クレジットカード現金化の利用者情報や換金額・傾向を徹底調査

クレジットカード現金化の名義や本人確認にまつわる話

現金化利用者をGoogle検索

「クレジットカード現金化は自分以外にどういう人が利用しているのだろう…?」
「他の人はどれくらいの金額を現金化しているのだろう?」

これから初めてクレジットカード現金化を利用しようと考えている方は、他の人が利用している現金化の方法や平均現金化金額、クレジットカードの支払い方法などを知って、参考にしたいと考えているかもしれません。

そこで今回は現金化を利用している人にはどのような方が多いのか、利用者の平均換金額や利用者に好まれている現金化方法などを調査して参りましたので、分かりやすくお伝えしたいと思います!

クレジットカード現金化の利用者にはどういう人が多い?

午後の紅茶

クレジットカード現金化は、クレジットカードを持っていれば誰でも利用できるというのが1つの特徴であり、最大のメリットと言えます。

自分と同じような人で、現金化をしている人はいるのだろうか…と疑問を感じている方は多いかもしれません。

では、誰でもと言っても実際にどのような方がよく利用しているのでしょうか?
具体的に見ていきましょう。

①主婦や学生、フリーターなどの収入がない方

クレジットカードの現金化は収入が無くてもクレジットカードさえ持っていれば利用することができます。

現金化サービスを利用するにあたり、消費者金融の融資のような審査はなく収入が無いからという理由で利用を断られることは絶対にありません。

そのため、主に主婦や学生、フリーターといった収入がなく、消費者金融や銀行から融資を断られてしまう方が主に、クレジットカード現金化によってお金を手にしています。

②法人・個人事業主の方

以外に思われるかもしれませんが、クレジットカードの現金化は法人や個人事業主の方も多く利用しています。

中小企業の事業主・経営者で、「銀行から融資を断られてしまった」、「すぐに取引先にお金を支払わなければいけない」と言ったことがクレジットカード現金化を利用する理由に挙げられます。

またクレジットカードの現金化は借金ではないので、資金調達をしたことが信用情報に載ることはありません。

そのため、「会社の評判を下げたくない、取引先・従業員に経営難を知られたくない」という気持ちで現金化を利用する法人の方も多くいらっしゃいます。

また、現金化業者は法人の利用者専用に割引プランやキャンペーンを設けている場合があります。

法人用のクレジットカードは利用限度額が個人カードよりも大きいため、現金化によって多くの金額を手にすることができます。

そのため現金化業者は法人プランを特別に設けて換金率を上げたり手数料を安くするといったサービスを行なっているのです。

③高齢者の方

クレジットカードの現金化は高齢者の方にも高い人気を誇っています。

最近はクレジットカードの普及率が上がり、高齢者の方でも1枚はクレジットカードを持っているのが当たり前の時代です。

そのためクレジットカードの現金化がお年寄りの方にも人気なのは、何ら不思議なことではありません。

またお年寄りの方に現金化が人気な理由として、年金の受給額が下がり退職後・老後の生活を維持するのに苦労しているお年寄りの方が増えている、という悲しい背景もあります。

とはいえ、このことからクレジットカード現金化が退職をして年金暮らしのご高齢者の方でも利用できるサービスだということがお分りいただけるかと思います。

④女性の方

実は女性の方でもクレジットカードの現金化を利用している人はとても多くいらっしゃいます。

先ほど述べた主婦の方や、働いて一人暮らしをしているキャリアウーマンの方にもクレジットカードの現金化は大人気です。

事実、国民生活センターが調査した情報によると、実に現金化利用者の4割の方が、女性との結果が出ています。

特に、女性の方は男性よりも生活費が多くかかってしまい、一般的に男性よりも生活費が1.7倍もかかると言われています。

かわいい洋服や流行りの化粧品などを買うお金はいくらあっても足りません。

また近年は「貧困女子」という言葉もよく聞かれており、生活に困窮している女性の方が増えているという背景もあります。

現金化業者でも、女性の利用者数を増やそうとレディースプランを用意していることが最近では珍しくありません。

レディースプランは女性の利用者限定で、換金率が高くなったりお得なキャッシュバックが行われるプランのことです。

⑤金融ブラックの方

自己破産などの金融事故を起こしてしまった方や、過払金請求、多重債務、多重申し込み、返済延滞といった理由で金融業界のブラックリストに記録されてしまうと、消費者金融やカードローンの審査に落とされ、融資を受けることはできません。

しかしながら、クレジットカード現金化は借金ではなく、利用するにあたり審査がありません。

そのため金融ブラックの方でも、クレジットカード現金化を利用してお金を手にすることができます。

クレジットカード現金化の利用者情報を調査!

