複数の金融機関から借入して返済日が迫っている、このような状況に立たされてしまうと夜も不安で眠れず、どうやって返済するか悩んでしまいます。ですが、ここで朗報です!クレジットカードを現金化すれば、早急に現金を確保することができるんです!

債務整理中でもクレジットカード現金化を利用することはできるのか、詳しく解説して参ります。 債務整理中 ...

クレジットカード現金化はショッピング枠の空き状況(与信枠)次第で、高額なお金を手にすることができます ...

一昔前は繁華街を歩くとよく見かけた「カードでお金」の看板。 現在でも自販機や電柱などにシールとして貼 ...

クレジットカード現金化を利用する際に換金率を金利に換算して考える必要があります。実は現金化の手数料は ...

クレジットカード現金化の支払い方法は利用者自身が選択することができます。分割払いや一括払いなど、それ ...

クレジットカード現金化とは、クレジットカードの「カード本体」を換金する訳ではありません。クレジットカ ...

クレジットカードのショッピング枠現金化はクレジットカードさえ持っていれば、金融ブラックの方でも専業主 ...

信用情報が悪くなると、借入の申し込みなどの審査に落ちてしまいます。 それでもクレジットカード現金化は ...

クレジットカード現金化は申し込みから即日で、お金を手にすることができます。 そのため急な支出が迫って ...

「深夜に急にお金が必要になった!」という経験をしたことはありませんか? 急な出費というのは時と場所を ...

来店不要でクレジットカード現金化ができる現金化業者の仕組みやメリットを詳しく解説して参ります。 来店 ...

「クレジットカード現金化でお金が欲しいけど、カードを持っていない…」 「今すぐにクレジットカード現金 ...

クレジットカード現金化を利用する前に知っておこう!

お金とOKサイン
複数の金融機関から借入して返済日が迫っている、このような状況に立たされてしまうと夜も不安で眠れず、どうやって返済するか悩んでしまいます。ですが、ここで朗報です!クレジットカードを現金化すれば、早急に現金を確保することができるんです!「今月の返済日がすぐそこまで迫っている……、もうこれ以上借りれそうにもない……。」どうすれば返済日を乗り切れるか、どうにか良い方法はないものかと模索していると、「クレジットカード現金化」に辿り着きました。

何それ?クレジットカードなのに現金化?

借入やローンを組んでいる方なら、少なからずこんな言葉を聞いた事はあるんじゃないでしょうか?
「クレジットカード現金化」いっけん真逆な組み合わせに感じる言葉同志ですよね。気になったので調べてみたら、掲示板でも質問している方がいました。

クレジットカードを現金化って最近よく目にしますが、カードを業者に売るってことですか?
出典元:Yahoo!知恵袋 kfaijfiafaseさん
参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11155721786

クレジットカード現金化では、手続きをするにあたって審査が無いと聞いたんですが何か必要な物ってあるんでしょうか?
出典元:Yahoo!知恵袋 bdfvdfbrdtさん
参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14166667024

少し調べただけで、同じような質問がいくつか見られました。みんなクレジットカード現金化に興味があるみたいだけど、交わされている内容ではうまく理解できなかったので、自分で調べることにしました。何事も正しい知識を得ることから始まりますし、クレジットカードや現金化って複雑そうだからこそ自分で理解すると使いこなせそうですよね!

最近よく耳にする「クレジットカード現金化」とは?

クレジットカード現金化とは

簡単に説明すると、クレジットカード現金化=クレジットカードの機能「ショッピング枠」を利用するシステム、となります。
①依頼者は専門業者から、クレジットカードのショッピング枠を利用して物品を購入。
②購入した物品を、同じ専門業者に即転売することで現金を得ることができる。
③クレジットカードを使用分は後日返済となるが、物品を転売したことでキャッシングなしで現金化に成功。

調べてみると、案外簡単な仕組みになっていました。今所持しているクレジットカードは何枚かある……、これなら今からでもクレジットカード現金化できそう!さらに詳しく調べてみると、クレジットカード現金化は自分で行なうパターンと専門業者に依頼するパターンがあるらしい。どっちが良いか迷ったので、双方のメリットやデメリットを比較してみました。

クレジットカード現金化には2つの方法がある!

