早さになりました。

商品買い取り方式のデメリットであった時間と手数料がかかるということが同時に解消されたのです。
このギフト券を使った新しい商品買い取り方式が生まれたことにより、最近ではメジャーな現金化方法となっています。

クレジットカード現金化の違法性を検証

クレジットカード現金化の違法性を検証ネット上ではクレジットカードの現金化を法律違反だとして反対している人がいます。
そのような記事を読んでクレジットカードの現金化をためらっている方もいることと思います。

結論から言うとクレジットカードの現金化は違法ではありません。
もしクレジットカードの現金化が明らかになっても法的な罪に問われることはないです。

しかし、カード会社の規約上では現金化は禁止されています。
もしクレジットカードの現金化がカード会社に発覚した場合、クレジットカードを強制的に解約される、または強制的に退会させられるなどの処置が取られることがあります。

クレジットカード現金化は詐欺罪になる?法律的観点から詳しく解説

ルール上は禁止なのに法律がないのはなぜ?

カード会社の規約には違反しているのに違法ではない理由は一般の方も知らず知らずのうちに現金化を行ってしまっているからです。
先ほど述べた私自身の例もそうですが、現金化というのは意外と身近なところで行われているものです。

しかも無自覚で行われていることがほとんど。
数が多すぎる上に現金化を行っている人自身に自覚がないとすれば、カード会社としては取り締まりようがないというのが実情でしょう。

リスクも考えて現金化を利用する!

現状は違法ではないとは言っても今後、現金化を違法とする法律ができてもおかしくはありません。
カード会社からのペナルティー(カードの利用停止、強制退会など)だけでなく法的処罰を課せられる可能性もあります。
現金化を行う際はリスクを考えて自己責任でおこなうべきでしょう。

自分で換金する方がいい?現金化業者に頼む方がいい?

どちらが安心?クレジットカード現金化の方法「自分で換金」VS「現金化専門業者」ここまで読んでくださった方の中には「仕組みは分かったけど、じゃあ自分で現金化をやればいいのでは?」と思った方もいるかもしれません。
結論から言えば個人でも現金化はできますが、あまりオススメはできません…

以下にその理由を挙げたいと思います。

希望通りの換金率にはならない

ネット上では自分でクレジットカードの現金化をやれば業者に払う手数料が浮くから換金率が高くなるという記事をよく見かけます。

確かに、商品を買い取ってくれる知り合いでもいれば話は別です。
でも買い取り価格が高くなればなるほど友達や親せきに買い取りを頼むのは無理がありますよね。

また金券ショップや質屋に行っても希望通りの価格で買い取ってくれるとは限りません。
フリマアプリやネットオークションだったら尚更です。(先ほどの私の例では一万円のチケットが五千円にしかなりませんでした泣)

結局のところ、手数料をいくらか払うことになっても換金率が保証されている専門業者に頼んだほうが得られる金額は多いケースがほとんどです。

手間がかかる

わざわざ店舗まで出向いて商品を買って、またはネットで商品を注文しても自宅に届くのには数日かかりますよね。
そこからネットオークションに出して発送して、お金が振り込まれるのを待って…
個人で行う場合、現金を手元にするまでには気の遠くなるくらい時間がかかります。

急場で現金が必要なケースに無駄な時間と労量をかけている場合ではありません。

カード会社にクレジットカード現金化が発覚する可能性がある

先ほど述べた通り現金化は違法ではないものの、カード会社の規約上ではショッピング枠の現金化は禁止されています。
クレジットカード会社は現金化に対して非常に厳しい監視をしています。

個人で現金化を行おうとして換金率が高い商品(ブランド品や金券)を購入したりすると、カード会社から目を付けられる可能性が高くなります。

そもそもキャッシング枠が無い人やキャッシング枠を使い切った人が高額な買い物をすること自体が不自然なのです。
そのような場合、現金化が発覚するとカード会社から「クレジットカードの利用停止」「強制退会」「残額の一括請求」といったペナルティを受ける可能性があります。

個人で現金化を行うにはリスクが高いことをお分かりいただけたでしょうか。

要注意!クレジットカード現金化がバレるのはこんな人

現金化が発覚しやすい人とは?発覚を防ぐ方法を解説!

クレジットカード現金化の専門業者を利用するメリット

クレジットカード現金化の専門業者を利用するメリットを解説次に業者を利用して現金化を行う際のメリットについて説明します。
業者を利用するメリットは具体的に以下の通りになります。

  1. 換金率が明確にわかる
  2. すぐに現金が手に入る
  3. カード会社からペナルティーを受けるリスクが低い

それでは順に見ていきましょう。

換金率が掲載されている

換金率とは商品を買った際の金額と実際に手にすることができる現金の割合を示したものです。
業者ではそれぞれ換金率が明示されています。

個人で現金化を行う場合には換金額が思い通りにならないことが多いというのはお話しした通りです。
予め換金率が掲載されているので安心して取引が行えます。

※明示されている換金率とは別に高額な手数料を請求する業者もいるので、注意が必要です!

