未成年者でもクレジットカードの現金化は可能?

クレジットカードを持っていれば誰でも簡単にサービスを受けられるのがクレジットカード現金化の特徴です。では未成年の方でも現金化を利用することはできるのでしょうか。詳しく解説していきます。

クレジットカードは何歳から持てる?

はてなマークと人物未成年者が現金化を利用できるか、という話の前に、そもそもクレジットカードは何歳から持つことができるのでしょうか。
実はクレジットカードを作ることができる年齢は18歳から、とカード会社の利用規約で決められています。
つまり日本において、高校生以下の方はクレジットカードを作ることができない、ということです。

しかしながら、高校で留年をしてしまった人や早生まれという理由で、高校生だけど18歳の誕生日は過ぎている、という人も多いでしょう。
それでも高校生がクレジットカードを持つ事は不可能になります。
なぜかというとクレジットカードの本質は”借金”だからです。

お金がないときでも買物ができるのが、クレジットカードです。
クレジットカードで使った分のお金は翌月か翌々月に引き落とされます。
では買ったもののお金は誰が払うのでしょうか。
このとき、実はカード会社がクレジットカード利用者の代わりに、支払いを立て替えてくれているのです。
ですのでクレジットカードとは、カード会社からお金を借りて買物をする、要は借金と同じということになります。
カード会社が先払いして、利用者が毎月銀行口座から返済するとイメージすると分かりやすいかもしれません。

借金をするときは収入があることが絶対条件です。
お金を返してくれるか分からない人、返すお金にあてがない人にお金を貸す人はいませんよね?
高校生は学業が生業のため、収入はありません。
アルバイトをしている高校生の方も最近は多いみたいですが、アルバイトで得たお金は社会的に見ると稼ぎとして認められることはないでしょう。
収入がない高校生にはお金を貸せない、よってクレジットカードを持たせることはできない、というのが社会のルールなのです。

例外もある

先ほどの話の捕捉になりますが、高校生でもクレジットカードが持てるケースがあります。
高校生はクレジットカードを持てないのが社会のルールと言った手前で申し訳ないのですが、どんなルールにも例外はつきものです。

高校生でも例外的にクレジットカードが持てるケースとは「海外留学」をする場合です。
海外ではキャッシュレス化が進んでおり、買い物をしようにも現金が使用できないケースが多々あります。

またクレジットカードには海外旅行保険が付帯しているカードが存在します。
さらに海外留学となると現地で使うお金の額も多くなるでしょう。
そのため特例として、カード会社も海外留学をする高校生へのクレジットカード使用を認めているようです。

ちなみにこの場合持てるクレジットカードは個人のクレジットカードではなく家族カードになります。
決して自分自身のクレジットカードをモテる訳ではありませんので注意してください。

とはいえ海外留学という特殊な状況のみの例外ですので当てはまらない方の方が多いでしょう。
ですから知識程度に頭に入れておくのがいいかもしれません。

大学生からクレジットカードは持てる!

クレジットカードと紙幣高校さえ卒業してしまえば「高校生不可」というカード会社の利用規約は当てはまらなくなります。
とは言っても前述のとおり、クレジットカードを作るには収入があることが絶対条件です。
高校を卒業してすぐに就業した方であれば文句無しに、クレジットカードを作ることができます。

しかし誰もが高校を卒業してすぐに働くわけではありませんよね。
実は高校を卒業した未成年の人で、収入がなくてもクレジットカードを作れる特殊な条件があります。

それはズバリ大学生であることです。

カード会社からすると、大学生のうちにクレジットカードを作ってくれれば、社会人になってからも自社のカードを使ってもらえるという打算があります。
また大学に通わせることができるくらい経済的余裕がある保護者がいるのなら、延滞の心配もありません。

注意点としては、未成年の方がクレジットカードを作るには、親権者の方の同意と承諾が必要になります。
つまり、保護者の方の許可が無いとクレジットカードを持つことはできませんので気をつけてください。

未成年でも現金化はできる?

紙幣をもつ男性少し話が逸れてしまいましたね。
やっとここからが本題です!

未成年でも就業している or大学生ならばクレジットカードを作ることができる、というのはつい先程お話した通りです。
では未成年の方でもクレジットカードを持っていれば、クレジットカードの現金化はできるのでしょうか?

