クレジットカード現金化の方法を伝授!

2018年2月9日クレジットカード現金化の必読マニュアル(現金化の方法・仕組み)

クレジットカード現金化の方法を伝授

クレジットカード現金化についての基本的な使い方やご利用方法を初めての方でも安心できるように詳しく説明を致します。また現金化の注意点や業者の選び方、クレジットカード現金化を利用するメリットやデメリットの解説。

お金がない時の救世主!?クレジットカードの現金化!

コインと救世主過去に「債務整理をしたこたがある…」「借金の返済遅延がある…」といった理由で、消費者金融やカードローンの審査が通らないという方はたくさんいらっしゃるかと思います。
それでも現金がなければ生活はしていけませんよね。
そんな方の最後の頼みの綱!クレジットカードがあれば現金を手にすることが出来るってご存知でしたか?
この記事ではクレジットカードの現金化について簡単に説明していきたいと思います。

以外に知らない?クレジットカードにある”与信枠(よしんわく)”

普段クレジットカードを利用している人でも意外に知らないのがショッピング枠とキャッシング枠。
言葉は聞いたことあるけど、自分の与信枠がいくらに設定されているかは知らない人は多いはずです。
キャッシング枠とショッピング枠は別々に存在しているの?と疑問に思われている方もいるでしょう。
クレジットカード現金化の説明の前にまずはショッピング枠とキャッシング枠についての説明をします。
この違いを理解することができればクレジットカードの現金化の仕組みは半分理解できたも当然なのです。

ショッピング枠とキャッシング枠ってなに?

とは言っても、2つの意味自体はとても簡単。
それぞれ見ていきましょう。

  • キャッシング枠とは設定した限度額内でお金を借りられる枠のことです。
  • ショッピング枠とは買い物に利用できるお金の限度額を指します。

普段、買い物などでクレジットカードを使う場合はこのショッピング枠に定められた与信枠内で買い物をしているのです。
クレジットカードの限度額と言えばピンとくるのではないでしょうか?ここまでは説明不要だと思います。

では、ショッピング枠とキャッシング枠はお互いどのように決められているかはご存知ですか?
一見すると個別に枠が決められていて、別々に独立して存在しているように思えます。
しかしそうではないんです!それぞれ決められた限度額があるのはもう察しがつきますよね。
2つの枠の関係性ですが、実は…キャッシング枠とはショッピング枠の中に含まれています。
ショッピング枠を用いて買い物をし過ぎるといざという時にお金が借りれなくなる可能性があります。

例えばショッピング枠が50万円でキャッシング枠が10万円だったとします。
ショッピング枠を既に45万円使っていたとするとキャッシングを利用するときは5万円しかお金を借りられないことになります。
このようにキャッシング枠はショッピング枠の制限を常に受けるということを覚えておいてください。

キャッシング枠でお金を借りるのは得策か?

前述のとおりキャッシング枠はショッピング枠に包括されています。
そのため多い額を借り入れるたいときにキャッシング枠は不向きということになります。

キャッシング枠を後から増額することはできますがキャッシング枠を作るのにも実は審査があるのです。
最速審査を謳っているカード会社でも審査には一週間程度時間がかかるのが普通。
早く現金が必要っていうときにこんな気長には待てませんよね。

また、自分のキャッシング枠がいくらに設定されているのか分からない、という方も多いと思います。
カード会社に問い合わせれば確認はできますが、ここでも余計な手間と時間はかけたくありませんよね。

クレジットカードの現金化とは?

やっと本題です!もう感の良い方はお気づきかもしれませんね。
そうです、クレジットカード現金化とは「ショッピング枠を利用したキャッシング」のことなんです。
一見、矛盾しているように思われるかもしれませんが、身近な例で考えてみましょう。

あなたはブランド物のバッグをクレジットカードで購入したとします。(もちろんショッピング枠を使ってです!)
その後、そのバッグをネットオークションや質屋で売りました。
あなたが手にするのは…現金ですよね?簡単に説明すると、これがクレジットカードの現金化なのです!
意外と簡単な仕組みですよね。
言葉は知らなくても、フリマアプリなどを利用してその辺の中学・高校生でも似たようなことを行っています。
クレジットカードの現金化は中学生でも理解できるくらい簡単なことなんです。

クレジットカードの現金化は違法なのか?

