自分で後払い決済現金化を行う際のデメリットや注意点を解説

後払い・ツケ払いサービスの現金化を解説

隠れたデメリット

後払い現金化は自分自身でも行うことができます。

しかしながら自分自身で現金化を行う際には、多くの注意点が存在します。

本記事では自分自身で後払い決済現金化を行うデメリットや注意点を詳しく解説していきます。

自分で後払い決済現金化を行う際のデメリット、注意点とは?

デメリットの文字

後払い決済現金化はクレジットカード現金化やキャリア決済金金金様に業者を使わなくても自分自身で行うことができます。

しかしながら自分自身で現金化を行うことにはデメリットが危険性、知っておかなければならない注意点が多数存在します。

次に詳しく見ていきましょう。

①商品が自宅に届くのを待つ必要がある

現在の後払い決済サービスの多くは、ネットショップでしか利用することができず10店舗では決済を行うことができないことがほとんどです。

後払い決済で購入した商品を現金化する際には、商品がお手元に届くまで数日かかることがあります。

ネットショップでの購入ですので、商品が手元に届くまでには時間がかかってしまいます。

当然ながら商品が手元にない場合、メルカリやヤフオクなので転売することはできません。

当然ながら買取専門店等の時店舗で現金化することも不可能です。

つまり後払い決済現金化を自分自身で行うと、現金化が完了するまでに時間がかかってしまいます。

したがって、即日でお金を手にする事はまず不可能と言えるでしょう。

お急ぎでお金が必要と言う方にとって、後払い現金化は有用性が高いサービスではありません。

② Amazonギフト券の購入は不可能

Amazonギフト券はクレジットカード銀貨やキャリア決済後現金化によく使われる後換金率な商品です。

しかしながら近年、アマゾンギフト券は現金化卓が厳しく行われており、現在のところは後払い決済サービスで購入することができません。

Amazonギフト券はEメールタイプがあり、有形商品とは違って商品の発送を待たずに受け取れると言うメリットがあります。

しかしながら、Amazonギフト券を後払い決済現金化に使用することはできません。

後払い決済現金化で商品購入できる商品はゲーム機やブランド品のみです。

Amazonギフト券現金化よりも換金率は低くなるため、手にできるお金は少なくなり買値と売値の差額も大きくなってしまいます。

③換金率・現金化金額は不明

後払い決済現金化の注意点として、転売が完了するまで実際の換金率や現金化金額が不透明と言うことが挙げられます。

後払い決済で購入した商品がいくらの金額で転売できるか、また換金率はいくらになるのかは、転売が済むまでわかりません。

場合によっては書いてが全く見つからない場合や、相場の半額以下の価格で安く買い叩かれてしまうことも考えられます。

その場合、後払い決済金額分をまるまる損してしまうことになってしまいます。

ギフトカード等、換金率の相場が比較的定まっている商品はありますが、上述の通りそれらの商品を後払い決済で購入する事はできません。

④既存サービスを使う必要がある

自分自身で後払い決済現金化を行う際には、GMを後払いやZOZOTOWN後払い、楽天ペイ後払いなど既存の後払い決済サービスを利用する必要があります。

しかしながらクレジットカード現金化同様に決済サービスを提供している企業は現金化行為を認めていません

仮に後払い決済現金化を行ったことがサービス提供会社にばれてしまうと、ペナルティー処分が課せられる恐れがあります。

例えば会員権の剥奪や利用者ポイントの凍結、楽天の場合は楽天クレジットカードが作れなくなるなどのいろはも考えられます。

決済サービスだけでなく、付随するその他のサービスも利用できなくなってしまうため、くれぐれも注意が必要です。

⑤法的にはグレーなサービス  

後払い決済現金化は決済会社が認めている行為ではなく、本来の利用目的とは異なる方法です。

後払い決済で購入した商品を現金化すると言う事は、会社の所有物を許可なく転売していると言う見方もできます。

したがって後払い決済現金化を行うと、詐欺罪や横領罪に問われてしまう可能性があります。

現在のところは完全な違法というわけではありませんが、法的にはグレーなサービスであると言うことを、玄関前には理解しておきましょう。  

⑥販売手数料がかかる

自分自身で後払い決済現金化を行う際には、購入した商品をメルカリやヤフオク等で転売する必要があります。

しかしながら転売する際には、販売プラットフォームに対して支払う手数料がかかります。

例えばメルカリの場合、およそ金額の10%を販売手数料として収める必要があります。

