クレジットカード現金化の利用に失敗しても民事再生が可能な理由と注意点を解説

クレジットカード現金化の失敗談をまとめました

クローバー

クレジットカード現金化を利用すると、民事再生が認められないと言われています。

しかしながら、実際には民事再生は認められることがほとんどです。

本記事では、クレジットカード現金化を利用しても民事再生が認められる条件や民事再生のメリット・デメリットを解説していきます。

民事再生とは?

ユーロの丸

そもそも民事再生とは、債務整理の1つで、裁判所に申し立てをすることによって、法律に則り借金を減額する方法のことです。

債務者が裁判所に申し立てをすると、裁判所から再生委員が選出されます。

再生委員は債務者と賃金業者(債権者)からそれぞれ借金の返済状況や経済状況などを聞き、再生計画を立案します。

立案された再生計画に則り、債務者は借金を分の1程度に減額し、原則3年(事情がある場合は5年間)で返済をしていきます。

無事決められた年数以内に借金を返済することができれば、残りの借金は免除となります。

さらに自己破産をすると、所有財産は差し押さえの対象となってしまいますが、民事再生の場合は住宅や車などの資産を失わずに手続きをすることができます。

そのため、民事再生は住宅や車など、手放したくない財産がある方にオススメの債務整理法です。

小規模民事再生と給与所得者等再生

民事再生には、小規模民事再生」と「給与所得者等再生の2つがあります。

ふたつの民事再生の大きな違いは、債務者の収入です。

小規模民事再生はアルバイトや自営業を営んでいる方が主に利用する民事再生となっています。
一方の給与所得者等再生は、一般企業のサラリーマンなど現在から将来までの収入が確実にある方が対象となっています。

また小規模民事再生では、多重債務を抱えている場合は債権者の過半数の同意を得る必要があります。

ただ、民事再生が不可となると多くの場合は自己破産となり債権者は得られるお金が無くなってしまうため基本的には債権者が民事再生に反対することはないでしょう。

クレジットカード現金化をしても民事再生は認められる

空と女性

クレジットカード現金化をしても、民事再生をすることは可能です。

理由としては民事再生が認定司法書士ではなく、弁護士が請け負う案件だからです。

民事再生を成立させるために、弁護士の方が代理人として動いてくださるため、ほとんどの場合で民事再生が認められます。

例えギャンブルによる借金であったとしても、クレジットカード現金化で失敗してしまった債務だったとしても弁護士の方にきちんと説明をすれば、民事再生の手続きを進めてもらうことが可能です。

また以下の条件を満たせば、確実に民事再生は認められるでしょう。

①必要に迫られていた

金融ブラックになってしまい、キャッシングやカードローンが利用できない、という状況で家賃や税金などの支払いをしなければならず、現金化を利用したのであれば、裁判官より温情がかけられる可能性があります。

その際には、生活に困窮していたということ、法テラスなどを利用していた、ということをキチンと説明しましょう。

②非を認め、反省を示す

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社を欺く行為です。

カード会社の利用規約に反する行動を行ってしまったことを、深く反省し、クレジットカード現金化を利用した非を認めるようにしましょう。

①で話したことと合わせて、悪質性が認められなければ、免責となる可能性が高くなります。

また、ギャンブルによる債務の場合には、尚のこと反省が大切です。

ギャンブルを辞められなかった自分の非を認め、依存から脱却するための努力をしていることを伝えましょう。

民事再生によって、いくら減額されるの?

では民事再生によって、具体的に借金はいくらまで減額されるのでしょうか?

具体的には、以下の通りです。

⑴負債額が100万円未満の場合→減額無し
⑵負債額が100万円以上500万円未満の場合→100万円まで
⑶負債額が500万円以上1500万円未満の場合→負債額の5分の1
⑷負債額が1500万円以上3000万円未満の場合→300万円
⑸負債額が3000万円以上5000万円未満の場合→負債額の10分の1

また、先ほど解説した清算価値保障の原則から導き出される金額、可処分所得(収入から生活費を引いた金額)の2倍の金額の3つをそれぞれ比較し、最も多い金額が最低弁済額となります。

