クレジットカード現金化は信用情報に記録されない?ブラックでも利用できる?

2019年1月27日クレジットカード現金化の必読マニュアル(現金化の方法・仕組み)

握手して契約を結ぶビジネスマン

信用情報が悪くなると、借入の申し込みなどの審査に落ちてしまいます。

それでもクレジットカード現金化は信用情報に記録されることがなく、信用情報を審査されることもないため金融ブラックの方でも利用することができます。

本記事では、

・クレジットカード現金化が信用情報に記録されることがない理由
・信用情報が悪くなるデメリット
・信用情報を回復する方法

を詳しく解説して参ります。

信用情報とは?

信用情報とは、クレジットカード会社や消費者金融といった金融機関が利用者と契約をする際に用いる、個人の信用情報のことです。

日本では全国銀行個人信用情報センター(KSC)と株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構の3つの機関が国民の信用情報を管理しています。

各金融機関は上記3つの期間とそれぞれ提携をしており、利用申し込みがあった際には個人信用情報機関に申込者の信用情報を提供してもらい、審査に活用しています。

クレジットカード現金化を利用しても信用情報には記録されない

信用情報を記録するモニター

結論から言えば、クレジットカード現金化を利用しても信用情報に記録されることはありません。

その理由は、クレジットカード現金化が借金ではないからです。

クレジットカード現金化は借金ではなく、購入した商品を転売したり、商品を購入した際のキャッシュバック代金を手にする方法です。

借入ではなく、あくまでショッピングであるため、利用しても信用情報に記録されることはありません。

金融ブラックや信用情報が悪い方でもクレジットカード現金化は利用可能

クレジットカード現金化は信用情報に記録されることがないと同時に、利用の際に信用情報を調査されることもありません。

そのためクレジットカード現金化は、主に以下のような方々にも利用されています。

・金融ブラックで借金ができない方
・住宅ローンの申し込み中で、信用情報を低くしたくない方
・借金をしたくない方
・無職など、信用情報が悪い方

信用情報が悪くなるデメリット

財布の中のクレジットカード

キャッシングなどの借金、クレジットカードの支払いを滞納してしまうと信用情報が悪くなってしまいます。

信用情報に傷がつき悪い記録が残ってしまうと、どのようなデメリットがあるのかを見て行きましょう。

①クレジットカードが作れない

普段何げなく使っているクレジットカードですが、クレジットカードは本質的には借金です。

クレジットカードで払ったお金は、カード会社が一時的に立て替えています。

カード利用代金は後日、カード会社に返済をしなければいけません。

そのため信用情報が悪いと、クレジットカード会社に作成を申し込んでも断られてしまいます。

クレジットカードが作れないと、高い買い物をするときやお金がないときに不便です。

またクレジットカードを持っていればお金に困ったときにキャッシングを利用することができますが、そのキャッシングも利用できなくなってしまいます。

②ローンが組めなくなる

住宅や車を購入する際には、買い物をするときはローンを組むのが一般的です。

当然ながらローンは借金であり、利用の際には審査があります。

そのため信用情報が悪いとローンを組むことができません。

③家が借りられない

住宅を借りる際にも、家賃の支払いができるかどうか、信用情報が審査されます。

信用情報が低いと、家賃を滞納する恐れがあるとして、契約を拒否されてしまいます。

提携先の企業も利用できなくなる

各金融機関は認知度を高め、質の良いサービスを提供するために、様々な企業と提携をしています。

例えば三井住友カードは航空会社のANAと、みずほ銀行は生命保険会社のアフラックとそれぞれ提携をしています。

もしも信用情報が低いと、金融機関が提携している企業のサービスも利用できなくなってしまうことが考えられます。

信用情報を回復させるには?

考える女性

カード会社は信用情報が悪いカード利用者のことを「クレジットカード現金化予備軍」として、チェックしています。

そのため信用情報が悪いと、カード会社に目をつけられ、クレジットカード現金化がバレてしまう可能性が高くなります。

そこでクレジットカード現金化をする際には、信用情報は回復し、カード会社から目をつけられないようにしましょう。

次に信用情報を回復する方法をご紹介していきます。

①ローン契約や不要なクレジットカードなどを解約する

ローン契約やクレジットカードを契約しており、毎月きちんと返済ができていないと信用情報はさらに悪化してしまいます。

また収入が少ないのにローン契約をしていたり、クレジットカードを利用すると返済不能になる可能性が高くなるので、信用情報が低くなってしまう原因となってしまいます。

そのような事態を防ぎ傷口を広げないためにも、不要なクレジットカードやローンを全て解約してしまうことをオススメします。

またクレジットカードに設定してあるキャッシング枠も、ゼロにしてしまいましょう。

そうすれば信用情報がプラスになることが期待できます。

特にローン利用者の中には、完済をしているのに解約していないせいで、他の審査が通らないというケースも考えられます。

「ローン契約をしていると少しだけ…とついつい借りてしまう」

という方は借金を断ち切るためにも、不要な契約は解約してしまいましょう!

②定期的な収入を得る

金融機関は申込者に返済能力があるかどうかを、最重要視しており、信用情報の評価に最も直結する部分です。

そのため定期的な安定した収入を得ることができれば、信用情報を回復させることができます。

あくまでも定期的な収入であり、収入の金額は関係ありません。

まずはアルバイトでも何でも構わないので、定期的に収入を得られるよう心がけましょう。

③返済延滞があれば、完済する

どんなに収入があったとしても、返済ができていない借金や返済延滞をしてしまっているローンがあると、信用情報は著しく下がってしまいます。

例え滞納してしまっていたとしても、完済をすれば信用情報を回復することができます。

まとめ

信用情報が悪くなってしまうと、クレジットカードが作れない、ローンが組めないなど日常生活に大きな支障を及ぼしてしまいます。

しかしながらクレジットカード現金化は、借金ではないので信用情報に記録されることがありません。

またクレジットカード現金化を利用する際には信用情報を審査されることもないため、金融ブラックの方や信用情報を傷つけたくない方でも安心して利用することができます。

お金が必要だけど借金ができない、したくない…

という場合には、クレジットカード現金化を利用しましょう。

ナンバーワンクレジット

ナンバーワンクレジット
ナンバーワンクレジットの特徴

ナンバーワンクレジットは実績と信頼性を兼ね備えた優良クレジットカード現金化業者です。ナンバーワンという名前の通り、クレジットカード現金化をするのに最適な現金化業者と自信を持ってオススメすることができます。

換金率・還元率 98.8%(最大)
現金化までのスピード 最短5分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

ギフトキャッシュ

ギフトキャッシュ
ギフトキャッシュの特徴

クレジットカード現金化サービスを行う「ギフトキャッシュ」は、「換金率」・「リピート率」・「法人利用率」の3つの項目で業界実績No. 1を達成した優良現金化業者です。数ある現金化業者のどれを選んだらいいのか迷ったときに、選んで間違いない現金化業者として知られています。

換金率・還元率 91%~99.2%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

24キャッシュ

24キャッシュ
24キャッシュの特徴

クレジットカードの現金化サービスを行う「24キャッシュ」では、その店名の通り24時間現金化サービスの申し込みを受け付けている事から由来されています。初めて現金化をご利用になるお客様に対しても親切にサポートを行う会社です。換金率や対応のスピードも良く、ご利用者の口コミでも良い評判が多いのが特徴です。

換金率・還元率 87%~98.8%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休