現金化業者の利用規約を見てみると、未成年者の利用に関する規約の記載はどこにも書いてありません。
また現金化の方法を考えてみても、未成年者であることが支障になる部分は特に見当たりません。
現金化サービスを行ってくれる業者の側は、未成年者がクレジットカード現金化を利用することをあまり想定していないでしょうが、現金化ができる可能性は非常に高いです。

もちろんクレジットカードの現金化を利用する前に、現金化業者に未成年者であることを名乗り出て相談するようにしてください。
そこで問題が無ければ晴れて、クレジットカード現金化を利用することができます。

未成年者の方の注意点

ペンを噛む大学生未成年の方でもクレジットカードの現金化を利用できることが分かりました。
しかし当然、未成年者の方の利用には注意点もありますので、しっかり確認しましょう。

業者の形態によっては犯罪にもなる!

未成年者の方でも現金化をできる可能性は高いのですが、現金化業者によっては未成年者の利用が犯罪になってしまうケースがあります。

それは現金化の方法に、買い取り方式を導入している業者を利用する場合です。
買い取り方式とは、現金化を望む利用者が業者から商品を買い取り、買った商品をまた業者に売却する現金化の方法です。
商品を業者に売却することによって、業者から代金としてお金を手にすることができます。

しかし商品買い取り方式は法律上、古物取引にあたります。
古物取引とは一度使用した物品、一度所有された物品の売買のことです。
古物法では、未成年者の古物取引を禁止しています。

つまり未成年者の方が、商品買い取り方式を用いた現金化業者を利用してしまうと、古物法違反となってしまうのです。
最近はネットオークションやフリマアプリの登場で、誰でも気軽に転売ができるようになりました。
しかし厳密に言うと未成年者がフリマアプリを使って古物を転売することは違法となります。

とは言っても今の時代、中学生や高校生の半数近くがフリマアプリを利用しているとも言われています。
取り締まる側としても、数が多すぎるため実態を把握できていないのが現状です。
ですので、古物法違反として実際に法的処罰が下る可能性はとても低いでしょう。

それでも未成年者が現金化を利用する際には、十分に気を付けてください。
不安であれば前もって業者に商品買い取り方式を用いているかどうか確認してみるといいでしょう。

未成年者だと自分のカードを持つことができない

クレジットカード会社の申し込み規約を読むと、未成年者がカードの申し込みをするときは親権者の同意が必要、と書かれています。
つまり未成年者は自分自身のクレジットカードを持つことができません。
クレジットカードを作るときは、必ず保護者の方の同意が必要になります。

したがってクレジットカードの名義は保護者の方の名義です。
厳密には、自分自身のクレジットカードではありません。

クレジットカードの現金化をして何か問題が起きた場合、自分名義のカードでないことでより問題が複雑化してしまう可能性があります。

現金化業者に断られる可能性も…

クレジットカードの現金化を行ってくれる業者の中には、未成年者の利用を拒否する業者がいるかもしれません。
決して意地悪で断ってくる訳ではなく、現金化業者は未成年者の利用で無用なトラブルを起こしたくないからです。

業者に断られるのを恐れてか、年齢を詐称して現金化サービスを利用しようとする方がたまにいらっしゃいます。
しかし現金化を利用するときには必ず身分証明書の提示を求められます。
そのため年齢を偽って現金化を利用することはできません。

クレジットカードの現金化で得られるお金の金額とは決して低い額ではなく、ときには数十万円単位の現金化も可能になります。
したがって未成年の利用者があまりに高額な額の現金化を望むと、現金化業者側は現金化に難色を示すようです。
どうしてもクレジットカードの現金化を利用したい人は、なるべく少額の現金化で申し込むようにしましょう。
そうすれば現金化業者が快く利用を快諾してくれる可能性が高くなります。

終わりに

現金化についての記事をパソコンでまとめる様子クレジットカードの現金化は、クレジットカードさえ持って入れば、誰でも簡単に現金化サービスを受けることができます。
それはたとえ未成年者であっても、決して例外ではないことがお分かりいただけたと思います。
しかし未成年者であるがゆえに特別注意しなければいけないことがあり、もしかすると現金化業者に利用を断られてしまう可能性もあることは頭に入れておいてください。

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…という方、手っ取り早く優良業者を知りたい!という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事