クレジットカード現金化の換金率や本人確認に関する裏ワザを解説

クレジットカード現金化の名義や本人確認にまつわる話

ティップスとトリック

お金が無くて困っているときでもクレジットカード現金化を利用すれば、ブラックリストの方や多重債務に陥っている方でも簡単にお金を手にすることができます。

しかしながらクレジットカード現金化には手数料がかかり、また悪徳業者が少なからず存在するというリスクがあります。

そこで本記事では、換金率を上げる方法や現金化業者に個人情報を伝えないようにする裏ワザをご紹介して参ります。

クレジットカード現金化の換金率を上げる裏ワザ

パーセント

まずはクレジットカード現金化の換金率を上げる方法をご紹介して参ります。

①キャンペーンを利用しよう

クレジットカードの現金化サービスを行なってくれる業者は、より多くのサービス利用者を増やすために、サービスに即して様々なキャンペーンを用意しています。

このキャンペーンを利用して現金化をすれば、より多くのお金を手にすることができます。
現金化を行う前にお得になるキャンペーンが行われていないかどうか、キャンペーン情報は必ずチェックしましょう。

具体的によく行われているキャンペーンとして、以下のようなものがあります。

  • 現金化サービスを新規利用した人限定で換金率UP
  • 女性利用者の方は換金率アップor〇〇円キャッシュバック!
  • 現金化利用が一定回数到達で手数料ナシ!
  • 誕生月はギフト券プレゼント!
  • 法人カード専門プラン(換金率UP)

少しでも多くのお金を現金化で手にしたい方は、業者が設けているキャンペーンを使わない手はありません!

ここで紹介した現金化業者が行なっているキャンペーンはほんの一握りですので、是非ともご自身でチェックして見てください。

②ネット型業者を利用しよう

クレジットカード現金化サービスを行なってくれる業者には大きく分けて2種類あります。

それは実際に店舗を持って営業をしている店舗型業者と、インターネット上の手続きで現金化をしてくれるネット型の業者の2つです。

よりお得にクレジットカード現金化を利用したいという方には、ネット型業者を利用することをオススメします。

店舗型業者の場合は土地代や光熱費、リース料や人件費などお店を経営・維持する上で固定経費が多くかかってしまいます。

結果として、利潤を出すためには手数料を高くして営業を行わなければいけません。

一方でネット型業者はそのような固定費を払う必要がなく、換金率を多少下げても十分に運営を行うことができます。

【参考記事】クレジットカード現金化はネット型業者と店舗型業者はどちらがオススメ?

③ギフト券を使ったクレジットカード現金化ならよりお得!

通常のクレジットカード現金化の方法では業者と利用者の間で商品の発送、受取をする必要があります。

そのため商品の受け渡しに送料がかかってしまい、送料の分だけ換金率が低くなってしまいます。

しかし最近、業者とのやり取りに商品ではなくギフト券を使うクレジットカード現金化の方法が現れたため、利用者が郵送料を払う必要が無くなりました。

ギフト券を使えば、ネット上で業者にギフト券の利用番号を伝えるだけで済みます。

ですから、商品を送る手間とお金を省くことができるようになったのです。

クレジットカード現金化を行ってくれる現金化業者を選ぶときには、ギフト券によってクレジットカード現金化を行ってくれる現金化業者かどうかを事前に確認するようにしましょう。

④多くの額のクレジットカード現金化をすれば換金率が上がる!

実は現金化業者が利用者から得る手数料は一定ではなく、現金化する額によって変動します。

  • 例えば換金額が10万円で業者が得る手数料が5%だった場合、業者が得るお金は5000円になります。
  • 一方、換金額が50万円で業者が得る手数料が3%だった場合、業者が得る利益は1万5000円になります。

このように手数料は低くても、利用者の換金額が高くなれば、現金化業者の利益は多くなります。

そのため現金化業者としては、より多くの金額を利用者に現金化してもらった方が徳をすることになります。

したがって、多くのクレジットカード現金化をしてくれる利用者には手数料をいくらか割引してくれるのです。

現金化金額を上げるためには、カードの枚数を増やすか、カードの利用限度額を増額してみましょう。

⑤リピーターになる!

現金化業者の多くはクレジットカード現金化サービスを2回目以降に利用する方に対して、手数料を割引してくれることが有ります。手数料が割引されれば、クレジットカード現金化の換金率を高くすることができます。

またリピーターになれば、初回利用時には必須だった現金化の説明が省略されるため、入金スピードがさらに早くなります。

クレジットカード現金化を2回目以降に利用するという方は、申し込みフォームの欄に2回目以上の利用であることを必ず記載するようにしましょう。

クレジットカード現金化を頻繁に利用するという方は、一つの現金化業者のリピーターになることをオススメします!

個人情報を教えたくない!裏ワザを解説!

秘密をする人

クレジットカード現金化を利用する際には、利用者の名前や住所などを現金化業者に伝える必要があります。

現金化業者に個人情報を伝えることに対して、不安に思う方もいらっしゃるでしょうが、実は裏ワザを活用すれば、ほとんどの個人情報は伝える必要がありません。

次にその方法を解説していきます。

①住所は郵便局や宅配ロッカーに指定する

クレジットカード現金化の際には、業者と商品の売買を行うため、商品の受取に住所を伝える必要があります。

しかしながら、現金化業者に伝える住所は、必ずしも自分自身の自宅住所である必要はありません。

商品を受け取ることがいいので、郵便局や宅配ロッカーを住所に指定しても問題はないのです。

業者に自宅住所を知られるのは不安…という方は、是非とも参考にしてみて下さい。

②メールアドレスは使い捨てアドでOK!

業者とのやり取りは、基本的にメールにて行われます。

普段プライベートで使用しているメールアドレスを、現金化業者に教えたくない…

という方は使い捨てのアドレスを作成しましょう。

メールアドレスはGoogleでもYahooでも構いません。

③IP電話を利用しよう

現金化業者とのやり取りや本人確認には、電話での連絡が行われることもあります。

  • 現金化業者に自分の電話番号を教えたくない…
  • 現金化業者と電話でやり取りをしたくない…

と考える方もいらっしゃるでしょう。

そのような方は、IP電話アプリを活用することをお勧めします。

IP電話とは、簡単に説明すれば、インターネット上の電話番号のことです。IP電話アプリを使えば、電話番号を取得することができます。

取得したIP電話番号は、本来の電話番号と全く別の番号です。その番号を利用すれば、現金化業者に自分本来の電話番号を伝える必要がありません!

また現金化業者と電話でのやり取りをしたくない…という方は、「ボイスチェンジャーアプリ」を使ってみてください。

声を変えれば、幾らかは現金化業者と話やすくなるでしょう。

まとめ

机と時計

クレジットカード現金化を利用する上で、最も大切なことは「換金率」「安全性」です。

換金率を少しでも高め、お得に現金化をするならば、本記事でご紹介した方法を是非ともご参考にしてみて下さい。

また現金化業者に自分の個人情報を伝えるのが不安…という方でも、裏ワザを活用すれば、伝える個人情報は最低限に留めることができます。

裏ワザを駆使して安全に・お得にクレジットカード現金化をしましょう!