ウェブマネーとiPhone

電車やバスを利用するときに使えるパスモやSuica、自動販売機やコンビニなどで使えるnanacoやWAONなど最近は様々な場所で電子マネーを使うことができます。

お金が無いときに、「自分で電子マネーを現金化して別の支払いに役立てたい」と考えたことはありませんか?

実は、電子マネーを現金化しお金を手にすることができる方法は電子マネーの種類によって複数存在します。
今回は電子マネー現金化の方法を簡単に解説していきたいと思います。

電子マネーの種類

電子マネーで支払い

電子マネー現金化の方法を解説する前に、まずは簡単に電子マネーの種類について見ていきましょう。

電子マネーは大きく分けて、プリペイド型ポストペイ型に分けることができます。

プリペイドとは「Pre(先の)・Paid(支払い)」という英単語で、先払いという意味です。
プリペイド型の電子マネーを決済に利用するには、前もってカードにチャージ(入金)する必要があります。
チャージ金額以上のお金を決済することはできず、残高が無くなったらその都度チャージをしなければいけません。
プリペイド型の電子マネーにはSuicaやPASMO、WAON、楽天Edy、nanacoといった主要な電子マネーが分類されます。

一方のポストペイ型の電子マネーはプリペイド型の反対で、後払い(post=後)の電子マネーです。

大半のポストペイ型の電子マネーはクレジットカードと紐づけられており、支払いはクレジットカードの支払い時に行います。
そのためポストペイ型の電子マネーを保有するには、一定の審査があります。
代表的なポストペイ型電子マネーにはQUICPayやiDなどが挙げられます。

電子マネー現金化の方法!

札束を胸から取り出す男性

続いて電子マネーを現金化する方法をプリペイド型電子マネーとポストペイ型電子マネーに分けて解説していきたいと思います。
それぞれの方法のメリット・デメリットについても理解するようにしてください。

プリペイド型の電子マネーを現金化する方法

プリペイド型電子マネーを現金化する方法として「払い戻しをする方法」「転売or返品をする方法」があります。以下で順に解説してきます。

払い戻しをする方法

電子マネーにチャージしてしまったお金は払い戻しをすることによって現金に換えることができます。

PASMOやSuicaなど交通系の電子マネーでしたら、みどりの窓口や駅員さんに頼めばチャージ残高を現金化してもらえます。

しかしながらWAONや楽天Edy、nanacoの場合、基本的に払い戻しをすることはできません。
それでも例外的に、誤って必要以上にチャージをしてしまった場合ICチップの故障といった場合は払い戻しに対応してくれます。

払いもどしによる現金化のメリット・デメリット

払い戻しをする現金化のメリットとして、換金率が高いことが挙げられます。

払い戻しに応じてもらえさえすれば、チャージ残高を全て受け取ることができるため払い戻しによる現金化ならば換金率100%が実現できます。

一方で払い戻しによる現金化には、全ての場面・カードで払い戻しができる訳では無いというデメリットもあるので注意が必要です。

転売or返品による方法

電子マネーを利用できるお店で、電子マネーで商品を購入し、フリマアプリやネットオークション・買取ショップなどで商品を転売をすれば、電子マネーを現金化することができます。

また電子マネーで購入した商品をその場で返品するという現金化の方法もあります。

商品返品によるクレジットカード現金化なら換金率は100%!

一度電子マネーで決済してしまったお金をお店側は元に戻すことはできません。
そのため商品を購入したお金は現金で受け取ることができます。

転売or返品による現金化のメリット・デメリット

電子マネーで決済が可能なお店はコンビニや量販店といったお店が多く、残念ながら転売して利益を出せるほど換金性の高い商品を電子マネーで購入することはできません。
したがって転売による現金化の場合、換金率が低くなってしまい得られるお金は少なくなってしまいます。

返品による現金化の場合は、購入代金を全額受け取ることができるため、100%の換金率を実現できます。

しかしながらお店側に不備があったわけではないのに返品をしても、対応してくれるかどうかは分りません。
そもそも返品はお店の義務ではなく、あくまでサービスの一環という位置づけです。
返品による現金化を行う場合は事前に返品可能なお店かどうかをチェックするようにしましょう。

ポストペイ型の電子マネーを現金化する方法

ポストペイ型の電子マネーは後払いのため、払い戻しによる現金化ができません。

しかしながらプリペイド型電子マネー同様に、ポストペイ型の電子マネーも「転売or返品による現金化」可能です。

またポストペイ型電子マネーはクレジットカードと一体型であるため、クレジットカード現金化サービスに利用することができます。

ただポストペイ型電子マネーはクレジットカードよりも利用限度額が低く、クレジットカード現金化よりも得られるお金は少なくなってしまうというデメリットがあります。

電子マネー現金化の裏技!