すぐに現金が手に入る

先ほどクレジットカードの現金化の方法について説明したので業者を利用すれば、すぐに現金が得られる仕組みは既にお分かりいただけたと思います。

実はもう一つ、お金が手に入るスピードに関して秘密があります。
実はクレジットカードの現金化には審査が無いのです!ショッピング枠が残っていればいい、つまりクレジットカードで買い物が可能なことが唯一の条件です。

過去・現在の借金額や借金返済能力などは関係ありません。
また、審査がないということは、クレジットカードさえ持っていれば学生からお年寄りまで誰でも現金化のサービスが受けられることを意味します。

クレジットカードを作ったばかり、キャッシング枠が無い、借金がある、年金暮らし…
そんなことは一切問題にはならないのです。

カード会社からのぺナルティを受けるリスクが低い

個人でクレジットカードの現金化を行うデメリットにカード会社からのペナルティを受けるリスクがあることがあります。
では業者を利用して場合はどうなのでしょうか?利用者の立場になって考えてみましょう。

利用者が業者を使ってカードの現金化を行う際にすることと言えば「買い物をするだけ!」ですよね?
ただ買い物をする事のどこに違法性があるのでしょう。

そうです、実際にカード会社からペナルティを受けることになるのは業者サイドになります。

クレジットカード現金化が疑われた時の対処法や疑われないようにする方法

悪質なクレジットカード現金化業者には注意!

悪徳業者の特徴を説明!以上で現金化を行うときは個人でやるよりも業者に依頼したほうがいいことがお分かりいただけたでしょうか。
とはいっても法律上はまだ未整備なこともあり悪質な業者が横行していることも事実です。

業者に依頼するデメリットとしては悪徳業者に当たってしまうことが一番にあります。
安全に現金化を行うために悪質な業者に出会わず優良店を選ぶようにして下さい。

以下に優良店を見分ける際のポイントを挙げておきます。

換金率は相場通りか?

換金率が低すぎるのは論外ですが異常に高い業者には注意が必要です。

換金率が高いというのは現金化をした際に得られる金額が多いことを意味します。
ついつい換金率が高い業者に現金化を依頼してしまいがちですがそこに思わぬ落とし穴があります。

そもそも業者側の利益は「商品の元の値段」から「利用者に支払う金額」を指し引いた分となります。
ここまでは説明不要だと思いますが、ではなぜ実際に高い換金率を謳った業者が存在するのでしょうか。

それは利用者が購入する商品の値段を最初から高く設定しているからなのです。
高還元率を謳った業者では購入商品は○○万円以上などと条件がつけられていることがほとんどです。

例えば還元率が95%で50万円の商品を購入する場合、業者側の取り分としては(50万円)-(50万円×95%)=2.5万円となります。
では還元率が80%で10万円の商品を購入した場合を見てみると業者側の取り分は (10万円)-(10万円×80%)=2万円になります。

高額商品を利用者に買わせることができれば還元率が高くても業者は儲かるようになっているのです。
高い換金率を最初から無条件に宣伝している業者には注意が必要でしょう。

会社の所在地は実在するか?

悪徳業者の中には架空の住所を会社のオフィスとしていたり中にはレンタルオフィスを事務所としているケースもあります。
実際にその場所に行ってみることが確実ですが無理な場合はGoogle検索で住所を調べるなどの事前チェックが必要となります。

会社の固定電話がない

固定電話が使われていない会社にも注意が必要です。
固定電話の代わりに携帯電話の番号が使われていると思われますが携帯電話では所在地が不確かなため信用ができません。

不明瞭な手数料はないか、そもそも保障換金率に手数料は含まれているのか?

手数料は現金化業者の一番の利益元です。
悪質な業者は少しでも多くの手数料を取ろうとしてきます。

一般的な手数料は「商品送料」「決済手数料」「振込手数料」、そして忘れがちなのが「消費税」です。
これらの手数料を利用者の方は負担しなければなりません。

一般的な料金と照らし合わせてあまりにも多くの手数料を請求されたら詐欺の可能性が高いです。
また手数料が換金率に含まれているかどうかも事前にチェックが必要です。
高い換金率を謳っておきながら実は手数料は別で取るという手口は多く存在します。

クレジットカード現金化についてのリスクが説明されているか?

現金化は違法でないとはいえカード会社は禁止しているのが現状です。
先ほどからさんざん述べている通り最悪の場合はカードの利用停止、強制退会といったペナルティを受ける場合があります。
リスクを説明せずに良いとこばかりを前面に出して宣伝をしている業者にも注意が必要でしょう。

クレジットカード現金化で悪徳業者に騙された場合の対処法を教えます!

クレジットカード現金化についてのまとめ

クレジットカード現金化について まとめこれでクレジットカードの現金化の説明は以上になります。
最後にこれまで説明してきたことをまとめてみます。

  • クレジットカードの現金化はとても単純、現金化の方法はキャッシュバック方式と商品買い取り方式の2通り
  • 違法性はないもののカード会社は原則禁止、発覚した場合はカード会社からペナルティを受ける可能性も
  • 個人で現金化を行うより専門の業者に任せるほうが利点は多い
  • 業者を利用する際は悪徳業者に気を付ける

日々の生活の中でお金が急に必要になった!という事態は誰にでもあることです。
そんなとき慌てて闇金等からお金を借りたり、犯罪に手を染めたりしないよう、クレジットカードの現金化という方法があることを頭の片隅にでも覚えておいてください。

この記事を読んで一人でも多くの方がお金に困ることがないようになれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!