利息をゼロに返済額を減らすなら一括返済!

「毎月返済をコツコツしてるけど、なかなか借入残高が減らない…」
「少しでもいいから、利息を減らしたい」
「借金の返済で生活が苦しい…」
と借金に悩みを抱えている方は多いと思います。

借金返済の負担を大幅に軽くする方法としてオススメなのが、借金の一括返済です。
借金を一括返済すれば、利息が軽減され総返済額が少なくなるため、借金苦を和らげることができます。

しかしながら、一括返済にはデメリットや注意点もあるため、くれぐれも安易な気持ちで行ってはいけません。

今回は一括返済のメリット・デメリットや手順、そして借金を一括返済をするためのお金をクレジットカードで得る方法をご紹介します!

借金の一括返済とは?

借金返済残高を計算する

借金の一括返済とは、簡単に言ってしまえば借りているお金を、全て一度に返済をしてしまうことです。
通常ならば、複数回に分けて利息をつけて返済を行いますが、一括返済はまさにその逆と言えます。

一括返済をする前には、必ずご自身の借入元本利息を計算し確認するようにしましょう。

利息額の計算は、以下の計算式で算出することができます。

利息額=元金(借入残高)x金利÷365日÷利用日数

分割返済の場合は、追加借入があるとその都度、利息計算をしなければならず、複雑な計算となってしまいますが、一括返済の場合はその心配がありません。上記の計算式に当てはめれば、利息分を導き出すことができます。

一括返済をする場合には、返済額によって手数料が発生することがあるため、キチンと自身の利息分を把握するようにしてください。

一括返済の手順

はてなマーク

利息は日割りですので、一括返済をする日にちによって返済額が変わってしまいます。

そのためまずは確実に一括返済できる日にちを決めましょう。

大きなお金を用意する場合には、銀行の営業日にも注意が必要です。

一括返済をする日にちが決まったら、残り日数から逆算して返済額を計算してください。

先ほど解説した計算式によって、返済額を求めることができますし、不安な方は金融機関のマイページからも残高を確認することができます。

一括返済の日にちと返済額が決まったら、次は返済方法を確認しましょう。

返済方法には銀行振込やATM、口座引き落としなど複数、種類があります。
ATMから返済をすると、お釣りを受け取ることができません。
また銀行振込の場合は営業時間に注意してください。

一括返済を行えば、借金を完済できたことになります。

一括返済をした後には、念のために完済証明書を受け取ることをお勧めします。完済証明書は店舗窓口や電話にて、発行をしてもらうことができます。

一括返済のメリットは?

笑顔の男性

一括返済をすると、借金が無くなる以外にも、様々なメリットがあります。

以下で順に解説していきます。

利息を無くせる

一括返済をすると、返済日以降の利息分をなくすことができます。

利息は利用日数に応じてかかってくるものなので、一括返済をした日から元々の返済予定日までにかかるはずだった利息を払う必要が無くなります。

利息が無くなるということは、総返済額も少なくなるということで、一括返済をする上での最大のメリットとも言えます。

信用力を回復できる

借金が残っている状態ですと、個人の信用度は著しく低くなってしまいます。

クレジットカードなどの金融機関に対してだけではなく、周囲の人からも借金をしているということだけで白い目で見られてしまうでしょう。

しかしながら一括返済によって借金を完済することができれば、個人の信用力を回復することができます。

クレジットカード現金化のために信用情報を回復しよう!

審査落ちしてしまっていたクレジットカードを持てるようになり、住宅ローンや車ローンが組めるようになったり、人間関係も円満に向かっていくことでしょう。

借金がないということは、社会的にも個人的にも大きなメリットがあることなのです。

一括返済をする際のデメリット・注意点

怒った表情の男性

一括返済をすることには、メリットだけらけと思いがちですが、デメリット注意点も少なからず存在します。
次に解説するので、必ず確認するようにしてください。

一括返済ができない場合がある

毎月の返済額や返済予定日を変更できないというローン契約を結んでいる場合には、一括返済をすることはできません。

また消費者金融によっては一括返済を認めておらず、一括返済をする場合には許可が必要というケースもあります。

一括返済をする前には、契約を見直し、事前に金融機関に連絡をして、一括返済が可能であるかどうかを確認するようにしましょう。

過払い金を受け取ることができない

2010年に賃金業法が改定され、グレーゾーン金利が撤廃される以前から借り入れをしていた方は、グレーゾーン金利分の利息を過払金として受け取ることができます。

しかしながら一括返済をして完済をしてしまうと、過払金を受け取ることが非常に困難になってしまいます。

したがって一括返済をする前には、過払金があるかどうかを必ず確認するようにしましょう。特に2000年代から借り入れを行なっていた方は注意が必要です。

手数料がかかる

大手の消費者金融では一括返済に手数料がかかることはありませんが、中小の消費者金融の場合は一括返済時に手数料を取られる場合があります。

実は一括返済時の手数料は賃金業法によって利息に含まれるため、消費者金融によっては割と高額な手数料を取ることもあります。手数料を取ることによって、本来得られるはずだった利息分を少しでも補おうとしているのです。

また銀行振込で一括返済をする場合には、振込手数料もかかってしまいます。

一括返済時にかかる手数料や振込手数料は、返済額に含まれず、利用者が負担しなければいけません。

手数料を取られてしまったために、返済額が足らず、一括返済できなかった」ということにならないように、事前に手数料を確認するようにしてください。

生活に余裕がないときに一括返済はNG!

打ちひしがれている男性

今まで一括返済のデメリットや注意点を見てきましたが、とは言っても利息がなくなり総返済額を大幅に減らすことができる一括返済は魅力的なものでしょう。

しかしながら早く借金を無くして借金の苦しみから逃れようと、無理をして一括返済をしてしまう方は少なくありません。

残高を一括で返済するわけですから、返済額は決して少ないものではなく、もしも生活が多少苦しい場合は手元からお金がなくなるためより苦しい思いをしてしまいます。

したがって生活が苦しい、余裕がないときに一括返済は決してしないようにしてください。

例え、借金がなくなったとしても今後、さらに苦しい生活が待ち受けていることは目に見えており、挙句再び借金をしてしまう羽目にもなり兼ねません。

一括返済のお金が必要ならばクレジットカード現金化をしよう!

一括返済をして、借金を無くし返済苦から逃れたいと思っても、お金がなければ一括返済をすることはできません。

そこで一括返済をするためのお金を工面する方法として、知っておきたいのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化によってお金を手にすることができれば、借金を一括返済して借金苦から解放されることができます。

またクレジットカードを複数枚持っているという方は、借金の残高以上のお金を手にすることも可能です。
その場合は現金化によって手にしたお金を借金返済だけでなく、生活費や娯楽費に充ててもいいかもしれません。

「借金から自信を解き放ち、新たな人生をやり直したい」と考えている方は、是非ともクレジットカード現金化を利用することをオススメします!

クレジットカード現金化で借金問題を解決する方法

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事