考え込む女性

JCBカードは現金化に不向きである、現金化できないと言われることがありますが、本当なのでしょうか?その理由や実際にJCBカードを現金化する際の注意点などを詳しく解説していきます。

JCBカードは現金化に不向き?できない?

パソコンの前で頭を掻く少女

クレジットカード現金化はお金がないとき、急にお金が必要となってしまった場合に、簡単にお金を手にすることができる大助かりなサービスです。
しかしながら、クレジットカード現金化について調べていると、「JCBカードは現金化できない・業者に断られる」「JCBを現金化すると、手数料を多く取られる」といった情報をよく目にします。

クレジットカードの種類にはVISAやMasterカード、Diners、AmericanExpressなど多数ありますが、JCBカードしか持っていないという方も多いでしょう。

もしもJCBカードが現金化できない、ということが事実であれば大変な問題です。

果たして実際はどうなのでしょうか?

JCBカードでも現金化はできる!

結論から言ってしまえば、JCBカードでも他のカード同様に、クレジットカードの現金化をすることは可能です。

しかしながら、「JCBカードが現金化しづらい」「JCBカードが現金化できない場合がある」というのは残念ながら事実です。

それはなぜか、次にその理由について説明していきたいと思います。

JCBカードが現金化しづらい理由

パソコンの前で頭をかかえる人

JCBカードが現金化しづらいと言われる理由として、「決済代行会社の存在」と「JCBが不正に厳しい」という2つが考えられます。

順番に見ていきましょう。

決済代行会社の存在

キャッシュバック方式でクレジットカード現金化を行う場合、現金化業者は利用者が商品を購入するために、自身のECサイト(eコマース、電子商取引)を作ることがあります。

キャッシュバック方式とは、利用者が業者に指定された商品を購入すると、キャッシュバックとしてお金が振り込まれるという現金化の方法です。

当然商品の代金の支払いにはクレジットカードが使われるのですが、クレジットカードで決済をするには決済代行会社を利用する必要があります。
決済代行会社とは、加盟店(ここでは現金化業者)とカード会社の仲介となり、カード会社の代わりにクレジットカード決済を行う会社のことです。

現金化業者の場合、法的にグレーなサービスを行なっているため、JCBカードの決済を可能にしてくれる決済代行会社と契約することができません。
また決済代行会社は現金化が疑われる決済を常にチェックしており、カード会社に怪しい決済を報告しています。

そのため現金化業者の多くは海外の決済代行会社と契約したり、海外経由でクレジットカードの決済を行う決済代行会社を利用しています。
したがって、VISAやMasterCard、Dinersなどは現金化することができるようになるのですが、JCBカードは日本のカード会社のため海外の決済代行会社だと決済ができないことがあります。

現金化業者にJCBカードの現金化を断られてしまうのは、これが理由です。

JCBは不正に厳しい!

JCBカードはクレジットカードの不正利用に厳しく、独自にカード不正使用検知システムを設けるなど、利用者の不正利用を徹底して見張っています。

カード不正使用検知システムとは、顧客の商品購入履歴や利用した場所、時間帯、決済金額などのデータをまとめているもので、利用者のカード利用のパターンをある程度推定しています。

もしも通常と異なる決済があると、直ちに検知システムに引っかかりクレジットカード利用を止められてしまいます。

 10.会員は、現金を取得することを目的として商品・権利の購入または役務の提供などにカードのショッピング枠(第19条第3項に定めるものをいう。)を利用すること(以下「ショッピング枠現金化」という。)はできません。なお、ショッピング枠現金化には以下の方式等がありますが、現金を取得することを目的とするショッピング利用である限り、方式のいかんにかかわらず、禁止の対象となります。 (1)商品・権利の購入、役務の提供の対価として、合理的な金額以上の対価を、カードを利用して支払い、加盟店等から現金または現金に類似するものの交付を受ける方式 (2)商品・権利等を購入し、その対価を、カードを利用して支払ったうえで、当該商品・権利等を当該商品・権利等を購入した加盟店その他の第三者に有償で譲渡する方式

