クレジットカード現金化の方法を伝授

金融機関に融資を断られた、カードローンの審査が通らないからお金が借りられない…
という方の最後の頼みの綱!クレジットカード1枚で現金が手に入る?クレジットカードの現金化をまとめてみました。

お金がない時の救世主!?クレジットカードの現金化!

コインと救世主過去に「債務整理をしたこたがある…」「借金の返済遅延がある…」といった理由で、消費者金融やカードローンの審査が通らないという方はたくさんいらっしゃるかと思います。
それでも現金がなければ生活はしていけませんよね。
そんな方の最後の頼みの綱!クレジットカードがあれば現金を手にすることが出来るってご存知でしたか?
この記事ではクレジットカードの現金化について簡単に説明していきたいと思います。

以外に知らない?クレジットカードにある”与信枠(よしんわく)”

普段クレジットカードを利用している人でも意外に知らないのがショッピング枠とキャッシング枠。
言葉は聞いたことあるけど、自分の与信枠がいくらに設定されているかは知らない人は多いはずです。
キャッシング枠とショッピング枠は別々に存在しているの?と疑問に思われている方もいるでしょう。
クレジットカード現金化の説明の前にまずはショッピング枠とキャッシング枠についての説明をします。
この違いを理解することができればクレジットカードの現金化の仕組みは半分理解できたも当然なのです。

ショッピング枠とキャッシング枠ってなに?

とは言っても、2つの意味自体はとても簡単。
それぞれ見ていきましょう。

  • キャッシング枠とは設定した限度額内でお金を借りられる枠のことです。
  • ショッピング枠とは買い物に利用できるお金の限度額を指します。

普段、買い物などでクレジットカードを使う場合はこのショッピング枠に定められた与信枠内で買い物をしているのです。
クレジットカードの限度額と言えばピンとくるのではないでしょうか?ここまでは説明不要だと思います。

では、ショッピング枠とキャッシング枠はお互いどのように決められているかはご存知ですか?
一見すると個別に枠が決められていて、別々に独立して存在しているように思えます。
しかしそうではないんです!それぞれ決められた限度額があるのはもう察しがつきますよね。
2つの枠の関係性ですが、実は…キャッシング枠とはショッピング枠の中に含まれています。
ショッピング枠を用いて買い物をし過ぎるといざという時にお金が借りれなくなる可能性があります。

例えばショッピング枠が50万円でキャッシング枠が10万円だったとします。
ショッピング枠を既に45万円使っていたとするとキャッシングを利用するときは5万円しかお金を借りられないことになります。
このようにキャッシング枠はショッピング枠の制限を常に受けるということを覚えておいてください。

キャッシング枠でお金を借りるのは得策か?

前述のとおりキャッシング枠はショッピング枠に包括されています。
そのため多い額を借り入れるたいときにキャッシング枠は不向きということになります。

キャッシング枠を後から増額することはできますがキャッシング枠を作るのにも実は審査があるのです。
最速審査を謳っているカード会社でも審査には一週間程度時間がかかるのが普通。
早く現金が必要っていうときにこんな気長には待てませんよね。

また、自分のキャッシング枠がいくらに設定されているのか分からない、という方も多いと思います。
カード会社に問い合わせれば確認はできますが、ここでも余計な手間と時間はかけたくありませんよね。

クレジットカードの現金化とは?

やっと本題です!もう感の良い方はお気づきかもしれませんね。
そうです、クレジットカード現金化とは「ショッピング枠を利用したキャッシング」のことなんです。
一見、矛盾しているように思われるかもしれませんが、身近な例で考えてみましょう。

あなたはブランド物のバッグをクレジットカードで購入したとします。(もちろんショッピング枠を使ってです!)
その後、そのバッグをネットオークションや質屋で売りました。
あなたが手にするのは…現金ですよね?簡単に説明すると、これがクレジットカードの現金化なのです!
意外と簡単な仕組みですよね。
言葉は知らなくても、フリマアプリなどを利用してその辺の中学・高校生でも似たようなことを行っています。
クレジットカードの現金化は中学生でも理解できるくらい簡単なことなんです。

クレジットカードの現金化は違法なのか?

