クレジットカード現金化の失敗談をまとめましたの記事一覧

クレジットカード現金化でよくある失敗例

wrong way

クレジットカード現金化を利用する上で、よくある失敗例をご紹介します。

失敗した理由と、対策・改善点も合わせて解説するので、是非ともご参考にしてください。

失敗例① 換金率が低かった…

クレジットカード現金化で最も多い失敗例が、換金率に関することです。

「99%の換金率を宣伝していた現金化業者を利用したら、実際には70%の換金率だった…」ということはしばしば考えられます。

残念ながら、現金化業者がサイト上で謳っている換金率はあくまでも最高率です。

提示された換金率から事務手数料や配送料、消費税などが引かれ、実際の換金率は70%~80%程度になってしまいます。

ただ現金化業者はNPO法人ではなく、利益を求めるためにはある程度は仕方のない部分もあります。

また現金化業者に頼らず、自分自身でクレジットカード現金化をしようと考える方もいらっしゃるでしょう。

自分でブランド品などを購入して、クレジットカード現金化をしようとしても、換金率は50%前後にしかなりません。

その事実を知らずに、現金化をすると後悔してしまうことになります。

換金率で失敗しないためには

換金率で失敗しないためには、現金化の相場を知ることが大切です。

どんなに高い換金率を謳っていても、実際のクレジットカード現金化の換金率は70%~80%にしかなりません。

また自分でクレジットカード現金化をするのは、時間とお金が想像以上にかかってしまいます。

ただ100%以上の換金率でクレジットカード現金化をする方法もあるので、ご参考にしてください。

100%近い換金率でクレジットカード現金化をする方法!

失敗例② クレジットカード現金化がカード会社にバレた…

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、トラブル防止といった観点からカード会社の利用規約上は禁止されています。

もしもカード会社にクレジットカード現金化が発覚してしまうと、「強制退会」・「カード残高の一括返済」といったペナルティを受けてしまいます。

特に気をつけなければいけないのが、ブラックリスト入りです。

ブラックリストに入ってしまうと、消費者金融などを利用することができなくなり、新規カードを作ることも難しくなってしまいます。

クレジットカード現金化をバレないようにするには

カード会社は全て現金化利用者を見抜くことができるわけではありません。

実は現金化をしそうな人、疑われる人をターゲット化し、注視することによってクレジットカード現金化を見破っているのです。

現金化をしそうな人とは、

キャッシングを利用している
急にブランド品などの高額商品を購入した
普段利用しない新幹線チケットを買った
借金の返済遅延をしている

といった方々です。

クレジットカード現金化がカード会社にバレないようにするには、現金化業者を利用するのが一番です。

現金化業者を利用してクレジットカード現金化をする場合、決済代行会社を通すため、カード決済内容がカード会社に伝わることがありません。

そのため高額の現金化をしたとしても、カード会社に現金化がバレなくなります。

自分でクレジットカード現金化をする場合は、購入したブランド品などがカード利用明細に残ってしまいます。

したがってカード会社に現金化がバレやすくなってしまうので、気をつけましょう。

失敗例③ すぐにお金を受け取ることができなかった…

ネット型業者を利用すれば、申し込みから最短10分程度でお金を受け取ることができます。

しかしながら場合によっては、すぐにお金を受け取ることができなかったということも考えられます。

普通銀行の口座だったため、土日祝日や15時以降の着金が遅れた…
身分証のコピーなどを用意しておらず、申し込みに時間がかかった

急にお金が必要になった時に、すぐにお金を受け取れないというのは困る方も多いでしょう。

すぐにお金を受け取るようにするには…

クレジットカード現金化で得たお金をすぐに受け取れるようにするためにまずは、ネットバンクの口座を用意しておきましょう。

ネットバンクならば、土日でもすぐにお金を受け取ることができます。

また振込手数料も安いので、換金率が上がるというメリットもあります。

また現金化業者に申し込みをする前に、予め必要な書類などを準備しておくことも大切です。

必要なものを用意しておけば、スムーズにクレジットカード現金化をすることができ、結果的には速くお金を手にすることができます。

失敗例④ カード会社に返済ができなかった!

クレジットカード現金化は借金ではありません。

そのため現金化で得たお金を現金化業者に返済することは不要です。

しかしながらカード会社には、返済する必要があります。

クレジットカード現金化で得たお金を後日、カード会社に返済することができずに高額な返済遅延損害金を請求されたり、ブラックリストに登録されてしまうことには注意しましょう。

カード会社に無理なく返済するためには?

クレジットカード現金化はショッピング枠の空き次第で数十万円といった高額なお金を手にすることもできます。

ただ高額な現金化をすると、その分返済が厳しくなってしまいます。

よって現金化をする前に、自分が無理なく返済できる金額を考慮してから、現金化をするようにしましょう。

またクレジットカード現金化は一括払いだけでなく、分割払いやスキップ払い、ボーナス払い、フレックス払いなど多様な支払い方法を選択することができます。

返済は厳しいかも…と感じたら、支払い方法を見直してみましょう。

【参考記事】クレジットカード現金化にオススメの支払い方法

失敗例⑤ カード決済ができなかった!

クレジットカード現金化をしようとしたら、カード決済ができずに、お金を手にすることができなかった…というのは意外に多い失敗例です。

考えられるケースとしては、以下が挙げられます。

ショッピング枠が不足
本人名義のカードではない
暗証番号が誤っている

カード決済を滞りなくするためには?