手錠が外れる様子「クレジットカードの現金化」つまりはショッピング枠の現金化は違法なのかと皆さん気にされていると思います。
確かにインターネット上ではクレジットカードの現金化を違法行為としてやめるように啓発しているサイトが多く見受けられますが実際のところはどうなのでしょう。

実はクレジットカードの現金化は違法ではないものの、カード会社は認めてはいない、というのが現状です。
俗にいうグレーゾーンというやつです。
カード会社からしてみればキャッシング枠を利用してお金を借りて欲しいというのが本音でしょう。
表向きはカードの不正利用につながると禁止していますが、本当のところはカード会社の利益が減るからというのが実情です。
自分の会社からキャッシングでお金を借りてくれれば利子の分だけ儲かりますから、カード会社がクレジットカードの現金化を禁止しているのも無理はありません。

違法性は無いなら堂々とやってもいいの?

ショッピング枠を使った現金化は違法ではないものの、「カード会社は禁止している」ということは先ほどお話しした通りです。
しかし「違法じゃないなら堂々と現金化してもいいのか?」となると話は別です。

現金化が発覚した場合、確かに罰金や禁固刑などの法的処罰はありませんがカード会社から何らかの制裁がある可能性は高いです。
日本クレジット協会のサイトを見ると規約違反があった場合には「残金の一括請求」「カードの利用停止」「カードの強制退会」といったペナルティを受けると書かれています。
違法性が無いといってもまだ法律ができていないだけで、今後クレジットカードの現金化を違法とする法律ができてもおかしくはありません。
そのことはしっかり頭に入れておいてください。

個人で現金化を行うのは危険!

クレジットカードの現金化を個人で行う方法が書かれているサイトがインターネット上に見受けられます。
先ほど述べた通りクレジットカードの現金化の仕組みはとても単純で個人でも十分に行えます。

しかし、カード会社はショッピング枠を用いた現金化に対して非常に目を光らせています。
キャッシング枠を使い切ったばかりの人が高額なブランド商品や金券を買い始めたらカード会社の目に留まることは確実です。
カード会社からペナルティを受けてしまったら元も子もありませんので、個人でクレジットカードの現金化を行うのは非常にリスクが高いと言えます。

そこで登場するのがクレジットカード現金化を専門的に行ったくれる業者です。
危険を冒したくなかったら、このような専門の現金化業者を利用したほうがいいでしょう。

個人で現金化を行う際のデメリットは?

チェックマークとバツマーククレジットカードの現金化の仕組みは非常に単純だということはご理解していただけたと思います。
業者を挟まず個人で現金化を行うことは可能ですが、個人で現金化を行おうとするのはリスクと困難がつきものです。
考えられるデメリットを簡単に挙げたいと思います。

①時間と労力がかかる

まずクレジットカードを現金化するための商品を買わなければいけませんよね。
しかし実際に店舗に行って商品を買いに行くのには時間と労力がかかります。

またインターネットで商品を買うにしても商品が届くまでに時間がかかります。
それからネットオークションに出して相手からの振込を待って…と現金が手元に来るのはいったい何時になるやら分かりません。

一刻も早く現金を手にしたいときに余計な手間と時間を取られるのことをするのは得策とは言えません。

②換金率が低い

買った商品を換金する為には「買取り専門のショップ」に商品を持ち込むか、「フリーマーケット・ネットオークション」で売却するといった方法が考えられます。

残念ながら、どれも高い換金率は望めないでしょう。
世の中には高価買取りをうたい文句にしている買取りショップが多数見受けられます。
しかしそのような買取りショップは何かと商品に難癖をつけたり、いちゃもんをつけてきたりとあの手この手で買い取り価格を安くしようとしてきます。
また買ったばかりの新品の商品を持っていくと買取りショップの方は盗品ではないかと怪しみ買い取りを拒否することもあります。
ネットオークションやフリーマーケットはそもそも安く欲しいものを買いたいと思う人が集まるところです。
そんな人たちに商品を高く買ってもらおうというのは矛盾してますよね。

③個人の現金化はバレやすい

繰り返しになりますがクレジットカードの現金化をカード会社は認めていません。
カード会社は昨今、クレジットカードの現金化に目を光らせています。

キャッシング枠を利用した人、キャッシング枠を使い切った人がすぐにクレジットカードで高額商品を購入したら怪しいのは誰にでも分かりますよね。
どんなに些細なことでもカード会社の調査員は見逃してくれません。

先ほど述べた通りクレジットカードの現金化がカード会社に発覚するとカードの利用停止、今まで使った分のカード額の一括請求、強制退会といったペナルティが待ち受けています。

クレジットカード現金化の専門業者を利用するメリットは?