販売手数料が引かれてしまう分、自分の手元に残る金額は低くなってしまいます。したがって換金率も下がり、必要金額に満たないと言うことも考えられます。

また買取専門店を利用して転売を行う場合でも、安く買い叩かれてしまうことがほとんどです。

全国大手チェーン店買取専門店である大黒屋にブランド品を持ち込んだ場合、定価の2割から3割程度でしか1人行ってくれなかったと言う事例もあります。

金券ショップであれば定価の1割から2割程度引いた価格で買取行ってくるのですが、残念ながら現状、後払い決済で購入できる金券類は多くありません。

⑦現金化金額が小さい

後払い決済サービスの多くは、クレジットカードよりもショッピング枠が小さく設定されています。例えばZOZOTOWNツケ払いの場合、利用限度額は50,000円弱です。

仮に50,000円全額を現金化できたとしても、手元に残る金額は35,000円から40,000円程度でしょう。

クレジットカード現金化に比べると、後払い決済現金化は金額が小さいと言うことを理解しておきましょう。

なお専門の現金化業者を利用する場合は、既存の後払い決済サービスを持ちないためより多くのお金を手にすることが可能です。

後払い(ツケ払い)現金化は現金化業者を利用するのがオススメ!

解説をする人

後払い現金化を自分自身で行うのは多くのデメリット、注意点があると言うことがわかりました。

結論として現金化を行う際には自分自身で行うのではなく、専門の現金化業者を利用するのがお勧めです。

続いて専門の業者を利用するメリットについて詳しく解説していきましょう。

①手間がかからずスピーディーに現金化ができる

自分自身で後払い決済を現金化する場合、換金率が高い商品を自分自身で探さなければいけません。

また購入した商品を転売する方法、場所も自分自身で調査する必要があります。

そのため商品を購入してから現金化してお金を手にするまでに非常に多くの手間と時間がかかってしまいます

一方で専門の現金化業者を利用すれば、購入に必要な商品は業者が用意してくれています。

また購入した商品は業者自身が買い取ってくれますので手間もかかりません。

②即日で現金化ができる

自分自身で後払い決済を現金化する場合、購入した商品が自宅に届くまで待つ必要があります。

もしも商品が自分の手元に届いていないうちに転売を行ってしまうと、横領罪に問われてしまう危険性が考えられます。

したがって商品を手にし転売を行うまでには、商品が自宅に届くまでの数日間以上時間がかかると言うことです。

一方で専門の現金化業者を利用すれば、商品の販売と買取を同時に行ってくれます。

そのため自分自身で現金化をする場合とは異なり、商品の商品が自宅に届くまでの時間を待つ必要はありません。

専門の現金化業者を利用した場合、申し込みから最短30分の即日現金化をすることが可能となります。

③換金率が保障されている

自分自身で後払い決済を現金化する場合、商品を転売するまで一体いくらのお金を手にすることができるのか、換金率はいくらなのかのかが分かりません。

当初の目論見がはずれ安く買い叩かれてしまった場合、必要な分の金額に見てなかったと言うことも考えられます。

一方で専門の後払い決済現金化業者を利用すれば、換金率はあらかじめ提示してくれています。

定義された換金率と買取価格に沿って現金化を行うため、事前にいくらのお金を手にすることができるのかを把握することが可能です。

換金率は公開されていますので、必要な金額に応じて決済金額も決めることが可能です。

④既存の決済サービスを利用する必要がない

後払い現金化業者を利用する際には、ZOZOTOWNツケ払いや楽天ペイ後払いなど既存の決済サービスを利用する必要はありません。

クレジットカードやキャリア決済枠の使用も不要です。

既存の決済サービスを利用する必要がないため、後払い現金化がばれてしまった際のペナルティーが一切ありません。

したがってクレジットカードやスマホが利用停止になるといったリスクがなく、安心してご利用が可能です。

まとめ

リスクと利益

本記事では、自分自身で後払い現金化を行うデメリットや注意点について詳しく解説して参りました。

後払い現金化は自分自身でも行うことができますが

・手間と時間がかかる
・換金率が不透明
・クレジットカードが使用停止になるリスクがある

といったデメリットやリスクがあるため、ご利用はお勧めできません。

そこで後払い現金化行う際には、専門の現金化業者のご利用がうってつけです。

手間をかけることなくお得に後払い現金化行うのであれば、安心できる業者を探してみることをお勧めします。