大学の友達

これから初めてクレジットカード現金化サービスを利用するという方は、どのように現金化を利用したらいいのか、いくらくらいの金額を手にすればいいのかといったことで不安に駆られているのではないでしょうか?

クレジットカード現金化に不安がある方は是非とも、ご参考にしてみて下さい。

利用者の平均現金化金額は5万円!

まず、クレジットカードの現金化を利用する方の平均現金化額は5万円前いう調査結果が出ました。

10分程度の簡単な申し込みをし、クレジットカードで買い物をするだけで5万円という大金をすぐに手にすることができるのですから、クレジットカードの現金化が多くの方から人気な理由も頷けます。

とはいえ5万円という数字はあくまで利用者の平均に過ぎません。
クレジットカードのショッピング枠次第では、数十万円もの大金を手にすることも可能です。

反対に、1万円〜数万円といった少ない金額を現金化をすることもできます。

手続きの確認や実際に現金化サービスを体験するためにも、最初は少ない額から利用するのもいいかもしれません。

クレジットカードの支払い方法は?

クレジットカードの現金化はカード支払いに様々な方法を選ぶことができるのも魅力の1つです。

クレジットカードの支払い方法にはご存知の通り「一括払い」や「分割払い」、「リボ払い」、「ボーナス払い」があります。

調べてみたところ、現金化を利用する方は「ボーナス払い」を支払い方法に選ぶ方が多いようです。

理由としては利用金額の支払いを遅らせることができることと、会社員でなくボーナスを実際に貰っていない人でも利用できる支払い方法といったことが考えられます。

ボーナス払いはリボ払いや分割払いと異なり、金利手数料がかからないこともメリットの1つです。

ただ、クレジットカード現金化をする際に、リボ払いを選択することはオススメしません。
リボ払いは高い金利手数料を長年、負担しなければいけならず、「リボ地獄」に陥ってしまう危険性があります。

【参考記事】クレジットカード現金化の支払い方法に分割払いがオススメ!

ネット型業者と店舗型業者はどちらが人気?

現金化を行なってくれる業者には2種類あります。

店舗を持って営業を行なっている店舗型の現金化業者と、ネット上で現金化を行なってくれるネット型業者の2つです。

もちろん、どちらかの業者に優劣をつけることはできないのですが、ネット型業者の方が利用者からの人気が高いようです。

理由としては、ネット型業者の方が換金率が高いことが挙げられます。

店舗を持って営業を行う店舗型業者の場合、お店を経営する上で、家賃や光熱費などの固定経費が多くなります。
そのため店舗型業者は現金化利用者から得る手数料を高くせざるを得ないのです。
手数料が高くなるということは現金化の換金率が低くなってしまうと言い換えることができます。

一方のネット型業者の場合、お店を持っていませんので家賃など支払う固定経費の負担が軽くなります。
その分、利用者から得る手数料を低く抑えることができます。
手数料が安いということは換金率が高くなるということです。
ですから少しでも換金率が高くなるネット型業者を利用する方が多いようです。

双方の業者にメリットがそれぞれあるため、業者を選ぶ際は双方のメリットを比較して、自分に合った業者を利用するようにしてください。

【参考記事】クレジットカード現金化は店舗型とネット型業者のどちらがおすすめ?口コミから徹底調査!

まとめ

笑う女性達

いかがでしたでしょうか。
ここまでクレジットカードの現金化を利用している方の一例を紹介してみました。
性別や年代を超えて幅広い方に現金化は人気のサービスであることがお分りいただけたと思います。

現金化を初めて利用しようと考えている方は自分と同じような人も現金化を利用していることを知ってホッとしたのではないでしょうか。
もちろん上記には当てはまらなかった方でも、現金化を問題なく利用することは可能ですので心配しないでください。

また上記に挙げたクレジットカード現金化の利用状況はあくまでも、一般的な話です。

いくら現金化をするか、どの業者を選ぶのかを決めるのは最終的には本人次第です。

自身の置かれている状況や経済状況、社会的立場に照らし合わせて、決断をするようにしましょう。