現金化が発覚しやすい人とは?発覚を防ぐ方法を解説!

クレジットカード現金化をする人はカード会社に事前に目をつけられている場合が多いことがわかっています。では具体的にどのような人がカード会社にチェックされてしまうのでしょうか?カード会社に現金化が疑われやすい人、さらにはカード会社に目をつけられないようにする方法を詳しく解説します。

クレジットカード現金化の予備軍?

カード会社は不正利用をチェックしている⁉

クレジットカード現金化はお金がないときでも、クレジットカード1枚で簡単にお金を得ることができる優れたサービスです。

「生活費が苦しい」、「すぐにお金を振り込まなければいけない」という場合に助けられた方も多いのではないでしょうか?

しかしながらクレジットカード現金化はその有能性とは裏腹に、カード会社の利用規約上では禁止されています。

ではカード会社はどのようにしてクレジットカード現金化を行った人を見つけるのでしょうか?

実はカード会社が現金化を発見する場合は、予めクレジットカード現金化の予備軍となりそうな人をチェックしていることがほとんどです。

以前は人的に、現金化などの不正利用をチェックしていたようですが、現在では現金化をしそうな人を判別するための高性能なプログラムが開発されています。
さらには将来的に人工知能を利用した不正検出も行われると考えられており、その制度は日に日に増しています。

したがって特に警戒もせずに安易な気持ちでクレジットカード現金化を行ってしまうと、すぐにカード会社に発覚してしまうのです。

クレジットカード現金化がカード会社に発覚してしまうと、カードの利用停止や強制退会、無期限のクレジットカード使用禁止といった厳しいペナルティーが待ち受けています。

そうならないためにも、今回は現金化が疑われる人はどんな人なのか、さらにはカード会社に目をつけられない方法をご紹介したいと思います。

現金化が疑われる・バレる人って?

浮かない表情

カード会社から「現金化をするのではないか」、と目をつけられている人は、どのような人なのでしょうか?

まず挙げられるのが、過去にカード返済を遅延したことがある人です。
カード返済を遅延してしまうと、「この人はお金に困っている、ゆくゆくは現金化を行いそうだ」と疑われてしまいます。

またキャッシング枠が一杯の人・キャッシングをよく利用する人も同じ理由で、現金化予備軍として目をつけられてしまいます。

さらに個人信用情報機関に要注意人物として登録されている人も、カード会社から現金化の疑いを常にかけられています。

個人信用情報機関とは、銀行や消費者金融、クレジット会社などが加盟している情報機関です。
個人信用情報機関には各個人の借金状況や返済履歴などの個人情報が登録されており、利用者の社会的信用度を調査する際に用いられます。
返済の滞納や多重債務、さらには自己破産をした人は最も信用が無い事故登録として信用機関に登録がされてしまい、一般的にブラックリストと言われる要注意人物となってしまいます。

また換金率の高い現金化を疑われる商品を頻繁に購入している人は特に、カード会社から目をつけられていると考えていいでしょう。

まとめると、現金化予備軍としてカード会社にチェックされている人とは
「カード返済を遅延している人」・「キャッシング枠がいっぱいな人」・「個人信用情報機関に登録されている人」・「現金化が疑われる商品を購入している人」です。

では少しでもカード会社に目をつけられないために、できることはあるのでしょうか?

カード会社に目をつけられなくする方法!

隠れる女性

次にクレジットカード現金化をする際に、カード会社から目をつけられなくする方法をご紹介していきます。

どれも個人で簡単にできることばかりなので、できる限り実践するようにしましょう。

クレヒスをよくする!

クレヒスとは、クレジットカードヒストリーの略語のことです。
その名の通り、決済や返済、キャッシングといったクレジットカードに関する過去のデータを表します。

クレヒスが悪いということは、返済を遅延してしまっているかキャッシングを頻繁に利用していることになり、先ほど話した通り現金化を疑われてしまいます。

つまり裏を返せば、クレヒスをよくすれば現金化を疑われる可能性が低くなります。

クレヒスをよくするための方法として、「カード返済は絶対に遅延しない」、「消費者金融を利用しない」「、毎月コンスタントにクレジットカードを利用する」といったことが挙げられます。

しかしながら一度目をつけられてしまうと、クレヒスをよくすることを心がけても監視の目をそらすのは難しくなってしまいます。
また当然ながら、クレヒスは一朝一夕で良くなるものではありません。
クレヒスをよくするためには日頃から意識して、地道に取り組むことが大切です。

現金化をするときは分割決済にする

クレジットカード現金化はショッピング枠の空き次第で、数十万円単位での高額な現金化をすることも可能です。

しかしながら、現金化を疑われている人が急に高額のクレジットカード決済を行なってしまうと、現金化を疑われるのは無理もないでしょう。

そこで高額な現金化を希望する場合は、クレジットカード決済を分割決済にすることをオススメします。

そうすれば決済額の総額は変わりませんが、少しでもカード会社からの追随を躱すことができます。

現金化が疑われる商品を購入しない

先ほど話したことの裏返しで、カード会社に目をつけられないようにするために、現金化が疑われる商品は購入しないようにしてください。

現金化が疑われる商品とは例えば、換金率が高いブランド品や金券・ギフト券、新幹線の回数券と言ったものです。
また家電製品など、一つあれば十分な物を複数購入してしまうと現金化が疑われてしまいます。

これらは個人で現金化をする人が真っ先に購入するもので、クレジットカード会社は利用者の決済を把握することができるため、ほぼ確実に現金化はバレてしまいます。

キャッシング枠を空けておく

これは確実な方法はありませんが、キャッシング枠を空けておくことでクレジットカード現金化を行ったことが発覚しづらくなることがあります。
理由は、「キャッシング枠が残っているのならお金がない場合はキャッシングを利用するだろう」と、カード会社が考えるためです。

ただ確信を持って現金化疑われている場合、効果は期待できません。

またキャッシング枠はショッピング枠の中に含まれているため、キャッシング枠を残しておこうとすると現金化できる金額が少なくなってしまいます。

現金化業者を使えば安心?

現金化の専門業者を利用すれば安心⁉

現金化業者を利用すれば、個人で現金化をするよりも発覚のリスクは低くなり、安全にお金を手にすることができるというのはまぎれも無い事実です。

しかしながら現金化業者を利用しても、もともと現金化予備軍としてカード会社にチェックされている方ですと、油断はできません。

したがって現金化業者に全面的に頼りっぱなしになるのではなく、今回ご紹介したような個人レベルで実践できることに取り組むようにしましょう。
引いてはそれが自分自身を守ることに繋がるのです。

「現金化はバレる人とは?バレにくくする方法はあるの?」のまとめ!

机の上のパソコン

  • カード会社は現金化をしそうな人に目星をつけて、チェックしている
    「カード返済を遅延している人」・「キャッシング枠がいっぱいな人」・「個人信用情報機関に登録されている人」・「現金化が疑われる商品を購入している人は疑われやすい!
  • カード会社に目をつけられないために、「クレヒスをよくする」、「現金化が疑われるような商品を購入しない」といったことに取り組もう
  • 現金化が発覚すると厳しいペナルティがある、そうならないためにも自分でできることは実践する!
最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…という方、手っ取り早く優良業者を知りたい!という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事