現金化のスペシャリスト個人でクレジットカードを現金化するデメリットは以上です。
では逆にクレジットカードの現金化を業者に依頼する場合のメリットにはどういったことがあるのでしょうか。

業者を利用するメリットは大きく分けて3つあります。
それは「早い」「誰でも」「確実に」です。
ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

①換金するまでの時間が早い!

クレジットカードの現金化専門業者を使えば最短で即日に現金を手にすることができます。
現金化業者が指定した商品をクレジットカードで購入すれば、その日のうちには現金があなたの口座に振り込まれます。

なぜこんなにも現金化が早いのでしょう。
実は購入する商品をクレジットカードで決済するとカード会社側から決済完了の通知が数十秒~数分程度で確認できる仕組みになっているのです。
無事に決済が完了したら、すぐにお客さんの口座に振り込みを行なうという流れです。
また次項でも述べますが、消費者金融やカードローンと違いクレジットカードの現金化には審査というものが無いのです。
これが即日で現金化ができる秘密です。
カードローンでお金を借りようと思ったら1週間はかかるのがザラですよね。
まさに天と地の差というわけです。

②クレジットカードがあれば誰でも利用できる!

借金がある人、借金の返済遅延をしている人、過去に財務整理を行った経験がある人でもクレジットカードのショッピング枠さえ残っていれば現金化が可能です。

クレジットカードの現金化の際には面倒な審査がありません。
残っているショッピング枠を使うので審査自体が不要なのです!最初にクレジットカードを作るときには審査がありますよね?
あの時すでにクレジットカードの現金化の審査も済んでいると考えてもいいかもしれません。

③希望の金額が確実に手に入る!

個人で現金化を行う際のリスクとして換金額が希望価格に達しないことが考えられます。
買い取りショップに商品を持って行っても期待通りの価格で買い取ってくれるケースは稀です。

しかし、現金化業者は事前に換金保証額というのを設けています。
これだけのショッピング枠を使えば確実にいくら手に入る、というのが最初から保証されているのです。

悪質な業者に気を付けて!

低評価の現金化業者クレジットカード現金化を行うのには、個人でやるより専門のクレジットカード現金化業者に頼むのが安心だということがお分かりいただけたと思います。

しかし、現在クレジットカードの現金化を取り締まる法律がないため、悪質な現金化業者が存在することも確かです。
悪質な業者は法外な手数料をふっかけてきます。
商品を購入させて現金を振り込まずに行方をくらませるなんて手口もあります。
もちろん、全ての現金化業者が悪質なわけではありません。
金融機関からの融資を受けられず、お金に困っている人を助けようと営業をしている優良店も、もちろん存在しますので事前に調べておく等、しっかりとしたチェックが必要です。

注意を怠り悪徳業者にあたってしまった、なんてことが無いようにしましょう。

現金化という言葉について知る

現金現金化とは、商品と交換できるポイントや金券、決済枠を現金に換金するという意味で使われます。
主にクレジットカードのショッピング枠に設定されている利用限度額を現金に換金する際に使われていますが、近年はAmazonギフトカードや、携帯電話の決済枠を現金に換金する際にも使われ、用途に広がりを見せています。

クレジットカードにおける現金化とは?

