海外旅行などで外国にいるとき1番の心配はお金のことですよね。海外にいてもクレジットカードの現金化ができたら便利だと思いませんか?海外からでもカードのショッピング枠を現金化できるのか、またその時の注意点を簡単にご説明します。

海外にいてもクレジットカードを現金化をしたい!

外国の紙幣海外旅行に行ったとき遊びすぎてお金が無い…なんて経験はありませんか?
実際に、海外旅行で最もトラブルの原因になるのは、お金に関することだと言われています。
まだ数日あるのにお金が無くてこのままじゃお土産が買えない…なんて自体は避けたいところ。

そんなときに旅行先の外国からでもクレジットカードの現金化ができたら便利ですよね。
行き先の国によりますが、日本円より国の通貨の価値が低い国だと、買い物の支払いは日本円で払った方がお得になる場合があります。
日本円の方が現地の通貨より価値が高いため、現地の人には日本円の方が喜ばれるのです。
地方だとわかりませんが、観光地や都市部だと現地の通貨に両替しなくても、日本円がそのまま使える場所もあります。
また日本で振込をしなきゃいけない大事な用事を思い出した、なんてときにも、ますます海外からクレジットカードの現金化ができたら便利ですよね!
クレジットカードの現金化はインターネットからの利用申し込みが可能なので、日本全国どこにいても現金化をすることができます。
しかし最近はインターネットの普及により世界の誰とでも繋がれる時代とはいえ、外国にいても日本の現金化は利用できるのでしょうか?
今回は海外からでも現金化は可能なのかと言う疑問に、余すとこなくお答えしていきます。

海外旅行好きの方、海外出張が多い方必見の情報です!

海外からでもショッピング枠の現金化は可能です!

クレジットカードと財布海外にいても現金化を利用することは可能です!

最近は店舗にて営業をしている現金化業者だけでなく、インターネット上でクレジットカードのショッピング枠現金化を行ってくれるネット型業者が増えています。
そのため海外にいてもインターネットさえ使えればクレジットカードの現金化を利用することができるのです。
改めてインターネット社会のすごさを実感しますよね…

しかし海外からでも現金化ができると聞いて喜ぶのはまだ早いです。
いくつか知っておかなければならない注意点もありますので次に見ていきましょう。

時差があることに注意!

海外にいるのですから当然、日本とは時差があります。
地域によっては現地時間はお昼だけど日本では深夜ということもあります。
そんな当たり前の事を言うな、と思うかもしれませんが、日本の時間と業者時間をしっかりと確認することが必要です。

さらに海外だと時間だけでなく日付、曜日までも日本と違う可能性があります。
ちゃんと確認しないと、日本の日付だと現金化業者は営業が休みだった…なんてことが起こるかもしれません。
特に、お金が必要なときはどうしても焦ってしまうことが多いです。
うっかりミスが多くなる恐れがありますのでキチンと確認しましょう。

最近は24時間申し込み可能な現金化業者の数が増えていますので、営業時間が心配な方はそちらを利用してはいかがでしょうか。

連絡が可能な状態にする

ネットが普及して遠いところにいる人と繋がれる時代とは言っても、地理的な距離は埋めようがありません。
特に海外ですと日本とは違ってちゃんとしたWi-Fiなどが確保できない恐れがあります。
日本にいる現金化業者を利用するのですから、連絡手段は確実に保つようにする必要があります。
ネット型業者を利用するとは言え、緊急時に備えて可能ならば電話での連絡も取れるようにしておくことが望ましいです。

入金されたお金は引き落とせるか?

海外には日本の銀行やATMはほとんどありません。
都市部を離れて地方に行くのならなおさらのことです。
日本の現金化業者ですから、現金化されたお金は日本で開設した銀行の口座に振り込まれます。
せっかく現金が振り込まれても、現地から引き落とせなかったら何の意味もありません。

海外でも使えるキャッシュカードは数が限られていますが、存在します。
また外国と提携している日本の銀行なら提携ATMからお金を引き落とすことができます。

不安な方は海外に行く前に日本で引き落とし方法を確認・確保してから海外に行くといいでしょう。

海外発行のカードは使えない可能性がある

海外で発行したクレジットカードは日本の現金化業者では利用できない可能性があります。
世界的ブランド会社のvizaやAmerican Expressなどが付いていても、日本国内の企業が発行したクレジットカードでないと決済システムが対応してない可能性があるのです。
海外旅行に行って現地でクレジットカードを作るなんて機会はほとんど無いかもしれませんが、海外出張に行かれている方や海外に住んでいらっしゃる方は覚えておいた方がいいかもしれません。

