債務整理中でもクレジットカード現金化は利用できる?

クレジットカード現金化の必読マニュアル(現金化の方法・仕組み)

真夜中の自由の女神

債務整理中でもクレジットカード現金化を利用することはできるのか、詳しく解説して参ります。

債務整理中で生活費や弁護士費用にお困りの場合には、クレジットカード現金化でお金を手にしましょう。

債務整理中に借金をしてはいけない理由についても詳しく解説致します。

債務整理中は借金ができない

guilty

債務整理を行なった後や最中は、新たな借入をすることはほぼ不可能です。

債務整理を行うと、金融機関が定めるブラックリストに登録されてしまいます。

そのためお金に困ってしまった際でも、追加で借入をすることはできません。

中小の消費者金融を利用すれば、借入ができる可能性がありますが、債務整理中に借金をすることは次のようなデメリットがあります。

①信用情報が著しく低くなる

元々あった債務の返済不能になり、債務整理で返済総額を減額するにも関わらず、追加で借入をすることは、金融機関からの印象は最悪です。

借入をすると信用情報に記録されるため、後から必ず発覚してしまいます。

結果的に、信用情報が著しく低くなってしまうと考えられます。

通常金融ブラックに登録されている期間は5年~10年ですが、債務整理中に借金をすると10年以上もブラックリスト状態になってしまうでしょう。

クレジットカードが作れない、連帯保証人になることができない、各種ローンを組むことができないという状態が10年以上も続くことになります。

②免責不許可になる可能性がある

債務整理中に借入をすることは、借金の減額を認めた債権者を害する行為です。

そのため自己破産を希望しても、免責不許可事由となり、自己破産が認められない可能性があります。

自己破産が認められないと、借金を帳消しにすることができません。

【関連記事】クレジットカード現金化をすると免責不許可で自己破産ができないって本当?

③弁護士・裁判官からの信用を失う

債務整理は弁護士の方に相談をすることで、返済条件を軽くしてもらうものです。

しかしながら弁護士の方が債権者の方と交渉をしている裏で、新たな借入を行うと弁護士の方からの信用を失ってしまいます。

同様に裁判官からの心証も悪くなり、免責が認められなかったり、希望ほど返済条件が軽くならないといったことも考えられます。

債務整理を行う際には、人としての信用が何よりも重要です。

多額の債務があったとしても、自分の非を認め反省をすれば、債務整理は基本的に認められます。

しかしながら債務整理中に借金をすることは、弁護士や裁判官、債権者といった方々を裏切る行為です。

くれぐれも債務整理中に借金をするのは控えたほうがいいでしょう。

クレジットカード現金化なら債務整理中でも利用可能!?