手錠が外れる様子「クレジットカードの現金化」つまりはショッピング枠の現金化は違法なのかと皆さん気にされていると思います。
確かにインターネット上ではクレジットカードの現金化を違法行為としてやめるように啓発しているサイトが多く見受けられますが実際のところはどうなのでしょう。

実はクレジットカードの現金化は違法ではないものの、カード会社は認めてはいない、というのが現状です。
俗にいうグレーゾーンというやつです。
カード会社からしてみればキャッシング枠を利用してお金を借りて欲しいというのが本音でしょう。
表向きはカードの不正利用につながると禁止していますが、本当のところはカード会社の利益が減るからというのが実情です。
自分の会社からキャッシングでお金を借りてくれれば利子の分だけ儲かりますから、カード会社がクレジットカードの現金化を禁止しているのも無理はありません。

違法性は無いなら堂々とやってもいいの?

ショッピング枠を使った現金化は違法ではないものの、「カード会社は禁止している」ということは先ほどお話しした通りです。
しかし「違法じゃないなら堂々と現金化してもいいのか?」となると話は別です。

現金化が発覚した場合、確かに罰金や禁固刑などの法的処罰はありませんがカード会社から何らかの制裁がある可能性は高いです。
日本クレジット協会のサイトを見ると規約違反があった場合には「残金の一括請求」「カードの利用停止」「カードの強制退会」といったペナルティを受けると書かれています。
違法性が無いといってもまだ法律ができていないだけで、今後クレジットカードの現金化を違法とする法律ができてもおかしくはありません。
そのことはしっかり頭に入れておいてください。

個人で現金化を行うのは危険!

クレジットカードの現金化を個人で行う方法が書かれているサイトがインターネット上に見受けられます。
先ほど述べた通りクレジットカードの現金化の仕組みはとても単純で個人でも十分に行えます。

しかし、カード会社はショッピング枠を用いた現金化に対して非常に目を光らせています。
キャッシング枠を使い切ったばかりの人が高額なブランド商品や金券を買い始めたらカード会社の目に留まることは確実です。
カード会社からペナルティを受けてしまったら元も子もありませんので、個人でクレジットカードの現金化を行うのは非常にリスクが高いと言えます。

そこで登場するのがクレジットカード現金化を専門的に行ったくれる業者です。
危険を冒したくなかったら、このような専門の現金化業者を利用したほうがいいでしょう。

個人で現金化を行う際のデメリットは?

チェックマークとバツマーククレジットカードの現金化の仕組みは非常に単純だということはご理解していただけたと思います。
業者を挟まず個人で現金化を行うことは可能ですが、個人で現金化を行おうとするのはリスクと困難がつきものです。
考えられるデメリットを簡単に挙げたいと思います。

①時間と労力がかかる

まずクレジットカードを現金化するための商品を買わなければいけませんよね。
しかし実際に店舗に行って商品を買いに行くのには時間と労力がかかります。

またインターネットで商品を買うにしても商品が届くまでに時間がかかります。
それからネットオークションに出して相手からの振込を待って...と現金が手元に来るのはいったい何時になるやら分かりません。

一刻も早く現金を手にしたいときに余計な手間と時間を取られるのことをするのは得策とは言えません。

②換金率が低い

買った商品を換金する為には「買取り専門のショップ」に商品を持ち込むか、「フリーマーケット・ネットオークション」で売却するといった方法が考えられます。

残念ながら、どれも高い換金率は望めないでしょう。
世の中には高価買取りをうたい文句にしている買取りショップが多数見受けられます。
しかしそのような買取りショップは何かと商品に難癖をつけたり、いちゃもんをつけてきたりとあの手この手で買い取り価格を安くしようとしてきます。
また買ったばかりの新品の商品を持っていくと買取りショップの方は盗品ではないかと怪しみ買い取りを拒否することもあります。
ネットオークションやフリーマーケットはそもそも安く欲しいものを買いたいと思う人が集まるところです。
そんな人たちに商品を高く買ってもらおうというのは矛盾してますよね。

