他社借入が多いと審査に落ちる!?

カードローンなどに申し込む際には、消費者金融や他のカードローンの利用状況、つまり他社からの借り入れを申込書に記入して申請する必要があります。

他社借り入れの返済状況や件数、総借り入れ額によっては審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

本記事では他社借り入れの申告内容や虚偽申請をしてはいけない理由、他社借り入れに含めるべき項目、含めなくていい項目などを簡単に解説して行きます。

他社借り入れとは?

少ない貨幣 他社借り入れとは、文字通り申し込みをする金融機関以外の借り入れ状況のことです。

カードローンでは申し込み時に必ず、他社からの借入状況を記載しなければいけません。

他社借り入れで申告すべき内容は具体的に、「借り入れ件数」・「借入合計金額」・「借入先の金融機関名」・「利用しているローンの種類」などが挙げられます。

当然ながら、他社からの借り入れは、審査に通るか通らないかを決める大切な要因です。

他社からの借り入れ件数や合計借入額が大きければ大きいほど、返済不能になってしまうリスクが高くなってしまいます。 そのため金融機関によっては借り入れ件数や返済状況次第で、即審査に落とすことが多々あります。

消費者金融は他社借入に厳しく、銀行カードローンは甘い?

「消費者金融に申し込む際には他社借り入れが厳しく審査され、銀行カードローンを利用する場合は、他社借り入れはあまり審査されない」、という情報がネットでは流れています。これは本当なのでしょうか?

実は消費者金融と銀行には、「総量規制の影響を受ける・受けない」という違いがあります。

消費者金融は総量規制によって貸出額を制限されており、他社借り入れと合計して申込者の年収の3分の1を超える融資をすることはできません。

一方の銀行カードローンは総量規制の対象外となっており、年収の3分の1を超えた金額を融資することができます。

そのため他社借り入れが多い人にとっては、銀行カードローンを利用したほうが審査に通る可能性は高くなるでしょう。

しかしながら銀行カードローンでも、貸し倒れのリスクがあるため、過度の他社借り入れ状況によっては審査落ちすることが多々あります。一般的に、年収の半分以上の借り入れをしていると新規契約は難しいでしょう。

他社借り入れの申告内容

ローンによっては他社借り入れの申告に含めなくてもいいものがあります。

しかしながら他社借り入れとして申告しなければいけないものを申告しないと、「虚偽申告」と捉えられてしまう可能性があります。

後述しますが、金融機関は申込者の他社借り入れ状況を正確に把握することができます。 ですので以下に挙げる申告に含めるべきローンをキチンと理解しておきましょう。 他社借り入れに申告しなければいけないローンは以下の通りです。

「カードローン・フリーローン・自動車ローン・教育ローン・クレジットカードキャッシング枠・ブライダルローン」

カードローンの種類によっては「消費者金融からの借入」、「カードローンの借入」と申告内容が予め決められている場合があります。 そういった場合には、指示に従って記入し、他の借り入れを記入する必要はありません。

なぜ虚偽申告はバレる?

木彫りのピノキオ 申し込みの際に虚偽申告をすると、すぐにバレてしまい審査落ちとなってしまいます。

それだけではなく悪質と判断された場合には社内ブラックに登録され、半永久的に当該の金融機関を利用することはできません。
審査落ちは社内ブラックが原因?お金が必要ならクレジットカード現金化!

また他社からの信用も失い、融資契約の停止や一括請求を要求されてしまう可能性があります。
借金の残高を一括請求された時はクレジットカード現金化で解決!

ではなぜ、虚偽申告をすると、すぐにバレてしまうのでしょうか?
実は金融機関は利用者の借入状況を、個人信用情報機関によって把握することができます。

個人信用情報機関が記録・管理している個人の信用情報には、過去から現在に渡る借金やクレジットカードの利用状況、借入総額や返済状況などがあります。

また年収や勤務先なども登録されているため、申込書のどんな項目でも虚偽をするとすぐに発覚してしまうのです。

他社借り入れに関する疑問

考える人 次に、他社借り入れを申告する際に、よくある疑問についてまとめましたので解説して行きます。

銀行ローンは記載する?

銀行もローンという形で融資を行っています。

しかしながら銀行は賃金業者ではありません。 そのため、銀行から借り入れしているフリーローンや自動車ローンや住宅ローン、教育ローンなどは他社借り入れに含める必要はありません
同様に日本学生支援機構による奨学金も、他社借り入れに記載しなくても大丈夫です。

クレジットカードはどうすればいい?

多くの方が迷われるのは、「クレジットカードをどうするか?」という疑問です。 ご存知の通り、クレジットカードには買い物に利用するショッピング枠とキャッシング枠があります。

キャッシングはれっきとした借金であるため、キャッシングを利用している場合は他社借り入れに含めるようにしてください。

一方のショッピング枠も、後日カード代金を返済するという点では借金であるように思えます。 しかしながらショッピング枠は分類上、賃金業法には含まれません。

そのためショッピング枠のみで利用しているクレジットカードや、キャッシング枠を0にしているクレジットカードに関しては、他社借り入れに記載する必要はありません。

審査落ちが不安な方は総量規制に照らし合わせてみよう!

キーボードに書かれたイイネボタン 「他社に借り入れをしており、新規にカードローンを申し込む際に審査落ちしそうで不安…」という方は、自分の年収と借り入れ総額を総量規制に照らし合わせて確認してみましょう。

実は総量規制という法律によって、賃金業者は年収の3分の1までしか貸し出しをすることはできないと決められています。

したがって、他社からの借入額がまだご自身の年収の3分の1を上回っていなければ新規申し込みをしても、審査に通る可能性が高くなります。

しかしながら、金融機関によっては年収の3分の1を下回っていても、借り入れ件数が金融機関が定める基準よりも多いと融資を断る場合があるため、注意が必要です。

他社借り入れが多くて審査落ちしてしまうならクレジットカード現金化!

「他社借り入れ件数が多くて、審査落ちしてしまう!」 「借入額が総量規制一杯だから、審査落ちしてしまう!」という方で、お金が必要でもカードローンを利用することができずにお困りの方はたくさんいらっしゃるかと思います。

他社借入が多く審査に落ちてしまう方でもお金を手にできる方法として、クレジットカードのショッピング枠現金化をオススメします!

クレジットカード現金化は借金ではないため、他社からの借り入れ件数や借り入れ総額といった審査がありません。

そのため審査に落ちてお金が借りられないという方にクレジットカードのショッピング枠現金化はピッタリの資金調達法です。

クレジットカード現金化によって手にしたお金は、借金返済にあてても、生活費の足しにしても構いません。
「これ以上借金ができない!」というときには、是非ともクレジットカードのショッピング枠現金化を活用しましょう!

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事