ショッピング枠現金化を行うのは、キャッシングをせずに現金を手にしたいときです。お金に困ってショッピング枠現金化をしたことが家族にバレてしまうのは、どのような経緯で発覚してしまうのかを検証しました。

クレジットカード利用明細の管理は自分で行いましょう!

明細をチェックする女性クレジットカードの利用明細を夫婦で管理しているようなケースでは、普段はない高額なショッピングを行うことになるため、家族にバレてしまう可能性が出てきます。
自分のクレジットカードの管理は自分だけで行うようにし、届いた明細はすぐに破棄しましょう。

また、クレジットカード会社では環境への配慮のため、Web上で明細を確認することを推奨しています。
Web明細にすることでポイントをもらえるカードもありますので、無駄な資源を節約することと明細を自分だけで管理するために、Web明細に切り替えるのも良いでしょう。

用紙のカード利用明細が届く人は、むやみに放置することは危険です。
見るつもりがなくても家族の目に届いてしまえば、そこからショッピング枠を現金化をしたことがバレてしまう可能性があるからです。
細心の注意を払うのであれば、明細はシュレッダーで裁断してから捨てるのがベストです。
ごみ箱のものを拾われて見つかってしまう危険をなくすためです。

家族カードを使っている人は要注意!

財布とクレジットカードクレジットカードでは家族カードを発行できるものも多数あります。
このカードは契約主と生計をともにしている人が利用できるもので、審査不要で所有することができます。
奥さんや子供に持たせることができますが、契約主ではない人がショッピング枠現金化をすると明細からバレる可能性が高くなります。

また、契約主でも注意しなくてはならない点が1つあります。
それは限度額です。
もしショッピング枠現金化で限度額ギリギリまで利用してしまうと、奥さんや子供に持たせているカードでも限度額の制限によって、決済ができなくなってしまいます。
買い物をしようとしたときに限度額いっぱいで使えなくなっていたら、高額な商品でも買ったのかなと怪しく思ってしまいます。
ショッピング枠現金化をするときは持たせているカードが利用できなくなるくらいまで換金することは避け、ある程度の余裕を持たせておいたほうが良いでしょう。
信用力があるのであれば、いったんショッピング枠の増額をしてから利用するのも良いでしょう。

商品購入でショッピング枠を現金化する場合も注意が必要!

段ボール箱を持つ男性ショッピング枠現金化をする方法はいくつもありますが、自宅に配送された商品を転売することで現金を手にする場合、荷物の内容で怪しまれる可能性があります。

普段ブランドには全く興味がない人が突然ブランド品を買っていたり、オークションでギフトカードを落としていたら転売をするのかなと思われるかもしれません。
特に大きな荷物が届いた場合、これは何なのだろうと思って開けられてしまう可能性もあります。
郵送で荷物が届く場合は封筒1つで済むようなものに厳選しましょう。

郵便物からバレないようにするためには、商品の受け渡しがインターネット上で完結する方法を選んだほうがよいでしょう。
ネット上にはたくさんのギフトコード買取店があります。
ネット上でギフトコードを購入し、転売するだけです。
実際に商品の受け取りはありませんので、最短で即日換金することができるのもメリットの1つですし、中には24時間土日でも振り込みをしてくれるショップもあります。

安心して利用できるネットの買取店

タブレットPCを操作する男性インターネット上にはさまざまな買取店がありますが、買取率や換金までの時間はショップによってことなります。
ギフトコードをショップに送ったあとに送金されますので、入金までの時間が長いと不安になってしまうこともあるでしょう。
実際にこのような手口でギフトコードがだまし取られるケースも存在しています。
ネット上のやり取りとなってしまうため、相手の顔を知ることもできません。
ネットでの取引ではどこのショップでも先にギフトコードを送る仕組みとなっているため、あとから騙されたことに気づくケースもあります。

そうならないためにも、口コミでの評価が高い安全で信頼できる優良店を選ぶようにしましょう。
ショッピング枠現金化をするときは換金率の高さで選びたくもなりますが、高すぎる換金率には罠がある場合もあります。
このような業態では高すぎる換金率では利益を出すことができず、営業を続けることができないからです。

換金率が95%を超えていたら慎重に考えたほうが良いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事