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の二つがあります。
キャッシングは使途を限定しない現金をダイレクトに借り入れることができますが、ショッピング枠は買い物に使途が限定されています。
ショッピング枠に設定されている利用限度額を、現金に換金して使途が自由な資金を調達することをクレジットカードの現金化といいます。
キャッシング枠の利用限度額を使い切って、さらに現金が必要な場合などに活用されます。

現金化の手法とは

パソコンクレジットカードの現金化とは言っても、実際にどのような手法で現金に換金しているのでしょうか。
クレジットカードのショッピング枠を現金に換金する手法を紹介します。

ショッピング枠で購入した商品を売却

ショッピング枠に設定されている利用限度額が50万円であれば、その利用限度額内で実際に販売されている商品を購入します。
購入した商品を売却することで、現金を得ることができます。

業者を利用するメリット

喜ぶ男性クレジットカードの現金化は個人で行うこともできます。
購入した商品を上手く売却することができれば、利用限度額を超える現金を調達することができます。

しかし、買い手が見つかるまでに時間がかかってしまう、安く叩き売って換金率が著しく低くなってしまうリスクもあります。
クレジットカード換金業者を利用すれば、最短5分で換金をすることができますし、換金率が70%~90%と非常に高いです。
業者を利用することで高く売却できるリターンはありませんが、スピーディーかつノーリスクで現金化をすることができます。

クレジットカードを個人で現金化するのは時間とリスクが有るということが分かりました。
そもそもクレジットカードを現金化しなければならない時は急いでいるシチュエーションが多いので、私が現金化を行う時は業者を利用することになりそうです。

誰でも簡単に現金を作れる

ジャンプする女性クレジットカード現金化とはどのようなメリットがあるのかということを考えた時に、クレジットカードさえあれば現金を調達することができるという点が挙げられます。
具体的な例を挙げながら、どのような人でもお金を借りられるかどうかを紹介します。

ブラックリストに載っている方でも使える

キャッシングサービスの支払状況が悪かったり、多重債務を抱えていたり、自己破産をしたりした方は個人信用情報に履歴が残り、消費者金融から融資を受けられなくなることがあります。
そのような状態をブラックリストに載るといいます。
そのような方でも、キャッシュカードさえ持っていればショッピング枠を現金化することができ、現金を調達できます。

主婦や学生、無職でも使える

一般的な消費者金融では、収入源のない主婦や無職の方はお金を借りることができません。
学生の場合は扶養している親の収入が審査の対象となるので、お金を借りることが親に知られてしまいます。
キャッシュカード現金化であれば、収入がない方でも利用できるので主婦や学生や無職の方でも現金を用意できます。

家族にバレにくい

家族と同居している方で、誰にも知られずに現金が必要な場合もありますが、そのようなシチュエーションでもクレジットカード現金化は便利です。
カードローンを利用する際には、契約書やカードが自宅に郵送されて、家族にバレてしまうことがあります。
クレジットカード現金化は、必要書類のやり取りがなく、秘密で現金を調達することができます。

定職についていなくても現金化することができるということを知って驚きました。
仕事を辞めて、次の仕事が見つかるまでのつなぎとしても使えそうですね。

その他のクレジットカードを現金化する方法

招き猫クレジットカード以外にも様々なものを現金化することができます。
ここではその他の現金化とはどのようなものがあるのかを見てみましょう。

電子マネー

コンビニエンスストアなどで、機会にかざすだけで支払いをすることができるのが電子マネーです。
電子マネーは大きく分けて二つの種類があり、それぞれで現金化の方法が違いますので、それぞれの現金化方法を紹介します。

プリペイド型

プリペイドは先払いという意味があり、予めお金をチャージしていた金額分を買い物の時に支払いとして使えます。
プリペイド型の電子マネーはチャージしてしまった分を払い戻すことができませんので、チャージした金額を引き出すために現金化を行います。
チャージした金額分の商品を購入して、売却する方法で現金化をしましょう。
また、溜まったポイントで商品を購入して現金化するという方法もあります。

ポストペイ型

ポストペイ型は先に商品を購入して、後払いをするという方法です。
ポストペイ型の電子マネーは予め現金をチャージしなくても良いので、クレジットカード現金化に近い感覚で現金を調達できます。
電子マネーの会社によって一度に購入できる金額が違い、最高でも5万円分の買い物しかできませんので少額の現金を調達したい時に役立ちます。
クレジットカードで電子マネーをチャージすることもでき、そのような方法でチャージすることでカード会社から警告を受けずに現金化をすることができます。