③個人の現金化はバレやすい

繰り返しになりますがクレジットカードの現金化をカード会社は認めていません。
カード会社は昨今、クレジットカードの現金化に目を光らせています。

キャッシング枠を利用した人、キャッシング枠を使い切った人がすぐにクレジットカードで高額商品を購入したら怪しいのは誰にでも分かりますよね。
どんなに些細なことでもカード会社の調査員は見逃してくれません。

先ほど述べた通りクレジットカードの現金化がカード会社に発覚するとカードの利用停止、今まで使った分のカード額の一括請求、強制退会といったペナルティが待ち受けています。

クレジットカード現金化の専門業者を利用するメリットは?

現金化のスペシャリスト個人でクレジットカードを現金化するデメリットは以上です。
では逆にクレジットカードの現金化を業者に依頼する場合のメリットにはどういったことがあるのでしょうか。

業者を利用するメリットは大きく分けて3つあります。
それは「早い」「誰でも」「確実に」です。
ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

①換金するまでの時間が早い!

クレジットカードの現金化専門業者を使えば最短で即日に現金を手にすることができます。
現金化業者が指定した商品をクレジットカードで購入すれば、その日のうちには現金があなたの口座に振り込まれます。

なぜこんなにも現金化が早いのでしょう。
実は購入する商品をクレジットカードで決済するとカード会社側から決済完了の通知が数十秒~数分程度で確認できる仕組みになっているのです。
無事に決済が完了したら、すぐにお客さんの口座に振り込みを行なうという流れです。
また次項でも述べますが、消費者金融やカードローンと違いクレジットカードの現金化には審査というものが無いのです。
これが即日で現金化ができる秘密です。
カードローンでお金を借りようと思ったら1週間はかかるのがザラですよね。
まさに天と地の差というわけです。

②クレジットカードがあれば誰でも利用できる!

借金がある人、借金の返済遅延をしている人、過去に財務整理を行った経験がある人でもクレジットカードのショッピング枠さえ残っていれば現金化が可能です。

クレジットカードの現金化の際には面倒な審査がありません。
残っているショッピング枠を使うので審査自体が不要なのです!最初にクレジットカードを作るときには審査がありますよね?
あの時すでにクレジットカードの現金化の審査も済んでいると考えてもいいかもしれません。

③希望の金額が確実に手に入る!

個人で現金化を行う際のリスクとして換金額が希望価格に達しないことが考えられます。
買い取りショップに商品を持って行っても期待通りの価格で買い取ってくれるケースは稀です。

しかし、現金化業者は事前に換金保証額というのを設けています。
これだけのショッピング枠を使えば確実にいくら手に入る、というのが最初から保証されているのです。

悪質な業者に気を付けて!

低評価の現金化業者クレジットカード現金化を行うのには、個人でやるより専門のクレジットカード現金化業者に頼むのが安心だということがお分かりいただけたと思います。

しかし、現在クレジットカードの現金化を取り締まる法律がないため、悪質な現金化業者が存在することも確かです。
悪質な業者は法外な手数料をふっかけてきます。
商品を購入させて現金を振り込まずに行方をくらませるなんて手口もあります。
もちろん、全ての現金化業者が悪質なわけではありません。
金融機関からの融資を受けられず、お金に困っている人を助けようと営業をしている優良店も、もちろん存在しますので事前に調べておく等、しっかりとしたチェックが必要です。

注意を怠り悪徳業者にあたってしまった、なんてことが無いようにしましょう。

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事