カード決済をきちんと行うために、まずは事前にクレジットカードのショッピング枠があるかどうかを確認するようにしましょう。

特に光熱費などの支払いに設定しているクレジットカードの場合、引き落とし分のことも考えて現金化する必要があります。

また当然ながら、本人名義でないクレジットカードを使用することは禁止されています。

クレジットカード現金化には身分確認が必須であるため、名義を偽って現金化することも不可能です。

そして、現金化時にはカード番号やセキュリティコード、暗証番号が間違っていないかどうかをしっかりとチェックするようにしましょう。

失敗例⑤ 悪徳業者を利用してしまった!

クレジットカード現金化の最も恐ろしい失敗が、悪徳業者を利用してしまったという例です。

悪徳業者を利用してしまうと

  • クレジットカードを不正利用される
  • カード決済はしたのに入金されない
  • 手数料を多く取られる
  • 高額なキャンセル料を要求された

といった不利益が考えられます。

また個人情報が裏マーケットに出回ってしまったり、闇金や紹介屋といった別の犯罪に巻き込まれてしまうこともあるので注意が必要です。

悪徳業者を利用しないためには?

悪徳業者を利用しないためには、換金率だけを見て業者選びをしないことが大切です。

悪徳業者は明らかにおかしい高換金率やキャッシュバック率を提示して、利用者を誘引しようとしてきます。

またネット上に口コミ評価が全くない業者など、知名度がなく信頼性に乏しい現金化業者も利用しないようにしましょう。

クレジットカード現金化の失敗談をまとめました!

最後に、クレジットカード現金化を利用して失敗してしまったという方々の失敗談を見ていきましょう。

事前に聞いていた換金率と大幅に差がありました…

換金率99%という宣伝文句に誘われて、ある現金化業者を利用しました。ですが実際に振り込まれた金額の換金率は62%程度でした。あまりにも差があるので問い合わせてみると、事務手数料や発送料などが含まれているとのこと。もちろん事前に説明はありませんでした。
30代 男性 東京都

カード会社に現金化がバレてしまった…

ネットで見た通りに新幹線チケットを使って自分でクレジットカード現金化をしました。お金は手にできましたが、後日カード会社から電話が…初回ということで、厳重注意で済みましたが、ブラックリストに入れられたのではないかと不安でたまりません。
40代 男性 群馬県

悪徳業者を利用してしまいました…

エステサロン代を工面するためにクレジットカード現金化を利用したのですが、利用した業者が悪徳業者でした…申し込みをしてカード決済をしたのに入金は一向にされず、連絡も取れなくなっていました。その後、詐欺電話が頻繁にかかるようになり、ノイローゼ気味です。一体どうすればいいのでしょうか…
30代 女性 滋賀県

旦那名義のカードを現金化して離婚沙汰に…

家族に内緒で購入したブランドバック代を現金化で工面しました。私は専業主婦で自分自身のカードを持っていなかったため、旦那のカードをこっそりと使ってしまいました。名義が違うため現金化は断られ、しかも旦那にバレてしまいました…今はそれがきっかけで離婚話になっています。
神奈川県40代 女性

身分証のコピーを事前に用意しておけばよかったです

クレジットカード現金化を初めて利用したのですが、身分証のコピーが必要だなんて知りませんでした。
パソコン操作に疎いため、身分証のコピーを送信するのに一苦労。お金を手にするまで時間がかかってしまいました。
50代 男性 神奈川県
クレジットカード現金化の失敗談を見てお分かりの通り、失敗の原因を一言で表すならば「事前準備」です。
事前に現金化についてきちんと調査し、必要な書類などを揃えてからクレジットカード現金化をすれば失敗は避けることができます。
クレジットカード現金化をしようとお考えの方は、換金率や商品、スピード、そして現金化のメリット・デメリットを悉皆と理解してから現金化をするようにしましょう。

優良現金化業者を利用しよう!

クレジットカード現金化での失敗を避けるために、優良現金化業者を利用してクレジットカード現金化をしましょう!
本サイトが厳選した、失敗の可能性がない優良現金化業者をご紹介します!

ナンバーワンクレジット

ナンバーワンクレジット
ナンバーワンクレジットの特徴

ナンバーワンクレジットは実績と信頼性を兼ね備えた優良クレジットカード現金化業者です。ナンバーワンという名前の通り、クレジットカード現金化をするのに最適な現金化業者と自信を持ってオススメすることができます。

換金率・還元率 98.8%(最大)
現金化までのスピード 最短5分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

ギフトキャッシュ

ギフトキャッシュ
ギフトキャッシュの特徴

クレジットカード現金化サービスを行う「ギフトキャッシュ」は、「換金率」・「リピート率」・「法人利用率」の3つの項目で業界実績No. 1を達成した優良現金化業者です。数ある現金化業者のどれを選んだらいいのか迷ったときに、選んで間違いない現金化業者として知られています。

換金率・還元率 91%~99.2%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

24キャッシュ

24キャッシュ
24キャッシュの特徴

クレジットカードの現金化サービスを行う「24キャッシュ」では、その店名の通り24時間現金化サービスの申し込みを受け付けている事から由来されています。初めて現金化をご利用になるお客様に対しても親切にサポートを行う会社です。換金率や対応のスピードも良く、ご利用者の口コミでも良い評判が多いのが特徴です。

換金率・還元率 87%~98.8%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休