JCBカードは当然ながら、クレジットカード現金化についても厳しい姿勢を見せており、もしもJCBカードで現金化が発覚してしまうとすぐに利用停止になり、二度とJCBカードを持つことはできなくなってしまうどころか、他のクレジットカードも利用できなくなってしまう可能性があります。

このようにJCBは現金化について厳しいため、現金化業者もJCBカードの現金化をしたがらなかったり、リスクの分手数料を多く取ることがあるのです。

JCBカードで現金化をする際の注意点!

宙を指差す男性

JCBカードでクレジットカード現金化を行うのが、なぜ不向きと言われるのかお分かりいただけたかと思います。

それでも「JCBカードしか持っていない」、「JCBカード以外のクレジットカードはショッピング枠が一杯!」という場合もあり、JCBカードで現金化をせざるを得ないこともあるでしょう。

その際の注意点として、「現金化が疑われる商品を購入しない」、「クレヒスをよくする」といったことが挙げられます。

現金化が疑われる商品とは例えば新幹線の回数券であったり、換金性の高いブランド品などがあります。
これらの商品を普段購入しない人がクレジットカードで購入してしまうと、現金化を真っ先に疑われてしまうこととなります。

クレヒスをよくするには、当たり前ですがクレジットカードの返済は必ず期日以内に行うようにしましょう。
地味かもしれませんが、クレヒスをよくする方法の一番の近道はカード返済をきちんと行うことです。

またカードローンを利用している状態で高額なショッピング枠の利用も現金化を疑われてしまうことになるため、控えたほうがいいでしょう。

いつJCBでクレジットカードの現金化を行わざるを得ない時が来るかはわかりませんし、上記の注意事項は日頃から心がけるようにしてください。

不安な方は現金化業者に任せよう!

メニューを見せる執事

先ほど現金化業者によってはJCBカードを現金化することはできないと話しましたが、業者によってはJCBカードでも現金化をすることができる場合があります。
現金化業者に中には日本の会社でJCBカードを決済できる決済代行会社と提携している業者も存在します。

そういった現金化業者は決済代行会社の信頼を得ているため、優良業者である場合が多いです。

またキャッシュバック方式と並ぶ、現金化のもう1つの方法である商品買取方式を用いている業者ならばJCBカードでも問題なく現金化を行うことができます。
商品買取方式とは、現金化業者が指定した商品を利用者が購入し、反対に業者が利用者からその商品を購入するという現金化の方法です。
商品買取方式に使われる商品は他店の商品でもいいため、現金化業者はECサイトを用意して決済代行会社と契約をする必要がありません。
そのためJCBカードでも現金化を行うことができます。

しかしながら、前述の通りJCBはカードの不正利用に厳しく、JCBカードを現金化することは現金化業者にもリスクが伴います。
そのためJCBカードを業者を利用して現金化する際には、通常よりも少し手数料がうわ増しされてしまうことがあるかもしれません。

とはいえ一番最悪なのは、現金化がカード会社に発覚してしまうことです。
そのリスクを背負うのならば、多少換金率が低くなってしまっても、現金化業者を通してクレジットカード現金化を行うことをお勧めします。

「JCBは現金化に不向きってホント?その理由や注意点」のまとめ!

コーヒーとメモとペン

  • JCBはカードの不正利用に厳しく、現金化業者は海外の決済代行会社を利用していることがあるためJCBカードを現金化することができなかったり、手数料を多く取られる場合がある
  • JCBカードで現金化をする場合は、「換金性が高く現金化を疑われやすい商品を購入しない」、「クレヒスを日頃からよくする」といったことに心がけよう。
  • 不安な方は現金化業者を利用するようにする→JCBカードが利用できる業者は優良な業者であることが多く現金化発覚のリスクも低くなる!
最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…という方、手っ取り早く優良業者を知りたい!という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事