ハネムーン費用を工面する方法!

新婚旅行、ハネムーンは新婚カップルにとって一生に一度の大切で特別なイベントです。

しかしながら、結婚式同様にハネムーンには多くのお金が必要となるため結婚式と併せるとお金がない…という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで本記事ではハネムーンにかかる予算と、ハネムーン費を工面する方法をご紹介します。

一般的なハネムーン

砂浜に書かれたI LOVE YOU

ハネムーンの費用は行き先が国内か国外か、出発時期や現地でのプランによって大きく異なります。

ここでは「マイナビウェディング」と「ゼクシィによる結婚トレンド調査」によって得られた、一般的なハネムーンの相場やハネムーンに行く夫婦の割合、ハネムーンの行き先などをお伝えします。

ハネムーンに行く新婚カップルは85%以上!

ゼクシィが発表した「ゼクシィ 結婚トレンド調査2015」によると、86.7%のカップルが「新婚旅行に行った」もしくは「行く予定を立てている」と回答しています。
反対にブライダル総研が行なったアンケートによると、、「新婚旅行に行かない」という夫婦は全体の13.4%で「行く予定だがまだ予約はしていない」という夫婦は全体の12.8%となっていました。

裏を返せば8割近くの新婚夫婦がハネムーンに行っているということになり、多くのカップルにとってハネムーンは大切なイベントであることが分かります。

ハネムーンの平均日数はどれくらい?

ゼクシィの結婚トレンド調査によると、ハネムーンの平均日数で最も多いのが1週間で全体の24%を占めています。
次に多いのが8日で、全体の約18%、次いで6日の16%が後に続いています。

ハネムーンの平均日数は1週間前後であるということが分かり、一般的な旅行よりもやはり、長めに取るのが普通のようです。

同様の調査で、ハネムーンの日数は3日以内と回答した方はたったの5%しかいません。

ハネムーンの平均予算は?

結婚したcouple

次に気になるハネムーンの平均予算について見ていきましょう。

先ほども述べたとおり、ハネムーンにかかるお金は時期によって大きく異なり、「ジューンブライド」と呼ばれる6月は旅行会社によって旅行費が高めに設定されている傾向があります。

またゴールデンウィークや夏休み、お盆、正月など長期休暇を取りやすい時期も同様に旅行費が高く設定されています。

少しでもハネムーン費を低く抑えたいという方は、これらの時期は避けたほうがいいでしょう。

では次に、新婚旅行先別にハネムーンにかかる予算を見ていきたいと思います。

ハワイ

ハワイは「ハネムーンの王道」とも言われています。

一年間を通して、暖かい気候でありリゾート地としても有名であるため多くの夫婦がハネムーンで訪れている土地です。
また日本人が多く日本語も通じ、日本から直通便が出ているという点も、人気の理由としてあげられます。

気になる予算ですが、1週間の滞在で1人あたり30万円が相場となっています。
2人分で考えると、見積もっても70万円程度が必要になるでしょう。

ヨーロッパ

フランスやイタリアなど、ヨーロッパの神秘的で芸術性溢れる都市をハネムーン先に選ぶ方は少なくありません。
食事や観光、買い物、美術鑑賞と行き先に事欠くことはないでしょう。

ヨーロッパをハネムーン先に選ぶ場合の平均予算は1週間の滞在で一人当たり40万円程度となっています。
2人分で考えるのであれば、日本からの距離と治安的な面も考えて100万円を想定しておいたほうが無難です。
やはりヨーロッパの場合はブランド物の購入や外食に費用がかさむことが多いため、他のハネムーン先に比べると高額になりがちです。
となると、若い新婚夫婦には少し手が出せないかもしれません。

観光メインであれば、ホテル代を安く済ませたいところですが、ヨーロッパのホテルは「安かろう悪かろう」ですので、安全面を考えてある程度のランクのホテルを用意したほうがいいでしょう。

グアム

長期間の休みは取れないけど、リゾート気分を味わいたいというカップルにハネムーン先として人気なのがグアムです。
日本から4時間未満のフライトという手軽さも魅力の1つで、思わず息を呑むようなビーチリゾートを味わうことができます。

年間を通して温暖な気候であるため、どの季節に行ってもいいでしょう。

グアムをハネムーン先として選んだ際には、1週間の滞在で1人あたり30万円、2人で70万円が一般的な相場となっています。

グアムは海に面した豪華なホテルが多いため、宿泊費にお金をかけるカップルが多いようです。

またグアム本土から離島を訪れるのも人気のコースで、その点も費用がかさんでしまう要因となっているでしょう。

沖縄・離島

今まで国外ばかりでしたが、国内に目を向けてみると、人気のハネムーン先には沖縄や九州の離島が人気のスポットとなっています。

国内でしたら海外に比べて低価格で安全に旅を楽しむことができます。

沖縄・離島をハネムーン先に選んだ場合にかかる平均費用は一人当たり15万円で、2人なら40万円と行ったところです。
海外に比べるとかなり安く抑えられることが分かります。

また海外とは異なり、コンビニのATMで簡単にお金を引き落とすことができるため、事前に大金を用意して両替する手間がないのも嬉しい点です。

費用が抑えられた分、普段は泊まれないような豪華なホテルに宿泊したり、食事や現地でのアクティビティーを充実させるのがいいでしょう。

ハネムーンには行ったほうがいい?

