クレジットカードの現金化を利用するときに必ず求められるのが本人確認のための身分証。しかし現金化するのに身分確認がなぜ必要なのでしょうか?そこには法律上の理由と安全性を確保するためという2つの理由があるのです。

クレジットカード現金化に必要な身分証

虹彩認証のイメージクレジットカードの現金化をするときには、身分を証明する身分証明書を提示することが必ず求められます。
初めて現金化を利用する人の場合、知らずに急に身分証を求められると戸惑ってしまうかもしれません。
また一口に身分証明書といっても、その種類はたくさんあります。

  • 「写真付きの身分証でないといけないの?」
  • 「コピーした身分証はOK?」
  • 「住所が載ってないとダメ?」

などと気になる疑問は多いでしょう。

現金化の際に必要な有効と認められる身分証明書は、例えば

  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード
  • 年金手帳

など公的に本人確認ができる身分証明書となります。
原則として、コピーした身分証は不可です。
また、必ずしも顔写真がついている身分証を提示する必要はありません。

稀に身分証明書の住所欄が手書きのため空欄にしたままの方がいらっしゃいます。
しかしながら身分証明書の住所欄にはキチンと現住所が記載されていることが望ましいです。
理由として現金化サービスを受ける場合、現金化業者と商品の受け渡しを行う必要がある可能性があるからです。
そのため後々に住所確認もされますが、面倒なので身分確認の際に一緒に済ませてしまいましょう。
ですから身分証明書の住所欄が手書きの場合はキチンと記入しておいてください。

なぜ身分確認をしなければいけないのか?

身分証明書のイメージクレジットカードの現金化は身分確認がしっかり取れないと利用することはできません。
ではそもそもなぜ、クレジットカードの現金化に身分確認が必要なのでしょうか?
普段、買い物をするときにクレジットカードを使う場合、いちいちお店の人にクレジットカードと一緒に身分証を提示することなんてありませんよね。

また、クレジットカードの現金化は法的にグレーゾーンなサービスであり、それゆえ残念ながら悪徳業者と呼ばれる悪い輩が存在するのも事実です。
万が一悪徳業者を利用してしまった場合、身分確認のためとはいえ個人情報がつまった自身の身分証を渡すのはかなり気が引けます。
実際、悪徳業者の中には身分確認と称して利用者から身分証を受け取り、そこで得た個人情報を悪用するといった犯罪を行っている業者がいます。

これらのことを考えると、果たして本当にクレジットカードの現金化に身分確認は必須なのでしょうか?

身分確認が必要な理由を説明

指紋認証クレジットカードの現金化の本質はショッピングです。
にも関わらず身分確認が必要な理由は、大きく分けて2つあります。
それは法律的な理由と安全面による理由の2つです。

言葉だけ聞いてもピンとこないし納得もできないと思いますのでより詳しく具体的に説明していきましょう。

① 法律上の理由

クレジットカードの現金化の方法の1つに、商品買い取り方式という方法があります。
商品買い取り方式とは、利用者が現金化業者から商品を一度買い取り、今度は業者が利用者からその商品を買い取るという現金化の方法です。
このとき業者は利用者に買取価格として代金を支払いますが、この代金が現金化で得られる換金されたお金になります。

大切なポイントは、商品買い取り方式の一連の流れが法律上は古物取引に該当するということです。
古物とは一度使用された品物、一度誰かに所有された物のことを言います。
たとえ新品な状態であっても、一度売買などで取引された物品は法律上は古物扱いとなります。

古物は売買されるときに窃盗の被害品が含まれる可能性が高いことから、取引のために古物営業法という法律が存在します。
古物営業法の中で、古物営業を行う場合は許可が必要と定められています。
ですから現金化業者の中には古物許可証を行政から得て、営業を行っている業者もあります。

さらに古物営業法では、インターネット利用やファックス・電話による受付などで、古物を売買する者同士が対面しない(非対面取引)場合にはなりすましを防ぐため、身分を確認する義務があると規定されています。
現金化サービスは最近、店舗を持たないインターネット上で営業をする業者の数が増えています。
ネット型の現金化業者の場合、業者と利用者は対面して手続きを行う必要がありません。
また、現金化に使われる商品は法律上、古物となります。
そのため、クレジットカードの現金化には、身分確認をする必要が法律上あるのです。
また、身分確認を怠ると古物営業法第33条第1号により、6ヶ月以上の懲役または30万円以下の罰金・併科という重い処分が下されます。