海外からでもキャッシングはできる

ATMでキャッシングをする様子実は国際ブランド(VISAやAmericanExpress、Diners)などがついているクレジットカードならば現地のATMからキャッシングが利用できます。
すぐに、そして確実に現金が手にできるという点では、現金化よりキャッシングの方が優れているかと思います。
また自動で現地のお金に両替をしてくれるというメリットもあります。

とはいえ、キャッシングは言わずと知れた立派な借金です。
日本に帰ったら必ず返済をしなければなりません。
キャッシングを利用するか、現金化を利用するかは個人の選択の自由ですが、よくよく比較してから実行するようにしてください。

海外でも現金化を行っている国はあるの?

アメリカドル海外にいながら日本のクレジットカード現金化業者を利用するのは少し不便です。
時差がありますしキチンと申し込みができているのか不安になります。

現地にも日本のクレジットカード現金化と同じようなサービスはあればすごく便利ですよね。
そこで海外にも現金化に似たようなサービスを行っている国があるか調べてみました。

韓国ではクレジットカード現金化は非合法

日本のお隣の国で海外旅行先として人気が高い韓国では、クレジットカードのショッピング枠を現金化することは非合法となっていました。
韓国で行われている現金化の方法は日本で一般的な現金化の方法とは異なりますが、それでもクレジットカードを現金に換えるということ自体が禁止されているようです。

欧米でのカード現金化事情はどうか?

元々クレジットカードはアメリカ発祥であり、日本よりも欧米の方がクレジットカードの先進国と言えるでしょう。
事実、キャッシュレス社会が進む北欧諸国では商店街のいたるところに「現金お断り」の張り紙が貼ってあります。

株式会社三菱総合研究所と日本クレジットカード協会が調査したところによると、日本のクレジットカード普及率は15.9パーセントでした。
アメリカでは34.4パーセントでイギリスは46.3パーセント、カナダは51.4パーセントと圧倒的に欧米諸国のほうがクレジットカードが普及しています。
日本でもクレジットカードを使っている方は大勢いますが、それでも欧米の半分以下とは驚きですね。

気になる現金化ですが、クレジットカード先進国の欧米では比較的クレジットカードの現金化が認められているそうです。
日本だと現金化はちゃんと法律で認められているわけではありません。
欧米だとクレジットカードと現金を同列に見なしているという考えが一般的です。
そのためクレジットカードの現金化が認めらているのかもしれません。

また「キャッシュアウト」というカード加盟店で現金を手に入れられるサービスも欧米には存在します。
キャッシュアウトとは分かりやすくいうと、クレジットカードが使えるお店のレジから現金を、そのまま受け取れる仕組みのことです。
残念ながら日本ではまだ実現には至っていません。
しかし2018年ごろから日本でもデビットカードに限りキャッシュアウトが実施されるみたいです。

注意点!

海外でも現金化ができる場合があることが分かりました。
日本の現金化業者を利用するよりは、現地の現金化を利用したほうが手っとり早いですよね。
ですので覚えておいて損は無いかと思います。

とはいえ海外で現金化をしようとしたら、言語の違いにより思わぬトラブルが発生してしまうかもしれません。
お金に関することですから、無用ないざこざは避けたいところです。

もうひとつ注意点を挙げるとすると、クレジットカード発祥の地アメリカではクレジットカードを現金化することは合法なのですが、クレジットカードで支払いをして、現金を手にすることは違法となっています。
つまり日本で行われている現金化の方法は、アメリカでは非合法になるということです。
アメリカに行ったときに知らずに現金化をしてしまい現地で罪に問われる、なんてことにならないよう注意が必要です。

まとめ:海外からクレジットカード現金化を利用方法!

アメリカの風景最後にこの記事に関して簡単にまとめを行いたいと思います。
要約すると、

  • 海外にいても日本の現金化サービスを利用することができる
  • 業者の営業時間、お金の引き落とし方法をしっかりと確認する
  • 現地で現金化が可能なケースがある

上記の3点になります。

せっかくの海外旅行、お金の心配が必要になる事態にならないようよくよく気をつけてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
素敵な海外旅行を楽しんでくださいね♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事