カフェで携帯を見つめる

債務整理中に借金をすることはほぼ不可能です。

仮にできたとしてもデメリットが多いため、やめたほうがいいでしょう。

しかしながらクレジットカード現金化ならば、債務整理中でも利用することができます。

「債務整理中に生活費が苦しくなった…」

「債務整理にかかる高額な弁護士費用を用意できない…」

という場合でも、クレジットカード現金化を利用すれば借金をすることなく、お金を手にすることが可能です。

クレジットカード現金化が債務整理中でも利用できる理由

クレジットカード現金化が債務整理中でも利用できる理由は、クレジットカード現金化が借入ではないからです。

クレジットカード現金化はカードのショッピング枠を現金化するという金策です。

借入ではないため、信用情報を審査されることがなく、債務整理中であっても利用することができます。

同時に、信用情報に記録されることがないため、債務整理中にクレジットカード現金化を利用したことを、弁護士や裁判官、債権者に知られることもありません。

続いて債務整理中にお金に困った場合には、借入ではなくクレジットカード現金化を利用するメリットについて詳しく解説していきましょう。

メリット①金融ブラックでも利用できる

クレジットカード現金化は借金ではないので、信用情報を審査されることがありません。

債務整理によってブラックリストに追加されてしまった方でも、問題なくクレジットカード現金化を利用することができます。

メリット②匿名性が高い

クレジットカード現金化はカードで買い物をするだけなので、匿名性が高いという特徴があります。

そのためクレジットカード現金化を利用しても、弁護士や裁判官、債権者の方にバレることはなく、信用を失わず債務整理を進めることができます。

メリット③利用用途が自由

クレジットカード現金化で手にしたお金に利用制限はありません。

債務整理にかかる弁護士費用に充てたり、借金の返済に利用したり、生活費に使っても本人の自由です。

債務整理中にクレジットカード現金化を利用するデメリット&注意点

暗いところでパソコン作業をする

債務整理中にクレジットカード現金化を利用することには、デメリットもあります。

次に詳しく解説して参ります。

①免責不許可事由になる可能性がある

クレジットカード現金化をすると、免責不許可事由に該当するため自己破産ができなくなると言われています。

特にカード会社はクレジットカード現金化を利用規約上で禁止しています。

債権者がカード会社であった場合には、クレジットカード現金化をすると心象が悪くなるため、控えたほうがいいでしょう。

②絶対にバレてはいけない

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、一般的にはグレーゾーンなサービスです。

弁護士の方や裁判官、債権者にクレジットカード現金化をしたことがバレてしまうと、債務整理は確実に認められません。

債務整理中にクレジットカードを行う場合には、絶対にバレないように注意しましょう。

【関連記事】要注意!クレジットカード現金化がバレるのはこんな人!

③少額の利用しかできない

クレジットカード現金化はショッピング枠の空き次第で、10万円単位の高額なお金を手にすることも可能です。

しかしながら債務整理中にも関わらず、そのような高額なお金を手にすることは避けたほうがいいでしょう。

債務整理中なのに、どうしてお金があるんだと怪しまれてしまいます。

債務整理中にクレジットカード現金化を行う際には、3万円前後の少額の利用に留めておくことをお勧めします。

【関連記事】少額のクレジットカード現金化をする場合のメリット・注意点を解説

債務整理中なら優良業者の利用が必須

債務整理を行なっている最中にクレジットカード現金化を利用するのであれば、必ず優良現金化業者を利用するようにしましょう。

悪どい業者に申し込みをしてしまうと、手数料を高く取られたり、債権者にバラすなどと脅迫されてしまう可能性があります。

そのためクレジットカード現金化を検討中の場合には、必ず安全性に優れた現金化業者を選ばなければいけません。

ナンバーワンクレジット

ナンバーワンクレジット
ナンバーワンクレジットの特徴

ナンバーワンクレジットは実績と信頼性を兼ね備えた優良クレジットカード現金化業者です。ナンバーワンという名前の通り、クレジットカード現金化をするのに最適な現金化業者と自信を持ってオススメすることができます。

換金率・還元率 98.8%(最大)
現金化までのスピード 最短5分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

ギフトキャッシュ

ギフトキャッシュ
ギフトキャッシュの特徴

クレジットカード現金化サービスを行う「ギフトキャッシュ」は、「換金率」・「リピート率」・「法人利用率」の3つの項目で業界実績No. 1を達成した優良現金化業者です。数ある現金化業者のどれを選んだらいいのか迷ったときに、選んで間違いない現金化業者として知られています。

換金率・還元率 91%~99.2%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

24キャッシュ

24キャッシュ
24キャッシュの特徴

クレジットカードの現金化サービスを行う「24キャッシュ」では、その店名の通り24時間現金化サービスの申し込みを受け付けている事から由来されています。初めて現金化をご利用になるお客様に対しても親切にサポートを行う会社です。換金率や対応のスピードも良く、ご利用者の口コミでも良い評判が多いのが特徴です。

換金率・還元率 87%~98.8%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

まとめ

デスクの上の真っ白なcanvas

債務整理中に借金をすることはほぼ不可能です。

また仮にできたとしても、弁護士や裁判官の信用を失ってしまう可能性が高いため、債務整理中に借金をするのは絶対に控えたほうがいいでしょう。

一方でクレジットカード現金化は借金ではないので、債務整理中であったとしても問題なく利用することができます。

信用情報に記録されることがないため、クレジットカード現金化を利用してもバレることはありません。

債務整理中にお金に困った場合には、クレジットカード現金化をご活用ください。