現金化の取引をスムーズにする方法!

クレジットカード現金化をしたお金が振り込まれる銀行口座にはネットバンクが必須であることをご存知でしょうか?ネットバンクを用意しておけば、クレジットカード現金化がお得にスムーズに行うことができます。その理由やネットバンクと他の銀行との違いなどを簡単に解説していきます。

クレジットカード現金化に必要なものとは?

財布と虫眼鏡

クレジットカード現金化に必要なものといえば、もちろんクレジットカードですが、もう一つ欠かせないものと言えば銀行口座が挙げられます。

現金化で得られるお金は業者から口座振込で渡されるため、銀行口座が無ければショッピング枠の現金化をすることはできません。

「そんなの当たり前でしょ」という方は、ただなんとなく銀行口座を用意してはいませんか?

実はクレジットカード現金化をする際に用意する銀行口座はネットバンクがオススメで、現金化業者からもネットバンクが推奨されています。

これにはもちろん理由があり、それを知っていないと「現金化に支障が出てしまう」、「スムーズに行かない」、「損をしてしまう」ことがあります。

今回はなぜ、現金化をする前にネットバンクを用意したほうがいいのかを簡単に解説していきます。

ネットバンキングとネットバンク(銀行)の違いはとは?

現金化にネットバンクを用意したほうがいい理由を話す前に、まずは簡単にネットバンキングとネットバンクの違いについて触れておきましょう。

ネットバンキングとネットバンクは名前が似ているため、2つを混同してしまっている方は非常に多いのですが、違いをしっかりと理解していないと現金化の際に思わぬ支障が出てしまいます。

まずネットバンキングとは大手銀行や地方銀行が提供しているインターネット上の銀行のことです。
例を挙げるならば、三菱UFJダイレクトやゆうちょ銀行ダイレクトなどがネットバンキングに当てはまります。

一方のネットバンクはネット銀行とも言われ、店舗を持たずインターネット上にしか存在しないネット専業銀行です。

無店舗型の銀行と聞いて不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ネット銀行は大手企業と提携をしているため、安全性や信頼性は大手銀行と変わりありません。

例えばジャパンネット銀行はYahoo! JAPANや三井住友銀行と提携をしており、住信SBIネット銀行はSBIホールディングス、三井住友信託銀行と、じぶん銀行はKDDIや三菱UFJ銀行と提携をしています。

理由は後述しますが、ショッピング枠現金化の際にはネットバンキングではなく、ネットバンクを用意するようにしてください。

ネットバンクと普通銀行の違いは?

銀行と聞いてまず思い浮かべるのは三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行といった都市銀行でしょう。

これらの普通銀行とネットバンクの違いは営業時間と振込手数料にあります。

普通銀行は大抵の場合平日の9〜15時の間でしか営業を行っておらず、土日・祝日夜間は営業をしていません。

一方のネットバンクは店舗での営業を行っていないため、24時間いつでも振り込みをすることができます。

また振込にかかる手数料は、店舗が無く人員も少なくて済むためネットバンクの方が普通銀行よりも安くなっています。

クレジットカード現金化にネットバンクが必須なわけとは?

考える男性

ここまで読んだ方はもうお分かりかもしれませんが、クレジットカード現金化にネットバンクが必須な理由はズバリ、「営業時間と振込手数料」にあります。

クレジットカード現金化はお金が急に必要になったというときでもすぐに現金化を手に入れることができるサービスで、現金化業者の多くは即日振込を売りとしてます。

しかしながら利用者側が用意している銀行口座が普通銀行であった場合、平日15時以降・土日祝日で営業時間外だと振込が翌営業日となるため、現金化したお金をすぐに手にすることはできません。

これではいくら即日振込の現金化業者を利用しても、意味がなくなってしまいます。

また現金化されたお金が振り込まれる際にかかる手数料は基本的には利用者側持ちであることがほとんどです。
この振込手数料は普通銀行の場合、数百円程度かかってしまいますが、ネットバンクならばだいたい半分程度となります。

「なんだたかだか数百円程度か」と思う方もいるかもしれませんが、少しでも多くのお金が必要!という場合はこの差を見過ごすわけにはいきません。
頻繁に現金化を利用している方ならば尚のことで、チリも積もれば山となり、振込手数料は決してバカにはできないものです。
さらにネットバンクならば、振込のために窓口に並ぶ必要もなくなり、スピーディーにお金を手にすることができるようになります。

このように現金化の際にネットバンクを用意しておけば、クレジットカード現金化をスムーズにお得にすることができるのです。

「現金化をお得にスムーズにするためにネットバンクは必須!」のまとめ!

パソコンとメガネ

  • ネットバンクとネットバンキング・普通銀行の違いは振込手数料と営業時間
  • 現金化に普通銀行の口座を用意してしまうと即日振込が行われず、利用者負担の振込手数料が高くなってしまう
  • 現金化をお得にスムーズにするために、ネットバンクを用意しておこう!

大方の現金化業者ではネットバンクに「ゆうちょ銀行」、「ジャパンネット銀行」、「楽天銀行」が載せられています。

これら三行以外のネットバンクでももちろん利用は可能ですが、同行の場合は振込手数料が安くなったり無料となるため可能であれば上記の三行を用意しておいた方がいいでしょう。

オススメの優良現金化業者を紹介!

最後に当サイトが選ぶ、優良でオススメな現金化業者をご紹介します。

24キャッシュ
24キャッシュ
24キャッシュの特徴
クレジットカードの現金化サービスを行う「24キャッシュ」では、その店名の通り24時間現金化サービスの申し込みを受け付けている事から由来されています。初めて現金化をご利用になるお客様に対しても親切にサポートを行う会社です。換金率や対応のスピードも良く、ご利用者の口コミでも良い評判が多いのが特徴です。
24キャッシュでは深夜・早朝・土日祝日と365日24時間いつでも申し込みを受け付けている現金化業者です。
さらになんと申し込みスピード最短1分、振込スピードは最速10分を謳っており、急にお金が必要となってしまったという方から圧倒的な人気を誇っています。
しかしながらこれらのスピードには、利用者側がネットバンクを用意していることが大前提です。
24キャッシュを利用する前には必ずネットバンクで口座開設をしておきましょう。
最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…という方、手っ取り早く優良業者を知りたい!という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事