商品券や旅行券を現金化

イベントや行事などの景品やプレゼントで、商品券や旅行券を手に入れることがありますが、金券ショップで買取ってもらうことで現金化することができます。
換金できる金券ショップは換金率が70%~80%が相場ですので、より高い換金率を求めるのであればネットオークションなどを活用して現金化するとよいでしょう。

クレジットカードを現金化する行為はクレジットカード会社が禁止しており、場合によっては利用停止になってしまうこともあります。
商品券や電子マネーを現金化する方法であれば、そのようなリスクを負わずに現金化ができるので、まずは自宅に商品券が無かったかを探してみようと思います。

個人で現金化する方法とは

現金化の方法を考える女性クレジットカード現金化業者を利用すると、スピーディーかつ手軽に現金化をすることができますが、手数料などを取られて最終的に換金率が80%ほどになることもあります。
業者を通さずに個人でできる現金化とはどのようなものがあるかを考えてみました。

オークションサイトを使って売却

ヤフオクでアカウントを2つ用意し、片方のアカウントで購入した商品を出品して、もう片方のアカウントで簡単決済の支払いをするという方法があります。
アカウントを2つ作るには、登録住所を別にしたり、使用するパソコンも2台に分けたりといった手間がかかりますが、換金率だけで言えば業者を使うよりも優れています。

飲み会の支払いをまとめてカードで行う

飲み会の会計を集めて、自分のクレジットカードで支払うことによって、現金化をすることができます。
参加人数の少ない飲み会だと現金化することができる金額は少額ですが、職場の忘年会など大人数が集まる飲み会であれば大きな金額となります。
急に現金が必要になった場合は使うことができませんが、クレジットカード会社からも警告を受けることなく安全に現金化できる方法の一つです。

金券ショップで買えるものを購入する

QUOカードや新幹線の回数券といった、高換金率で売却することができるものを購入して、金券ショップで売却するという方法です。
時間をかけず換金率も非常に高いですが、このような金券の購入にはクレジットカード会社が厳しく目を光らせているため、カードが停止になるリスクが高いです。

個人でクレジットカードを現金化するのは、手間と時間がかかり結局は換金率もそれほど高くはないという印象を持ちました。
換金率が高い方法はカード停止などのリスクがあるので、結局は業者を使った方が便利だと感じました。

現金化をする際に生じる手数料とは

現金化の手数料に悩む男性クレジットカード現金化をする際には、様々な手数料がかかります。
そのような手数料も踏まえた上で最終的な換金率が決まりますので、こちらで現金化にかかる手数料について見ていきましょう。

決済手数料

クレジットカード会社が商品を購入した決済を行う際に生じる手数料です。
業者のホームページなどで表示されている換金率から、決済手数料を差し引かれることもあります。
予めホームページで表示されているのは決済手数料を差し引いた換金率なのかを確認しておくようにしましょう。

配送料

購入した商品が自宅に届く際の配送料がかかります。
業者の中にはこのような配送料を負担してくれるところもありますので、少しでも換金率を高めたいと考えている方はこのような業者を選ぶようにしましょう。
配送料が自己負担の場合は、送料が安い商品を選んで購入するとよいでしょう。

振込手数料

お金を振り込む際に生じる振込手数料も、クレジットカード現金化にかかる手数料の1つです。
この手数料は一般的な銀行の手数料と同じ料金ですが、悪徳な業者の中には明らかに高い振込手数料を請求しているところもありますので、注意が必要です。

消費税

クレジットカードを現金化する際には、消費税がかかります。
100万円のものを購入して、換金率が90%の場合は90万円を手に入れることができますが、ここから消費税が引かれることを念頭に置いておきましょう。

消費税がかかって、108万円の決済金額に対して90万円を手に入れますので、実質的には換金率が90%を下回ることになります。

クレジットカードを現金化するには様々な手数料がかかることが分かりました。
業者が提示している換金率は、このような手数料を差し引いた換金率なのかどうかを確認する必要性がありそうです。

