結婚前に借金をなくそう!

「結婚をしたいけど、借金があるから結婚に踏み切れない…」
「結婚相手に借金がバレないかどうか心配…」
「結婚した後に借金が発覚したら、離婚される?」
「結婚前に借金を無くす方法はある?」

など、借金が原因で結婚に対して躊躇や不安がある方は多くいらっしゃいます。

ある調査機関によると、「借金がある恋人と結婚できるか?」というアンケートに「問題ない、結婚できる」と答えた方は男女混合で10%弱しかいませんでした。
また同じ調査で「結婚後にパートナーの借金が発覚したら、離婚するか?」というアンケートにはなんと85%以上の方が、「離婚する」と回答しています。

したがって、世間一般では借金を抱えている方だと結婚するのは難しいということが分かります。

そこで本記事では、結婚前に借金を少しでも減らす方法から、借金を隠したまま結婚をするとどうなるのか、借金を完済する方法などを分かりやすく解説していきます。

結婚前に借金でお悩みの方は是非ともご参考にしてみてください。

結婚前からの借金を隠されていました

借金の残高を少しでも減らすには?

ノートと電卓

借金の残高を少しでも減らすには、自分の借金の原因と収入と支出を確認&把握することが大切です。

まずは、現状の借金の原因がどこにあったのかを知るようにしましょう。

借金の原因として多いのは男性ならギャンブルや交際費、女性の場合はショッピングやコスメへの散財です。
自分の借金の原因が分かれば、対処法を調べて二度と借金をしないようにしましょう。

次に大切なのは、自分の収入と支出を把握することです。
自分の月々の収入はいくらなのか、それに対して生活費を引いて、月にいくら借金の返済に充てられるのかを把握しましょう。
月にいくら借金の返済に充てることができるのかを知ることができれば、借金を完済できるのが何ヶ月後なのかを知ることができます。

そうすれば、パートナーに結婚を待ってもらい完済後に晴れて結婚することも可能となります。

完済までの計画は頭の中で行っても難しいと思うので、パソコンのエクセルなどで表を作ってみましょう。

借金を隠したまま結婚をすると…

腕を組んで怒る女の子

借金を抱えているものの、結婚をしたいという気持ちが強いため借金をパートナーに隠して結婚に踏み切る方が中にはいます。

しかしながら、借金を隠したまま結婚をすると結婚生活に大きな支障をきたすことは容易に考えられます。

まず、お金がないため結納金を払うことができません。
結納金とは、主に男性側から女性側に贈るお金のことで、一般的には「女性が嫁入りの準備をするためのお金」です。
昔ながらの風習で、現在では少なくなってきましたが、地域によっては結納金を受け取らないと結婚を認めないというケースも多々あります。
結納金の相場は100万円となっており、借金を抱えている方にとってはほぼ払うのが不可能な金額でしょう。

結納金を払わなくて良くても、次に婚約指輪と結婚指輪の問題があります。

ゼクシィの結婚トレンド調査によると、婚約指輪と結婚指輪の相場はふたつあわせて70万円程度という結果が出ています。
婚約指輪と結婚指輪が買えなくても、結婚が認められないということはありませんが、男女ともに結婚したからには指輪が欲しいと思うのが普通でしょう。

さらに、平均費用で400万円近くかかると言われる結婚式費用についても心配しなければいけません。

結婚式の費用は男女で折半するのが一般的ですが、それでも200万円という大金を用意する必要があります。
自分で工面できなかった場合は相手の家に頼むことになりますが、その時になぜお金に困っているのかという理由を聞かれるのは目に見えています。
下手をすれば、その場で借金がバレてしまうでしょう。

また結婚式後に行くハネムーンにも借金があると行くことができません。

このように、借金を隠しお金に困っている状態で結婚をしようとすると、大変困る事態になってしまいます。
結婚にかかるお金をなんとか工面しようとさらに借金を重ねてしまう事態になってしまいます。

結婚後にも大きな障壁が…

なんとか借金を隠したまま結婚できたとしても、結婚後の生活にも借金問題は深く潜り込んできます。

まず、借金がある状態だとローンを組むことができず、マイホームを持つことができません。
そればかりか、賃貸の物件でも借金があると借りられない可能性があります。

そのため、結婚して二人暮らしを始めようと思っても、できないかもしれません。

また、借金によって迷惑をかけるのはパートナーやパートナーの実家だけではありません。

生まれてくるであろうふたりの子供にも、借金は大きな影響を及ぼします。

借金があるため教育ローンを組むことができなかったり、返済が厳しくお金がないため子供に必要な物を買い与えることができないなど、借金によって二次被害、三次被害を巻き起こしてしまうのです。

結婚生活の中で借金はバレる!