民事再生のメリット

バラノ花

民事再生の最大のメリットは、借金を減額することができるという点です。

同じく借金を減額し月々の返済額を減らす任意整理よりも、民事再生なら大幅に借金を減らすことができます。

さらに最低弁済額を決められた年数以内に完済することができれば、残りの借金が免除されます

また自己破産をする場合は、保有している財産は返済に充てられるため、自宅や車を失ってしまう可能性があります。

ですが、民事再生は住宅ローン以外の借金を減額する制度あるため、住宅を手放すことなく借金を減額できます。

民事再生のデメリット

ダンデライオン

民事再生にはメリットのみならず、デメリットも少なからず存在します。
次に見ていきましょう。

①住宅ローンは減額できない

民事再生は借金を減額することができますが、住宅ローンだけは減額することができません。

そのため現在、住宅ローンの支払いにお困りの方は民事再生によって問題を解決することはできないので注意して下さい。

②収入に条件がある

民事再生を行うには、安定した収入があることが条件となります。

のため収入が全くない方や無職の方は民事再生を行うことはできません。
必然的に、自己破産を選択する以外無くなってしまいます。

ですが、アルバイトをしていれば小規模再生の方で民事再生が認められる可能性があります。

③手間と高額な費用がかかる

民事再生は債務整理の中で最も複雑で、法的にも事務的にも非常に煩雑な手続きが必要となります。

裁判所に申し立てをする書類や再生計画書など、到底個人が行えるものではありません。
そこで民事再生を行うには弁護士や司法書士などに依頼をして行うことになります。

弁護士や司法書士には当然、報酬が発生するため、民事再生を行うには高額は費用がかかってしまいます。

具体的には

①相談料 無料〜1時間1万円
②着手金 20万円〜40万円
③成功報酬 減額分の20%
④その他手数料 3〜5万円

以上が弁護士・司法書士に払うお金で必要となり、手続き自体にも30万円(申し立て手数料・予納金・再生委員など)が発生します。

また債権者が多ければ多くなるほど、さらに費用は増していくことになり、民事再生を行うためには100万円以上もかかってしまうことは珍しくはありません。

④保証人が負債を背負う

民事再生を行なうと、借金を減額することができます。
しかしながら、減額が認められるのは債務者のみで、保証人には減額が認められません。

債務者が民事再生を行なった時点で債務が保証人に移行し、保証人は債務を一括返済する必要に迫られます。
もしも保証人を家族、友人、会社にしていた場合は多大な迷惑をかけてしまうことになってしまうでしょう。
そのことがきっかけで、後々の人間関係に影響を及ぼしてしまいます。

⑤官報に記載&ブラックリスト入り

官報は、破産や相続に関する裁判内容が記載される国が発行している機関紙のことです。

官報を日頃から熟読している方はそう多くはありませんが、家族・友人・職場に民事再生をしたことや借金をしていたことがバレてしまう可能性は否めません。

また民事再生などの債務整理を行うと、金融機関のブラックリスト登録されてしまいます。
一般的に、民事再生を行なったという記録は信用情報機関のデータベースに5年程度残り続けると言われています。

ブラックリストに登録されてしまうと、日常生活を不自由なく送るのに、多くの支障があります。

クレジットカード現金化後に民事再生をした方の口コミ・体験談

最後にクレジットカード現金化を利用後に、民事再生をしたという方の体験談や口コミをご紹介して参ります。

作業服の経営者

クレジットカード現金化をしたことがあるのですが民事再生ができました!


過去にブランド品を使ってクレジットカード現金化をしたことがあります。正直に弁護士の方にその事実をお話ししたのですが、特に問題なしとのことでした。

ヘルメットをかぶった作業員
民事再生でクレジットカード現金化の債務を減らすことができました!


クレジットカード現金化で得たお金やカードローンの債務が合計で300万円ありました。民事再生をしたことで120万円まで債務を減額してもらいました。

スーツの男性
ブラックリスト入りは仕方ない…


民事再生をしたことでブラックリストになってしまい、クレジットカードを作ることができなくなってしまいました。厳しい時にはクレジットカード現金化のお世話になっていたのですが、仕方ないですね…

まとめ

机の上のコーヒー

民事再生を行うことで、今ある債務を大幅に減額することができます。

ネット上にはクレジットカード現金化を利用すると民事再生をすることができないとする意見がありますが、それは大きな誤りです。

実際にはクレジットカード現金化で失敗しても、民事再生をすることはできますので、ご安心ください。

その際には弁護士の方に、クレジットカード現金化を利用するしかなかった当時の状況を詳しく話し、反省の態度をしっかりと表すようにしましょう。

また民事再生も利用できないという状況の際には、自己破産なども選択肢として検討しましょう。

クレジットカード現金化をしたことがあっても、自己破産も問題なく可能です。