比べる女性すぐに現金が欲しいけど、面倒な契約や時間がかかるのは避けたい。これって、返済に追われている人なら同じ心境だと思います。そこで、クレジットカード現金化の方法を2つに分けて比較してみました。どっちがより現金化に優れているのか、これを見れば一目瞭然になります!

【自分で行なうクレジットカード現金化】

【メリット】

・専門業者の仲介がないので手数料の発生がない。
・購入する物品を自分自身で選べる自由さ。
・上記の2点が合致した場合に換金率が高くなることがある。

【デメリット】

・物品の査定に時間と手間がかかる。
・購入した物品が高価でも人気が無いと買取すら行なわれない。
・換金率の保証がないので期待したより現金化できない。
・極端なクレジットカードの使い方で利用停止のリスクが高まる。

【業者に依頼してクレジットカード現金化】

【メリット】

・PCやスマホがあればすぐにクレジットカード現金化の申し込みが可能。
・ネットバンクの利用で直接のやり取りや店舗へ出向く必要がない。
・還元率を比較しながら専門業者が選べる。
・還元率が最初から明確に設定されており変動もない。
・キャッシングよりも審査が簡単なので即日現金化も可能。
・身分証があれば学生や主婦でもクレジットカード現金化が行なえる。

【デメリット】

・還元率は安定しているものの80%のラインが一般的。
・手数料や利息が付いてくる。
・クレジットカードを持っていない人はそもそも利用できない。

双方のパターンでクレジットカード現金化を行なってみた場合、それぞれにデメリットは生じてしまうようです。しかし、よく比較してみると、自分で現金化するパターンは時間がかかりそうですね……。それに、物品を買取業者に持ち込んだあげく、期待より還元率が低いとなるとクレジットカード現金化を利用した意味がなくなってしまいます。

一方、専門業者にクレジットカード現金化を依頼すると、手数料や金利は発生するものの、即現金化への対応が可能です。学生や主婦にとってはありがたいシステムですし、今日明日までに現金を確保したい!そんな方からすると専門業者を利用した方がメリットはあると言えますね。

何故クレジットカードで現金化が可能になるのか?

一万円札とクレジットカードクレジットカード現金化の方法や、仕組みについて理解ができたものの、クレジットカードを使って現金を生み出す行為はなんだか緊張しそうです。何かペナルティが発生しないか?同じ気持ちで現金化に踏み込めない方もいるでしょう。そこで、クレジットカードで現金化が可能になるのか、色々な観点から探ってみたいと思います。

総量規制とクレジットカード現金化の関係

賃金業法には総量規制という法律があり、個人が借入を行なう際は対象となります。一部を除いて個人の借入は原則的に、年収の1/3までと規制されています。

(例) 150万円(年収) ÷ 3(総量規制) = 50万円(借入可能額) このような図式になります。

金融会社1社からの借入額が50万、その他にも複数の借入があり合計で100万円以上になると、総量規制の対象になると判断され、新たな借入に対する審査が厳しくなり収入証明書が必要になってきます。しかし、この図式はあくまでキャッシング枠を使用した場合の総量規制です。従って、ショッピング枠の利用はこの規制にかからないことになります。

貸金業法とクレジットカード現金化の関係

何故ショッピング枠の利用は総量規制の対象にならないのか?同じクレジットカードを使うのにと不思議に思いますが、カード機能の違いで適用される法律に違いがあります。

(キャッシング枠)

→ 貸金業法の対象

(ショッピング枠)

→ 割賦販売法の対象

上記のように、ショッピング枠は賃金業法の対象でなく、割賦販売法の対象となるため現金化が可能になるんです。割賦販売法については、クレジット会社を通して分割して物品購入代金を支払う、いわば取引方法のことを言います。法律の違いがあるから、クレジットカード現金化が行なえるとは、何とも便利な仕組みです。クレジットカードには必ずショッピング枠が付いていますから、新たにキャッシングする必要もありません。

クレジットカードの現金化に関する法律

金融取引に関する法律は様々ありますが、クレジットカード現金化に関して言えば、今のところ法律が制定されてはいません。しかし、法律とカード会社の規約は別と理解して、正しい利用方法や専門業者選びを行ないましょう。個人でのクレジットカード現金化は、カード利用停止のリスクを伴いますが、専門業者ならそのリスクを回避するシステムが構築されています。

