Amazonギフト券の現金化方法を購入から換金まで分かりやすく解説

2020年7月30日ギフト券・金券を換金して現金化する

ギフト券

Amazonギフト券は換金率が高く、お金に困った際には適した現金化商品です。

そこで本記事では、Amazonギフト券を現金化する方法を、購入方法から換金の方法まで分かりやすく解説します。

Amazonギフト券の換金率や現金化するメリット・デメリットを詳しく知りたい方は、ご参考にしてください。

Amazonギフト券を現金化する方法を購入から換金まで徹底解説

まずはAmazonギフト券の現金化の流れを、実際にAmazonギフト券を購入する方法から、換金(転売)まで分かりやすく解説していきましょう。

簡単な流れは、以下の通りです。

①Amazonギフト券を購入する
②Amazonギフト券を換金する
③現金化したお金を手にする

順番に詳しく解説していきましょう。

①Amazonギフト券を購入する

Amazonギフト券は、お近くのコンビニでご購入する事ができます。

または、Amazonのネットショッピングでも購入することができます。

ただコンビニの場合、Amazonギフト券をクレジットカードで購入する事はできません。

これはアマゾンギフト券が換金率が高いことから、クレジットカード現金化やキャリア決済現金化などの不正に利用されることが度々起こってしまったからです。

一方でアマゾンのショッピングサイト内であれば、Amazonギフト券をクレジットカードで購入することが可能です。

そのためアマゾンギフト券の現金化をお考えの方は、アマゾンのショッピングサイト内でギフト券を購入するようにしましょう。

Amazonギフト券の購入方法は、とても簡単です。

アマゾンのショッピングサイト内で、Amazonギフト券と入力し検索をすれば、様々な金額8種類、見た目のギフト券が表示されます。

ご自身が必要な金額に応じて、購入金額を選びましょう。

注意点としては、Amazonギフト券を全額現金化したとしても、額面通りの金額を全て受け取れるわけではありません。

監禁の際には手数料等がかかるため、換金率としては70%から80%程度になります。

その換金率を意識した上で、ご自身に必要な金額のAmazonギフト券を購入するようにしましょう。

またAmazon内で購入できるAmazonギフト券には、紙媒体とEメールタイプの2種類があります。

紙媒体のAmazonギフト券は、コンビニなどで見かけるようなタイプのギフト券です。

一方のEメールタイプのAmazonギフト券とは、紙などの実態はなくギフト券のコードのみをやり取りするタイプのギフト券です。

紙媒体の喫茶店とは異なり、実態はありませんが代わりにメールやメッセージなのに添付して送ることができます。

そのため紙媒体のギフト券とは異なり、購入した際にご自宅に発送されることがありません。

したがってEメールタイプのAmazonギフト券であれば、配送手数料がかかりません。

ご自宅に届くまでに発送を待つ必要もないため、購入した直後からすぐにギフト券を使用することが可能です。

ご自宅にAmazonギフト券が届くと言う事は、ご家族の方に怪しまれてしまう可能性もあります。

・配送手数料
・スピード
・安全性

を重視するのであれば、紙媒体のギフト券ではなくEメールタイプのAmazonギフト券を購入するようにしてください。

持ち運びの手間がありませんし、現金化の際に次店舗訪れなくてもいいネット買取専門業者を利用して現金化することもできます。

②Amazonギフト券を換金する

続いて、購入したAmazonギフト券を換金します。

当然ながら購入したアマゾンギフト券を換金すれば、ギフト券の現金化は完了です。

なおAmazonギフト券を換金する方法は、大きく分けて二つあります。

一つは街中にある金券ショップにAmazonギフト券を持っていき、その場で買い取ってもらう方法です。

こちらの場合、EメールタイプのAmazonギフト券ではなく紙媒体のギフト券をお持ちの場合に有効な現金化方法です。

意見としては、店舗型の買取専門業者の場合ですと、紙媒体のAmazonギフト券を持っていっても買取に対応してくれないことが考えられます。

一方で、EメールタイプのAmazonギフト券を専門的に買い取ってくれるネット型の現金化業者も存在しています。