これで現金化の際に身分確認が法律で義務付けられている理由がお分りいただけたでしょうか?
もっと詳しく知りたいという方は古物営業法第15条第1項第3号、古物営業法規制第15条第3項第1号から第6号、第8号から第10号に古物取引における身分確認の義務が詳しく述べられています。
警視庁のホームページを見れば古物営業に関する詳しい説明が書かれていますので、気になる方は一度目を通してみるのもいいかもしれません。

② 安全に現金化を行うため

商品買い取り方式を採用している現金化業者を利用した場合は古物営業法により、身分確認が必須だということが分りました。
ここで勘がいい方は、現金化のもう1つの方法であるキャッシュバック方式を使えば古物取引に当たらないから身分確認はいらないのでは?と思ったかもしれませんね。
確かにキャッシュバック方式で現金化を行えば古物取引には当たらないため、身分確認が要らないのは事実です。

ですが、現金化に身分確認が必要な理由に、法的理由の他にもう1つ理由があったことを思い出してください。
現金化に身分確認が必要なもう1つの理由は安全性のためです。
安全というのは、利用者と現金化業者の双方の安全のことです。

クレジットカードの現金化はカードがあれば誰でも簡単に現金を手に入れることができます。
もし仮にクレジットカードの現金化に身分確認が必要でなかったら、他人から盗んだクレジットカードで現金化をしようとする輩が増えてしまうでしょう。
そうなったらクレジットカードを狙った盗難事件が相次いで発生することになります。
寝てる間や酔っ払っている間にクレジットカードを盗み出したり、果ては暴力でクレジットカードを脅し取る事件が起きてしまうかもしれません。
そんな世の中では安心して外に出かけることもできませんよね。
身分確認を行うことで、利用者の安全を守っていることになります。
業者側もトラブルを避けるために、利用者の不正利用を防ごうとして身分確認を行っているのです。

これが現金化に身分確認が必要な理由のうちの2つ目の理由、「安全性を確保するため」です。

本人確認なしの方が危険!

クレジットカード情報を悪用されるイメージ稀に本人確認不要で現金化を行います!と宣伝している現金化業者を見受けることがあります。
個人情報を現金化業者に知られるのが怖い人、諸々の理由から身分を明かしたくない人、身分証明書を持っていない人からはこういった身分確認が要らない現金化業者は高い人気があるみたいです。

確かに悪徳業者の中には利用者の個人情報を不正に利用する輩が存在します。
ですが客観的に見れば、本人確認が不要なのに現金化を行ってくれる業者の方がよっぽど危険であることは間違いありません。

先ほど話したとおり、身分確認には利用者の安全性を確保する側面があります。
身分確認をしないで現金化を行なってくれる業者は決して安全な業者とは言えないでしょう。
悪徳業者を避けるためのチェックポイントとして、現金化に身分確認が必要かどうかは大切な基準となります。
どんなに事情があったとしても現金化業者を利用するときは必ず、身分確認を行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

終わりに

PCと南京錠以上でなぜ、クレジットカードの現金化には身分確認が必要なのかお分りいただけたと思います。
おさらいすると身分確認が必要な理由は法律で決められているから、利用者と業者の安全を守りトラブルを避けるためという2点です。
それでもやっぱり個人情報を悪用されないか心配…と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、身分確認をしないで現金化サービスを行う業者を利用する方がよっぽど危険であることを理解してください。
むしろ身分確認をキチンと行ってくれる現金化業者の方が優良で安全な業者であることが圧倒的に多いです。
もちろん身分確認の際には、身分証以外の個人情報を要求されることは絶対にありませんので安心してください。

少しはクレジットカードの現金化に対する不安は軽くなったでしょうか?
この記事を読んで、少しでもみなさんが安心して現金化サービスを受けられるようになれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事