ないしょ話をする男女

電子マネーの中には楽天Edyなど、クレジットカードからチャージできるカードがあります。

クレジットカードを現金化する場合、カード会社は利用者の決済状況をチェックできるため現金化が発覚してしまう可能性があります。万が一カード会社に現金化がバレてしまうと、何らかのペナルティーが下されてしまうかもしれません。

カード会社がクレジットカード現金化を禁止するリアルな本音とは

クレジットカード現金化がカード会社に発覚したときのペナルティ

しかしながらクレジットカードから電子マネーにチャージをして、そのチャージしたお金を現金化すれば、電子マネーが間に入っているため現金化が発覚しづらくなります。


カード会社が後からクレジットカードの利用状況をチェックしても、「電子マネーにチャージした」という記録が残っていることしか確認することはできません。
さらにこの方法ならばレジットカードの利用分と電子マネーの利用分でポイントを二重に貯めることもでき、さらにお得です。

フロントカードのクレジットカード現金化でポイントを二重取りしよう!

電子マネー現金化のメリット

パソコンを見て笑顔の男性

ここでは電子マネーを現金化することの全体的なメリットについて説明していきます。

まず電子マネーの多くは作成するのに審査が必要ありません。
そのためクレジットカード審査に落ちてしまって、クレジットカードを持っておらずクレジットカード現金化ができないという方でも電子マネーさえ持っていればお金を手にすることができます。

またクレジットカード現金化の場合はカード会社に発覚してしまうというリスクがありますが、電子マネー現金化の場合は発覚するリスクが低いという利点もあります。

加えてクレジットカード現金化はカード会社が所有している商品を勝手に転売するという行為が横領罪に当たる可能性があります。

逮捕者は0だけど…クレジットカード現金化は横領罪になるって本当?

一方で電子マネー決済の場合、電子マネーに入っているお金は自分のものであるため、購入した商品の所有権は100%自分にあります。
そのため電子マネー現金化ならば、横領罪に問われる心配はありません。

電子マネー現金化のデメリット

ジェンガを倒してがっかりする男性

ここでは電子マネーを現金化することの全体的なデメリットについてお話しします。

まず電子マネー現金化のデメリットとして、現金化によって得られるお金が少ないということが挙げられます。

プリペイド型にせよポストペイ型にせよ、電子マネーの利用限度額は2〜3万円となっています。
したがって大きいまとまったお金が必要という場合に、電子マネーの現金化は適していません。

加えて電子マネーを現金化するのには、手間と時間がかかります。
特に夜間にお金が急遽必要になったというときには電子マネーを現金化することはできませんので注意が手必要です。

また電子マネー現金化の最大のデメリットとして、そもそもチャージ済みの電子マネーを持っていなければいけない」ということがあります。

そのため都合よく電子マネー現金化でお金を手にできるというケースはあまりないかもしれません。

クレジットカードのショッピング枠現金化を利用しよう!

スムージーの飲む女の子

電子マネー現金化は

  • 大きなまとまったお金が必要な方
  • 今すぐにお金が欲しい方

には不向きであると言えます。

上記のような方は本家とも呼ぶべきクレジットカードのショッピング枠現金化サービスを利用するようにしましょう!

クレジットカードのショッピング枠現金化ならば数万円・数十万円といったお金を手にすることが可能ですし、現金化業者を利用すれば申し込みから最短10分程度24時間いつでもお金を得ることができます。

クレジットカード現金化なら土日や夜間の急な出費にも対応できる!