現金化に違いあり~店舗利用orネット利用~

ATM

「クレジットカードがあるし今から現金化しに行こう!」と思った方は少し待ってください。どうやら現金化の方法は大きく分けて、店舗型とネット型の2つに分かれるようです。確かに店舗へ出向いて現金化してもらうのが無難そうですが、PCやスマホなどネットの利用なら対面せずに済むから時短ができる。どっちが便利なのかまたもや比較してみることにしました。

店舗利用の現金化

【特徴】
店舗で行なわれている現金化のシステムは、「商品買い取り型」であることが多いでしょう。この場合は、店舗にて現金化の申し込みを行ない、クレジットカードを利用して何らかの物品を購入します。この物品は業者の指定になるので、ブランド品や新幹線の回数券などになります。その物品をその場で買い取ってもらうことで現金化が行なわれます。

利用特典その1

現金化するまでのタイムラグがない → 即日現金化が可能になる!

利用特典その2

店舗で直にやり取りが行なえる → 換金の確認が目で確かめられる!

ネット利用の現金化

【特徴】
スマホやPCなど、ネットを活用して行なう現金化のシステムは「キャッシュバック型」が多いでしょう。ネットで現金化に対応してくれる、専門業者の実に9割がこのシステムを採用しています。物品購入でクレジットカードを使用すると、その特典にキャッシュバックを行なうといった流れになっています。

利用特典その1

現金化の申請、振り込みまでネットで完了 → 土日祝日でも24時間対応!

利用特典その2

還元率が店舗型より高い → 現金化して得る金額が増える!

現金化する前の還元率チェックは大事!

現金化のシステムには2つの方法がある事が分かりましたが、どちらにも利点があるのでライフスタイルに合わせて選べば便利だという印象です。双方を比較していく中で、上記以外のある点に気が付いてしまいました。そう、それは「還元率」の違いだったんです!例えば、商品買い取り型を利用した時の還元率は80%ラインのところ、キャッシュバック型なら95%ラインを掲げているサイトもあります。

商品買い取り型

100万円の物品購入 → 還元率80%→80万円振り込み

キャッシュバック型

100万円の物品購入 → 還元率95%→95万円振り込み

上記のように数字で表すと、差額が15万円も生まれることになります。15万円……、せっかくクレジットカードの現金化をするなら、少しでも多くの現金が欲しいのでこの差額はスルーできませんね。とは言え、利用者にとってはどちらのシステムも便利だと確認できました。

クレジットカード現金化はどんな人に向いているのか?

手を上げる人形ここまで色々と、クレジットカード現金化について調べてきましたが、便利と言っても借入という点では、キャッシングとは変わらないので計画的に利用していきたいものです。どんな人ならクレジットカード現金化でメリットが得られるのか、調べた結果を元にオリジナルのチェック項目を作ってみました!現金化を迷っている方は参考にしてみてください。

いくつ当てはまる?クレジットカード現金化チェック

①複数の金融機関から借入中で返済の目処が立たない。
②急な出費で困っているが手持ちのお金が不足している。
③信用情報機関の査定に影響されずにお金を借りたい。
④借入までの審査を簡単に行ないたい。
⑤これ以上金融機関での借入が難しい状況である。
⑥専業主婦、または学生なので金融機関からの借入が難しい。
⑦銀行の融資申請にもれてしまった経営者。

この7つの項目の1つでも当てはまれば、クレジットカード現金化に向いている人だと思われます。例えば、学生や専業主婦の方でもクレジットカードは所有できますから、銀行や消費者金融を利用するより簡単に現金が確保できます。それにクレジットカードの現金化は、信用情報機関の履歴に残らないので、信用度に変更がありません。もしも現金化を希望するなら、ショッピング枠の残高を今すぐチェックしてみましょう!

クレジットカード現金化につけこむ悪徳業者

悪徳業者のイラスト現金化を依頼する専門業者を探していると、「悪徳業者に注意!」という言葉を目にしました。悪徳業者とは考えもしませんでしたが、実際被害に合っている方もいるようです。クレジットカード現金化で返済の目途が立ちそうだったのに……、なんとも面倒な存在の悪徳業者ですが、利用を検討する以上はどんな手口で騙しているのか理解しておきたいと思います。

業者選びミスでトラブル発生!?

