現金化のイメージが悪いのはなぜ?

クレジットカード現金化に対する世間のイメージは良いものではありません。なぜ現金化は悪と言われるのかその理由や、実際のところはどうなのか?リアルな現金化の実態を詳しく解説していきます。

クレジットカード現金化のイメージは悪い?

推理する男性

クレジットカード現金化はクレジットカードを使った新しい資金調達の方法として広く認知されていますが、残念なことに世間が抱くイメージは良いものではありません。

今現在お金に困っており、クレジットカード現金化を利用しようかどうか迷っている方の多くは、現金化に対するネガティブなイメージにより一歩を踏み出せないのではないでしょうか?

今回はそんなマイナスなレッテルを貼られがちなクレジットカード現金化の実態について、探っていきたいと思います。

クレジットカード現金化は違法ではない!

笑顔の弁護士

勘違いされている方は多いかもしれませんが、そもそもクレジットカード現金化は違法ではありません

なぜ違法ではないと言い切れるのか、現金化の仕組みを理解すればその答えは自ずと明らかになります。

まず個人で現金化を行う場合

①クレジットカードで金券類やブランド品を購入する
②買取ショップに持っていくか、ネットオークションに出品して購入した商品を売る

という簡単な2ステップで現金化は完了し、お金を得ることができます。

現金化業者を利用する場合も、構造自体は同じことで

①現金化業者に指定された商品をクレジットカードで購入する
②現金化業者に購入した商品を売る
③売却額として、お金が振り込まれる

というのが大まかな現金化の流れとなります。

すでに気づかれた方も多いと思いますが、現金化とはひとことで言ってしまえば「転売」です。

最近はメルカリなどのフリマアプリやネットオークションが広く普及しており、中高生から年配の方まで大勢の方がこれらのアプリを利用しています。
気づいていていないだけで、フリマアプリを利用している方の中には、知らないうちにクレジットカード現金化を行なってしまっている方もいるでしょう。

ミュージシャンのライブチケットなどの悪質な転売が問題視されていますが、それでも転売自体が違法となっているわけではありません。

したがって、もしもクレジットカード現金化が違法とするのならば、フリマアプリやネットオークションを利用している方たちも逮捕されてしまうことになります。
ですが現実的に違法行為をしているという意識のないユーザーを見つけだすのは非常に困難で、検挙も難しいことから黙認されているというのが現状です。

メルカリの人気が高まり誰でも気軽に転売を行うことができる現在では転売行為が違法化される可能性は低く、クレジットカード現金化が違法となることもしばらくはないでしょう。

現金化が違法となる前段階として、悪質な転売が違法となる可能性の方がよっぽど高いと思われます。
反対に言えば転売への規制が強まったときは、現金化への規制や法整備が行われるサインであるかもしれません。

違法ではないがカード会社から禁止はされている

クレジットカード現金化は違法ではありません。
しかしながらクレジットカードを発行するカード会社は利用規約上で現金化を禁止しています。

その理由は「トラブル防止」、「利用者が返済不能に陥る」、「キャッシング利用者が減ってカード会社の利益が減る」といったことが考えられます。

そのためカード会社はクレジットカード現金化をする人のことを厳しく見張っています。
もしも現金化がはカード会社に発覚してしまうと、「カードの利用停止」、「強制退会」、「カード返済の一括支払い」といったペナルティーが科せられてしまいます。

なぜ現金化にはネガティブなイメージがあるの?

考える男性

クレジットカード現金化は違法ではないものの、カード会社の利用規約上は禁止されていることが分かりました。
しかしパチンコ店や風俗店など、現金化同様にグレーゾーンなサービスは世の中にいくらでもあります。

それなのになぜクレジットカード現金化にはネガティブなイメージばかりがつきまとっているのでしょうか?

