後払い(ツケ払い)現金化の手数料相場は?高金利に要注意!

後払い・ツケ払いサービスの現金化を解説

後払い(ツケ払い)現金化の手数料

後払い(ツケ払い)現金化にかかる手数料の相場、手数料を金利に換算した場合の利息などを詳しく解説します。

後払い(ツケ払い)現金化をご利用の際には、くれぐれもご参考にしてください。

後払い(ツケ払い)現金化の手数料相場とは?

後払い(ツケ払い)現金化の手数料

後払い現金化は手元にお金がなくても、後払い決済を利用することで商品等を現金化し、お金を手にすることができると言うサービスです。

しかしながら後払い現金化の際には、クレジットカード現金化や給料ファクタリング同様に手数料がかかります。

一般的なカードローンや消費者金融などの金利手数料に比べると、後払い(ツケ払い)現金化の手数料は非常に高額です。

そのためご利用前には後払い(ツケ払い)現金化の手数料はいくらなのか、また金額に換算するとどのような数字になるのかを把握、理解しておきましょう。

手数料がかかるということを理解しよう

そもそも後払い(ツケ払い)現金化においては、給料ファクタリングやクレジットカード現金化に比べて手数料と言う概念がやや薄いと言う注意点があります。

現金化業者も利用者に対して

「手数料は〇〇円」と言うことがありませんので、注意が必要です。

例えば現金化業者が商品売買の代理仲介を行ってくれる後から現金化の方法の場合、利用者が手にするお金は商品の支払い現金化金額であり、支払う金額は商品の購入代金です。

一見すると商品を売買するだけですので、そこに手数料が発生していると言う事は気が付きにくいかもしれません。

手元にお金が入るタイミングと支払いを行うタイミングにも差があるため、手数料と言う認識を忘れてしまう可能性もあります。

それでは実際に、頭で喧嘩の手数料はいくらになるのかを解説していきましょう。

後払い(ツケ払い)現金化の手数料の相場は20%〜40%

後払い(ツケ払い)現金化の手数料を記帳する

後払い現金化は給与債権を買い取ると言う給料ファクタリング業者が新たに始めたサービスです。

給料あたりの手数料相場が20%から40%だった事を引き継いで、後払い現金化の手数料もそれと同程度になると考えられます。

詳しくは後述しますが、この手数料は金利に換算すると非常に高額になります.

支払いは後払いであるとは言え、返済に窮してしまうことも十分に考えられますのでご注意ください

後払い(ツケ払い)現金化の手数料は非常に高い!

ただ注意しておくべき点として、この手数料は金利ではないと言うことが挙げられます。

通常後払い現金化の手数料は1ヵ月単位でかかる手数料です。したがってこの手数料を人間に換算するには、手数料に12をかけてみましょう。

仮に手数料が20%だった場合、金利に換算すると20% ×12ヶ月= 240%もの高金利になります。

現在の利息制限法では上現金には20%までと決められています

法定金利と比較すると後から金金間手数料は非常に高金利になることがわかるでしょう。

また後払い期日が2週間後に設定されている場合、金利はさらに2倍になります。

給料ファクタリングが年利換算で1000%を超えると批判されたように、後払い(ツケ払い)現金化も違法な貸付であるとみなされる可能性は非常に高いと言えます。

仮に支払いに窮してしまうと、ご自宅やお勤め先に対して厳しい督促が行われることが予想されます。

給料ファクタリングにおいては、そのような督促を苦にした利用者が仕事を失ってしまったり家族関係が崩壊してしまったと言うことも報告されていました。

後払い現金化起こりえる、手数料が非常に高いと言う事と本当に支払いができるのかということををくれぐれも見極めるようにしましょう。

手数料に関する知っておくべき情報

パソコンと貯金箱

最後に後から現金化の手数料に関して、ご利用前に知っておくべき、注意しておくべき情報をご紹介します。

①配送手数料はかからない

クレジットカード現金化とは異なり後払い現金化では、業者から利用者に商品が発送される事はありません。

クレジットカード現金化では両者は商品を受け取る必要があるため、配送手数料がかかります。

配送手数料は当然ながら利用者が負担すべき手数料です。

一方で後払い現金化においては、配送手数料は基本的にかかりません

ギフトカードを用いた後払い現金化の場合、業者から業者にはギフトコードがメールで送られます。

実物のギフト品が発送されるわけではありませんので、配送手数料はかかりません。

また自社で商品を販売している業者であっても、販売している商品は画像やシステムなどのデジタルコンテンツです。

こちらもギフト券同様にメールなのでやりとりができますので配送手数料は不要です。

商品の売買を行い、海音と売値の差額で現金化を行うと言う後払い現金化の方法もありますが、その場合は業者が商品の売買を業者にかわり代理して行ってくれます。

こちらの方法でも商品の配送手数料はかかりません。

②振り込み手数料は両者負担

なお後払い現金化業者から業者にして入金が行われる際の振り込み手数料は利用者自身のご負担となります。

こちらの手数料は必ず支払うようしなければいけないためご注意ください。

③事務手数料を請求してくる業者も存在する

給料ファクタリングでは、買取手数料のほかに、事務手数料を請求する業者が大勢存在していました。

したがって後払い現金化においても事務手数料が発生することがあると考えられます。

事務手数料を請求する業者は多くの場合グループ業者でした。

金額はおよそ、一回の利用あたり3300円程度です。

後払い現金化においても同額程度の事務手数料を請求されることがあると考えられます。

当然ながら事務手数料の分、手元に残る金額はつながってなってしまいますし換金率や手数料にも影響があります。

特に、手数料最安を謳っている業者でも、事務手数料3300円となっていました。

後払い現金化においても同額程度の事務手数料を請求されることがあると考えられます。

当然ながら事務手数料の分、手元に残る金額はつながってなってしまいますし換金率や手数料にも影響があります。

特に、手数料最安値を歌っていても、事務手数料が考慮されていない可能性もあります。

くれぐれも現金化業者の誇大広告には騙されないようにしましょう。

④不明瞭な手数料を要求する業者に要注意

振り込み手数料や事務手数料以外にも、商品の仕入れ代金、印紙代など不明瞭な手数料を上乗せし利用者に要求してくる業者には要注意です。

このような手数料はもともとの現金化金額と後払い金額には含まれていません。

手元に残る金額と支払うラウで金額が、契約内容と異なっていた場合には必ず手数料の内訳を業者に問い正すようにしてください。

まとめ

後払い現金化の手数料は給料ファクタリングやクレジットカード現金化のように、カードローン等の法定金利と比べると非常に高額になります。

ただ後から現金化の特徴として、クレジットカード現金化や給料ファクタリングのように手数料がはっきりしていないと言う注意点があります。

一見すると商品の売買を行っているだけですので、手数料かかっていると言うことに気がつかない可能性もあります。

後払い(ツケ払い)現金化をご利用の際にはくれぐれも手数料が非常に高額だと言うことと、不明瞭な手数料を上乗せされていないかどうか、手元金額と後払い金額は契約書通りかを確認するようにしてください。