【ケース1 女性 会社員 25歳】

スピード審査という言葉につられて、クレジットカード現金化を依頼して決済したのに連絡が無くて、再度折り返しても繋がらず、そこで騙されたと気づきました。

【ケース2 男性 学生 23歳】

広告で見かけたクレジットカード現金化に申し込もうとしました。だけど、電話口の対応が悪くて契約を断ったら、それ以降から大量の迷惑DMが来るようになり、メアドを変えるはめになりました。

【ケース3 男性 自営業 45歳】

とにかく少しでも早く現金を得たいという気持ちから、還元率95%をうたっている専門業者にクレジットカード現金化を依頼しました。しかし、手数料など引かれて結果的に70%でした。

「悪徳業者め!!」と被害者でもないのに口に出てしまいました。騙す手口には色々なケースがあり、広告に記載されている条件が必ずしも守られるわけではないようです。ですが、少し考えると分かるように悪徳業者と呼ばれる業者はごく一部です。そうでない限り、世の中にこれ程クレジットカード現金化が広まるでしょうか?それに、このサイトで紹介している情報を活用すれば、どの業者が優良かどうか判断がつきます。つまり、業者選びさえ慎重に行えれば、クレジットカード現金化は便利で頼りになるシステムなのです!

スムーズにクレジットカード現金化するには?

走る男性いざ現金化を行なおうと考えた時、できるだけ速やかに申請や借入を行ないたいと考える方は多いでしょう。そのような方のために、知っておくと役立つであろう情報をいくつか紹介してみたいと思います!

お金を借りた履歴をチェックしてみる!

通常、キャッシングやローンを組む際は審査が必要になってきます。勤務先や月々の収入等、それらの情報を元に借入限度額が決められます。さらに、借入を行なった履歴は信用情報機関に登録されます。この履歴が残ることで新規の借入が左右されます。しかし、ここまで説明してきた内容はあくまで「キャッシング枠での借入」についてです。

一方、ショッピング枠を利用するクレジットカードの現金化は履歴が残りません!ショッピング枠の利用は物品購入を目的とした借入枠なので、総量規制にかからないと以前お話しました。つまり、使用履歴が残らない以上は信用情報機関に登録されている金融情報に影響がないと言うことになります。この仕組みを知った時、心の中で「ヤッター!!」と叫んだ事は秘密ですが、同じような気持ちになる方も多いことかと思います。

ショッピング枠の設定金額をしてみる!

自分のクレジットカードのショッピング枠がいくらか覚えていますか?
キャッシング枠だけ利用している方は、ショッピング枠の設定金額を忘れていることもあるでしょうから、今一度確認してみましょう。ショッピング枠にも勿論上限があるので、現金化を行なうのはその範囲内という事になります。

ここで更に確認してもらいたい事は、「利用限度額」です。これは、カード全体の借入上限額を示しています。これはキャッシング枠とショッピング枠の合算となり、以下のような図式となります。

(例) カード利用限度額50万円 = キャッシング枠30万円 + ショッピング枠20万円

上記のような状態なら、クレジットカードの現金化が行なえる額は20万円となります。ですが、既にショッピング枠を利用していた場合は、この額よりも減額されているでしょうから、借入残高の確認が必要なんです。ショッピング枠の借入残高を忘れてしまった時は、使用しているクレジットカード会社に問い合わせてみましょう。例えば、三井住友カード株式会社では、会員用の問い合わせページで確認できるシステムになっていました。

「カードご利用代金WEB明細書サービス」とは、お支払い金額の確定後に郵送している紙の「ご利用代金明細書」のかわりに、「請求額確定通知メール」を配信し、ご利用明細を弊社ホームページでご覧いただく登録制のサービスです。

出典元:三井住友カード株式会社 「カードご利用代金WEB明細書サービス」とは何ですか?
参考URL:https://qa.smbc-card.com/mem/detail?site=4H4A00IO&id=72&search=true

最近では、スマホやPCから会員情報をチェックできるようです。大手のカード会社なら大抵はホームページを開設していますから、調べるのにそう時間はかかりません。今すぐチェックしてみましょう!

いざクレジットカードの現金化!

カードを差し出すサラリーマン

ショッピング枠の残高が残っていた、それならクレジットカードの現金化は問題なく行なえるでしょう。あとは現金化の申請のために準備するものを揃えておきましょう。準備と言うと大変そうですが、ほとんど確認作業的な内容なので、早ければ5分~10分で準備完了です。では、準備に取り掛かりましょう!