ビンタを受ける男性

そもそも結婚後も借金を隠し通すことは、まず不可能と言えるでしょう。
結婚後は一つ屋根の下で二人で暮らすことになり、お互いのお金に関することも把握するようになります。

共同の貯金口座なども作りますし、そうなると明らかにお金が無いということに感づかれ、借金が明らかとなってしまうでしょう。

また、金融機関から送られてくる明細書などもパートナーの目に入る可能性が高く、借金がバレてしまうことになります。

パートナーに借金がバレてしまうと、待っているのは離婚です。

お金というのは夫婦生活を営む上で、大切なことですしそれを隠していたというのは立派な有責で離婚する理由に値します。

離婚されるかどうかは、借金の金額の問題ではありません。

これから数十年という長い年月を共にするというのに、隠し事をしていたことが問題なのです。

「この人は信用できない」と思われ、離婚されてしまうでしょう。

債務整理をするのもひとつの手段

借金の返済に困り、このままでは結婚どころか自分の生活まで危ういと思ったら債務整理をするのも一つの手です。
債務整理の中でも任意整理や個人再生をしたら、利息返済がなくなったり、借金を元本ごと減額してもらえたりするので、借金の返済額が抑えられます。
また自己破産をすれば、借金自体が帳消しになるため、借金に苦しむことなく結婚に踏み切ることができます。

しかしながら、自己破産など債務整理をしたとなると相手型の印象は決して良くはないでしょう。
当人同士は良くても、親からすると債務整理をした人に自分の大切な子供と結婚させたくはありません。
したがって債務整理をしたからといって、安心して結婚できるというのは間違いです。

また弁護士のサイトなどを見ると、債務整理をしたことは誰にもバレないなどと書かれていますが、これは大きな誤りです。
弁護士も競争が激しい時代ですから、稀にこのような誇大広告をして顧客を引き寄せようという魂胆があります。

他にも自己破産をするとクレジットカードが作れない、携帯電話が持てないといったデメリットがあります。

今のご時世で携帯電話もクレジットカードも持っていないというのはどう考えても不自然で、そのため自己破産をしたことはバレてしまいます。

借金を完済するならクレジットカード現金化!

パソコンを見つめる女の子

結婚前に借金を抱えている方がとるべき最善は、「借金を完済すること」でしょう。

借金を抱えたまま結婚をしようとしても、どれほど大きな障害が待ち受けているのかは今まで見てきた通りです。

離婚されたり、新たに借金を重ねてしまったり、自己破産に追い込まれてしまったりしてしまう可能性が大いにあります。

とはいっても、借金を完済するなど口で言うのは簡単ですが、実現するのは難しいという方がほとんどだと思います。

そこで最後に、結婚前に借金を完済する方法を特別にお話ししたいと思います!

クレジットカードのショッピング枠現金化で借金完済!

結婚前に借金を完済する唯一の方法はクレジットカードのショッピング枠現金化と呼ばれる金策です。

クレジットカードのショッピング枠現金化はクレジットカードのショッピング枠をお金に換え、お金を手にするという方法です。
クレジットカードのキャッシング枠ではなく、ショッピング枠を用いるため、クレジットカード現金化は借金ではありません。
借金を返すために借金を重ねるのは大きな誤りですが、クレジットカード現金化ならばその点は安心できます。

またクレジットカード現金化は匿名性が高いため、パートナーにバレることなく借金を完済することができます。

たとえ借金があり、それを隠していたとしても結婚まで考えてくれるパートナーの存在はとても大きなものです。
結婚して幸せな生活を送るためにも、クレジットカードのショッピング枠現金化で借金を完済しましょう!

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事