後払い(ツケ払い)現金化で必要なものや書類とは?

後払い・ツケ払いサービスの現金化を解説

必要な書類

後払い(ツケ払い)現金化のご利用の前に用意すべきものや必要書類をご紹介します。

お申し込み前に、必ず用意しておきましょう。

後払い現金化の申し込み必要な書類を紹介

必要書類

後払い現金化ご利用の際に用意すべきもの、必要となる書類は以下の通りです。

それでは続いて詳しく有効な書類やご準備の際に注意すべき点などを詳しく解説していきましょう。

①身分証明書

後払い現金化の種類によっては、取引が古物取引になることがあります。

個別取引においては業者は利用者の身分確認をしなければならないと古物営業法で定められています。これは盗難品や不正に入手した商品の転売をセグことが目的です。

なお後払い近々家に置いて行こうと認められる身分証明書は以下の3点です。

運転免許証、住居カード(マイナンバーカード)、パスポート

基本的には顔写真付きで公的にも身分証明書として認められているものが有効となります。

学生証や在留カードなどは、身分証明書としてやめてくれない業者も多いため注意が必要です。

②給与明細書

利用者がいくらの収入を得ているのかと言う事は、後払い可能な金額の設定や後払い期日を定めるために重要な審査ポイントとなります。

したがって後払い現金化業者の多くは審査のために給与明細等収入を証明できる書類の提出を必須としています。

給与明細は1ヵ月分ではなく2ヶ月から4ヶ月分の提出が求められます。

特に昨今、コロナウィルスの影響で収入が前月よりも減っている方が多くなっているため、給与明細も複数枚の提出が必要となることが考えられます。

給与明細は写真、もしくはPDF等での提出となります。

そのためご利用前には必ずご準備するようにしてください。

また給料ファクタリングにおいて、利用者が給与明細を偽造するなどの行為が多かったため、業者によっては雇い主の証明印がないと給与明細として認めてくれないことも考えられます。

業者に提出する給与明細は必ずきちんと雇用主から受け取った給与明細にしましょう。

③銀行通帳の入出金履歴

銀行通帳の入出金履歴も、後払い金額やアドバイスを寝させるために必要な書類となります。

銀行通帳は入出金ページを画像で提出するか、ネットバンクのスクリーンショットでも行こうと認められます。

銀行通帳の入出金履歴も給料明細同様に、2、3ヶ月分など複数付きの提出が求められます。

銀行通帳の入出金履歴を提出する理由は、

・競馬や協定などのギャンブルに手を染めていないか
・カードローン等の利用歴を調査するため
・給料ファクタリングの履歴をチェックするため、

闇金や他社利用ないかを調べるためといった理由があります。

特にギャンブルや給料ファクタリング、ヤミ金などの利用が多いと審査に不利になってしまいますのでご注意ください。

銀行通帳の入出金履歴は後払い現金化の審査において非常に重要な書類です。

必要書類に含まれていることが大半ですのでならずにするようにしましょう。

④銀行口座(ネットバンクでも可)

後払い現金化したお金を受け取るための銀行口座も事前に準備しておきましょう。

なお入金を受け取るための銀行口座は普通の銀行の口座ではなくネットバンク等でも可能です。

ご家族に後払い現金化行っている日を調べたくないと言う人は新たにネットバンクを開設するのもオススメです。

またネットバンクの口座であれば平日夜や土日祝日でも業者からの着金を確認することができます。

後払い現金化を行い、すぐにお金を使いたいという人や、銀行の営業時間外に後払い現金化をご利用という方はネットバンクのご利用、ご準備がお勧めです。

その他、審査に有利になる書類

後払い現金化をご利用の際に用意すべき基本的な書類は以上の通りです。

オプションですが、あると審査が有利になる書類もございます。

可能である方は以下の書類も準備し提出することをお勧めします。

名刺、社員証、公共料金等の支払済証明書、雇用証明書、在籍証明書、源泉徴収書、確定申告書

上記の書類は両者の秋収入を確実に証明することができる書類です。

必要書類を多く提出することで業者からの心証も良くなりますし審査に有利になることも期待できます。

また雇用証明書や名刺社員証等を提出することで、在籍確認をしようとしてくれる業者も存在します。

お勤め先に業者から電話をかかってくるのが好ましくないと言う事は、上記の書類をご準備ください

即日で後払い現金化を利用するなら必要書類の事前準備は必須!

契約書

上記の必要種類は申し込み前に事前に準備しておくことで、業者とのやりとりをスムーズに行うことができます。

必要書類をあらかじめ準備しておけば、業者にあれこれ指示される必要はなく、スムーズに審査に移行することが可能です。

申し込みからすぐに後晴れ金金香をしたいと言うことや、即日で後払い現金化を利用したいと言う方は必要書類を事前に準備しておくようにしましょう。

なお基本的には必要書類はメールやLINEでの提出となります。

したがって必要書類は画像、もしくはデータ化して準備しておきましょう。

個人情報の流出に注意!

後払い現金化の全身サービスである給料ファクタリングにおいては、利用者の個人情報が他の悪徳業者やヤミ金業者に流出してしまったと言う方が多く存在しました。

そのため頭で現金化をご利用の際には、業者の信頼性、安全性をチェックすることが重要です。

また住民票や戸籍謄本、住宅ローン残高証明書、不動産登記事項証明書等必要な書類の提出を求める業者にも注意しなければいけません。

「後払い現金化のためにクレジットカードの情報が必要です」

などと、嘯く業者も存在します。

くれぐれも申し込みに必要な書類の提出を迫ってくる業者にはご注意ください。

書類の偽造は違法!

給料ファクタリングをご利用の方の中には、給与明細を偽造し提出したり、銀行通帳の入出金履歴を加工して他社利用歴を少なく見せる等の不正を行っている方がいらっしゃいました。

当然ながら書類の加工、偽装は違法です。

特に身分証名称や給与明細を偽造して提出することは、私文書偽造罪公文書偽造罪などの罪に問われてしまう可能性があります。

少しでも審査に通りたいからといって、違法行為には手を染めないようにしましょう。

まとめ

ノートブック

本記事では後払い近々家の際に用意すべき必要書類についてご紹介して参りました。

スムーズに申請を行うためにも、必要書類はあらかじめ用意しておく必要があります。

文中でも触れましたが、審査に必要な書類を不備なく素早く提出する事は業者からの心証も良くなるポイントです。

多少審査に不利な点があったとしても、プラスに働いてくれると期待できます。

また審査が不安な方は、社員証や名刺等の書類を別途提出することもお勧めです。

とは言え審査が不安だからと言って、申し込み内容を偽ったり書類を偽造、加工するのはくれぐれも控えましょう。