現金化に必要なものを準備しよう!

【クレジットカード】

説明するまでもありませんが、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化を行なうので、勿論クレジットカードは必要ですよね。これも当たり前ですが、自分名義のクレジットカードを用意しましょう。ここで間違っても「家族名義のクレジットカードで現金化しよう!」などと思ってはいけません。ショッピング枠の利用自体は当然履歴として残るので、明細を確認されたらアウトです、鬼嫁をお持ちの恐妻家の方は特にご注意ください。

【身分証明書】

クレジットカードと同様、自分の身分証明書を用意しましょう。可能な限り、自分の写真付きの身分証明書を用意してください。パスポートや運転免許証が良いのですが、写真付きの住民票で対応してくれる専門業者もいます。クレジットカードと合わせて本人かどうか確認できれば申請は90%通ったも同然です。

【銀行口座】

これも当然ながらクレジットカードの現金化には必要です。申請が進み決済を行なった後は、専門業者からの振り込みが行なわれるので、そのために用意しておきましょう。銀行口座なら普通銀行でも構いませんが、少しでも早く現金を確保したいなら、ネットバンクを利用した方がスピーディーに振り込まれます。土日も24時間利用できるので非常に便利です。

現金化までのステップ

上記の準備が整ったら、後は現金化の申請を行なうだけです。大まかではありますが、一通り流れを把握しておきましょう。

ホームページから申し込む
現金化を依頼する専門業者のサイトにアクセス。そして「お申し込み」なるボタンをクリック。すると、専用フォームが現れて必要事項の記入が行なえるようになっています。記入する内容は、クレジットカードの有無から専門業者の利用回数、名前などの個人情報など10分もあれば記入できます。

本人確認
上記のフォームの記入が完了すると、メールが送信されて担当者から折り返し連絡がきます。本人確認のために申し込み内容の確認が行なわれます。この時、カードの不正使用防止の為に身分証明書やクレジットカードの写真の提示を求められることがあります。

③商品購入と決済
本人であることが確認できた後は、商品購入を行ない決済となります。商品については、希望借入金額にあった内容の商品を提示されるので、それに従い手続きを進めていきましょう。この流れが完了するとオンライン決済も完了となり、あとは専門業者からの連絡を待ちます。

④専門業者からの振り込み
専門業者がオンライン決済を確認すると、指定口座に振り込みが行なわれます。振り込みまでにかかる時間は銀行の営業時間で左右されますが、ネットバンクなら即日振込が可能です。最短であれば5分~10分で現金を確保することができます。

⑤商品受け取り
申請の流れ上ネットショッピングを行なっているので、後日購入した商品が郵送されてきます。それを再度専門業者に送ることで手続きが完了です。この一連の流れは非常にスムーズに行なわれますが、気になることがあった場合は、専門業者に問い合わせましょう。例えば、専門業者キャッシュラインなら電話が苦手な方のために、コミュニケーションアプリのLINE(ライン)で簡単問い合わせができるようになっています。

LINEでcash lineを友達登録していただければ、よりお気軽にお問い合わせが可能です! 電話が苦手・・という方や少しでも手間を省きたい方にオススメ!„
出典元:キャッシュライン
参考URL:http://www.cash-line.jp/?code=1640

この他にも、無料相談ダイヤルやメールでも対応してくれます。自分が問い合わせしやすい方法を選ぶとやり取りが気軽に行なえますね。

個人情報の公開は慎重に!

現金化までの流れを一通り説明してきましたが、申し込みの手順や提示書類は専門業者によって異なります。個人情報の扱いについては、自己責任の元慎重に行ないましょう。また、契約後の詳細は忘れないようにメモで残したり、メールを保存するなど情報管理をしっかりと行なっておくことが大事です。

クレジットカードの使い分け?現金化のテクニック

クレジットカードクレジットカードの現金化が完了して、「ほっ。」としていませんか?実は知っておいた方が良い情報があるんです。この情報は、「再度現金化を利用したい時のルール」として覚えておくと役立ちます!返済のやりくりが大変で、2度目の現金化の申請がないとも限りません。一通り目を通しておくことをオススメします。