ギフト券をお持ちの方は、ネット型の現金化業者を利用するようにしましょう。

ギフトコードを送るだけで、買取を行ってくれるため、スマホからでもお申し込みができますし何より来店する必要がありません。

もう一つAmazonギフト券を現金化する方法は、はネットオークションやフリマサイトなどに出品して、換金をするという方法です。

街中の金券ショップならば手軽に換金することが可能で、換金率も90%以上とかなり高い数字です。

紙媒体のAmazonギフト券はもちろん、カード番号を伝えればEメールタイプのAmazonギフト券でも買い取ってもらうことができます。

一方で、ネットオークションやフリマサイトなどを利用する場合、自分でネット上にAmazonギフト券の出品手続きを行う必要があります。

初めてメルカリやヤフオクを利用すると言う形は、少々戸惑ってしまうこともあるでしょう。

またEメールタイプのAmazonギフト券の場合、専門業者であるAmazonギフト券買取業者を利用しても、換金が可能です。

またメルカリやヤフオクの場合、自分自身で書いてを探し書いてとのやりとりメッセージの送りを行う必要があります。

紙媒体のAmazonギフト券でもEメールタイプのAmazonギフト券でもメルカリやヤフオクでは現金化をすることができますが、手間がかかる、スピードに難があると言うことを鑑みると注意が必要です。

・出品手続きの手間
・買い手とのやりとり

を考えるのであれば、ネット型のAmazonギフト券買取業者を利用することをお勧めします。

③現金化したお金を手にする

無事に換金をし、現金化したお金を手にすることができれば、Amazonギフト券の現金化は完了です。

現金化の際の換金率は、紙媒体からEメールタイプのギフト券の種類で異なります。

またメルカリやヤフオク、買取専門業者を利用するかどうかでも換金率は変化します。

またメルカリやヤフオク、ネットの買取業者などどの方法で換金をするかによっても、換金率は変わってきます。

特にメルカリやヤフオクの場合、出品者に対して販売手数料が10%かかります。

換金率は自動的に90%以下になってしまいますのでご注意ください。

以降の買取業者の場合でも、買取手数料と言う名目で10%から20%程度買取価格から金額が引かれます。

結論としてアマゾンギフト券を現金化する際には、額面通りつまり100%の換金率で、現金化をすることができません。

これはAmazonギフト券を現金化する際には必ず頭に入れておかなければいけない情報です。

Amazonギフト券の現金化のメリット

白いギフト券

続いてAmazonギフト券の現金化を利用するメリットを詳しく見ていきましょう。

具体的には、以下の点が挙げられます。

・換金率が高い
・手続きが簡単

それでは詳しく見ていきましょう。

①換金率が高い

Amazonギフト券の換金率は、大手金券ショップならば90%を超えます。

他の検索と比較してみると、例えばクレジットカード現金化の場合は現金化業者に手数料がかかるため70%から80%程度です。

最近何かとニュースになっている給料ファクタリングの場合、換金率は60%程度となります。

金融バックでもご利用できるこれらの金作作成と、Amazonギフト券の現金化は比較的お金を手にすることが可能です。

高換金率でクレジットカード現金化をしたいとお考えの方に、Amazonギフト券の換金はオススメです。

②簡単に現金化ができる

上述の通り、Amazonギフト券の換金をする手続きは非常に簡単です。

アマゾンのショッピングサイト内でギフト券を購入し、お近くの買取専門ショップにギフト券を持っていけばすぐに現金化を行うことができます。

また給料ファクタリングとは異なり、お勤め先の会社に在籍確認が行われたり緊急連絡先に電話がかかってくるといったこともありません。

ネットの買取業者の場合は身分証明書の提出が必要ですが、それでも借金の有無といった個人情報を審査される事もありません。

そのため簡単にかつスピーディーにお金を手にすることができるというのもAmazonギフト券現金化の特徴です。

③自分で換金ができる

Amazonギフト券現金化の方法をご覧になってお分かりの通り、アマゾンのときの現金化は現金化業者などの専門業者を利用する必要がなく、自分自身で換金を行うことが可能です。