ひとつはカード会社の積極的な防止措置が挙げられます。
カード会社は現金化を禁止するために、現金化を利用しないよう会員に対して積極的な呼びかけを行なっています。
時には事実無根で誤った現金化に関する情報を流しており、そのため現金化に対してネガティブなイメージを抱いている方もいるのではないでしょうか。

また残念ながら、過去にヤミ金まがいの悪質な現金化業者が多く存在していたことはまぎれもない事実です。

彼らのような悪質な現金化業者は詐欺同然の営業を繰り返しており、利用者からお金を騙し取るなどして多くのお金を不正に得ていました。

それが昂じて、悪質な現金化業者が許可がない金融業者と見なされてしまい、出資法違反で逮捕されてしまった事例もあります。

 クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法で事実上のヤミ金融を営んだとして、警視庁生活経済課は5日、東京都台東区の貴金属販売会社「インフィニティ」の元代表で飲食店経営、橋本幸治容疑者(41)=板橋区仲宿=を出資法違反(高金利、脱法行為)の疑いで逮捕した。カードの現金化業者を同法違反で逮捕するのは全国初。

同課によると、橋本容疑者は「逮捕されるとは思わなかった」などと容疑を否認している。

現金化を巡っては、多重債務者らが事実上、高金利で金を借りているとして問題化。ただ、通常の商取引を偽装しているため摘発が進んでいなかった。

橋本容疑者は融資を求める客に1個30~120円のおもちゃのネックレスなどを宅配方式でクレジットカードを使って数千円~百数十万円の高額で購入させた上、カード会社から入金される代金の一部を差し引き、残りの金を客にキャッシュバックする方式で、カードのショッピング枠を現金化していた。

同課は、顧客がカードで購入した商品の中身について送られてくるまで知らなかったことや、取引金額が商品価値と比べて極端に高額なことなどから、売買は形式的な取引と認定。さらに、業者側はカード会社側から確実に入金される仕組みで、「実態としては差し引いた代金の一部を利息とする貸金業に当たる」と判断した。

逮捕容疑は2010年3月上旬から11年1月中旬ごろまでの間、千葉県浦安市の男性会社員(49)ら4人にクレジットカードでプラスチック製のネックレスなど360円相当の商品を約415万円で購入させた上、カード会社から入金される代金のうち約346万円を4人にキャッシュバックし、差額約69万円を実質的な利息として受け取った疑い。利息は法定の10.96~22.95倍に当たるという。

橋本容疑者は06年7月から11年3月までの間、全国の顧客約750人に同様の手口で金を貸し付け、約8000万円の利益を得たとみられる。

悪質な業者とは言え、現金化業者に逮捕者が出てしまったことは現金化業界にとって大きなイメージダウンとなってしまい、現在に至るまで現金化=悪という風評被害がこびりついてしまっているのです。

現在の現金化業界のリアルな実態とは?

スマフォを見て微笑む男性

逮捕者が出てしまったことで詐欺・ヤミ金の代名詞となってしまったクレジットカード現金化ですが現在はどうなのでしょうか?

現金化業者に逮捕者が出て悪質な現金化サービスを行なっていた現金化業者が淘汰され、さらには賃金業法・割賦販売法といった現金化に関連する法律がいくつか改正された影響で、少しづつですが着実に現金化業界はクリーンになっています

逮捕者が出てしまったことはもちろん決して許されることではありません。

それでも過去の過ちを乗り越え、業界一丸となってより質の高いサービスを行おうという気概が現在では生まれています。

換金率を誤魔化したりという軽い詐欺を働く業者は存在するようですが、以前よりもはるかに安全に現金化を利用することができるようになっています。

「クレジットカード現金化のイメージが悪いのはなぜ?」のまとめ!

会議中の様子

  • クレジットカード現金化の実態は転売、悪質でない限り転売は違法ではないので現金化も違法にはならない
  • カード会社は現金化を禁止しており、過去に悪質現金化業者が逮捕された影響で現金化に対する世間のイメージは悪い
  • 逮捕者が出て、いくつかの法律が改正された影響で悪質なサービスを行う現金化業者が淘汰されることに
    現在では以前よりも安全に現金化を利用できるようになった
最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…という方、手っ取り早く優良業者を知りたい!という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事