手で作ったハート

これまで主なハネムーン先の平均予算について、見てきました。

国外ですと、100万円近くのお金が、国内でも数十万円もお金が必要になるということがお分りいただけたと思います。

そこで生じる疑問が「ハネムーンは行ったがほういいのか?」ということです。

冷静に考えてみれば、1つの旅行にこれほどまでの大金を費やすのは勿体無いような気持ちにもなります。
それでも現実的に80%以上の新婚夫婦がハネムーンに行っているのは何故なのでしょうか?

その理由として、最も考えられる答えは「一生に一度の思い出になる」という意見です。

楽しくも忙しい結婚式が終わり、そのあとに2人だけで過ごす時間というのは、甘く格別なひとときでしょう。
ハネムーンの時間はこれから苦労や困難が待ち受けているであろう結婚生活を2人で乗り切れるための愛情をさらに増し、強くしてくれます。
喧嘩をしたりすれ違いがあるときでもハネムーンのことを思い出せば、再び幸せな関係に戻れることもあるでしょう。

また結婚生活や子供が生まれたときのことを考えると、ハネムーンのような贅沢が許される時間は当分訪れないと考えられます。

そのため、人生最後の贅沢としてハネムーンにお金をかける新婚夫婦も少なくはありません。
もちろん、無駄な浪費は厳禁ですが、今後倹約な生活を送っていくのであれば、思い切った贅沢をしても許されるのではないでしょうか?

ハネムーンに行きたいけどお金がない…

悲しそうな目をする少年

ハネムーンに行きたいけど、お金がない…という方は多いのではないでしょうか?

特に300万円が相場と言われる結婚式直後に、さらに数十万円が必要なハネムーンにすぐに行けるような方はそうそういないでしょう。

また、地域によっては男性がハネムーン費を全額負担すべきという考え方もあり、特に男性の方はハネムーン費について頭が痛いのではないでしょうか?

そこで、最後にハネムーン費を工面する方法をご紹介します。

ブライダルローンを利用する

ハネムーン費が工面できない場合に、まず考えられる方法は、ブライダルローンです。

ブライダルローンは結婚式や披露宴の費用、ハネムーンにかかる費用限定のローンのことです。

ブライダルローンは銀行などの金融機関や結婚式場によって設けられています。

借入額が大きいため金利が低いのが特徴で、ブライダルローンの一般的な金利の相場は5%となっています。
カードローンの金利が14%〜18%であるのを考えると、ブライダルローンの金利が如何に安いかがお分かりだと思います。

反面、ブライダルローンは資金用途が決まっており、また借入額が大きいため審査が厳しいというデメリットもあります。

したがって、ブライダルローンの審査に落ちてしまい、お金を融資してもらえなかったという方は少なくありません。

カードローンを利用する

ブライダルローンの審査に落ちてしまったという方は、カードローンの利用を考えてみましょう。

カードローンは資金用途に制限がなく、ブライダルローンよりも審査が緩いというメリットがあります。

限度額の範囲内であれば、自由に借り入れや返済を行うことも可能で、必要な金額だけを借り入れることができます。

しかしながらカードローンは金利が高く、一般的には15%から18%の金利を負担しなければいけません。

金利が高い分、返済をするのが大変で、新婚生活に支障をきたしてしまう可能性があります。

またカードローンは融資額に制限があり、出資法と総量規制によって年収の3分の1を超える借り入れは不可能となっています。

そのため豪華なハネムーンを予定していても、年収次第では予算が足りない…ということにってしまうかもしれません。

クレジットカードのショッピング枠現金化を利用する!

ハネムーンの費用が足りない場合の金策として、ブライダルローンとカードローンについて見てきましたが、その2つはローンという名前がついていることから分かる通り、借金です。

したがって「ハネムーンのためとは言え、借金はしたくない」、「新婚ホヤホヤで借金をしたら離婚されそう…」、「返済が苦しくなると、新婚生活に悪影響…」と借金をすることに抵抗を感じている方は少なくないでしょう。

しかしながら、次に紹介する金策は借金ではありません。

気になるその方法とは、クレジットカードのショッピング枠現金化と呼ばれる金策です。

クレジットカードのショッピング枠現金化は、クレジットカードの利用限度額をお金に換えるという方法で、クレジットカードの限度額次第では100万円単位のお金を手にすることができます。

そのため高ランクなハネムーンを計画している方でも、予算を心配する必要はありません。

また前述の通り、クレジットカードのショッピング枠現金化は借金ではないためカードローンやブライダルローンに抵抗を感じている方でも安心して利用することができます。

当然ながら、クレジットカード現金化で得たお金は返済をする必要がありません。

一生を寄り添うパートナーと一生に一度の思い出を作るためにも、クレジットカードのショッピング枠現金化で得たお金で甘く幸せなハネムーンを過ごしてください!

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事