現金化業者要する必要ないため、余計な手数料取られることがなく、手元に残る金額は確保することができると言うメリットがあります。

また現金化業者やファクタリング会社の中には、

・勝手にお勤め先に在籍確認を行う
・高い手数料を取る
・緊急連絡先に電話をする
・個人情報を悪用する

などの利用者にとって弊害がある業者が多く存在しています。

くれぐれもご利用の際には悪徳現金化業者には注意しなければいけません。

大手アマゾンのギフト券の関係は、自分自身で行うことができるので、安心して現金化ができます。

Amazonギフト券の現金化のデメリット・注意点

ダークなギフト券

続いてAmazonギフト券を現金化する際に気をつけなければならないデメリットや注意点を詳しく解説して参ります。

具体的には、以下の点にご注意ください。

・クレジットカード現金化がバレやすい
・Amazonは禁止している
・悪徳業者が多い

それでは順番に詳しく解説して参ります。

①現金化行為がバレやすい

Amazonギフト券は換金率が高い商品であるため、クレジットカード現金化やキャリア決済枠現金化によく使われる商品です。

したがってクレジットカード会社やキャリア会社はAmazonギフト券の購入者を厳しく見張っており、Amazonギフト券を現金化するとすぐにクレジットカード会社、キャリア会社に現金化行為がバレてしまいます。

仮にそのような会社に現金化がバレてしまうと、

・強制退会
・一括返済
・クレジットカードの利用停止
・スマートフォンの利用ていし
・金融ブラック入り

などのペナルティを課せられてしまいます。

クレジットカードが作れなくなるスマートフォンが契約できなくなるそういった弊害が生まれてしまう恐れがあります。

くれぐれもアマゾンで、現金化をする際には過度に行いすぎないようにしましょう。

②Amazonは現金化目的の商品券購入を禁止している

実はAmazonギフト券を発行しているAmazonも、現金化目的によるAmazonギフト券の購入を禁止しています。

これはアマゾンのショッピングサイト内で、会員規約利用規約をチェックしたのはすぐにわかります。

『Amazonギフト券を転売しないでください』
Amazonギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること(例:買取サイトにAmazonギフト券を売ること)も、Amazonギフト券細則の違反となり、アカウントの停止などの対象となります。ご自身で購入したギフト券ならびに各種キャンペーンなどを通じて入手したギフト券を転売、換金することは、お控えいただきますようお願いいたします。
ギフト券の買取に関する詐欺の手口については、次の事項もご確認ください。
不正行為防止とお客様の安全なお買い物のため、ご理解とご協力をお願いします。

ご覧のようにAmazonの利用規約に、Amazonギフト券の換金を控えるように書かれています。

仮にAmazonギフト券を購入していることがばれてしまうと、アマゾンから

・会員権剥奪
・ポイントの利用停止
・Kindle、プライムなどのサービス利用停止

といった処分が課せられてしまうことも考えられます。

同時にクレジットカード会社やキャリア会社からも食ってしまうと、ダブルで厳しいペナルティとなります。

③悪徳業者が存在している

またAmazonギフト券を買い取る業者の中には、詐欺業者などの悪徳業者も少なからず存在しています。

そのような悪徳業者を利用してしまうと、

・Amazonギフト券のギフトコードを送信したら、連絡が来なくなった
・ヤミ金を紹介された
・個人情報を悪用された

といった被害に遭うかもしれません。

くれぐれも、Amazonギフト券を買い取る専門業者には注意してください。

まとめ

ギフト券取引先こもの

Amazonギフト券は換金率が高く、自分でクレジットカード現金化をする際には有用な商品です。

現金化業者を通さなくても、自分自身で購入から現金化までができますし、換金率もとても高い商品です。

クレジットカード現金化やキャリア決済現金化、給料ファクタリングなどに比べると安全性や安定性は高い気さくであると言えるでしょう。

しかしながらAmazonギフト券現金化は、1日が高いことから現金化行為によく用いられる商品です。

カード会社やキャリア会社アマゾンはそのことを重々承知しているため、現金化目的の商品購入を厳しく見張っています。

仮にそのような会社に現金化行為がばれてしまうと厳しいペナルティーをかせられてしまうためご注意ください。