メイン役とサブ役のクレジットカードに分ける

クレジットカードには、様々な機能や特典が設けられています。1人で数枚所持しているという事も珍しいことではありません。だからこそ、必要に応じて使い分けることが大事なのです。

銀行系クレジットカード (例 三井住友カード)

キャッシングとクレジットが1枚で行なえます。手数料が割安で、ローンを組む際は通常よりも低金利となります。大手ならステイタスにも繋がるカードと言えるでしょう。ポイント還元率は低いものの、持っておいて損はないカードです。
(オススメ用途)ATMから時間外の引き落とし 住宅ローンの申請

信販系クレジットカード (例 楽天カード)

普段目にするクレジットカードの中でも、所持している方が多いのが信販系クレジットカードでしょう。即日発行で審査も比較的スピーディーです。提携企業も多く、何よりもポイント還元率が高いのが特徴です。しかし手数料は他よりも高くなります。
(オススメ用途) 一定額以上の買い物

流通系クレジットカード (例 イオンカード)

大手百貨店から発行されているのが、流通系クレジットカードになります。決まった場所で買い物する習慣がある方なら、日常使いに向いています。優待特典も付き、割引価格での買い物は勿論バーゲンの際は半額オフになることもあります。発行が簡単な一方、ステイタスは低く作り過ぎてしまうと管理が大変です。
(オススメ用途)日常品の買い物 特定店舗の使用時

メーカー系クレジットカード (例 JALカード)

石油会社や航空会社から発行されているカードです。給油や旅行などで使用すると、その分ポイントを貯めて利用できるので仕事で移動が多い方にはオススメです。ただ、上記以外で使用するメリットが少ないのでサブ的なクレジットカードとなります。
(オススメ用途)ガソリン給油 旅行券購入

このように通常のクレジットカードだけでも種類が豊富ですが、これに加えて「家族カード」や「法人カード」「バーチャルカード」など様々な形態のクレジットカードがあります。目的や用途に合わせてクレジットカードを選べば、ポイント還元や特典を活用してお得な利用ができます。

【家族カード】

家族カードは家族会員カード、ファミリーカードとも呼ばれ、クレジットカード契約者である本人会員の家族に対して発行できるカードです。例えば、収入のない専業主婦や学生では発行が難しい場合でも、契約者の信用によって追加カードとして発行できます。
出典元:おすすめクレジットカードを知る 家族カードのメリット・デメリット
参考URL:http://www.woshiru.com/creditcard/mokuteki/kazoku.html

一言コメント パートナー、もしくはお子さんがいる方であればサブ的なクレジットカードとして活用でそうでうね!

【法人カード】

ビジネスユースにも安心してご利用いただけるよう、一般の「セゾンカード」よりもご利用可能枠を大きく設定させていただきます。ビジネスのさまざまなジャンルで、また仕入れなどの高額決済にも、幅広くご活用いただけます。
出典元:セゾンカード 法人・加盟店のお客様
参考URL:http://www.saisoncard.co.jp/amextop/sbs-cs/

一言コメント 自営業の方は絶対1枚は持っておきましょう!経費の管理がスムーズになります。

【バーチャルカード】

バーチャルカードの特徴ご利用枠は10万円と低額です。悪用補償サービスで安心です。ワールドプレゼントのポイントが貯まります。

出典元:三井住友VISAカード バーチャルカード
参考URL:http://www.smbc-card.com/mem/addcard/virtual_top.jsp

一言コメント 低額設定だから使いすぎの心配もないですね!ネット活用の頻度が高い方にオススメですね!

 

優良業者を見極めてうまく現金化しよう!

握手する絵クレジットカード現金化まとめ

これまでクレジットカードの現金化とは何か、どのように利用すれば良いかなど調べてきました。現金確保はキャッシングのみだと思っていましたが、まさかショッピング枠を利用するなんて……。便利な仕組みがあって助かりました。しかしながら、キャッシング同様お金を借りた以上は返すのが世の摂理。計画的に利用して生活に役立てましょう!

クレジットカード現金化おさらい

①現金化はクレジットカードを所持、ショッピング枠の残高があれば現金化は可能!
②自分で行なうよりも専門業者に依頼した方が還元率が安定している!
③商品買い取り型とキャッシュバック型の2つの現金化がある!
④業者選びが最も肝心!信用できるかしっかりと確認してから利用する!