クレジットカードの現金化で損をしないために

現金化のリスクをチェックする女性クレジットカードを現金化する以外にも様々なものを現金化することができるということが分かりました。
しかし、手間や時間、換金率などを考えた時にクレジット会社を利用するのが最もメリットが大きいと感じました。
もちろん、業者によって換金率が違い、また手数料を含んだ上での換金率なのかどうかという点にも違いがあるので、本当に業者選びは重要だということを思い知らされました。
クレジットカード現金化とは、急に現金が必要になった時には大変便利ですが、換金率や手数料の確認を怠ると大損してしまうリスクがあるので、しっかりチェックした上で利用します。

クレジットカード現金化の仕組み

財布とクレジットカード通常はクレジットカードでお金を借りるにはキャッシング機能を使いますが、クレジットカード現金化はショッピング決済を使います。
仕組みとしては換金性の高い商品を購入し、それを売却して現金を受け取ります。

実際の手順としては様々なものがあり、例えば自分でクレジットカードで購入可能な商品券を購入し、それをオークションサイトなどを使って転売する方法があります。
ただし、商品券の購入をクレジットカード払いでできる店の数は少なく、また、オークションサイトなども商品券の出品を禁じていることがあります。
また、取引が成立してから入金までの時間がかかってしまうため、緊急でお金が必要な場合には適していません。

このような手間を省くために使用されるのがクレジットカード現金化を行っている業者です。
この場合も業者から商品を購入し、それを買い取るという形で現金を受け取ります。
利用する際には悪徳な業者もいるので評判を確認してから申し込みましょう。

現金化業者を利用するにはどうすれば良いか?

指を立てる男性クレジットカード現金化は業者を利用すると売買をまとめて行えるので便利です。
業者には大きく分けると実店舗があるものと、オンラインで申し込みを行うものの2種類があります。

実店舗型を利用する場合は店頭に用意されている書類に必要事項を記入します。
相手の顔が見え、お金もすぐに手に入るので安心感がありますが、店舗に入るところを他者に見られてしまうリスクがあったり、このような業者の店舗自体が少ないので比較して選ぶことができない点が不便になります。

オンライン型はインターネットで申し込めるので他者に見られてしまう不安がありませんが、お金は振り込みになるのでいつになったら振り込まれるのか確認が必要です。

他社のクレジットカードを使って現金化を行うなどの不正利用があるため、利用する際には本人確認が行われます。
運転免許証のような写真付きの身分証明書を用意しておくと良いでしょう。
初めて利用する場合には電話確認が行われることも多いです。

クレジットカード現金化に違法性はあるか?

警察官クレジットカード現金化は仕組みとしては買ったものを売っているだけなので、違法ではないとされています。
ただし、これとは別の仕組みで価値のない商品を買わせ、それに対して現金のキャッシュバックを行う方式に関しては違法としてクレジットカード現金化業者が逮捕されたことがあります。

現在はこの方式の業者はほぼいませんが、見つかったとしても利用しない方が良いでしょう。

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、クレジットカードの規約に違反していることは理解して利用しなければなりません。
もし現金化していることが見つかってしまった場合、規約違反で強制解約され、利用残高は一括返済しなければなりません。
また、強制解約は信用情報に記録が残ってしまい、今後のクレジットカードやローンの利用に悪影響が出るので注意が必要です。
業者を使わずに自分で毎月のように限度額まで商品券を買って現金化していると見つかる危険性が高くなります。

悪徳業者に騙されないようにする

お金を束ねる男性クレジットカード現金化を行う業者には悪徳業者もいるので騙されないように注意します。
一度買ってから買い取ってもらう仕組みなので、このときに高い手数料を取られてしまう危険性があります。
特に換金率が高すぎる業者がこのようなことをすることが多いので、換金率に釣られないようにしなければなりません。

クレジットカード現金化の業者を使う際には口コミなどで評判を調べ、不透明な手数料を取るなどの不正を行っていない信用できるところを慎重に選びましょう。

ただし、厳密に言えば高い換金率で不正を行わずに入金してくれる業者であっても悪徳業者であることは理解しておきましょう。
クレジットカードの規約違反を行うことを勧めているため、信用できるとは言い切れません。
現金化で問題が起きていなくても、個人情報を横流しするなど悪用されて迷惑メールやチラシの投函、クレジットカードの不正利用などのトラブルにあう可能性も考えられるので、他に方法がないときに利用するようにしましょう。