またクレジットカード現金化は借金ではないため、審査不要で誰でも利用できるという利点もあります。

反対に「少額のお金を安全に手にしたい」という方は電子マネーを現金化するほうがいいかもしれません。

クレジットカード現金化と電子マネー現金化のどちらを選択するかは、自分の置かれた状況、希望する現金化額などに応じて決めるようにしてください。

電子マネーを現金化する方法と手続きの流れを解説

現金を持たずとも、支払いをすることが出来るのが電子マネーの特徴ですが、現金がどうしても必要という時には電子マネーを現金化できる方法があります。本記事では現金化するまでの手続きや流れを詳しく解説いたします。

現金を持たなくても支払いができる

レジでクレジットカードを使う人これまで物を買ったり、サービスを受けるという場合には、現金やクレジットカードで支払うということが一般的でした。
しかし、最近では現金の代わりとなる電子マネーを利用して支払いをするという人が増えてきています。

専用の機器にカードをかざすだけで支払いを完了させることが出来るというものです。
一見すると、クレジットカードと同じように見えますが、電子マネーの場合、あらかじめ入金しておいた分しか使用することが出来ないというタイプもあります。

そのため、使いすぎを防ぐことが出来るというメリットがあります。また、クレジットカードとは異なり、持つための審査もありませんので、収入や年齢に関わらず、誰でも気軽に持つことが出来ます。

一つのカードでコンビニやスーパー、ドラッグストアなどで使用することが出来るため、家計管理も簡単に行なうことができるようになるというメリットもあります。
電子マネーにはいくつかの種類があり、使用することが出来る場所にも違いがあります。

リスクの少ない現金化の方法

喜んでいる女性電子マネーには、プリペイドタイプ以外にポストペイタイプもあります。
これは、クレジットカードに付帯されている電子マネーであり、電子マネー払いをした分はクレジットカードの支払い分と合算され、後払いとなります。

プリペイドタイプの場合、あらかじめ入金をしておく必要がありますが、基本的に一度入金したお金は取り戻すことが出来ませんので、注意が必要です。

お金を取り戻すための方法として、現金化という方法があります。
現金化というと、クレジットカードが一般的ですが、クレジットカードの現金化は様々なリスクが伴うものですが、電子マネーの現金化はクレジットカードに比べて、リスクが少ないと言われています。

また、その方法も難しくはなく、インターネット通販などを利用して換金率の高い商品を購入し、他のところに売却するというものです。
この時に購入するべき換金率の高い商品としては、ブランド品やゲーム機、各種チケット等が挙げられます。

キャンセルや解約でお金を手に入れる

日本円を渡す人クレジットカードの現金化もそうですが、自分で全ての事を行おうとすると、換金率が低くなってしまいがちです。

そこで、裏技があります。
それが、一度購入した商品を他のところに売るのではなく、購入のキャンセルや解約の手続きをするということです。
インターネット通販を利用して商品を購入した場合、それがどのような方法で代金を支払った場合でも、現金で振込手続きがなされるのが一般的です。
この時、手数料がかかることもありますが、かからない場合もあります。もし、手数料がかからなかった場合には、換金率は100%ということになるわけです。

注意しなければならない点としては、店舗によっては現金での返金ではない可能性があるということや返品を受け付けていない場合があるということでしょう。
取引を行う前に利用規約や購入する製品が返品することが出来るかどうかについての記載がないかを確認するようにしましょう。

なお、この方法はすぐにお金が必要という人には向いていない方法です。

面倒な方はクレジットカード現金化の業者を利用すると良いでしょう

テレフォンアポインターの女性自分で電子マネーを使用して商品を購入したり、返品をすることが面倒という人は、専門の業者を利用すると良いでしょう。

最近では業者の数も増えてきてはいますが、まだ歴史が浅いということもあり、安心して利用することが出来るかどうかを判断するのは難しいのが現状です。
効率よく現金化を行いたいと思うがあまり、詐欺に引っかかってしまうという事も十分に考えられます。

そこで、業者を利用して現金化を行なうという場合には、信頼に値する業者であるかどうかを確かめるようにしましょう。
ホームページを確認する時には、住所や責任者名が明らかであることや手続きについての詳しい説明の有無を調べるようにしましょう。
また、実際に業者を利用して現金化をしたことがあるという人の口コミや体験談も業者を選ぶ時の一つのポイントとすることが出来るかもしれません。
分からないことや気になること、不審に感じることがあれば、利用をする前に問い合わせをしましょう。

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事