クレジットカード現金化は公務員でも利用する資金調達方法?

2018年10月16日クレジットカード現金化の名義や本人確認にまつわる話

公務員でも現金化はできる?

世間から給料がいい、安定していると思われている公務員ですが、そんな公務員の方でも急な出費でお金が必要になってしまうことは多々あるでしょう。世間のイメージもあり消費者金融は利用しづらいという方にオススメなのがクレジットカードの現金化です。本記事ではなぜ、公務員の方にクレジットカード現金化がオススメなのかを解説していきます。

公務員でもお金は必要…

話し合う二人の教師

公務員と聞くと、世間では「給料がいい」・「安定している」というイメージを持たれている職業です。

景気が不安定な現代では給料と安定性の高さから、高校生のなりたい職業ランキングで男子が1位、女子では4位に公務員がランクインしています。

そんな多くの人が羨む公務員ですが、国家公務員や技術公務員・外務専門職などの特別な公務員を除くと、公務員の給料は年々下がっていると言われています。

もちろん公務員も同じ人間ですから、生活していく上でお金に困ることなどいくらでもあるでしょう。
生活費や子供の養育費、急な入院、治療費など、収入が多かれ少なかれ、お金に困ることがあるのは皆同じです。

最近は副業を認める企業も増えつつありますが、公務員の方は公務員法という法律で副業禁止がしっかりと明文化されています。ましてやギャンブルに手を出すわけにはいかないでしょう。

女性オススメの副業&手軽な金策をクレジットカード現金化含めて解説!

「お金に困ったら、消費者金融で借りればいいじゃん!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、公務員の方だとそう簡単にはいきません。それには訳があります。

公務員と消費者金融

公務員と消費者金融は、なかなかイメージがしづらい関係性だと思います。

しかしながらキャッシングやカードローンに関するサイトを見ると、「公務員はお金を借りやすい」と紹介されています。

なぜかというと、キャッシングの審査では収入の大きさよりも職業の安定度の方が重要だからです。

公務員は会社員とは違って、勤め先が倒産をするリスクがなく、よっぽどのことをしでかさない限りは職を首になることもありません。

しかしながら公務員は世間からの信用が何よりも大切な職業です。

もしも警察官や学校の先生が消費者金融を利用しているとなると、世間体はよくないものでしょう。消費者金融を利用しているからといって首になることはありませんが、それでも世間から白い目で見られることは否定できません。

過去には消費者金融を利用していると世間に知られてしまった公務員の方が「我々の税金で飯を食っているのに、借金をするとはなにごとか」とネット上で大炎上してしまったことがありました。

少々理不尽な気もしますが、公務員のお金に関する話題に世論は厳しいものがあります。

そのため「お金に困っているけど、消費者金融は利用できない…」と二進も三進も行かない公務員の方は多いのではないでしょうか?

消費者金融のメリット・デメリットをクレジットカード現金化と徹底比較!

クレジットカード現金化ならば大丈夫!

男女の教師

公務員の方が消費者金融を利用するのは、色々な障害があり非常に困難であることがわかりました。

とすると、公務員の方だとお金に困っても救いの手はないのでしょうか?

そこでオススメなのが「クレジットカードのショッピング枠現金化」です。

クレジットカードの現金化とは、現金化業者と呼ばれる専門の業者を利用することでクレジットカードに設定されているショッピング枠を現金にすることができるサービスのことです。
例えばショッピング枠が50万円分だったら、業者に支払う手数料を差し引いて、だいたい48万円分のお金を手にすることができます。

クレジットカード現金化の最大の特徴は、「借金ではない」という点です。クレジットカード現金化は業者にお金を借りるわけではなく、現金化したお金を返す必要もありません。

また消費者金融を利用していることが職場の方や世間にバレてしまう理由として、契約手続きの際の在籍確認電話や契約後のカードや利用明細の郵送、返済遅延による督促が挙げられます。

しかしながらクレジットカード現金化は借金ではないため、審査が要りません。
そのため職場に確認の電話が入ったり業者から職場に郵送物が送られて来ることはなく、クレジットカード現金化を利用していることが周囲の人にバレることは絶対にありません。
ですので公務員の方でも世間体を機にすることなく、安心して利用することができます。

加えて消費者金融の場合、個人情報機関に借入額や返済額が記録されてしまいます。

個人情報機関に消費者金融を利用していることが記録されてしまうと、クレジットカードの審査に落ちたり住宅ローンが組めないということが考えられます。
ですがクレジットカード現金化ならば、利用しても個人情報機関に登録されることはありません。

ですからクレジットカード現金化を利用している最中でも、新たにクレジットカードを作ったりローンを組むことができます。

公務員の方は消費者金融を利用するよりも、クレジットカード現金化を利用した方がはるかにメリットが多いことがお分かりいただけたでしょうか?

クレジットカード現金化を利用した公務員の方の生の声!

肩を組む三人の教師

最後にクレジットカード現金化を利用したことがある、公務員の方の口コミ情報を調査して参りましたのでご紹介します。

息子の進学費用としてクレジットカード現金化を利用しました。

高校生になる息子が県外にある私立高校に入学することになり、進学費などを工面することに困っていました。
職場の人に相談することはできず、世間の目が怖くて消費者金融には手を出せず…
そんなときに知ったのがクレジットカード現金化です。
東京の業者さんということで少し不安だったのですが、申し込みから10数分後には本当にお金が振り込まれていました。
入学式での息子の晴れ姿を見たときは、感激して涙が出ました。
富山県在住 40代男性 地方公務員(行政職)

親の介護費を捻出するためにクレジットカード現金化を利用

仕事柄夜勤が多く、後期高齢となった母の面倒を見ることができず、介護施設を頼ることを決意。
ただ介護費が思いのほか高いことが分かり、どうしようか悩んでいました。

そこで利用したのがクレジットカード現金化です。

施設代は一括で支払おうと思っていたのでかなりの大金が必要だったのですが、クレジットカードを複数持っていたため問題なくお金を得ることができました。

埼玉県在住 50代男性 消防士

生活費がピンチ!

公務員は給料が高いというイメージがありますが、私のような役所の清掃作業員は公務員だけどもらえるお給料は微々たるものです。
また最近転職したため、お金の支出がかさんでしまい生活費がピンチでした。ですがクレジットカードは持っていたため、クレジットカード現金化で生活費代を得ることに成功。女性ということで不安はあったものの、スタッフさんの対応は優しくなんと女性限定のキャンペーンを受けることもできちゃいました。
大分県在住 30代女性 清掃作業員
公務員と一口に言っても様々な種類がありますが、それでも多くの公務員の方がクレジットカード現金化を利用していることが口コミ情報から分かります。
公務員だから…と変な引け目を感じることなく、お金に困ったらクレジットカード現金化を利用するようにしましょう!